最終更新日:2018/3/30

マイナビ2019

マイナビコード
55227
  • 正社員

本多電子(株)

本社
愛知県
資本金
1億円
売上高
51億7,365万円(2017年9月期)
従業員
200名(2017年10月)
募集人数
1〜5名

「聞こえない音をかたちにする」超音波の本多電子。マリンレジャーや医療、産業分野まで幅広い製品開発を行っています。

あなたの発想で、超音波をいろんな「カタチ」にしよう。まずはエントリーお願いします。 (2018/03/01更新)

数ある企業の中から、当社にご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。

当社にご興味を持ってくださった方はまずはエントリーをお願いします!当社はものづくりが好きな方、探求心にあふれ、自分自身の目標に向かってチャレンジし続ける、研究開発をしたいという方にはぴったりの会社です。
超音波の魅力はもちろん、当社の魅力もぜひ知っていただきたいと思います。

皆さんからのエントリーお待ちしています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
魚群探知機(左上)、医用超音波診断装置(右上)、超音波洗浄機(左下)、超音波カッター(右下)など、超音波の特性を活かした本多電子オリジナルの製品群。
PHOTO
「業務に関して自分なりに調べ、考えたり、社内勉強会で他部署の人の話を聞いて『今の仕事にどう活かすか』考えたりと、自ら意識し、成長できる職場です」と大石さん。

魚群探知機の開発に携わりながら1日も早く自分で製品開発を!

PHOTO

社内にある『超音波科学館』で、魚群探知機を手に説明する松下さん。見学者向けに超音波を紹介する施設を設けるなど、オープンでユニークな会社です。

 大学時代に水中音響を学ぶ機会があり、そのとき学んだ内容が少しでも役にたつのではないかと思い入社を決めました。豊橋出身だったのと、大学院で自動車関係の工学に進むつもりが、海洋と超音波を学ぶことになったことも本多電子とピッタリ合ったと思います。

 入社後は2カ月程度外部で研修を受け、その後先輩の指導を受けながら実務訓練を行いました。現在は実務訓練の延長のようなかたちで、魚群探知機の設計・開発、改造などを行っています。まだまだ教えてもらう立場なので複数人でプロジェクトにあたっています。

 今までで一番うれしかったことは、社内行事での準優勝。社内ロボコン大会に、1年目の同期と2年目の先輩の3人でエントリー。若手ばかりのチームにもかかわらず準優勝できたことは、周りも驚いた以上に自分たちも驚きでした。

 展示会などで、商品が使いやすいといった声を聞くと、自分が開発した製品でなくともうれしく、がんばろうというやる気がわいてきます。一人前の技術者になるために、日々努力することが当面の目標ですが、いずれは自分もユーザーにそう言ってもらえるような製品を作りたいです。

 社内は、設計、開発からイメージする堅苦しさはなく、どんなことでも話せる雰囲気。個性が強い人が多い気がします。車通勤の方が多いですが、こだわりが強そうな車を多く見かけます。マニアックというとイメージがあまり良くありませんが、何にでもこだわりを持ち、突き詰めてゆくのが好きな人が多いのではないかと思います。マリン事業部は海上で実験を行うことが多いので、海や船が好きな人に向いていると思います。

(マリン事業部・松下壯一郎さん/2014年入社/東京海洋大学大学院卒)

会社データ

プロフィール

人には聞こえない音「超音波」。
本多電子は超音波技術を応用した様々な機器を、研究開発しています。マリンレジャーに「HONDEX」ブランドで小型魚群探知機を展開。国内市場でトップシェアを持ちます。
半導体製造装置には、洗浄・加工・計測に超音波応用製品が利用され、独自製品でスマートフォンの製造などを支えています。
医療分野ではポータブル型の医用超音波診断装置で、高い評価を得ています。特に画質ではクラストップの実力を持ち、基本性能の高さが支持されています。
他にも環境やエネルギー、食品分野で超音波技術の応用を広げ、新しい市場を創りだす活動をすすめています。

事業内容

PHOTO

当社のキーテクノロジー、超音波振動子の製品群です。自社一貫生産により、細かな仕様や要求を形にしたオリジナル製品開発が可能となっています。

超音波応用製品(魚群探知機、医用超音波診断装置、超音波洗浄機、超音波計測器、超音波加工機等)及び超音波振動子(圧電セラミックス)の研究開発、設計、製造、販売
本社郵便番号 441-3193
本社所在地 愛知県豊橋市大岩町小山塚20
本社電話番号 0532-41-2511
創業 1956年
設立 1960年
資本金 1億円
従業員 200名(2017年10月)
売上高 51億7,365万円(2017年9月期)
事業所 ■東京営業所
〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目6-28アルベルゴ乃木坂404号
TEL.03-3479-4148 FAX.03-3423-1795

■大阪営業所
〒532-0003 大阪市淀川区宮原4丁目1-45新大阪八千代ビル3F
TEL.06-6399-6073[産業機器事業部] FAX.06-6399-6083[共通]

■カスタマーサービスセンター
〒441-3193 愛知県豊橋市大岩町小山塚20
TEL.0532-41-6332[マリンカスタマーサービス]
TEL.0532-41-2582[産業機器カスタマーサービス]
FAX.0532-41-2996[共通]

■バンコク駐在員事務所 
Bangkok Representative Office Room 23, 2 Jasmine Bldg.,
12 Fl., Soi Sukhumvit 23 (Prasanmitr),
Sukhumvit Rd., North Klongtoey, Wattana, Bangkok 10110,Thailand
TEL.66-2-612-7311 FAX.66-2-612-7399
関連会社 ■エコーテック(株)
〒441-3131(本多電子(株)内) 愛知県豊橋市大岩町小山塚20番地
TEL:0532-65-5158 FAX:0532-65-5159
平均年齢 44歳
認証類 品質ISO9001 
医療ISO13485 
環境ISO14001
沿革
  • 1956年
    • 創業(本多電子工業所)
  • 1960年
    • 設立(本多電子工業(株))
  • 1974年
    • 世界初カラー魚探開発
  • 1979年
    • 本多電子(株)に商号変更
  • 1983年
    • 医療用具製造業 認可
  • 1991年
    • 多周波数洗浄機 開発
  • 1995年
    • 本社ビル 竣工
  • 1996年
    • 超音波科学館 オープン
  • 2007年
    • 無鉛圧電セラミックス開発
  • 2009年
    • 新セラミックス工場 竣工
  • 2013年
    • バンコク駐在員事務所開設
  • 2014年
    • カスタマーサービス棟 竣工
前年度の育児休業取得対象者数 2人(男性0人、女性2人)(2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 2人(男性0人、女性2人)(2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 総務財務部 市川・柴田
TEL:0532-41-2511
URL http://www.honda-el.co.jp/
E-mail rec@honda-el.co.jp
交通機関 JR東海道線 二川駅より徒歩約15分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp55227/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ