最終更新日:2018/10/25

マイナビ2019

マイナビコード
38654
  • 正社員

MHIエアロスペースシステムズ(株)【三菱重工グループ】

現在、応募受付を停止しています。

本社
愛知県
資本金
5,000万円
売上高
22億円(2016年3月)
従業員
187名(2017年10月1日現在)
募集人数
6〜10名

【三菱重工グループ】ロケットから航空機、防衛関連まで、航空宇宙に関わる様々なソフトウェアを開発。高信頼性が求められる環境で、スケール感のあるプロジェクトに参加!

★エントリー受付終了のお知らせ★ (2018/10/25更新)

当社のページをご覧いただき、ありがとうございます。

2019年新卒採用のエントリー受付を終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


★MHIエアロスペースシステムズ(株) 採用担当★

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
水星探査衛星などの衛星搭載ソフトを開発。また開発中のH-3ロケットに関する各種システムの設計・開発や、H-IIロケットの各システムの改修などにも携わっています
PHOTO
高信頼性が求められる分野で、その道のプロフェッショナルとして成長してください。情報・機械・電気など様々な知識をもったメンバーが、男女を問わず活躍しています

航空宇宙の分野で日本を代表をするような技術者を目指せる環境が、ここにはあります

PHOTO

「就職活動と恋愛は似ていて、理詰めの検討だけでは決めきれない、相性もあります。時には自分の直感を信じることも大切ですよ」と語る清水社長

今、これをご覧になっている方は、少なからず航空・宇宙関連事業に興味がある方だと思います。当社MHIエアロスペースシステムズは、三菱重工の100%子会社として生まれ、30年以上にわたり航空宇宙分野に特化した開発を行ってきました。こうした高い信頼性を必要とされるソフトウェア開発を主体に携わっている企業は全国でも数少なく、システムが完成されるまでの開発期間が長く、また開発後、そのシステムが利用される期間がさらに長いことも特徴的です。

具体的な開発実績としては、宇宙分野では、H-IIA/Bロケットや国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」をはじめとした、様々な宇宙製品のシステム設計や各種解析、搭載ソフトウエア開発。すでに2020年に試験機の打ち上げを目指しているH-3ロケットの開発も始まっています。航空分野では、戦闘機やヘリコプターなどの防衛関連機の各種システム設計やソフトウエア開発。また私自身も開発に携わっていた経験がある、パイロットが地上で訓練を行うためのフライトシュミレーターも、他では体感できないような大きなやりがいがあるプロジェクトです。さらにこうした分野で培われた高度な技術やノウハウを活かして、医療機器用のソフトウエアや車載用のECUソフトウエアなどの開発を行っている部署もあります。

航空宇宙分野での就業を目指す皆さんにお伝えしたいのは、当社であれば必ずといっていいほど、それらの分野に携わる仕事に就けるということ。それも常に最先端の現場において、最新の技術にふれることができます。そしてそんな場所で活躍するために忘れてはならないことは、「自分の市場価値を高めるための努力を怠らないこと」です。よくも悪くも技術開発の世界は、一人ひとりの技量に左右される分野でもあります。日進月歩する技術に対して、当社はしっかりと教育を行っていきますが、一番大切なのは「自分自身が高いモチベーションをもって仕事に取り組む」ということ。「○○のことならMHIエアロスペースシステムズの○○に聞くのが一番」といわれるくらい、一流の技術者を目指してください。

◆取締役社長 清水 将一

会社データ

プロフィール

当社は主に航空宇宙・防衛分野で高信頼性を要求される高度なソフトウェアを専門に開発する三菱重工の子会社として1986年に誕生しました。

宇宙分野ではH-2A/Bロケット、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」など、さまざまな宇宙製品のシステム設計や各種解析、搭載ソフトウェア開発などを担っています。防衛・航空分野では戦闘機やヘリコプター、各種防衛装備品関連のシステム・ソフトウェア並びに付随する地上支援・訓練装置の開発を手かげています。

これらの分野で培った技術を活用して、民間航空機開発、ベトロニクス、メディカルシステムなどの開発へも活躍の場を広げています。
自動化・情報化が進む今、当社が得意とするリアルタイム特性に優れた高品質、高信頼性ソフトウェアのニーズは高いと認識しています。

プロフェッショナルなソフトウェアの技術者集団として、社会の発展に寄与していきます。

事業内容
1.航空宇宙分野の制御システムのシステム設計
2.航空宇宙機器に搭載するソフトウェア開発
3.航空宇宙用地上装置のソフトウェア開発
4.車載用制御装置のソフトウェア開発
5.医療機器、空調システムのソフトウェア開発
本社郵便番号 455-8515
本社所在地 愛知県名古屋市港区大江町10番地
本社電話番号 052-614-2488
設立 1986(昭和61)年12月1日
資本金 5,000万円
従業員 187名(2017年10月1日現在)
売上高 22億円(2016年3月)
組織体制 総務部
業務・技術管理グループ(技術管理、業務計画、製品システムの企画、外販営業)
システム開発部
  制御グループ(自動車、特殊車両、搬送車等の制御ソフト開発)
  情報グループ(航空宇宙関連の情報システム開発)
  民間航空機設計グループ(民間航空機装備品のシステム設計/安全性解析)
航空宇宙技術部
  宇宙システムグループ(宇宙システム/ソフト開発、技術解析)
  航空システムグループ(航空機搭載システム/ソフト開発)
  地上システムグループ(各種シミュレータ、訓練設備ソフト開発)
  海上システムグループ(各種シミュレータ、訓練設備ソフト開発)
誘導推進技術部
  統合システムグループ(飛昇体システム/統合防衛システム/ソフト開発)
  組込システムグループ(衛星等組込システム開発)
サイバーセキュリティグループ(サイバーセキュリティ/ソフト開発)
品質保証グループ(製品システムの品質保証)
主な取引先 ■三菱重工業(株)
■三菱航空機(株)
■国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
■(株)島津製作所
■アイシン・コムクルーズ(株) 他
沿革
  • 1986年12月
    • 三菱重工業(株)の航空宇宙関係ソフトウエア開発をする会社として設立
  • 1993年
    • 名古屋市港区大江町事務所に加え愛知県小牧市にも事務所を設置
      システム企画室を設置し、航空宇宙以外(特殊車両、アミューズメント、エアコン、自動車、医療等)からも受注開始
  • 2005年
    • 宇宙航空研究開発機構(JAXA)殿より小型衛星搭載ソフト開発を受注開始
  • 2008年
    • 三菱航空機(株)よりMRJ(Mitsubishi Regional Jet)の地上の管理システムを受注開始
  • 2011年12月
    • 創立25年を迎える
  • 2013年4月
    • 民間航空機設計グループを設置し、MRJ関連の受注拡大
  • 2017年4月
    • 海上システムグループを設置し、各種シミュレータ、訓練設備関連の受注拡大
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間(2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒455-8515
愛知県名古屋市港区大江町10番地
MHIエアロスペースシステムズ(株) 総務部採用担当 宛
フリーダイヤル:0120-202-488

電話によるお問い合わせは、フリーダイヤルよりどうぞ。
URL 会社HP:http://www.masc.co.jp/
採用HP:http://www.masc.co.jp/recruitf/rec_top.htm
E-mail masc-saiyo[アットマーク]masc.mhi.co.jp

※迷惑メール対策のため「@」を[アットマーク]と表記しております。
お問い合わせの際はお手数ですが[アットマーク]の部分を「@」に置き換え、
送信下さいますようお願い致します。
交通機関 (1)名古屋鉄道「神宮前駅」で下車、
(2)市バス「神宮東門」から乗車し、
 金山19系統:ワイルドフラワーガーデンまたは潮見町南行(11番乗り場)
 神宮12系統:鳴尾車庫行(11番乗り場)
(3)市バス「大江町」で下車(所要約20分)
(4)徒歩3分

なお、名鉄築港線は昼間の運行がなく利用できません。
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp38654/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
MHIエアロスペースシステムズ(株)【三菱重工グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ