最終更新日:2018/7/17

マイナビ2019

マイナビコード
53793
  • 正社員
  • 既卒可

(株)東阪企画

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
1,000万円
売上高
17億7000万円(2017年度見込み)
従業員
50名(2018年3月1日現在)
募集人数
1〜5名

情報バラエティーからドラマまで幅広いジャンルを制作!『ズームイン!!サタデー』『PON!』『おぎやはぎの愛車遍歴』などレギュラー多数!ドラマは賞獲りの常連!

■2019年度 新卒採用活動は終了いたしました。 (2018/07/17更新)

この度、2019年度新卒採用活動を終了いたしました。

多くの学生の皆様にお会いできました事、 弊社に興味を持って頂けた事を心からお礼申し上げます。
なお、秋採用活動を行う場合、ホームページにて改めて詳細をお知らせいたします。

▼2020年度新卒採用につきましては、詳細が決まり次第ご案内いたします。

東阪企画 新卒採用のFacebookでも、採用情報を随時更新していきますのでご覧ください。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
汐留第2本社は、社長もADもみな同じ広さのデスクを持ちワンフロアで働いています。撮影から編集まで完全デジタル・テープレス化を実現。労働時間の短縮に成功しました。
PHOTO
左は2015年12月に完成した神楽坂本社(自社ビル)です。ドラマ部、管理部があります。右の汐留第2本社(6F)は港区東新橋のイタリア街にあり、情報バラエティ部があります。

自社で企画、制作し、著作権を保有する―次世代型制作のプロ集団

PHOTO

入社以来、生放送畑を歩む「ズームイン!!サタデー」総合演出の高井健司。「二つの都市を巻き込んだ企画など、忘れられない“仕事”がある。そのことは最高に幸せなこと」。

★企画力をつけよう!
「東阪企画」という会社名、ダサイと思いませんか?これには歴史的な深い理由があるのです(詳しくはホームページにて)。この会社名の”企画”という2文字こそが…私達の”プライド”なのです。情報バラエティ部で制作している8本のレギュラーの内、5本が弊社の独自企画。2016年に放送したスペシャル7本の内、5本が自社企画です。その企画と演出力が評価され、「ぶらぶら美術・博物館」が放送文化基金賞・ギャラクシー賞、「おぎやはぎの愛車遍歴」はATP賞を受賞しています。
★ちょっと変わった会社です…
東阪企画はテレビ局の資本が全く入っていない独立系制作会社です。ドラマ部は多くの良質なドラマを作り続けています。芸術祭賞・民放連賞・ATP賞「祖国」、ATP賞「人生はフルコース」、民放連賞・東京ドラマアウォード・ATP賞「空飛ぶタイヤ」、ATP賞「下町ロケット」、「レディー・ジョーカー」、「株価暴落」等、多くの賞を受賞し続けています。そして、もうひとつの強みは、情報バラエティ部とドラマ部が共同で実録ドラマを作ること。また、情報バラエティ部の若手ディレクターが企画募集でドラマ企画を通し、連続5話のミニドラマを作りました。情報、バラエティ、ドラマとジャンルは違いますが、ジャンルにとらわれず創りたいものを創る自由な発想を大切にしています。
★皆さんに求めるもの…
最後に、なにより大事なものは「好奇心」です。世の中は面白い事、不思議なことに満ちています。「好奇心」こそが「企画力」を生むパワーの源です。
そして、もうひとつが「人間力」。テレビ番組は多くの人と協同で作ります。ひとつの番組を作り上げるのに100〜200人のキャスト・スタッフがかかわります。皆さんに求めるものは、感性やセンス以上に多様な人と触れ合い、巻き込み、動かしていく「人間力」です。仕事には正解はなく楽ではありません。しかし、その一瞬一瞬が「人間力」を磨くことのできる、かけがえのない瞬間です。「楽ではないけれど最高に楽しい仕事」それが私たちの仕事です。

会社データ

プロフィール

1975年8月1日、東阪企画は澤田隆治が創業しました。
設立当初は朝日放送の子会社でしたが、その後社員が資本を買い取り、外部資本に影響されない独立系の制作会社となりました。
組織の原理は「現場主義」です。良い企画、良い番組を作ることに資金を集中。
“情報バラエティ部”“ドラマ部”の2つの制作体制で組織されています。

■情報バラエティ部
1979年から始まった日本テレビ「ズームイン!朝!!」は、日本テレビと東阪企画が企画し、32年続く長寿番組となりました。この生放送に強いという伝統は、現在も「ズームイン!!サタデー」「PON!」に繋がっています。”漫才ブーム”を巻き起こした関西テレビ・フジテレビ「花王名人劇場」。この番組から現在のテレビ界を牽引するお笑いのスター達が続々と誕生しました。こうしたバラエティの系譜は、「おぎやはぎの愛車遍歴」「ぶらぶら美術・博物館」「天才!!カンパニー」「ハイボール万歳!」に受け継がれ、多彩な番組として展開しています。

■ドラマ部
2017年度は2つのドラマシリーズが放送されました。
4月から放送の松平健主演「PTAグランパ!(全8話)」(NHKBSプレミアム)。7月から放送の向井理×斉藤工W主演、池井戸潤原作WOWOWドラマW「アキラとあきら(全9話)」、弊社が製作する池井戸企画の第4弾です。
どちらも作品は高評価で、「PTAグランパ」は続編が今年も4月から放送されます。
過去の名物企画シリーズ「裸の大将(全86話)」、横溝正史原作「金田一耕助(全36話)」は、現在でもBS・CSで再放送されています。
そして、ここからが重要!制作したドラマの著作権は全て弊社が保有し放送後、マルチに展開しています。例えば、2015年2月から「金田一耕助」DVDブックが全50号販売されました。こうした著作権による収入はとても大きな財源です。弊社の利益の20〜30%は著作権収入です。

★社風
ズバリ…“ラテン系”。何事にもクヨクヨせず、悩む暇があったら一刻も早く解決する。役員から新人まで全てのメンバーが番組作りの最前線で活躍しています。

事業内容

PHOTO

東阪企画が制作に携わる番組(一部)

収益の柱は「TV番組の制作」…番組は私達の“プライド”です。

■情報バラエティ部
「ズームイン!!サタデー」「PON!」「news every.」「天才!カンパニー」
日本テレビ
「おぎやはぎの愛車遍歴」「ぶらぶら美術・博物館」BS日テレ
「バース・デイ」「世界衝撃映像100連発SP(不定期)」TBS
「ハイボール万歳!」BS-TBS       

■ドラマ部
「PTAグランパ!」NHKBS
「警部補・佐々木丈太郎(寺脇康文)」フジテレビ
「はみだし弁護士巽志郎(三浦友和)」朝日放送
「刑事一徹(哀川翔)」「警視庁捜査一課・福原警部(石塚英彦)」テレビ朝日
「連続ドラマW“池井戸潤シリーズ”“高村薫シリーズ”」WOWOW

テレビ制作の他には…
イベント演出「Jリーグアウォーズ」、番組連動のネット動画、4Kのコンテンツ制作・超高精細映像、3D動画制作を手掛けています。
本社郵便番号 162-0805
本社所在地 東京都新宿区矢来町28‐9
本社電話番号 03-3267-7377
第二本社郵便番号 105-0021
第二本社所在地 東京都港区東新橋2-16-1 ルーシスビル6階
第二本社電話番号 03-5733-2282
設立 1975(昭和50)年8月1日
資本金 1,000万円
従業員 50名(2018年3月1日現在)
売上高 17億7000万円(2017年度見込み)
株主構成 代表取締役社長:渡邊 泉
 取締役副社長:碓田千加志
  専務取締役:大下晴義
  専務取締役:大久保 徳宏
   執行役員:藤好 耕
   執行役員:高田耕作
     顧問:澤田隆治
主な取引先 朝日放送・NHK・TBS・テレビ朝日・テレビ東京・電通・日本テレビ・BS-TBS・BS日テレ・フジテレビ・WOWOW…他
※五十音順
関連会社 汐留スタジオ
平均年齢 36.4歳 (2017年4月)
沿革
  • 1975年
    • テレビ創世記の巨人・澤田隆治が創業
  • 1979年
    • 『ズームイン!朝』が日本テレビでスタート
      沢田隆治が日本テレビと共に企画、民放初、朝の情報生番組を立ちあげました。

      あの“漫才ブーム”を巻き起こした『花王名人劇場』が関西テレビでスタート!
      この番組からお笑いスターが続々と誕生しました。

      本社を港区から新宿区矢来町へ移転
  • 1980年
    • 芦屋雁之助が山下清を演じた不朽の名作ドラマ『裸の大将』がスタート。1997年まで全83話放送されました。
  • 1983年
    • 古谷一行が主演の『名探偵・金田一耕助』がTBSでスタート。
      2005年まで全32作放送されました。
  • 1984年
    • 自社ビルが完成
  • 1985年
    • TBSの昼に『新伍のお待ちどおさま』がスタート!山城新伍の毒舌が評判となり、視聴率競争で『笑っていいとも』に迫る勢いの番組として注目されました。
  • 1991年
    • 愛の劇場『天までとどけ』がTBSでスタート。
      放送回数は全300話。シリーズ5作までつくられました。視聴率も全シリーズの平均視聴率は13.1%。昼帯にもかかわらず、最高視聴率は19.1%を記録しました。
  • 1992年
    • 早朝の情報生番組『ジパングあさ6』が日本テレビでスタート。
      現社長・武井泉が総合演出に就任しました。
  • 1996年
    • 土曜日の朝の情報番組として『ズームイン!!サタデー』が日本テレビでスタート
  • 1998年
    • 現社長・武井泉がジパングあさ6総監督としての貢献が認められ、日本テレビ放送網(株)・社長賞を受賞。
  • 2003年
    • 渡邊 泉が代表取締役社長に就任
  • 2006年
    • 戦後60周年特別企画のドラマ『祖国』がWOWOWで放映。数々の賞を受賞
      ▼文化庁芸術祭テレビドラマ部門優秀賞
      ▼日本民間放送連盟賞テレビドラマ部門優秀賞
      ▼第23回ATP賞・グランプリ・ドラマ部門最優秀賞
  • 2009年
    • 池井戸潤原作ドラマ『空飛ぶタイヤ』がWOWOWで放映。数々の賞を受賞
      ▼日本民間放送連盟賞・番組部門テレビドラマ番組最優秀賞
      ▼東京ドラマアウォード2009連続ドラマ部門優秀賞
      ▼第26回ATP賞・グランプリ・ドラマ部門最優秀賞
  • 2010年
    • 世界一敷居の低い美術番組『ぶらぶら美術・博物館』がBS日テレで放送スタート

      朝の情報バラエティ『PON!』が日本テレビでスタート

      世界で初めてマジックの本格的3D作品『世界初!愛と奇跡のイリュージョン・プリンセス天功vs3D』を制作。
  • 2011年
    • カートークバラエティ『おぎやはぎの愛車遍歴』がBS日テレでスタート。

      ニンテンドー3DS「いつの間にテレビ」で3D動画『マジック教室』を制作。
  • 2012年
    • ▼『ぶらぶら美術・博物館』
      第38回放送文化基金賞・テレビ エンターテインメント番組賞
      第49回ギャラクシー賞・テレビ エンターテインメント部門奨励賞
      ▼藤好耕(ぶらぶら美術・博物館の総合演出)
      第38回放送文化基金賞・企画賞
  • 2013年
    • 日本テレビ・個人特別顕彰バリュアブル・パートナー
      藤好耕がPON!の総合演出が評価され受賞
  • 2014年
    • 『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!』
      BS日テレ社長賞 団体 銅賞を受賞
  • 2015年
    • 新社屋完成
  • 2017年
    • 日テレAWARDS2017・パートナー部門 バリュアブル・パートナーとして高井健司が『ズームイン!!サタデー』の総合演出を評価され受賞
  • 2018年
    • 日テレAWARDS2018・バリュアブル・パートナー部門、『ズームイン!!サタデー』のプロデューサー・坂本水奈が受賞
      番組部門・奨励賞で『ズームイン!!サタデー』が受賞
前年度の育児休業取得対象者数 1名 (2017年度)
前年度の育児休業取得者数 0名(2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 45%(11名中女性5名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒162-0805
東京都新宿区矢来町28-9 管理部
(株)東阪企画 採用担当・大久保
TEL:03-3267-7377
URL http://www.tohan-kikaku.co.jp/
E-mail recruit@tohan-kikaku.co.jp
交通機関 ■(株) 東阪企画(本社)
東京都新宿区矢来町28‐9
東京メトロ東西線「神楽坂駅」矢来町出口より徒歩5分

■(株) 東阪企画(汐留分室)
東京都港区東新橋2‐16‐1ルーシスビル6F

JR新橋駅 烏森口より徒歩10分
東京メトロ銀座線/都営地下鉄浅草線 新橋駅 A2出口より徒歩10分
都営地下鉄大江戸線 汐留駅 8番出口より徒歩7分
ゆりかもめ 汐留駅より徒歩7分
JR浜松町駅 北口より徒歩9分
都営地下鉄浅草線/大江戸線 大門駅 A2出口より徒歩9分

http://www.tohan-kikaku.co.jp/#company
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp53793/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)東阪企画と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)東阪企画と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ