最終更新日:2018/12/5

マイナビ2019

マイナビコード
53139
  • 正社員

いわて生活協同組合【いわて生協】

本社
岩手県
出資金
85億8,098万円
供給高
399億4,324万円(2017年3月期実績)
常勤者
正規常勤者369名(男299名・女70名/パート・アルバイト常勤者含め2,115名)
募集人数
26〜30名

2020年ビジョン〜私たちのありたい姿〜「助けあい、支えあい、ともにつくるくらしの安心」生涯をとおして組合員のくらしに役立つ生協をめざして

2019採用まだ間に合います!12月採用説明会を開催します。お気軽にお問い合わせくださいね。 (2018/12/05更新)

みなさんこんにちは(^^)いわて生協で採用担当しております、人材組織開発部の畠山と申します。当生協へのエントリーありがとうございます。2019採用はまだ間に合います。迷っている学生のみなさん、まずは採用説明会に参加してみてくだい。新しい発見があるかもしれませんよ。

お問い合わせ
いわて生協 人材組織開発部
採用担当 畠山正昭

アドレス
sn.i05541mh@todock.jp

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
生協は幅広く事業を展開しております。具体的には皆さんの身近な、COOPのお店や、共同購入(宅配)、葬祭事業セリオ、介護福祉センターあい、共済センターなどです。
PHOTO
共同購入事業は岩手県内に9つのセンターが配置され、そこから組合員のもとへ、元気な若手スタッフたちが注文された商品や、夕食のお弁当、そして安心をお届けしています

組合員の方々からの「感謝」、「ありがとう」の声が、仕事のやりがいにつながる

PHOTO

採用担当の畠山正昭さんは、転職を3度経験。「他の企業とは違い、組合員さんに喜んでもらうために働けるのが生協の魅力。この仕事に就いて良かったと思っています」。

皆さんは「生協」と聞くと、店舗(スーパー)を想像するのではないでしょうか? 「生協」は「消費生活協同組合」、株式会社ではなく、協同組合のひとつです。組合員一人一人がお金(出資金)を出しあい、それを元手に展開されるさまざまな事業を利用し、意見や声を出し合って運営にも参加する組合員の組織なのです。皆さんがよく目にするのは、COOPのお店が多いかもしれませんが、宅配、葬祭、介護、共済など、幅広く事業展開していますし、環境、平和、復興支援、子育て支援などの活動もしております。生協の目的は、組合員の暮らしをより良くすることです。例えば、「私たちの住んでいる地域でこんなことを改善したい」、「こんなことに困っているから、生協で取り組んでほしい」など、組合員の声に耳を傾け、その声を計画に反映し、実現するのが生協の役割です。店舗(スーパー)の運営においても、「安心・安全な商品を作ってほしい」といった声が、商品開発につながっていきます。また、店舗内には組合員ルームがあり、地域の組合員の方々が自由に活用することができます。このような場で色んな意見や要望をだしあったり、新商品の食べ比べ、子育て支援や、地域の人たちのコミュニティの場になっています。つまり、常勤者(職員)が働く場だけではなく、地域の組合員さんたちの財産でもあるのです。生協は非営利の協同組織ですので、利益は組合員皆のものであり、色々なかたちで還元します。利益優先ではないところが、株式会社との違いです。そのため生協に入協し働く際には、地域の組合員の皆さんに寄り添い、お役に立つことで感謝されることを、やりがいとして感じてほしいと思っています。入協者は通常、店舗、共同購入、葬祭の業務から経験を積みます。業務内容を覚えるのはもちろんのこと、組合員の方々とふれあう中で信頼関係を築き、感謝されることで、生協の役割を肌で感じ、人間として成長する期間であってほしいと考えています。入協2年間は人事と定期的に面談を行い、職場環境に悩むことのないようフォロー体制を整えています。制度教育も充実しておりますので、大いに学ぶ機会もあります。いわて生協で働く喜び、自己成長の実感、そして何事にも代えがたい「やりがい」がきっと見つかります。多くの皆さんが生協の仲間になってくれることを願っています。(人材・組織開発部 畠山正昭)

会社データ

プロフィール

いわて生協は、「一人は万人のために、万人は一人のために」の協同組合精神のもと、食・環境・平和・福祉など、よりよいくらしと地域社会をめざして活動しています。「2020年ビジョン」の最終年度である2020年度は、「お母さんたちがつくる地域生協」が岩手県に誕生して50年、またいわて生協が誕生して30年という節目の年です。私たちの「協同」の力をさらに強め、「助けあい、支えあい、ともにつくるくらしの安心」を掲げ、取り組みを着実にすすめてまいります。

■2020年ビジョン〜私たちのありたい姿〜
「助けあい、支えあい、ともにつくるくらしの安心」

1.私たちは、ふだんのくらしにいっそう役立つ事業を広げ、生涯をとおして組合員のくらしに役立つ生協をめざします。
2.私たちは、だれもが安心して暮らせる社会と、人と人とが支えあいつながる地域づくりをめざし、「明るく!元気に!楽しく!感動する活動」をすすめます。
3.私たちは、協同のすばらしさに確信を持つ常勤者をつくり、地域から信頼され、評価される生協をめざします。また、組合員のくらしの願いにこたえるために、健全経営を維持発展させます。

■いわて生協のめざすもの 5つのキーワード
「地域・協同・食・環境・平和」

【地域】
私たちは、「人間」がもっとも大切にされ、だれもが安心して暮らせる社会と、人と人とのつながりを強め、伝統・文化などが大切にされる地域をめざします。
【協同】
私たちは、ひとりでは実現できないくらしの願いを、多くの人や団体・協同組合との協同の力を強め、みんなで実現していくことをめざします。
【食】
私たちは、「安全・安心・健康な食生活」にこたえる運動・事業をさらに強め、食の安全と農林漁業を守り、食料自給率を高めることをめざします。
【環境】
私たちは、環境負荷を減らし、原発に依存しない事業とくらしの見直しをすすめ、子どもたちに持続可能な地球環境を残すことをめざします。
【平和】
私たちは、くらしの基本である平和を守っていくことを、未来を担う子どもたちといっしょにすすめます。

事業内容

PHOTO

岩手県滝沢市に本部を構え、店舗や共同購入などふだんのくらしにいっそう役立つ事業を広げ、生涯をとおして組合員さんのくらしに役立つ生協をめざしております。

いわて生協は、組合員のくらしの変化に対応し、その願いを実現する事業に挑戦し続けます。特に、生涯をとおして暮らしを支える事業を、各事業や組合員活動との連携ですすめています。

■店舗事業(スーパーマーケット)
店舗事業は、いわて生協がめざす「地域一番店づくり」を再構築し、地域や組合員から満足いただける店づくりを着実にすすめます。
【店舗数】14店(※2018年4月以降に北上市に新店オープン予定で15店)
・盛岡市(コープ高松、ベルフ仙北、ベルフ山岸、ベルフまつぞの、ベルフ青山)
・宮古市(マリンコープドラ、ベルフ西町、コープ西ヶ丘、コープチェリオ)
・滝沢市(ベルフ牧野林)
・八幡平市(ベルフ八幡平)
・花巻市(コープ花巻あうる)
・奥州市(コープアテルイ)
・一関市(コープ一関コルザ)

■共同購入事業(宅配、夕食宅配、灯油配達、地域の見守り)
共同購入事業は、少子高齢化・核家族化・買い物不便地域が広がる中で、支えあいや人のつながりを強める視点からも果たす役割が大きくなっています。
【共同購入センター】9センター(県内全域)
・盛岡北センター
・盛岡南センター
・宮古センター
・花北センター
・県南センター
・けせんセンター
・釜石センター
・にのへセンター
・久慈センター

■共済事業(本部内に1センター)
共済事業は、CO・OP共済が生命保障・医療保障分野で、組合員から一番に選ばれ、「組合員と家族のくらしの安心」に役立つことをめざします。

■葬祭事業(セリオ)
葬祭事業「セリオ」は、高齢社会の中で、安心して利用いただける事業と生前・相続相談などにも対応できるサービスレベルの引き上げをさらにすすめます。
【葬祭センター】9ホール
・セリオホール中野
・セリオホールみたけ
・セリオホール緑が丘
・セリオホール牧野林
・セリオホール仙北
・セリオホールみやこ
・セリオホール磯鶏
・セリオホール釜石
・セリオホール岩泉

■介護福祉事業
【介護福祉センター】コープ介護福祉センター あい
介護・福祉事業は、今後急速にすすむ高齢社会の中でますます高まる期待に応え、盛岡地域での在宅介護3事業を着実に強化します。
※居宅介護支援(ケアプラン作成)、訪問介護(ホームヘルプ)、福祉用具(レンタル・販売)
本部郵便番号 020-0690
本部所在地 岩手県滝沢市土沢220-3
事業本部電話番号 019-687-1441
創立 1969年
設立 1990年3月21日
出資金 85億8,098万円
常勤者 正規常勤者369名(男299名・女70名/パート・アルバイト常勤者含め2,115名)
供給高 399億4,324万円(2017年3月期実績)
事業所 本  部 /滝沢市
店  舗 /滝沢市、盛岡市、八幡平市、宮古市、花巻市、奥州市、一関市、
      ※北上市(新店予定4月)
共同購入 /滝沢市、盛岡市、宮古市、奥州市、北上市、釜石市、
      大船渡市、一戸町、久慈市
そ の 他/本部に加工・配送センター・品質管理室、
      セリオホール(葬儀事業):滝沢市・盛岡市・宮古市・釜石市
      介護・福祉センター、南昌荘(盛岡市指定保護庭園)など
経常剰余金 5億3,042万円(2017年3月期実績)
組合の財産 24万人の組合員から85億円の出資金をお預かりし、事業運営を行っています。
主な取引先 日本生活協同組合連合会、コープ東北サンネット事業連合他
平均年齢 42歳
平均勤続年数 18年
沿革
  • 1969年
    • 「盛岡安く牛乳を飲む会」を母体に盛岡市民生活協同組合を設立。
  • 1990年3月21日
    • 盛岡市民生協・岩手県民生協・釜石市民生協・北上市民生協・けせん生協と岩手県学校生協宮古地域が合併して、いわて生活協同組合設立。
  • 1991〜1993年
    • ■第1次中期計画
      1990年、県内5つの地域生協の合併と、岩手県学校生協宮古地域組合員の合流によって、いわて生協が誕生しました。合併初年度は実務的な整理をすすめ、翌年から第1次中期計画をスタートさせました。
  • 1994〜1996年
    • ■第2次中期計画
      1991年にスタートした「コープ東北サンネット」を1995年に法人化し、東北での連帯が着実に前進。店舗事業は1996年にコープ一関COLZA、マリンコープDORAをいわて生協型SSM(ストロングスーパーマーケット)として連続出展しました。
  • 1997〜2000年
    • ■第3次中期計画
      初めて4カ年計画とし、基本コンセプトとして「組合員の安全・安心・健康な食生活への願いを実現する、運動と事業の社会モデルをめざすいわて生協」を掲げました。
  • 2001〜2005年
    • ■第4次中期計画
      5カ年計画として作成し、いわて生協のめざすもの「ひと・地域・協同・食・環境・平和(2004年度に平和を追加)」と「いわて生協の基本路線(常勤者の考え方や戦略的・方針を作るときの道しるべ)」を明確にしました。
  • 2009〜2011年
    • ■第6次中期計画
      100年に一度といわれる世界同時不況による、くらし・地域・経営のかつてないきびしさに「協同」の力を強めて取り組むことを掲げました。
  • 2011〜2012年
    • ■震災復興2カ年計画
      2011年3月、東日本大震災が発生。いわて生協も12億円という大きな被害を受け、急遽、第6次中期計画を終了せざるを得ませんでした。この2年間は、震災からの復興と事業の再建を掲げた2カ年計画を作成し、全力で取り組んできました。
  • 2013〜2015年
    • ■第7次中期計画
      ふだんのくらしに役立つ事業をさらに推進しました。夕食宅配サービスの拡大、花巻市に初めての店舗「コープ花巻あうる」をオープンしました。組合員数は、3年間で4万5,000人増え、23万3,000人を超えました。
  • 第7次中期計画到達点
    • 第7次中期計画(2013〜2015年度)の到達点は以下の通りです。
  • 共同購入事業
    • 県内に利用を着実に広げた共同購入事業。さらに広げる基盤整備も実施。
      宮古センターの増床、盛岡3センターの分割と盛岡南センター新設、花北センターの増床移転を実施。全県にさらに広げるための基盤整備をすすめました。
  • 店舗事業
    • 店舗事業では、新店2店舗をオープン!「高齢者にやさしい店づくり」も前進。
      2013年度に「ベルフ八幡平」を、2015年度に「コープ花巻あうる」をオープン。ハード・ソフト両面で「高齢者にやさしい店づくり」もすすめてきました。
  • 葬祭事業
    • 葬祭事業「セリオ」では、3ホールを開設。施行件数も1,000件を超えるまでに。
      「セリオホール牧野林」(2013年度・滝沢市)、「セリオホール磯鶏」(2013年度・宮古市)、「セリオホール仙北」(2014年度・盛岡市)を開設しました。
  • 夕食宅配サービス
    • 高齢者のくらしを支える新事業「夕食宅配サービス」をスタート!
      2013年6月に盛岡エリアからスタート。2015年度末までに、県央・県南・沿岸の11市町に拡大し、登録者3,335人・1日1,354食まで広がりました。
  • 世帯加入率は45%
    • 3年間で4万5,000人増え、組合員は23万3,000人に!
      3年間で4万5,101人の組合員を増やし、世帯加入率は45%、出資金は82億5,000万円に!新店地域でのなかまづくりに全組織をあげて取り組みました。
  • 高齢者見守り協定締結
    • 「高齢者見守り協定」を29市町村と締結し、地域への貢献度が向上。
      全33市町村との締結をめざし取り組み、29市町村と締結。この3年間で、異変に対応した事例は51件となり、家族や市町村からも感謝されています。
  • 震災復興支援を継続
    • 震災前より暮らしやすい街や地域づくりがすすむことをめざし、復興支援を継続。
      「買い物支援」「なりわい・仕事づくり支援」「笑顔と元気を届ける活動」の3つの柱で、被災地のくらしを支えてきました。
  • 子育て活動への参加
    • くらしの願いにそった活動を多彩に展開。「ハピママコープ」もスタート。
      子育て世代の願いにそった楽しい活動として、2014年度から「ハピママコープ」をスタート。各コープでの企画も増え、子育て活動への参加は、この2年間で7,000人に広がりました。
  • 環境活動を積極的展開
    • 「原発に依存しない事業とくらし」をめざした環境活動を積極的に展開。
      施設照明のLED化など節電の取り組みをすすめたほか、16事業所への太陽光発電設置や風力発電計画など、再生可能エネルギーの活用拡大に取り組みました。
平均勤続勤務年数 2017年4月時点

男性 18年
女性 17年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 2016年度実績

月平均21時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 2016年度実績

平均3.2日
前年度の育児休業取得対象者数 2016年度実績

男性対象者数 14人
女性対象者数 7人
前年度の育児休業取得者数 2016年度実績

男性取得者数 1人
女性取得者数 7人
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 常勤役員 25%
管理職  13%

採用データ

先輩情報

「あなただから加入した」と言われるのが至極の幸せ!
鈴木 恵梨(すずき えり)
2011年入協
岩手県立大学
社会福祉学部 福祉経営学科
共同購入事業 県南センター仲間づくりリーダー
共同購入、個人宅配のおすすめ活動
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒020-0690 岩手県滝沢市土沢220-3
人材組織開発部 畠山
TEL:019-687-1441 FAX:019-687-3690
URL http://www.iwate.coop/
E-mail sn.i05541mh@todock.jp
交通機関 ■電車利用の場合
 IGR岩手銀河鉄道「厨川駅」よりタクシーで約10分
■バス利用の場合
 JR盛岡駅より盛岡北高線または滝沢営業所行
 「ふるさと交流館前」バス停下車 徒歩約2分
■車利用の場合
 東北自動車道「盛岡IC」「滝沢IC」より約15分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp53139/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
いわて生活協同組合【いわて生協】と業種や本社が同じ企業を探す。
【有力企業グループ特集】生協グループ

ページTOPへ