マイナビ2019

マイナビコード
55371

北海道マツダ販売(株)

本社
北海道
資本金
1億円
売上高
307億円(2016年3月)
従業員数
1,003名(2016年3月末)

全国のマツダ系ディーラーの中でトップクラスを誇るのが弊社です!

会社紹介記事

PHOTO
北海道で60年以上の歴史がある北海道マツダ販売。道央、道東、道北に店舗ネットワークが広がり、全国でも屈指の規模を誇るマツダ系ディーラー。 (新社屋2017年3月完成)
PHOTO
走行安全性を最優先に考えた先進技術GVCを搭載した「新型CX-3」。個性溢れるデザインもマツダ車の大きな魅力の1つ。

マツダのクルマならではの魅力があります。

PHOTO

「欧州車のような洗練されたデザインのアテンザがイチオシです」という下山さん。

入社して驚いたのは、お客様と接する密度が想像以上に濃かったことですね。商談の中でお酒の話で盛り上がると、誕生日にビールやワインをプレゼントしてくれるオーナーさんもいるんです。先輩たちが代々マツダのファンを増やしてきてくれたおかげで、私も仕事がしやすかったですね。

課長や係長は社内でもトップを走る営業なので、職場自体に活気がありますし、同じ店舗で働けることがとても刺激になっています。「来店してくれたお客様には手書きでお礼の手紙を送ったほうがいいよ」など、いつも具体的なアドバイスで受注をサポートしてくれています。

入社して3年間で約60台のクルマを販売することができました。現在は約350件のお客様を担当しています。これからの課題は、車種やプランをおすすめする「提案書」の書き方を上達すること。お客様の性別や年齢、ライフスタイルに合わせてアピールポイントを変えるなど、よりきめ細かな提案ができるようになりたいです。20代のうちに主任になり、10年後に営業のエースになることが目標です!

<東苗穂店 営業スタッフ 下山宗俊さん/2011年入社>

祖父が整備士で自動車整備工場を経営していたこともあって、小さなころから機械やクルマが好きでした。さらにマツダで営業をしていたおじから会社のことを聞いていたので、「ディーラーに就職するなら北海道マツダ」と決めていたんです。

入社1年目は車検の担当からスタート。自動車短大でもクルマの仕組みについて学びましたが、実務となると初めて目にする部品もあって勝手が違いましたね。「専任コーチ」の先輩に聞きながらひとつひとつ手順を学んでいきました。

2年目以降は、新車のオプション品の取り付け、定期点検、故障やトラブル対応なども経験して業務の幅を広げていきました。整備スタッフは10人でそのうち4人は20代。休みの前日にはみんなで食事に行くなど、和気あいあいとしていてチームワークも抜群です。

「RX-7」や「ロードスター」といったこだわりのあるクルマに触れたときはやりがいを感じますね。作業をしていてもテンションが上がります(笑)。マツダでは他社メーカーのクルマを扱うことも多いのでとても勉強になります。社内の整備資格の「A級」を目指して、研修などにも参加しながらレベルアップしていきたいです。

<西町店 整備スタッフ 阿部友輔さん/2011年入社>

会社データ

事業内容 ■自動車(新車/中古車)の販売
■自動車の点検・整備
■自動車の部品・用品販売
■保険代理業(損害保険/生命保険)

【取扱車種】
◎スポーツ…アクセラ・アテンザ・ロードスター
◎SUV…CX5・CX3
◎ミニバン…ビアンテ・MPV・プレマシー
◎コンパクト…デミオ
◎軽自動車…フレア・フレアワゴン・フレアクロスオーバー・キャロル・スクラム
◎商用車…タイタン・ボンゴ・ファミリアバン
本社郵便番号 060-0032
本社所在地 北海道札幌市中央区北2条東1丁目1番地
本社電話番号 011-221-9181
設立 1953年8月1日
資本金 1億円
従業員数 1,003名(2016年3月末)
売上高 307億円(2016年3月)
平均年齢 39.9歳(2016年3月)
平均勤続年数 17.0年(2016年3月)
代表者 代表取締役 横井 隆
事業所 本社/札幌市
販売網:全道45店舗(函館地区を除く)

札幌第一地区:
     清田店・札幌店・厚別店・山鼻店・江別店・豊平店
     東月寒店・藻岩店・北広島店
     (9店舗)     

札幌第二地区:
     札幌苗穂店・麻生店・琴似店・白石店・東苗穂店・発寒店
     手稲店・西町店
     (8店舗)    

道央道南地区:
     小樽店・余市店・千歳店・岩見沢店・美唄店・北空知店
     室蘭店・苫小牧店・苫小牧東店・静内店・伊達店
     (11店舗)

道東地区:
     帯広店・帯広幕別店・本別店・清水店
     釧路店・根室店・中標津店・厚岸店
     (8店舗)

道北地区:
     北見店・網走店・旭川店・神居店・東光店
     稚内店・留萌店・名寄店・士別店
      (9店舗)
         
その他事業所:
     法人営業部
     東橋BPセンター・白石BPセンター
     手稲UCL
     部品部 (札幌支店・旭川支店・函館支店)
売上高推移  決算期  売上高
 ――――――――――
 2016.3  307億円
 2015.3  288億円
 2014.3  303億円
 2013.3  290億円
 2012.3  253億円 
 2011.3  244億円
 2010.3  178億円
 2009.3  143億円
 2008.3  153億円
 2007.3  158億円
 2006.3  159億円
関連会社 (株)シュテルン札幌
 (メルセデス・ベンツ札幌中央)
(株)シュテルン高井戸
  メルセデス・ベンツ高井戸店
  メルセデス・ベンツ日野店
  メルセデス・ベンツ調布店
(株)マツダレンタリース北海道
(株)マツダ自動車教習所
(株)鉄工団地自動車学園
(株)八王子中央自動車学校
北海道ロード・ヘルプ(株)
沿革
  • 1953年 8月
    • 北海道マツダ販売(株)を設立
      取締役社長/横井七之助 
      資本金/1,000万円
      本社/札幌市北5条東2丁目
  • 1955年11月
    • 本社移転
      本社/札幌市北2条東1丁目(現住所)
  • 1956年10月
    • 増資(資本金2,000万円)
  • 1963年 9月
    • 増資(資本金5,000万円)
  • 1976年10月
    • 増資(資本金1億円)
  • 1979年 7月
    • 代表取締役社長に横井久氏就任
  • 2010年 1月
    • (株)マツダアンフィ二北海道と合併統合
  • 2012年 4月
    • 代表取締役社長に横井隆氏就任
平均勤続勤務年数 17年(2015年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 7時間 (2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 1日(2015年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 6名(うち女性6名、男性0名 2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数 6名(うち女性6名、男性0名 2015年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%(199名中女性0名 2015年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

北海道マツダ販売(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
北海道マツダ販売(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ