最終更新日:2017/9/22

マイナビ2019

マイナビコード
50935

(株)日比谷花壇

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
213億円(2016年9月決算)
従業員
1,456名(2016年10月)

検討リスト

  • 気になる企業を一覧管理!
  • エントリーの受付がはじまったらお知らせメールが届く!
  • 就活メモが残せる!

明治5年の創業以来、フラワー業界に変革を起こし続ける感動創造企業です!

会社紹介記事

PHOTO
私達は単なるお花屋さんではありません。花とみどりのポテンシャルを最大限に活かした多彩な事業フィールドを展開しています。
PHOTO
花を「モノ」ではなく「コト」として向き合い、お客様の人生に寄り添いながら、様々なライフイベントにおける感動のシーンを創造します。

多彩なビジネスフィールドを持つ日比谷花壇だからできること。

PHOTO

贈る方も贈られる方にも喜んでいただける大切なメッセージとしての花の在り方を、ホスピタリーをつくして提案します。

日比谷花壇は創業から140年以上の歴史において、花に関わるたくさんの文化を発信し続けています。
パーティー会場向け装花スタイルの確立、日本初となるウェディングブーケの紹介、現在では当たり前となった結婚披露宴での花束贈呈のシーン発案をはじめ、業界に先駆けた花の宅配システム導入、オンラインショップやITツールを駆使したサービス、他業界とのコラボレーション等、次々とフラワービジネスの常識を打ち破るアイデアで、フラワー業界に革命を起こし、新たなマーケットを切り開いてきました。
また、日比谷花壇が今も尚、フラワー業界を牽引する企業として在り続けている所以は、伝統に胡座せず、常に時代の先端を目指した商品・サービスを生み出す先鋭的な企業文化にあると言えます。今後も、花とみどりの魅力をさらに浸透させるべく、ビジネスの可能性を秘めた新たなフィールドを創造し続け、人々の暮らしや人生のあらゆるシーンに余すことなく、愛と感動を提供し続けます。

会社データ

事業内容

PHOTO

「BtoC」「BtoB」「BtoBtoC」問わず、お客様のニーズに応える総合サービスを展開しています。

■イベントプロデュース事業
(ブライダル・パーティ装花、フューネラル事業)
■フラワーショップの展開(全国約200店舗)
■パートナービジネス事業(法人企画・提携営業)
■Eコマースにおけるフラワーサービス事業
■コンテンツビジネス事業
■フラワーギフト・フラワーデザインの企画、制作、販売
■各種スペースデザイン、ディスプレイの企画、設計、施工
■指定管理事業
■各種屋内外緑化の企画、設計、施工
■生花店ネットワーク事業
■生花卸販売、ならびに関連商品の輸入販売
本社郵便番号 106-8587
本社所在地 東京都港区南麻布1-6-30
本社電話番号 03-5444-8700
創業 1872年(明治5年)
設立 1950年(昭和25年12月6日)
資本金 1億円
従業員 1,456名(2016年10月)
売上高 213億円(2016年9月決算)
事業所 東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、その他全国主要都市
関連会社 (株)イーフローラ、(株)フレネットHIBIYA、(株)インプレッションフローラ、上海日比谷花壇貿易有限公司、(株)日比谷アメニス、太陽スポーツ施設(株)、北部緑地(株)、(株)エコル、(株)エコルシステム、(株)グリーバル、(株)橘木
沿革
  • 1872年
    • ・創業〜東京都葛飾区堀切に庭園業を開始。
  • 1944年
    • ・帝国ホテルに出店。パーティー会場向け装花スタイルを確立し、日本初となるブライダルブーケを紹介。披露宴演出として現在ではポピュラーな花束贈呈のシーンを発案。
  • 1947年
    • ・日比谷花壇の前身である「有限会社芳梅園」設立。
  • 1950年
    • ・日比谷公園店出店。
      ・同12月「株式会社日比谷花壇」設立。
      戦後東京の復興計画の一環として、当時の都知事より市民の憩いの場である公園に、海外の例を習ってフラワーショップを、と要請されたのが始まり。
  • 1971年
    • ・「株式会社日比谷花壇造園土木(現・株式会社日比谷アメニス)」設立。
  • 1974年
    • 「株式会社フレネットHIBIYA」の前進である「日比谷商事株式会社 」設立。
  • 1979年
    • ・資本金を1億円に増資。
  • 1983年
    • ・カタログによる通信販売を開始。
      花の宅配システムを業界で初めて導入。通信販売のノウハウを確立。販売チャネルの多角化に成功。現在のEコマース事業の礎を築く。
  • 1994年
    • ・NIFTY-SERVEと提携。
      ネットワークによる販売開始。現在のEコマース事業の起点となる。
  • 1995年
    • ・インターネットにホームページ開設。
      ショッピングサービスと花の情報提供を開始。
  • 1996年
    • ・新本社ビル(東京都港区)完成。
      ・阪神・淡路大震災の合同慰霊祭の会場装花・装飾一切を無償で寄贈。
  • 2000年
    • ・「株式会社イーフローラ」設立。
  • 2001年
    • ・「hibiyakadan.com」を開設。
      オンラインショッピングサービスを本格的にスタート。
      ・コールセンターを開設。
  • 2004年
    • ・法人向けオンラインショッピングサイト「hibiyakadan.biz」を開設。
      オンラインBtoBマーケティングに本格参入。
      ・個人向けのお葬式サービス「日比谷花壇のお葬式 フラワリーフューネラル」を開始。
  • 2006年
    • ・母の日のための情報提供ポータルサイト「母の日コム」を開設。
      ・指定管理者制度により、東京都施設の管理運営代行を受諾し、東京都青山葬儀所及び東京都立夢の島公園・夢の島熱帯植物館の指定管理者事業を開始。
  • 2007年
    • ・「上海日比谷花壇貿易有限公司」設立。
      中国・上海へ進出。
  • 2009年
    • ・日比谷公園店をリニューアルオープン。
  • 2010年
    • ・日比谷公園店が2010年度グッドデザイン金賞を受賞。
      ・タブレット端末を活用したウエディング装花打合せスタイルの展開を開始。
  • 2011年
    • ・ウェブサイト「お別れナビ」を立ち上げ、社葬・お別れの会のプロデュース事業を強化。
      ・フラワー以外のギフト商材の取扱い・通販を開始し、ギフト事業に参画。
  • 2012年
    • ・メモリアルハウス「花堀江」をオープン。
      ・「株式会社インプレッションフローラ」設立。ロンドンのデザイナーブランド、ジェーンパッカー社と提携し、ジェーンパッカーブランド事業の国内展開に着手。
  • 2013年
    • ・日本のフローリストとして初めて、フランスのパリで開催されるインテリア&デザイン関連国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」に出展。
  • 2014年
    • ・サービス付き高齢者向け住宅「グレイプスガーデン西新井大師」竣工。
      ・花を感じるスイーツ「ヒビヤカダンスイーツ」本格展開開始。
  • 2015年
    • ・高付加価値グリーンの空間提案サービス「COTO tree」を展開。事業ブランドに位置付けインテリアグリーン市場に参入。
      ・「日比谷花壇のお葬式 フラワリーフューネラル」の加盟店事業を開始。
  • 2016年
    • 5月26・27日に開催された「G7伊勢志摩サミット2016」の会場装花に協力。
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 14.6%(247名中女性36名 2016年10月時点)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

ページTOPへ