最終更新日:2018/7/18

マイナビ2019

マイナビコード
50686
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

栄研化学(株)【東証一部上場】

本社
東京都
資本金
68億9,773万円(2016年3月31日現在)
売上高
332億7,400万円(2017年3月実績)
従業員
連結922名(2017年3月31日現在)
募集人数
16〜20名

【夏採用、終了しました。】東証一部上場の臨床検査薬メーカーです。世界の人々の健康と医療に貢献する会社です。

【夏採用、終了しました。】薬事と社内情報システム担当者 (2018/07/18更新)

夏採用、終了しました。

栄研化学の画面をご覧いただきありがとうございます。

薬事を募集しています。
国内海外の薬事申請、医薬品医療機器等法に基づいた製造販売申請が主な仕事です。

社内情報システム担当者を募集しています。
社内で活用する情報システムの企画立案から、基幹システム・インフラの構築、運用・保守、サポートまでを担当します。
随時、説明会、選考を行いますので、ご応募ください。

会社説明会や選考のご予約、エントリーシートの提出などは、全てエントリー者専用の「マイページ」にて行いますので、まずはエントリーをお願いします!

◆栄研化学について◆

栄研化学は「臨床検査事業」や「食品・環境検査事業」に関する製品を
研究、製造、販売する 1939年設立の臨床検査薬の総合メーカーです

【ヘルスケアを通じて人々の健康を守ります】を経営理念に
人々の健康を守るために、検査のパイオニアとして
お客様に信頼される製品・サービスを提供し、企業価値の向上を目指しています

現在、330億円の売り上げ規模で大部分を日本国内で販売していますが、
今後は積極的に海外へも進出し、グローバル企業'EIKEN'を目指しています


***********  からだの言葉、伝えます  *************

「からだの言葉」は、耳をすませば何時でも聞こえてきます。
それは「喜び」だったり、ときには「悲しみ」だったりします
  私達がなにより伝えたいのは、「からだの言葉」が
    小さな声で、誰かにたすけを求めている時。

        そんな誰も気づかないような、
       「からだの言葉」を私達は伝えます。
       やがてそれが、喜びの声になるまで、
       すべての人々の「からだの言葉」に、
         私達は耳をかたむけ続けます。

**********************************************

是非、会社のホームページものぞいてみてください

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
営業部門配属(DMR、学術マーケティング、医療機器フィールドエンジニア)の若手社員たち。営業部門は3カ月間の営業研修を経て配属となります。
PHOTO
欧州支店(アムステルダム)駐在歴2年の機器担当の菅原さん。欧州各国の現地代理店を訪問し、代理店技術者に当社装置の技術研修(装置設置、点検、修理等)を実施している。

独自遺伝子増幅技術「LAMP法」で社会に貢献。若いパワーと挑戦意欲が原動力です。

PHOTO

世界市場で勝負できる製品開発を目指す入社2年目の佐野さんと入社6年目の佐伯さん。それぞれの思いをモチベーションに、着実に研究者として成長を遂げている。

栄研化学は、細菌検査用試薬(培地)の開発からスタートし、現在、臨床検査薬や医療機器・システムの開発から販売までを手がける総合メーカーとして成長しました。当社独自の遺伝子増幅技術「LAMP法」は、世界市場でも高く評価され、医療・食品・環境分野で利用されています。

《幅広い視点と探究心を持ち、良いものを創りたい》
入社後は、当社の「LAMP法」を使った臨床検査薬の研究開発を行ってきました。その成果として開発したものが、マイコプラズマ肺炎や百日咳の検査に利用される製品です。検査環境の整っていない施設で使用されることを想定し、形状を工夫して製品化しました。特に百日咳用の検査薬は、これまで研究用試薬しかなかったのですが、今回、体外診断用医薬品として承認され、さらに保険適用となって国内市場に流通されることになりました。私がこれらのテーマに携わって足掛け4年。これまでの取り組みが形になり、やりがいを感じています。この間、モチベーションを維持するために「いずれこの製品が人々の健康に役立つのだ」とイメージを持ち続けていました。また、今は新たなテーマを持ち、開発を進めています。研究者として目指すのは、「良いものを作ること」です。一つのスタンスに固執せず、後輩の発想や観点からも参考にしたり、知らないことがあればどんどん追究したりすることが大事だと思っています。(佐伯 遼平 2011年入社)

《早い段階から開発に関われる喜び》
もともと免疫制御のメカニズムを研究していて、特に予防医学に興味があったことが当社を志望した理由です。新入社員研修後、研究開発部門に配属され、6月頃には、実際開発チームのメンバーとして仕事に携わりました。新人も裁量を与えられ、任せてもらえるのが当社の魅力だと思います。入社時に「LAMP法」を使った画期的な開発に携わりたいと思っていた私ですが、1年目から念願の開発に取り組めることとなり大変やりがいを感じています。社員は私自身を含め、運動や食事面で健康にも気を配っている人が多く、昼休みにはグラウンドで一緒に体を動かすこともあります。社内にはバレー部やサッカー部などの活動もあり、役職者の方も参加しています。今の研究開発の成果を上げることはもちろん、いつか「世界一」と評価される製品を開発することが私の目標です。(佐野 栞 2015年入社)

会社データ

プロフィール

特徴1.離職率が低く(1%前後)、とても働きやすい会社です。
特徴2.新入社員3年在籍率ほぼ100%のミスマッチがほとんどない会社です。
特徴3.17年連続売上高がアップし、特に海外売上を伸ばしている会社です。
 
 当社は【ヘルスケアを通じて人々の健康を守ります】を経営理念とし、
半世紀以上にわたり、時代の医療が必要とする臨床検査薬や検査機器・
検査システムを開発してきました。

 1998年には、世界に誇る画期的な遺伝子増幅技術【LAMP法】を開発し、
この新技術をもとにした製品や装置の開発、製造・販売、技術の提携などを
積極的に展開し新規事業を拡大しています。

 生活習慣病の予防と早期診断をはじめ、人々への健康への願いがますます
大きくなってきている今日、臨床検査の果たす役割はさらに重要度を増して
います。

 栄研化学は、臨床検査薬メーカーとして、先進の医療ニーズに応えられる
製品・技術を研究開発し、高品質の製品および情報を提供することにより、
国内はもとより世界の人々の健康と医療に貢献する会社です。

事業内容
・体外診断用医薬品事業
(細菌検査用試薬、一般検査用試薬、生化学検査用試薬、免疫血清検査用試薬)

・遺伝子関連製品事業
(試薬キット、測定装置)

・産業関連製品事業
(食品微生物検査用試薬、環境微生物検査用試薬、検査用器具・器材)

・医療機器(体外診断用自動分析装置)事業
(便潜血測定装置、尿化学分析装置)
本社郵便番号 110-8408
本社所在地 東京都台東区台東4-19-9
本社電話番号 03-5846-3305
創立 1939年2月20日
資本金 68億9,773万円(2016年3月31日現在)
従業員 連結922名(2017年3月31日現在)
売上高 332億7,400万円(2017年3月実績)
事業所 ■本社 :東京都台東区

■研究所:野木(栃木県)、那須(栃木県)

■工場、物流センター:野木(栃木県)、那須(栃木県)

■営業所:札幌、仙台、東京第一、東京第二、横浜、名古屋、京都、大阪、
     高松、広島、福岡

■海外:欧州支店(Amsterdam)
業績 決算期  売上高  経常利益
______________ 
2014.3  30,027  3,095
2015.3  31,014  3,013
2016.3  32,163  3,570
2017.3  33,274  4,112 (単位:百万円)
株主構成 2017年3月31日現在
金融機関     33.49%
金融商品取引業者 0.92%
その他国内法人  10.03%
外国法人等    22.52%
個人・その他   17.16%
自己名義     15.88%
関連会社 栄研生物科技(中国)有限公司
平均年齢 44歳
平均勤続年数 19年1カ月
離職率 2010年 0.8%
2011年 1.1%
2012年 1.4%
2013年 1.4%
2014年 1.7%
2015年 0.9%
沿革
  • 1939年
    • 興亜化学工業(株)として創立し、栄養食品の製造販売開始
  • 1941年
    • 臓器系医薬品の製造・販売開始
  • 1949年
    • 日本で初めて細菌検査用粉末培地の製品化に成功
  • 1961年
    • 臨床検査部門を開設し、臨床検査薬の研究開発開始
  • 1965年
    • 野木工場(栃木県野木町)第1期工事が完成し、生産開始
  • 1969年
    • 創立30周年にあたり、栄研化学(株)と社名変更
  • 1984年
    • 那須工場(栃木県大田原市)第1期工事完成
  • 1990年
    • 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
  • 1992年
    • 生物化学研究所(栃木県野木町)開設
  • 1998年
    • 新規遺伝子増幅技術「LAMP法」を開発、特許出願
  • 2000年
    • 便潜血全自動免疫化学分析装置「OCセンサーμ(ミュー)」を発売
  • 2002年
    • 東京証券取引所市場第一部に株式を上場
  • 2002年
    • LAMP法が特許成立、米国(3月)、日本(5月)
  • 2002年
    • LAMP法を用いた第1号製品の「Loopamp牛胚性判別試薬キット」および「Loopampエンドポイント濁度測定装置」を発売
  • 2002年
    • 「Loopamp DNA増幅試薬キット」を発売
      LAMP法のための専用プライマー設計支援サービスをWebで提供
  • 2002年
    • 新規HCV抗原検査薬「ルミスポット‘栄研’HCV抗原」を発売
  • 2003年
    • LAMP法を用いた食中毒原因菌検出試薬キット3製品を発売
  • 2003年
    • 上海復旦張江(中国)にLAMP法の実施権を許諾
  • 2003年
    • 「Loopamp SARSコロナウイルス検出キット」を発売
  • 2004年
    • 便潜血用試薬および装置の米国(FDA)での承認取得、発売
  • 2005年
    • FINDとLAMP法を利用した結核の遺伝子迅速検査法の共同開発契約を締結
  • 2005年
    • ISO13485およびISO9001取得
  • 2006年
    • 栄研生物科技(中国)有限公司の工場・社屋が竣工
  • 2011年
    • 欧州事務所(Amsterdam)開設
  • 2012年
    • 野木事業所(栃木県野木町)にOMC棟竣工
平均勤続勤務年数 19年1カ月(2017年3月末現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10.4時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7.1日 消化率37.6%(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 11名(うち女性6名、男性5名 2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数 7名(うち女性5名、男性2名 2015年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 2016年度 7.7%(146名中女性11名)
2017年度 9.2%(142名中女性13名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 110-8408
東京都台東区台東4-19-9
本社 人事部
E-MAIL:jinji@eiken.co.jp
URL TOPページ
http://www.eiken.co.jp/

採用情報ページ
http://www.eiken.co.jp/saiyo/index.html
E-mail jinji@eiken.co.jp
交通機関 JR山手線、京浜東北線 御徒町駅(徒歩4分)
東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅(徒歩3分)
東京メトロ銀座線 上野広小路駅(徒歩5分)
都営地下鉄大江戸線・つくばエクスプレス 新御徒町駅(徒歩5分)
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp50686/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
栄研化学(株)【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ