最終更新日:2018/7/17

マイナビ2019

マイナビコード
51386
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)駒井ハルテック【東証一部上場】

本社
東京都
資本金
66億1,900万円
売上高
332億9,900万円(2017年3月期実績)
従業員
509名(2017年11月現在)
募集人数
6〜10名

当社は橋梁事業、鉄骨事業、環境事業を通じ社会基盤整備の一翼を担う総合鋼構造エンジニアリング企業として社会に貢献いたします。

採用担当者からの伝言板 (2018/03/01更新)

(株)駒井ハルテック 採用担当です。
当社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。

2019年度卒の新卒採用を開始いたしました。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
施工実績には日本を代表する橋梁や超高層オフィスビルが名を連ねる。技術力の向上にも余念がなく、技術士・建築士等の資格取得を全社的に支援。30代の合格者も増えている。
PHOTO
技術系の新卒社員の多くは設計部門からキャリアをスタートします。先輩のサポート役として、積算、設計業務の基礎を学ぶことが第一歩です。

『橋梁』『鉄骨』『環境』の3部門を柱に、社会基盤整備を担うメーカーです。

PHOTO

総務部長の駒井さん。「学校で得た知識は大切。しかしコミュニケーション能力も不可欠です。当社で社会に貢献したい!チャレンジしたい!という方を待っています」

私たち駒井ハルテックは、『橋梁』『鉄骨』『環境』の3部門を柱に、社会基盤整備を担うメーカーとして高品質な製品を供給しています。

【橋梁事業──積算から施工まで、すべての工程を担う】
国土交通省や各日本高速道路株式会社の案件を中心に、日本全国の橋梁の新設・補修工事を担っています。詳細・照査設計、製造、施工まで、すべての工程を担うことができるのは、東京湾アクアラインやレインボーブリッジ、瀬戸大橋をはじめとするこれまでの実績と技術力が高く評価されているからこそ。設計、製造、施工を担う技術者として、着実に成長できる条件が整っています。近年は長寿命化を目的とした保守・メンテナンス工事にも積極的に取り組んでおり、今後は首都圏のインフラ再生に貢献する機会も多くなると考えています。

【鉄骨事業─Sグレード認定工場をベースにビッグプロジェクトに参加】
鉄骨の設計・製造メーカーとして、東京都第一庁舎などの官公庁庁舎や、六本木ヒルズ、横浜ランドマークタワーなどの超高層オフィスビルの建設に貢献。東京のシンボルとなっている東京スカイツリー(R)もその鉄骨のうち約30%は当社の工場で製作されました。大手建設会社が作成する図面をもとに製品を作るファブリケーターとして、当社の富津・和歌山工場は国内に10数社しかない国土交通省のSグレード認定を取得。今後も継続的にスケールの大きな建設プロジェクトに参加できるチャンスがあります。

【環境事業──日本の風土に適した風力発電システムを自社開発】
重機の搬入が困難な山間部や離島の急峻地にも設置が可能で、風雨や落雷の多い条件下でも安定的に発電できる“日本仕様”の風力発電システム『KWT300』を自社開発。現在は当社の富津工場、三重大学のほか、ブータン、ロシア、メキシコ・オアハカ州の風力技術センターでも稼働しています。欧米と比較すると普及が遅れている風力発電を手がけることは、当社にとっても価値ある挑戦なのです。

【理想とする人材像──10年後、20年後はリーダーとして活躍を】
これまでの実績に甘んじることなく、より質の高い製品と技術力を提供することが成長の鍵となります。だからこそ、既成概念に捉われない皆さんの創造力と行動力に期待しています。10年後、20年後には、当社の中心で活躍している自身の姿をイメージして飛び込んできてください。

会社データ

プロフィール

当社は1943年の創業以来、橋梁・鉄骨など鋼構造物の製造・建設に携わり、ともに安全で高品質な製品を供給するメーカーとしての地位を築いてまいりました。
橋梁事業では、長大橋から人々の生活の中に活きる身近な橋まで、道路橋・鉄道橋をはじめあらゆる鋼橋の分野で高品質な製品を数多くつくり続けています。これからも時代のニーズに応えるべく、新たなチャレンジを続けてまいります。近年においては鋼橋分野だけでなく、鋼・コンクリート複合橋梁や、橋梁の耐震補強、長寿命化を図るための予防保全、維持補修工事に対しても積極的に取り組んでいます。さらに幅広い鋼構造物への展開を図るとともに、海外の橋梁工事への参加を視野に入れた取り組みも進めています。
鉄骨事業では、大都市圏の都市再開発事業での超高層オフィスビルをはじめとして、官公庁庁舎、教育・文化施設、大規模生産施設など多くの著名建築物に当社の製品が納められています。その技術力は高い評価を得ており、近年では、上海環球金融中心(上海森ビル)や六本木ヒルズ、東京スカイツリー(R)などの超高層構造物の建設に参画しました。今後はこれらの工事で培った技術的ノウハウを活かし、さらなる発展を目指すとともに、既存建築物の耐震補強工事分野などにも積極的に取り組んでまいります。
環境事業では、高所風況調査、風況結果に基づく事業性の検討から各サイトに適したシステム配置、環境影響調査、土木設計や電機設計など全体システムの設計、建設工事はもちろん建設後の保守点検まで風力発電事業のトータルソリューションを提供します。
暮らしやすい社会の基盤をつくる土木・建築・環境分野で、橋梁・鉄骨・風車などの設計や施工を手掛ける駒井ハルテック。わたしたちは、企業による環境対策の重要性を意識し、これまでに培った技術を活かして取り組んでいます。

事業内容
◆橋梁、鉄骨、その他鋼構造物の設計、製作、建設、診断、補修
◆土木・建築工事の設計・請負
◆風力発電機による売電事業
本社郵便番号 110-8547
本社所在地 東京都台東区上野1-19-10
本社電話番号 03-3833-5101
設立 1943年4月30日
資本金 66億1,900万円
従業員 509名(2017年11月現在)
売上高 332億9,900万円(2017年3月期実績)
代表者 代表取締役社長 田中 進
上場 東京証券取引所 市場第一部
事業所 ■本店
 〒550‐0012 大阪市西区立売堀4-2-21
■札幌営業所
 〒060-0001 札幌市中央区北一条西4-2-12
■東北営業所
 〒980-0014 仙台市青葉区本町2-1-29
■名古屋営業所
 〒460-0003 名古屋市中区錦2-20-8
■和歌山営業所
 〒649‐1122 和歌山県日高郡由良町神谷805-2
■中国営業所
 〒730‐0036 広島市中区袋町5-38
■九州営業所
 〒812‐0013 福岡市博多区博多駅東2-4-17
■富津工場
 〒293‐0011 千葉県富津市新富33-10
■和歌山工場
 〒649‐1122 和歌山県日高郡由良町神谷805-2
■大阪事業所
 〒555‐0041 大阪市西淀川区中島2-5-1
■テクニカルセンター
 〒270‐2214 千葉県松戸市松飛台404-1
主な取引先 国土交通省、各高速道路公社、都道府県、各大手ゼネコンほか
関連会社 ■東北鉄骨橋梁(株)
■(株)シップス
■(株)プロバンス

※連結子会社として
平均年齢 男性 42.5歳
女性 35.8歳 
全体 42.0歳(2017年11月時点)
平均勤続年数 男性 18.5年
女性 12.2年
全体 18.0年(2017年11月時点)
平均給与 男性 369,618円
女性 285,344円
全体 363,351円(2017年11月時点)
沿革
  • 2010年10月
    • 駒井鉄工(株)と(株)ハルテックの合併により設立
  • 2012年10月
    • 大阪市西区立売堀に、本店を移転

      上記は合併後の沿革のみ掲載しております。
      旧2社の詳細な沿革は以下よりご覧いただけます。

      ◆会社HP ―― 沿革
      http://www.komaihaltec.co.jp/corp/history.html
月平均所定外労働時間(前年度実績) 31.6時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7.6日
前年度の育児休業取得対象者数 0名(うち女性0名、2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(うち女性0名、2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 1.5%(136名中女性2名、2016年度実績)

採用データ

先輩情報

橋と通して様々な人と繋がれる!
相原 健吾
2016年入社
24歳
日本大学
文理学部 化学科
大阪橋梁営業部 大阪営業課
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒110-8547 東京都台東区上野1-19-10
(株)駒井ハルテック
管理本部 総務部人事課 清水
【TEL】03-3833-5101
【FAX】03-3833-6788
URL http://www.komaihaltec.co.jp/
E-mail saiyou@komaihaltec.co.jp
交通機関 ■JR山手線・京浜東北線「御徒町駅」下車徒歩3分
■東京メトロ銀座線  「上野広小路駅」下車徒歩1分
■都営地下鉄大江戸線 「上野御徒町駅」下車徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp51386/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)駒井ハルテック【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ