最終更新日:2018/9/20

マイナビ2019

マイナビコード
56301
  • 正社員

人の森(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
神奈川県
自己資本
103億円
売上高
67億円(2017年5月)
従業員
113名
募集人数
6〜10名

安定の経営基盤を活かし、新事業開発に挑戦。成長メソッドを社員が模索することで、確実に成長する企業へと変貌を遂げています。

エントリー締め切りました (2018/09/20更新)

人の森株式会社のページにお越しいただき、ありがとうございます。

現在、応募を締め切っております。
お問い合わせは採用担当までご連絡頂けますと幸いです。
よろしくお願い致します。


人の森(株) 採用担当

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
オフィスは島型のデスクがゆったりと並び、部署間の壁がないため気軽に接することができる。上司や先輩とのコミュニケーションも良好で、社内は一体感にあふれている。
PHOTO
県内最大級150haを有する華厳工場は標高380mの”山”が職場。自然を相手にする難しさが魅力であり、スケールの大きさが仕事の醍醐味。重要なのはチームワークと安全第一。

製造業から創造産業へ… 新しい未来創造にかける私たちの想い

PHOTO

仕事のやりがいは、イメージしたものがその通りにでき上がっていく全ての過程に関われること。地図に残り、人のお役にも立てる。より良い社会を作ることが私たちのしごと。

【戦略・ビジョン】
■人々が真の豊かさを感じて暮らせるよう、積極的に新規事業を開拓

戦後70年の歴史の中で、私たちを取り巻く社会環境も大きく変化を遂げました。それ以上に変わったのが生活者の豊かさの尺度、価値観です。「人並みの生活をいかに実現するか」から『自分の個性にあった生活をいかに楽しむか』。人々が、ようやく自分に向き合い、自分の意識で動き始めようとしています。社会のモノ的豊かさのために貢献してきた私たちも、生活者の一人ひとりの豊かさの実現のお手伝いをさせていただくことを目標に、新しい事業を積極的に展開し始めています。

【事業優位性・安定性】
■高品質な製品の提供を通じて、安全で豊かな社会環境を実現していく

建造物の構造、設計・施工管理の問題が重要視されていますが、私たちが提供している骨材についても、品質が問われています。創業以来75年、私たちが一環して守り続けてきたことは、「高品質を維持し、適正価格で敏感に対応する」ことでした。そのために私たちは積極的に設備投資をするとともに日夜研究を重ね、技術力を高めてきました。現在は神奈川県内の骨材等使用量の約3割を弊社が出荷しています。私たちの役割は社会インフラの整備を側面からサポートすると同時に、この地球に生かされていることに感謝し、環境復元、環境保全に取り組むことであると考えています。

【技術力・開発力】
■地球資源を有効活用し、安心して暮らせる生活環境づくりを推進

骨材生産で得た多くの経験と知識のネットワークは、土木・建築、地質調査、地下水膜ろ過など他の部門にも活かされています。これらの事業を通じて、私たちが目指しているのは、安全で快適な生活環境の整備をしていくことです。そのためには、地球資源ともっと向き合い、人間の知恵を出し合い、最先端の技術を有効活用していく必要があります。

会社データ

プロフィール

[人の森]

健康な森の果たす役割は実に大きなものがあります。
●きれいな水をつくり、蓄える
●二酸化炭素を吸収し、地球温暖化を防ぐ
●光合成によりきれいな空気をつくりだす
●表土の流出や土砂崩れを防ぐ
●野生の鳥獣や生物をまもる
●心身をリラックスさせてくれる
●木を育て、様々な食料を育ててくれる等
普段何気なく見ている森が、私たちの豊かな暮らし実現に大きく寄与しているのです。そして、そこには実に様々な生物が大いなる自然の中で互いに生命を生かしあい、育て合っているのです。

私たちも、企業を構成する内外の様々な個性を尊重し、生かしあいながら、知恵と創造力を出し合い、企業活動そのものが社会の真の豊かさ実現にお役に立てるような、そんな「人の森」になることを目標にしています。


「地球に調和を。社会に豊かさを。人々に幸せを。」

このスローガンのもとに、私たちは社会のお役に立てる事業を積極的に展開していきます。 過去からの延長線上に未来があるのではなく、理想とする未来を描き、そこから今何をすべきかを考える。 Backcasting的発想で、どこにもない「人の森」を創造していきます。

事業内容

PHOTO

災害時のライフライン確保で地域防災に貢献!自家発電設備でシステム稼動させれば、災害による断水時にも飲料水の確保が可能です。

■骨材生産事業
〜環境資源を創造する事業〜
コンクリートやアスファルトの材料となる骨材(砕石、砂利、砂)を生産。自社山で岩石を切り出し、巨大プラントで規格に合わせた様々な商品に加工し、品質試験を行います。マテリアル部門によって生コン工場や建設会社に販売され、様々な建設現場で利用されています。当社で行われた日本初の採石場緑化活動は約45年経ち、現在は当社の重要な環境保全事業となっております。

■土木事業
〜人々の生活基盤を整える事業〜
神奈川県を中心に道路の建設や河川の改修など、スケールの大きな公共工事を手掛けています。主に安全、品質、工程、原価等を管理する施工管理を行います。技術力向上のために難しい公共工事への挑戦を意識しています。地図に残る大きな仕事ですので、地域社会の基盤整備への貢献と環境への配慮を常に心掛けています。

■アクア事業
〜水と環境を考える事業〜
地下水膜ろ過システムにより深層地下水を揚水し、高度な処理技術によって安全でクリーンな水を提供しています。固定費である水道料金を大幅に削減可能にし、企業活動に寄与しています。また、予期せぬ災害時にも飲用水の確保が可能になります。システム導入の際は、建設の施工管理から運用・保守管理まで一環して行います。

■地質調査事業
〜見えない地下を診る事業〜
地下の隠れた様々な事象を調査します。ボーリング調査を主体とし、試験、観測、分析及び解析を行い、土木工事、建築設計、環境調査に役立っています。近年は斜面災害対策や地震災害の復旧対策関連の受注が増えています。建物の建設時のみならず環境保全、災害対策等あらゆる場面で必要とされる事業です。

■農業研究開発事業
〜農業と食糧問題、雇用創出に取組む事業〜
耕作放棄地の増加や就農人口減少など、日本が抱える農業と食糧の問題に取組むために。また、高齢者や障害のある方々の雇用創出をもうひとつの目的に、「人の森」は農業分野への参入を決めました。LEDを用いた完全人工光型植物工場で、年間を通したイチゴの生産を行っています。

■不動産事業
〜次の世代までつなぐ未来創造事業〜
余暇や健康への関心が高まることをいち早く捉え、地域の人々の豊かな生活に役立つよう、土地や駐車場、施設等の管理運営を行っています。
本社郵便番号 243-0422
本社所在地 神奈川県海老名市中新田1762
本社電話番号 046-233-2511
設立 1940年7月1日
資本金 9,000万円
自己資本 103億円
従業員 113名
売上高 67億円(2017年5月)
事業所 [本社]    神奈川県海老名市中新田1762
[首都圏支店] 神奈川県横浜市西区戸部町6-209
[華厳工場]  神奈川県厚木市飯山5937

【フィットネス&スパ ココカラ本厚木】 神奈川県厚木市中町2-6-20
【フィットネス&スパ ココカラ港南台】 神奈川県横浜市港南区港南台4-22-1
【フィットネス&スパ ココカラ辻堂】  神奈川県藤沢市辻堂神台1-6-5
関連会社 相模物産(株)
藤野交通(株)
実績 【マテリアル部門(生コンクリート・骨材納入実績例)】
2017年 川崎港臨港道路 (清水JV)
2017年 横浜環状北西線 (大成建設)
2016年 海老名駅西口土地区画整理事業 (鹿島建設)
2016年 座間(H25)宿舎新設建築工事 (鴻池組)
2015年 浜見平団地(建替)第2期工事 (ナカノフドー建設)
2015年 浜見平団地(建替)第2期工事 (鴻池組)
2015年 玉川学園MMRC・食堂棟建設工事 (西松建設)

【環境エンジニア部門(土木工事 施工実績例)】
<橋梁工事>
2015年 平成26年度 橋梁補修工事(県単) (神奈川県)
<河川工事>
2015年 H26相模川須賀築堤工事 (国土交通省)
2015年 平成26年度 河川改修工事 県単(その10)合併 (神奈川県)
2015年 平成25年度 河川改修工事 公共(その23) (神奈川県)
2014年 平成25年度 河川改修工事 公共(その1) (神奈川県)
2012年 平成25年度 河川改修工事 県単(その8) (神奈川県)
<道路工事>
2015年 市道8号線拡幅改良工事 (海老名市)
2015年 平成26年度 道路補修工事(県単) (神奈川県)
2014年 平成25年度 街路整備工事(県単)その19 (神奈川県)
2013年 市道738合纎拡幅改良舗装工事 (海老名市)
<急傾斜工事>
2011年 急傾斜地崩壊対策工事(公共)120-3(神奈川県)
<その他工事>
2013年 海老名市わかば会館耐震性貯水槽設置工事(海老名市)
2012年 河原口排水区255号ほか1排水路工事

【アクア部門(地下水膜ろ過システム導入実績例)】
2015年 大型ショッピングセンター (海老名市)
     老人福祉施設 (成田市)
2014年 公共施設 (海老名市)
2013年 食品加工工場 (土浦市)
2012年 フィットネス&スパ ココカラ辻堂 (藤沢市)
2010年 フィットネス施設(大和市)
2009年 フィットネス施設(横浜市)
2007年 フィットネス&スパ ココカラ本厚木 (厚木市)

【地質調査部門】
2013年 平成25年度早戸川林道調査委託業務(神奈川県)
2013年 平成25年度相模川流域下水道左岸処理場第一分水槽地質調査
     業務委託公共(その5) (神奈川県)
2013年 赤坂竹ノ内線土質調査委託(厚木市)
2012年 中野高区第2揚水ポンプ所築造工事地質調査業務委託(神奈川県企業庁)

※近年実施のみ記載
主要取引先 ■建設関係
鹿島建設、大成建設、大林組、清水建設、熊谷組、三井住友建設、青木あすなろ建設、鴻池組、木内建設、西松建設、前田建設工業、北野建設、鹿島道路、五洋建設、NIPPOコーポレーション、紅梅組、小俣組、ナカノフドー建設

■骨材・生コンクリート工場関係
三和石産、甲斐生コン、角屋物産、津久井建材店、DCM生コンホールディング、太陽湘南コンクリート、前田工業、内田商店、小島商店、大一商会、トーホー、蛭田商店、藤川建材

■地質調査事業
神奈川県、各市町村、大手建設会社、大手建設コンサルタント、建築設計事務所
代表者 代表取締役 加藤 政徳
経営方針 2017年度

【経営方針】
心震えるstoryのある仕事をつくっていこう
心のきれいな経営

【行動指針】
「これまで」にしがみついてはいけない
新しいこと、困難なこと、誰もやらないような面倒なことを、諦めないで挑戦し続けることで価値のある仕事ができる

異なる考えを排除してはいけない
自分の考えの方が正しいと思った瞬間から間違えが始まっている
異質な考えこそ、自分を強く正しく導いてくれるもの

忙しく振舞ってはいけない
心細やかで大らかでいよう、親切で、優しく、頼まれやすい存在になろう
会社沿革 1940年 相模興業(株) 設立
     神奈川県高座郡寒川村倉見3657番地
     代表取締役 鈴木惣平 資本金2万5,000円
1941年 代表取締役 加藤詮 就任
1949年 代表取締役 野崎清治 就任
1949年 厚木陸選別工場建設(月産4万t)
1950年 東京営業所(飯田橋)開設ホッパービン設置
1954年 厚木砕石工場建設(月産2万3,000t )
1956年 横浜営業所開設
1957年 資本金800万円に増資
1961年 建設工事請負業登録
1962年 資本金1,600万円に増資
1964年 八王子営業所開設
1968年 東京営業所飯田橋へ移転、支店に昇格
1969年 本社移転 海老名市中新田1762番
1970年 華厳工場操業開始(月産12万t)
1971年 代表取締役 加藤一郎就任
1973年 新厚木工場建設(月産12万t)
1974年 建設コンサルタント登録
1977年 地質調査業者登録
1978年 資本金4,800万円に増資
1979年 華厳工場に大型重機導入 46tダンプ、9.6・ホイルローダー等
1981年 資本金7,200万円に増資
1987年 資本金9,000万円に増資
1991年 華厳工場に原石積込機導入 EX1800バックホウ8.4
1993年 横浜営業所支店昇格
1997年 華厳工場に大型ジョークラッシャー(5474)を導入
1998年 ショートゴルフコース山梨県若草町にオープン
2001年 品質管理のため新型破砕機(GSミル)を導入
2001年 砕石事業部門ISO9001認証取得
2004年 代表取締役会長 加藤一郎 就任
     代表取締役社長 加藤政徳 就任
2004年 厚木工場閉鎖(さがみ縦貫道による収用のため)
2005年 華厳工場区域拡大(環境アセスメント手続を経て認可取得)
2005年 東京支店、横浜支店合併 首都圏営業部へ(横浜市戸部)
2005年 八王子営業所、厚木営業所合併 本社営業部へ(海老名市中新田)
2007年 本社新社屋完成
2007年 フィットネス&スパ ココカラ本厚木オープン
2007年 フィットネス&スパ ココカラ港南台オープン
2009年 華厳工場JIS A 5005コンクリート用砕石及び砕砂 認証取得
2012年 フィットネス&スパ ココカラ辻堂オープン
2013年 「人の森(株)」へ社名変更
建設業許可登録 神奈川県知事 般-27 特‐27 第070333号
地質調査業者登録 質‐24 第125号
認証 土木部門 ISO9001:2008
平均勤続勤務年数 約12年
 ※新入社員の採用増強に伴い、短くなる傾向にあります。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12日(2016年度実績)
 ※取得率70%以上

採用データ

取材情報

河川、道路、上下水道など、地域の公共工事を通して、私たちの暮らしを整える
工事がイメージした通りに完成したときの達成感は格別です
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 人の森(株) 総務部
採用担当 石丸・吉原
TEL:046-233-2511(代表) 
※上記、担当者に直接ご連絡ください
※土曜・日曜・祝日は休日
URL http://www.hitonomoricorp.jp/
E-mail saiyou@hitonomoricorp.jp
交通機関 小田急線・JR相模線 厚木駅 下車 徒歩5分
※厚木駅改札を出て左へ直進
 中新田市街道の交差点右手に本社正門がございます。
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp56301/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
人の森(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ