最終更新日:2018/10/11

マイナビ2019

マイナビコード
57241
  • 正社員
  • 既卒可

東果大阪(株)

本社
大阪府
資本金
1億円
取扱高
435億円(2018年3月期実績)
従業員
180名/男155名 女25名(2018年3月31日現在)
募集人数
若干名

【夏採用】新鮮な青果物の流通をコントロールすることで、大阪の食文化に貢献している元気な会社です。

★☆皆さんは『野菜や果物を一口も食べない日』ありますか?★☆ (2018/08/21更新)

こんにちは。東果大阪(株)採用担当吉岡です。
この度はたくさんの企業の中から当社ページをご覧いただき
ありがとうございます。

当社は大阪市中央卸売市場内にあります。
皆さんの食卓を彩る野菜や果物を取扱い、
青果物流通の中心で生産者と消費者のつなぐ役割を担っています。
社会貢献度が高く、やりがいと活気のある職場です。

当社にご興味をもってくださる方は是非エントリーしてください。 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
東果大阪株式会社 総務部 総務課
採用担当 吉岡 耕三
TEL 06-6756-1111(代表)
E-mail saiyo@toka-osaka.co.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
色とりどりの野菜や果物が全国からやってくる大阪市東部卸売市場。取扱量は1日なんと500トン!ここで私たちが販売した食品が、スーパーや百貨店などの店頭に並びます。
PHOTO
威勢よく産地と数量を提示し、最も高い価格を提示した仲卸業者に販売する「せり」。せり人はいわば、大阪の食を支える流通のプロフェッショナル!当社の花形的存在です。

「せり」は究極の頭脳戦!?瞬時の判断力と行動力で“あきない”を制する醍醐味!

PHOTO

物流に興味があり入社しました。商品がどう流れていくのか、全体が見える面白さがありますね。商談はなかなか難しいですが、自分の力で売れたときは嬉しいです(近藤)

皆さんこんにちは。
いきなりですが、クイズです。 クリスマスシーズンによく見かけるイチゴの本当の旬はいつでしょう?
答えはメッセージの最後に。

私は現在、蔬菜(そさい)部に所属しています。蔬菜とは野菜のこと。北海道から沖縄まで、日本全国で収穫された野菜・果物が毎日、農協や出荷組合などを経由して大阪市東部卸売市場に集められます。その野菜や果物を仲卸業者さんに販売するのが私たち。こうして仲卸業者さんからスーパーマーケットや百貨店などに商品が卸され、皆さんの食卓に食品が並ぶわけです。 卸売市場に入荷した時点では、商品に値段はついていません。私たちが仲卸業者さんに行う「せり」によって、価格が決まるのです。そこで大事なのが最初の価格。「旬だから」「入荷数が少ないから」という単純な理由ではなく、その日の天候、産地、市場ニーズなど多様な条件を考慮しなければなりません。先輩はものすごくたくさんの情報を持っていて、「今週の天気はこうだから、1週間後にはこうなる」と多角的に判断し、「せり」を行います。仲卸業者さんとのやりとりは頭脳戦ともいえるもので、一瞬の判断が売れゆきに響くだけに責任重大。その分やりがいも大きい仕事です。私は2年目でせり人の資格はありませんが、将来は先輩のように活躍してみたいですね。 せり以外に仲卸業者さんに直接販売することもあり、その商談を任されることも増えてきました。ベテランの仲卸業者さんに売るのは簡単ではありませんが、「いつも頑張ってるね!いい情報をありがとう」と言ってくださることもあり、やる気が湧いてきます。 東果大阪に入社したのは、物流の中でも中間地点を担う仕事に興味を持ったから。高い視点から物流全体を見渡すことができるのは卸売市場だからですよね。

ところでクイズの正解、わかりましたか?
イチゴの旬は4〜5月。仕事を通して産地による違いや旬にも詳しくなれますよ。
また、当社は大阪府や大阪市と協力し、「なにわの伝統野菜」の普及にも取り組んでいます。大阪では古くから野菜が栽培され、「地場もん」として江戸時代から親しまれてきました。しかし、生産者は減少傾向にあります。私たちが一つでも多くの農産物を販売することで、大阪や全国の農業の活性化に貢献できればと思っています。

【近藤 誠二/2017年入社 近畿大学経済学部卒業】

会社データ

プロフィール

昭和39年11月大阪市中央卸売市場東部市場の開場にともない誕生し、以来約50年、青果物流通の拠点として実績と伝統を築きあげてきました。生産者と消費者を太い絆で結び、生産者と消費者の利益を守り、効率的な流通、安定した取引を推進しています。常に、新鮮な青果物が、公正な価格で、必要な場所に届き、市民の食文化の向上、より豊かで充実した生活を支える要となるよう取り組んでいます。

事業内容
日本全国はもとより、世界各国の野菜や果物を取扱い、卸売市場法に基づき仲卸業者及び売買参加者等に販売する。
郵便番号 546-0001
所在地 大阪市東住吉区今林1-2-68 大阪市中央卸売市場東部市場内
電話番号 06-6756-1111
設立 1964(昭和39)年10月28日設立
資本金 1億円
従業員 180名/男155名 女25名(2018年3月31日現在)
取扱高 435億円(2018年3月期実績)
取扱高構成 野菜:257億円
果実:178億円
(2018年3月期)
主要取引先 全農ほか全国各地農協・生産者団体・商社
関連会社 (株)ジーアンドアール
(株)一品一会
平均年齢 41歳9月/男 43歳8月 女 32歳3月(2018年3月31日現在)
平均勤続年数 18年4月/男 19年7月 女 11年11月(2018年3月31日現在)
沿革
  • 昭和39.10.28
    • 東果大阪東部青果(株) 会社設立
  • 昭和39.11.25
    • 営業開始 午前4時30分初せり
  • 昭和42.01.10
    • コンピューターFACOM230-10を導入
  • 昭和50.12.01
    • 大規模低温貯蔵庫完成
  • 昭和56.03.27
    • 市場施設全面改築工事完工
  • 昭和56.05.12
    • 子会社 (株)ジーアンドアール設立
  • 昭和59.11.01
    • 社名を「東果大阪(株)」に変更
  • 昭和60.07.15
    • 近郷低温貯蔵庫設置
  • 昭和62.11.12
    • 東果大阪研修センター完成
  • 平成01.04.01
    • 青果物出荷情報システム採用
  • 平成01.11.01
    • 近郷蔬菜システムID化
  • 平成03.03.23
    • 近郷低温貯蔵庫設置
  • 平成03.11.25
    • 創業30周年 社章変更 シンボルマーク制定
  • 平成08.04.20
    • 卸売場低温化設備完成
  • 平成10.03.31
    • 青果卸売棟南側通路「上屋施設」完成
  • 平成10.04.01
    • 蔬菜・果実せり場一本化
  • 平成12.01.13
    • 社内LAN構築
  • 平成12.10.12
    • 近郷野菜荷受け清算のCD機による自動支払システム
  • 平成15.05.20
    • 子会社 (株)一品一会設立
  • 平成17.07.05
    • 東果大阪(株)駐車場(70台)整備完成
  • 平成20.01.14
    • 関連施設建替工事着手。同年8月1日完成。
  • 平成20.10.15
    • 東部市場再整備事業 青果卸売棟建替工事着手
  • 平成22.02.28
    • 東部市場再整備事業 青果卸売棟第1期工事完成
      (3月1日 供用開始)
  • 平成23.11.20
    • 東部市場再整備事業 青果卸売棟第2期工事完成
      (21日 供用開始)
  • 平成29.4.1
    • 株式会社神明のグループ会社として新たなスタート
平均勤続勤務年数 18年3か月(2018年3月31日現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 19.4時間(2018年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) (企業全体)
7.5日(2018年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 (企業全体)
7名(女性2名、男性5名 2017年度)
前年度の育児休業取得者数 (企業全体)
2名(女性2名 2017年度)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%

採用データ

取材情報

「蔬菜部」と「果実部」、各分野で活躍する2名の若手社員へと迫る!
「食」の流通の最前線に立つ「せり人」へのインタビュー
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 東果大阪(株) 総務部 採用担当 吉岡
〒546-0001
大阪市東住吉区今林1-2-68
TEL:06-6756-1111 FAX:06-6756-1122
URL http://www.toka-osaka.co.jp/index.html
E-mail saiyo@toka-osaka.co.jp
交通機関 JR大和路線 東部市場前駅より徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp57241/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
東果大阪(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
東果大阪(株)と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ