最終更新日:2017/12/5

マイナビ2019

マイナビコード
51240

高槻電器工業(株)

本社
京都府
資本金
9,800万円
売上高
会社規定により非公開
従業員
581名(2016年1月末時点)

【100%Made in Japan】〜新規事業拡大に伴い、会社の「Key」になる職種【機械設計採用】〜

会社紹介記事

PHOTO
工場は、大学の研究室とは比べものにならないスケール。無塵状態のクリーンルームや大型の生産設備など、すべてが新鮮です。
PHOTO
LEDの世界トップシェアの日亜化学工業ほか、複数のLED製造企業と共に事業展開を進める高槻電器工業は今、非常に勢いのある会社です!

PHOTO

代表取締役 山崎 浩

◆我々の使命
私たち高槻電器工業は、設立以来一貫して大手電機メーカー様を陰ながら支える立場で、半導体・電子部品の製造組立に取り組んで参りました。その間、日本のモノづくりに大きく寄与できたと自負しております。

しかし二十一世紀を迎え、IT産業は国際競争が激化し、国内でのモノづくりはますます厳しさを増しております。そのような状況下で、当社は日本国内でのモノづくりに固執して、更なる技術の開発や技能者の教育を行い、付加価値の高い独自のシステムの構築を行い、お客様に感動を与える、一味違った技術の提供を行って参る所存でございます。

◆TOPICS【オーディオ業界を驚かせた、幻の真空管復活】
かつてオーディオファンの人気を集めた米国製の真空管「300B」。80年代に出力増幅素子が半導体に移り変わった後も、音質の良さから愛好家の間で根強く支持されてきました。

しかし、すでに製造は中止されており、現存するものは数十万円という高値がつくほどの貴重品。そこで、2010年に当社は自社の匠の技術で、真空管ファン憧れの300Bを復活させたのです。国産では実に35年ぶりのことで、同年の1月には専門誌『MJ(無線と実験)』では、MJテクノロジーオブザイヤーにて審査員特別賞を受賞。その後も整流管「274B」をラインナップするなど、当社の真空管製品が大きな反響を呼んでいます。LEDという最先端技術を扱いながら、一方では35年ぶりに名品をよみがえらせるという斬新な事業展開で、業界内でも注目されています。

会社データ

事業内容

PHOTO

【1.オプトデバイスの製造】
大手LEDメーカーからの製造受託により、電子部品に使われるオプトデバイス(チップLEDやLEDランプなどの発光ダイオードおよび半導体レーザーなど)の製造・組立を手掛けています。

【2.新製品の企画・開発】
半導体のパッケージング技術開発や、電気制御技術、光学技術、機械工学技術等を活用したLED関連を主体とする新製品の企画・開発に取り組んでいます。

【3.オーディオ用真空管の製造】
国内唯一の真空管製造を行っています。

【4.一般労働者派遣事業(般26-300054)】

【5.その他】
生産設備機器の設計開発および受託開発を行っています。
本社郵便番号 613-0034
本社所在地 京都府久世郡久御山町佐山中道41-1
本社電話番号 0774-43-2111
設立 1957年4月(設立61年)
資本金 9,800万円
従業員 581名(2016年1月末時点)
売上高 会社規定により非公開
事業所 本社/京都府久世郡久御山町佐山中道41-1
工場/京都(京都工場)・福井(三方工場)・富山(富山工場)・鹿児島(溝辺工場・知覧事業所)
事務所/徳島(鳴門事務所)
主な取引先 日亜化学工業(株)、その他
関連会社 鹿児島高槻電器工業(株)
平均年齢 35.4歳
平均勤続勤務年数 10年
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 20日

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

高槻電器工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
高槻電器工業(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ