最終更新日:2018/6/21

マイナビ2019

マイナビコード
56288
  • 正社員

日産工機(株)

本社
神奈川県
資本金
20億2,000万円
売上高
462億円(2016年度実績)
従業員
706名
募集人数
若干名

〜自動車の”走り”の源である「パワートレイン」の専門メーカー〜 オンリーワン技術で、日産グループの中核を担い、グローバルに製品を供給しています。

  • 積極的に受付中

★会社説明会 予約受付中です(日程随時更新中)★ (2018/06/01更新)

みなさん、こんにちは!
このたびは、数多くの企業の中から日産工機のページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

現在、理工系学生の方を対象とした、会社説明会のご予約を受け付けております!
説明会では、工場見学も行なっておりますので、ぜひご参加下さい。

皆様にお会いできる事を楽しみにしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
日産工機本社の事務本館外観。年間3回(G.W、夏季、冬季)の長期休暇は、それぞれ9〜10連休を設定。リフレッシュしながら働けるのも魅力的。WBも充実した働き方が可能。
PHOTO
久保田さんが働く生産技術部等、生産部門の全ての部署が集結する中央事務所の風景。モノづくりの中枢として、クロスファンクショナルに仕事ができる環境となっている。

限界まで知力を絞り、よりよいモノづくりに注力するパワートレイン専門会社

PHOTO

「エンジンが無事に完成し、出荷されているトラックを見ると感無量の思いで胸がいっぱいになります」と話しながら笑みがこぼれた久保田さん。

“日産工機で働く魅力は何なのか”、総務部の畔津泰子さんがモノづくりの司令塔として活躍する、生産技術部の久保田翔真さんにインタビューしました!

畔津:今日はありがとうございます。まずは入社の経緯を教えてください。
久保田:大学は工学部の動力機械工学科ですが、クルマにそれほど興味がありませんでした。でも実験でエンジンを使用するうちに、部品のそれぞれの役割、組み込まれ方などが面白いと感じるように。そこで自動車業界をターゲットにするようになったんです。
畔津:自動車の完成品メーカーではなくて、当社を選んだ理由は?
久保田:就職について真剣に、“自分が本気で興味が持てるものは何か?”を突き詰めて考えました。設計や開発もいいのですが、実際にお客様に渡されるモノを作りたいという思いに至りました。つまり、自分が作っているという実感が持てるのは、日産工機ではないかと思ったのです。
畔津:なるほど。モノづくりに近い現場でいたいと思ったんですね。
久保田:そうなんです。今は生産技術部で工場の生産ラインを作る業務を任されています。人や設備の配置を考えて、効率的なモノづくりをするために知恵を絞る。実際に配置を紙に書き出して、何度もシミュレーションします。
畔津:仕事で大変なことはありますか?
久保田:生産ラインで問題が起きてラインが止まると現場へ駆けつけます。設備や作業内容など、どこに問題があるのかを特定して改善につなげるのです。人が間違えるのは当然。それを前提にした上で、組み立てる手順やどの部品を使用するのかを誰でも迷いなく作業できるプロセスを日々、考えています。
畔津:当社の強みである“多品種混流生産方式”について教えてください。
久保田:一つのラインで、種類が異なるエンジンをフレキシブルに対応できるもの。お客様の要望に対して、柔軟に対応できる点で評価いただいています。
畔津:ちなみに入社3年目の久保田さんから見た社風は?
久保田:気さくで会話好きな人が多い会社だと思います。実は若手ながらある生産ラインを考えるプロジェクトを任せてもらったんですが、先輩がフォローをさり気なくしてくれる助け合いをする風土も魅力です。
畔津:最後に今後の目標を聞かせてください。
誰でも簡単にモノづくりができるラインを考え、“この人に相談すれば解決できる”と思われるくらい信頼を得るのが目標です。

会社データ

プロフィール

皆さんは「パワートレイン」という言葉をご存知でしょうか?パワートレインとは、エンジンや車軸(アクスル)等、自動車の"走り"に関わる部分の総称です。
私達、日産工機は日産グループの中核を担うパワートレイン専門メーカーとして、グローバルに製品を供給しています。

事業内容
各種自動車用エンジン、アクスル(車軸)のユニットや主要部品の製造。
本社郵便番号 253-0105
本社所在地 神奈川県高座郡寒川町岡田6-6-1
本社電話番号 0467-75-1711
設立 1964年9月30日
資本金 20億2,000万円
従業員 706名
売上高 462億円(2016年度実績)
事業所 本社:神奈川県高座郡寒川町
主な取引先 日産自動車(株)、日産車体(株)
沿革
  • 1964
    • 東急機関工業設立
  • 1966
    • エンジン生産累計5万台となる
  • 1968
    • 蒲田本社・工場が寒川へ移転
  • 1970
    • 東急電鉄系持ち株を日産自動車が取得
  • 1971
    • 社名が「日産工機」となる
  • 1976
    • 資本金4億円へ増資
  • 1981
    • FJ型エンジンを開発・生産開始
  • 1985
    • CA18DE/DET型エンジンを開発、生産開始
  • 1987
    • TB42型エンジンを開発・生産開始
  • 1990
    • 資本金を20億2,000万円に増資
  • 1997
    • GHP(ガスヒートポンプ)用H型エンジンを開発、生産開始
  • 1998
    • RB20E型エンジンの生産を開始
  • 1999
    • ISO9001認証取得
  • 2002
    • 産機用K型エンジンを開発・生産開始
  • 2003
    • エンジン生産500万台、アクスル750万本を達成
  • 2004
    • ISO14001認証取得
  • 2006
    • 開発機能を日産テクノに統合
  • 2007
    • VQ型エンジンの生産開始
  • 2010
    • ジューク用リア・アクスルの生産開始
      QR系エンジンの生産を開始
  • 2012
    • NV350 キャラバン用リア・アクスルの生産を開始
      発電機用K型エンジンの生産を開始
      電気自動車「リーフ」用モーター・メイン・シャフトの生産を開始
  • 2014
    • 会社創立50周年を迎える
平均勤続勤務年数 平均勤続:21.5年
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 14.2日/年(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒253-0105 神奈川県高座郡寒川町岡田6-6-1
日産工機(株) 総務人事部 江本 TEL:0467-75-1711
交通機関 JR相模線 寒川駅下車  徒歩13分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp56288/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日産工機(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
日産工機(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ