最終更新日:2018/10/9

マイナビ2019

マイナビコード
52586
  • 正社員

日本蓄電器工業(株)

本社
東京都
資本金
4億5,703万500円(払込資本)
売上高
270億円(2016年)
従業員
170名
募集人数
1〜5名

独創的な技術で世界へ、新しい未来を一緒に作りませんか?

本年度の新卒採用活動は終了いたしました。 (2018/10/09更新)

本年度の新卒採用活動は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
設備技術部のある上野原事業所の皆さん。JR中央線上野原駅からのアクセスがよく、山梨でも東京寄りのため、八王子あたりから通う社員も多いです。
PHOTO
事務所内ではパソコン前でCADを使った作業が多いですが、各工場に出張して設備と向き合う時間も少なくありません。海外に出張するケースも多いです。

世界に評価される“電極箔”の専門家集団。未来の設備づくりを担う人材を求めたい。

PHOTO

設備技術部山口直樹部長(写真右)は「小さいながらも世界で勝負できる会社です。私たちとともにより良い設備づくりに取り組んでくれる若い力を募集します」と語る。

■世界に通ずる電極箔を
私たちの身近な生活を支える電子機器には多種多様な電子部品が用いられていますが、その中の一つに「アルミニウム電解コンデンサ」があります。電気を蓄え、かつ放出するという極めて重要な機能を持つ電子部品であり、EVやPHVをはじめとした自動車関連、4Kテレビといったデジタル家電からスマートフォンやスマートスピーカーなどの情報機器まで、さまざまな製品に使われており、目に見えないところから私たちの生活を支えています。

私ども日本蓄電器工業は、そんなアルミニウム電解コンデンサの中で、電気を蓄える重要な役割を担う“電極箔”の国内唯一の専業メーカーとして、日本のみならず、世界をリードする存在として活動しています。

■全工場の設備は設備技術部がつくる
生産拠点としては、千葉工場のほか、グループ全体で見れば長野、静岡、愛媛でも工場を展開。さらには韓国、台湾、中国でも生産拠点を有しており、グローバルな視点でものづくりを実践しています。

これらの工場設備の設計開発は、100%設備技術部が担当しています。お客様の要求に合致する電極箔の製造設備を設計するのはもちろん、実際に必要な機器を選定し、組み立てて現地に設置し、テストに至るまで、所属する技術者たちが責任を持ってつくり上げています。

当社で生産されるすべての電極箔は、私たちの設備を通してつくられるのですから責任は極めて重大。難しさもありますが、やりがいのある大きな仕事です。

■ミクロの世界でモノをつくる
設備面の自慢は、自社の技術の看板であるエッチングと呼ばれる工程です。電極箔には薄く伸ばしたアルミニウムを用いますが、ミクロの無数の穴を空け表面積を広げていけば、蓄えられる電気の量は増えていきます。最近は表面に金属を蒸着させる技術で確かな実績を残しています。

自社にて製造設備をつくってしまうフットワークの軽さも有しており、製品評価用の検査装置や設備の制御基板、プログラムなどは、メンバーが自前でつくっています。ものづくりが好きだという人にはピッタリの環境が整っていると自負しています。

設備技術部では若い人材に当社の培ってきた世界トップクラスの技術を継承してもらいたいと考えています。私たちとともに世界一の電極箔をつくりましょう!

会社データ

プロフィール

 エレクトロニクス製品を影から支えるアルミ電解コンデンサ。瞬時に充放電が出来るその特性は、電気回路に不可欠なものであり、そのコンデンサの性能を決めるのが、JCCの主力製品である「アルミニウム電極箔」です。今、このWEB画面を映すスマートフォンにも、目の前を走り抜けるハイブリッドカーにもJCCの技術が息づいています。

 アルミ電解コンデンサの持つ高い充放電能力と高い耐電圧は、アルミニウム電極箔の性能により実現します。わずか0.1mmにも満たない薄いアルミ箔を、強度を維持しながら、いかに「多くの電気を」「よりよい状態で」溜めることができるか。それを実現してきたのが、JCCの独創的技術です。
 アルミ箔の表面にミクロの穴を無数にあけ、数百倍もの表面積を実現する「エッチング技術」。その上に極めて薄く緻密な酸化皮膜の誘電体を生成する「化成処理」。そして、それらをハイレベルで製品化する内製の「製造機械設備」。All『JCC』オリジナルで、半世紀にわたり市場のニーズに応えて続けています。

 更に近年は、アルミニウム電極箔の機能を追究するだけに留まらず、全く新しい分野にも常に挑戦しています。例えば、太陽光発電や風力発電からの電気変換や、インフラ設備での蓄電源など、発想の転換により新用途の技術開発で新しい市場のニーズにも応えています。

 独創的技術により、目には見えない『μ(ミクロ)』の世界から確実に社会を支えている。そんな誇りを持てるのが、当社の仕事です。

事業内容

PHOTO

電極箔の表面の一部を電子顕微鏡で数千倍に拡大したもの。ここに秘められた可能性は、無限に広がっています。

アルミ電解コンデンサ用電極箔の製造販売
固体コンデンサ用蒸着箔の製造販売
化学機械設備及び電気設備等の設計製作施工
本社郵便番号 197-0013
本社所在地 東京都福生市武蔵野台1-23-1
本社電話番号 042-552-1201
創業 1957年5月
設立 1959年12月
資本金 4億5,703万500円(払込資本)
従業員 170名
売上高 270億円(2016年)
事業所 本社事業所(東京都福生市)
上野原事業所(山梨県上野原市)
千葉工場(千葉県市原市)
主な取引先 【国内主要取引先(五十音順)】
エルナー(株) / サン電子工業(株) / 日本ケミコン(株)
ニチコン(株) / パナソニック(株) / 日立エーアイシー(株)
ルビコン(株)

【海外主要取引先(アルファベット順)】
AN CHUAN ENTERPRISE CO.,LTD. / KWT KOREA CO., LTD.
SAMWHA ELECTRIC CO.,LTD.
TAICON CORPORATION
関連会社 【国内関連会社(五十音順)】
エス・エヌ・ケー(株) / 川竹エレクトロニクス(株)
ジェーシーシーエンジニアリング(株)/ 信英蓄電器箔(株)

【海外関連会社(アルファベット順)】
JCC Electronics Technology (Changshu) Co.,Ltd.
Korea JCC Co., Ltd.
Taiwan JCC (Foil) Corporation
平均勤続勤務年数 平均勤続年数 21.4年
前年度の育児休業取得対象者数 5名(男性4名、女性1名)2017年度
前年度の育児休業取得者数 1名(男性0名、女性1名)2017年度
育児休業から復帰後、短時間勤務中の者2名:2017年度

問い合わせ先

問い合わせ先 日本蓄電器工業(株) 管理部総務課
〒197-0013
 東京都福生市武蔵野台1-23-1
  TEL:042-552-1201 
  FAX:042-552-2761
URL http://www.jcc-foil.co.jp/
E-mail 総務課採用担当(安井・青木・小幡)
   E-Mail:saiyo@jcc-foil.co.jp
交通機関 上野原事業所は、
 JR中央線 上野原駅 北口より徒歩10分です。
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp52586/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日本蓄電器工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ