最終更新日:2017/11/7

マイナビ2019

マイナビコード
52819
  • マイナビだけでエントリー
  • 上場企業

フマキラー(株)【東証二部上場】

本社
東京都、広島県
資本金
36億9,868万円
売上高
219億円 連結423億円(2017年3月期)
従業員
212名(2017年3月現在)

1924(大正13)年の創立以来93年。地道な基礎研究と新しい発想で市場を切り拓いてきたフマキラーが挑み続ける相手は、常に“世界”。

会社紹介記事

PHOTO
フマキラーの原点にある、尽きることのない研究開発スピリット。実験から見出した新しい知見と消費者の潜在ニーズを結びつけ、世の中の一歩先を行く商品開発に繋げている。
PHOTO
2008年の発売以来大ヒット中の火も電気も使わない次世代蚊取り「おすだけベープ」など、地道な基礎研究と独創的なアイデアから生まれたフマキラー製品の数々。

『日用品質』をモットーに、研究開発に取り組み、安心で快適な暮らしを創造!

PHOTO

どの部署もチームワークがよく、あたたかい雰囲気。社内全体の風通しもよく、力を発揮しやすい職場環境が待っている。

■フマキラーのロゴに、「日用品質」という言葉(企業理念)が入っていることを皆さんはご存知でしょうか。この日用品質には、「日々の暮らしで何気なく使うものにこそ、確かな品質を届けたい。真面目にものを作って、絶対に消費者を裏切らない」。というフマキラーの強い想いが込められているのです。
新しい発想、新しい技術で世の中にないものを創ろう。これは、1920年に発売された専売特許殺虫剤「強力フマキラー液」をはじめ、独創性あふれる製品を世の中に産み続けてきたフマキラーの企業風土を表現したものです。つまり、独創的であること=フマキラーらしさ。
今後もこの企業風土を大切にし、新しい世代へと確実に引き継ぎ、繁栄し続けます。

■フマキラーが目指すのは、“暮らしを快適にする製品”づくりNo.1。その代表として挙げられるのが、1963年に開発した世界初の電気蚊取り「ベープ」です。ベープは、マットタイプの蚊取りの代名詞になっているほど有名なブランドです。ベープが誕生したその後も、殺虫剤を中心として技術を水平展開し、家庭用品・園芸用品と事業の幅を拡大して常にNo.1への挑戦を続けてきました。液体電気蚊取り「ベープリキッド」・電池式虫よけ「どこでもベープ」・火も電気も使わない次世代蚊取り「おすだけベープ」と、画期的な商品を次々と世に送り出してきた当社の製品開発力は、尽きることがありません。

■日本の技術が世界でもトップといわれる分野は数多くありますが、実は殺虫剤の技術もその一つ。殺虫剤市場は全世界で約7,400億円規模で、うち3,700億円の市場をアジアが占めています。現在、デング熱やジカ熱など蚊が媒介する感染症によって、世界中で年間数百万人以上の人が亡くなっていると言われています。当社は、人々の命を守る製品を作り出しているという使命を意識しながら、多くの人々が快適に生活できるよう日々活動しています。
これまでに構築した約70カ国のネットワークを駆使して、当社はインドネシア及びASEAN諸国(マレーシア、ベトナム、タイ)の製造拠点を中心に、高い製品技術力・卓越した効きめを武器として世界市場への進出を図っています。

■私たちがめざすものは「日用品質」。これからも地道な研究を続け、自然・人間・暮らしを基準に作り出された高品質の製品を世界へ発信し続けます。

会社データ

事業内容
殺虫剤・家庭用品・園芸用品・業務用品等の製造販売、輸出入事業

「代表的商品」
(殺虫剤)
どこでもベープNo.1・どこでもベープ・おすだけベープ・フマキラープレミアム・ベープマット・ベープリキッド・フマキラーA・ゴキブリフマキラー・ゴキブリワンプッシュ・アリフマキラー・蚊取り線香・ダニブロッカー・虫よけバリア・スキンベープ・フォグロン
(家庭用品)
アルコール除菌スプレー・アレルシャット・サザン・激乾・お風呂まとめて洗浄
(園芸用品)
カダン(殺虫殺菌剤、植物活力剤、園芸肥料、除草剤、犬猫まわれ右)
本社郵便番号 101-8606
本社所在地 東京都千代田区神田美倉町11番地
本社電話番号 03-3252-5941
管理本部郵便番号 739-0494
管理本部所在地 広島県廿日市市梅原1丁目11番13号
管理本部電話番号 0829-55-2111
創業 1874年(明治7)年 [創立1924(大正13)年7月]
設立 1950(昭和25)年12月
資本金 36億9,868万円
従業員 212名(2017年3月現在)
売上高 219億円 連結423億円(2017年3月期)
事業所 本店・東京支店/東京都千代田区神田美倉町11番地
名古屋支店/名古屋市昭和区御器所1-11-16
大阪支店/大阪府吹田市垂水町3-5-15
広島支店/広島市西区中広町3-17-9
福岡支店/福岡市博多区下呉服町3-5
広島工場/広島県廿日市市梅原1丁目11番13号

北日本営業所/仙台市宮城野区榴岡3-4-18 タカノボル第22ビル303号
株式上場 東京証券取引所第二部
国内関連会社 大下産業(株)
大下製薬(株)
日広産業(株)
フマキラー・トータルシステム(株)
海外子会社 ◇インドネシア
P.T.Fumakilla Indonesia
P.T.FUMAKILLA NOMOS

◇マレーシア
Fumakilla Asia Sdn.Bhd.

◇インド
Fumakilla India Private Limited

◇メキシコ
Fumakilla America S.A.DE C.V.

※その他の海外出資会社
[Fumakilla Asia Sdn.Bhd.の子会社]
Fumakilla Malaysia Bhd.(マレーシア)
Fumakilla Vietnam Pte., Ltd.(ベトナム)
Fumakilla (Thailand) Ltd.(タイ)
Myanmar Texcorp Limited(ミャンマー)
代表者 代表取締役社長 大下 一明
沿革
  • 1874(明治7)年
    • 創業(薬種商)
      ※明治23年 屋号を大下回春堂(薬種商)と命名。
  • 1920(大正9)年
    • 専売特許殺虫剤「強力フマキラー」を開発、製造・販売。
  • 1924(大正13)年
    • 大下回春堂創立。
  • 1950(昭和25)年
    • 大下回春堂を資本金1,000万円の株式会社に改組。
  • 1962(昭和37)年
    • 資本金1億円に増資。
      社名をフマキラー(株)に変更。
  • 1963(昭和38)年
    • 世界で初めての電気蚊取り「ベープ」を開発。
  • 1964(昭和39)年
    • 資本金1億5,000万円に増資。
      東京証券取引所市場第二部、広島証券取引所に株式を上場。
  • 1973(昭和48)年
    • イタリアに合弁会社「フマキラーイタリア」を設立。
      資本金5億円に増資。
      同年12月5億5,000万円に増資。
  • 1975(昭和50)年
    • 資本金6億円に増資。
  • 1976(昭和51)年
    • マレーシアに合弁会社「フマキラーマレーシア」を設立。
  • 1978(昭和53)年
    • 資本金11億円に増資。
  • 1989(平成元)年
    • 資本金28億8,960万円に増資。
      液体電気蚊取り「ベープリキッド」発売。
  • 1990(平成2)年
    • インドネシアに合弁会社「フマキラーインドネシア」を設立。
  • 1996(平成8)年
    • キッチン用「アルコール除菌スプレー」発売。
      インドに合弁会社「フマキラーインディア」を設立。
  • 2000(平成12)年
    • 電池式虫よけ「どこでもベープ」発売。
  • 2004(平成16)年
    • 世界最小・最軽量の電池式携帯虫よけ「どこでもベープNo.1」発売。
      鼻に塗るだけの花粉対策クリーム「花粉鼻でブロック」発売
  • 2006(平成18)年
    • 化学殺虫剤を使用していない園芸用殺虫・殺菌剤「カダンセーフ」発売
  • 2007(平成19)年
    • メキシコに合併会社「フマキラーアメリカ」を設立
  • 2008(平成20)年
    • 火も電気も使わない次世代蚊取り「おすだけベープ」発売。
  • 2010(平成22)年
    • 資本金36億9,868万円に増資
      驚きの超ロングラン効果を実現「どこでもベープ未来」発表
  • 2012(平成24)年
    • ブレーンズ・パーク一期工事(エアゾール工場)竣工。
      「テクノピア社」「テクノビアジャカルタ社」の株式を70%
      取得し子会社化。
      取替え時期がひと目でわかる「おすだけベープクリスタ」発売。
  • 2013(平成25)年
    • 「テクノピア社」を「フマキラーアジア社」に社名変更。
      殺虫剤成分ゼロの「ゴキブリ凍止ジェット」発売。
  • 2014(平成26)年
    • かわいいセレクト「虫よけバリアシリーズ」発表。
  • 2015(平成27)年
    • 世界高効力「効きめプレミア」シリーズ発表。
      「テクノピアジャカルタ社」を「フマキラーノモス社」に社名変更
  • 2016(平成28)年
    • 世界初のゴキブリ用ワンプッシュ式殺虫剤「ゴキブリワンプッシュ」発表
      「フマキラーアジア社」「フマキラーノモス社」を完全子会社化
平均勤続勤務年数 15.8年(2017年3月31日実績)
前年度の育児休業取得対象者数 14名(うち女性2名、男性12名、2016年実績)
前年度の育児休業取得者数 2名(うち女性2名、男性0名、2016年実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

フマキラー(株)【東証二部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
フマキラー(株)【東証二部上場】 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ