最終更新日:2018/5/23

マイナビ2019

マイナビコード
40288
  • 正社員

(株)アートデザインセンター

本社
兵庫県
資本金
2,500万円
売上高
3億1,300万円 (2017年3月31日)
従業員
12名(2017年3月)
募集人数
若干名

クリエイティブ・イノベーションは、コミュニケーションデザインからクライアントの価値基準や戦略・長期計画の策定までを多角的視点からカタチづくります。

■エントリー受付中■マーケティング戦略、プランニング、ブランディングでクライアントをサポート。 (2018/05/23更新)

はじめまして。(株)アートデザインセンターでは、2019年卒対象プランナー職、デザイナー職、総務職のエントリーを受付中です。
当社は創業35年目のデザイン会社ですが、仕事は単なるデザインだけではありません。クライアントが抱える問題や将来計画をデザインの力で解決を図ることを主目的としています。したがって、クリエイティブをビジネスとする仕事は、一人ひとりの人材力が重要となってきます。社会に役立つ提案を発想する創造力だけが当社の存在意義なのです。
今、社会はAIによって大変革が起ころうとしています。AIに職を奪われる業種も多々あります。デザインの仕事も、一般的な発想しか出なければ、AIに持っていかれるでしょう。しかし、いつの時代にも社会に役立つ提案をしていけば存在意義が確約されます。
当社は1983年に創業しましたが、バブル崩壊や阪神・淡路大震災、リーマンショックなど大きな社会事変にも直面し、多くの同業者が廃業に追い込まれていく中で健全経営を保てた理由は、「社会に役立つ提案=成果を挙げる提案」に徹してきたからです。そしてそれを可能にしたのは、「人材力=新卒採用へのこだわり」があったのです。ご自分の企画力に自信のある方、ご自分のプランで社会貢献をしたい方、既成の枠組みに囚われない自由な発想で成果を挙げたい方を求めていますので、大学の専攻に関係なくご応募ください。
次に総務職についてですが、会社の中で、総務は唯一直接売上を上げることがない部門です。また、仕事も社風も自由な我が社において、その真逆を行くような伝票処理や勤怠管理などの「自由ではない」業務が仕事のほとんどを占めます。
定型業務を間違いなくこなしていれば、社内の仕事は問題なくまわっていきますが、そこに総務の存在意義はあるのでしょうか?
私は、当社における総務の存在意義はプランナーやデザイナーに、この自由な環境を活かして、力を最大限発揮してもらえるようにすることだと考えています。そのためには、社内の状況に広く目を配りスピーディーな対応をすること煩雑な社内手続きを簡素化できないかなど改善を続けること、定型業務「+α」をどれだけ生み出せるかを日々心がけています。総務経理事務としての知識、営業事務としての商品の知識、庶務としての気配り…幅広い力が必要ですが、それがクリエイターのチカラにつながるのだと信じています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
お客様をお迎えするエントランスの写真です。クライアントやブレーンに来社いただき、日々打ち合わせを行っています。
PHOTO
オフィス内はモノトーンで配色し、天井高4mの心地よい空間の中でクリエイティヴな仕事をしています。

PHOTO

夢中になれる仕事と、好きな遊びと、学びたいという好奇心が重なりあってこそ問題解決の徹底追求ができるのです。

クリエイティブ・イノベーションで企業の問題を解決していきます。

クライアントが抱える問題に対し、私たちはデザインという切り口で解決の道を探っていきます。但し、その課題とは、目に見えるものだけではありません。
これまでの実績とノウハウをもとに私たちが提案する「創造的革新(クリエイティブ・イノベーション)」は、お客様とのコミュニケーションにおけるデザインはもちろん、クライアント様自身の価値基準や戦略、組織づくりから中・長期計画の策定に至るまで、常に多角的な視点から課題と向き合い、カタチづくります。
そうして生み出される夢のある提案を、クライアントの皆様と一緒に情熱をもって取り組むことで、企業の夢や未来へとつなげています。

会社データ

プロフィール

当社の歴史は、CI(Corporate Identity)プロデュースと新商品プランニングから始まりました。

CIプロデュースは、企業の存在意義を明確にし、クライアントのビジネス全体を包括的に活性化させるクリエイティブ・サービスです。
企業理念・事業領域・中長期計画の策定をはじめ、その旗印となるコーポレートマークや社内意思統一を図るためのスローガンの策定のほか、売上計画を達成するためのマーケティング戦略・新商品プランニング・販売促進計画、付随するパンフレット、ポスター、サイトなど全ての制作物を作成します。
新商品プランニングは、マーケットリサーチによりクライアントの特異性を最大限に活かせるマーケットを見つけ、新商品を投入するまでの、全てのプロセスに関与しながら成果を上げるクリエイティブ・サービスです。
これらの実績とノウハウの中から、物事の本質を見つめ、結果が出るまでサポートさせていただくという、当社独自のアイデンティティーが根付います。

事業内容

PHOTO

神戸の中心、三ノ宮駅の南東にある磯上公園前に当社のオフィスがあります。

トータルデザインサポート

私たちが望むデザインは、斬新で知的で、ここち良く感性に響く存在です。しかし、企業が求めてきたものは、多くの場合、売上を造るための手段として位置づけられました。そして、単年度の収益を生むことが、全てにおいて優先されてきたのです。
当社は、企業の安定した経営基盤確立を使命に、マーケティング、グラフィック&パッケージデザイン、スペースデザイン、インターネットという4本柱をクロスさせながら、クライアントのビジネスをトータルにデザイニングしていくことを目的としています。デザインは、人の心を動かす創造活動です。

業務内容
1.ブランディング:企業や製品群のブランドをプロジェクト立ち上げから戦略までサポート
2.新商品企画:コンセプト設計、ネーミング、パッケージデザイン、販促物などの制作
3.広告、販売促進物の制作:パンフレット、ポスター、新聞・雑誌広告制作
4.スペースデザイン:店舗、展示会ブース、ディスプレイの設計施工
5.Web制作:ホームページ、ショッピングサイトの制作・運営
6.市場調査:モニター調査・グループインタビュー、定量調査など
7.映像製作:製品紹介・会社案内、周年行事の製作
8.KOBEパティスリーネットの運営:洋菓子のネット販売
本社郵便番号 651-0086
本社所在地 神戸市中央区磯上通4丁目1−14 三宮スカイビル5F
本社電話番号 078-265-1211
創業 1983年1月10日
設立 1984年11月6日
資本金 2,500万円
従業員 12名(2017年3月)
売上高 3億1,300万円 (2017年3月31日)
フィロソフィー ENTHUSIASM is in itself A DRIVING FORCE.
夢・情熱・そして感動。

弊社のビジネスサポートは、固定観念や既成概念、画一的な思考を排除しながら、問題解決が可能な、夢のあるプランをご提案できなければ成立しません。情熱と気概を持ち、感動していただける結果を常に目指してきました。
社名に込めた想い Artistic Approach & Design Development.
アートの思想、デザインの領域。

“何かを観て、或いは何かに遭遇したことで、血が騒ぎ、心が躍り、
神経が研ぎ澄まされ、気づけば夢中になって思考を走らせている。
そして、誰もが為し得なかった独自表現にこだわり、納得がゆくまでやり直す。
緻密に計算され、丹念に仕上げられた芸術作品は、
時代や国境を超え、多くの人を魅了してやまない。”
アートの思想に到達したデザインもまた、多くの人を惹きつける力を蓄えています。
弊社がご提案させていただくデザインは、製品やショップ、サービスの本質を、
図案や造形に変換し、消費者に解りやすく伝達させる手段です。
したがって、類似物の中から識別できるように、曖昧な部分を除去し、
本質のみを増幅していきます。
形で表現するデザイン。音や風、光のデザイン。考え方のデザイン。
心に残るデザイン。未来に導くデザイン。

アートの思想で、デザインの領域を拡大し続けることをテーマに、
社名をアートデザインセンターといたしました
企業理念 Corporate Philosophy
私達は、社会とのかかわりあいの中で何を為すべきかを問い続け、
日々新たに創造と革新のサービスを提供していきます。

この考え方は、P.F.ドラッカー教授の「革新とは単なる方法ではなく、新しい世界観を意味する」。
そして、1960年に刊行されたハーバード・ビジネス・レビューで、T.レビット教授が提唱した「マーケティング・マイオピア」(近視眼的マーケティング)に深く感銘を受けて創作しました。
自らの存在意義を熟考していく過程で、受動的なデザイン会社ではなく、「革新と創造」に満ちたトータルなデザイン提案ができてこそ、未来永劫の存続を許されると確信したのです。
シンボルマークの意味 人という文字は、2本の足で立つというところから生まれましたが、それはまた同時に、互いが助け合い、力を出し合って生きていくということも表しています。
弊社のシンボルマークは、人という文字が重なり合い、アルファベットのAいう文字を描き出します。
弊社の原点は、この重なり合った、Aから始まっているのです。
また、コーポレートカラーは、どこまでも深く真藍に澄みきった空の色をイージし、無限の拡がりと可能性を意味しています。
主な取引先 ネスレ日本(株)、不二製油(株)、トーラク(株)、メディコムジャパンInc、ノイハウスジャパン(株)、浜田醤油(株)、(株)エーデルワイス、(株)シュゼット、(株)モンロワール、(株)常磐興産、(株)山星屋、(株)塩崎ビル、(株)神戸屋、(株)ガトー・スヴニール、湘南香料(株)、関西合成樹脂(株)、(株)オランダ家
*他、全国のパティスリー多数
平均年齢 40歳
平均勤続年数 17年
グループ会社 (株)ガトー・スヴニール
沿革
  • 1983年
    • 個人創業
  • 1984年
    • 株式会社に改組、資本金750万円
  • 1985年
    • 神戸商工貿易センタービルに移転
      ・CVS、SM向けの袋物キャンディの商品企画、パッケージデザインを手掛ける(年間契約)
      ・アンリ・シャルパンティエの印刷物を手掛ける
  • 1986年
    • CIプロジェクトを数多く手掛ける
  • 1989年
    • 資本金を1,500万円に増資
  • 1990年
    • 資本金を1,900万円に増資
      ・ロッテのチョコレート菓子パッケージデザインを手掛ける
      ・不二家のキャンディパッケージデザインを手掛ける
  • 1992年
    • 神戸ハーバーランドセンタービルに移転
      資本金を2,500万円に増資
      ・江崎グリコの商品企画を手掛ける
  • 1993年
    • ・ネスレ日本のパッケージデザインを手掛ける
  • 1996年
    • ・神戸の老舗洋菓子店フーケのトータルデザインを手掛ける
      ・ユーハイムのパッケージデザインを手掛ける
  • 1999年
    • ・トーラクのCVS・SM向けチルドデザートフルサポート(年間契約)
  • 2000年
    • ・トーラクの新商品 KOBEシェフクラブを企画提案
  • 2001年
    • ・モロゾフの新ブランドを手掛ける
  • 2002年
    • ・神戸風月堂のトータルデザインフルサポート(年間契約)
  • 2003年
    • 創業20周年式典 開催
      ・不二製油のソヤファームをブランディング(年間契約)
      ・ネスレプロフェッショナルの販売促進、展示会フルサポート
  • 2004年
    • オリジナル既製箱「クレエ・パティスリー」を発売
      ・不二製油 製菓製パン事業部のフルサポート(年間契約)
  • 2005年
    • KOBEパティスリーネット事業開始(ネットショップ)
      パティスリー(個人店)のサポート事業を拡大
  • 2006年
    • ISO9001の認証取得
  • 2008年
    • KOBEパティスリーネットブランドで阪急百貨店に出店
  • 2009年
    • パティスリー向けのゼリーギフト商品を全国に販売
      神戸市中央区磯上通 三宮スカイビルに本社移転
  • 2010年
    • 情報誌「パティスリーのデザイン」を創刊
  • 2012年
    • パティスリー向け、パリ〜プロヴァンスツアー企画
  • 2013年
    • 洋菓子の製造委託、卸販売開始
  • 2014年
    • 設立30周年式典開催
  • 2015年
    • 土産菓子メーカー、(株)ガトー・スヴニールをグループ会社として設立
月平均所定外労働時間(前年度実績) 27時間(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 651-0086
神戸市中央区磯上通4-1-4 三宮スカイビル5F
TEL:078-265-1211
総務 採用担当:井上
URL http://adc-kobe.co.jp/
E-mail recruit@adc-kobe.co.jp
交通機関 JR・阪急・阪神・神戸市営地下鉄「三宮」駅より徒歩8分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp40288/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)アートデザインセンターと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)アートデザインセンター を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ