最終更新日:2018/4/16

マイナビ2019

マイナビコード
57327
  • 正社員
  • 上場企業

アグロ カネショウ(株)【東証一部上場】

本社
東京都
資本金
18億900万円
売上高
145億8,700万円(2017年12月期連結)121億1,700万円(2017年12月期単体 過去最高売上高を更新しました!!)
従業員
234名
募集人数
11〜15名

【東証一部上場企業】農家に頼られ 農家の期待に応える どこまでも農家とともに 100年企業を目指している農薬の専業メーカーです

履歴書の受付を開始いたしました!(4月27日(金)必着となります。) (2018/04/16更新)

アグロカネショウのページへアクセス頂き、ありがとうございます。
当社は「農家に頼られ 農家の期待に応える どこまでも農家とともに」100年企業を目指している農薬の専業メーカーです。
「農家さんのため」に日々業務に取り組む私たちの思いをぜひ説明会で感じてください。
みなさまのエントリーをお待ちしております。

(ご連絡)
履歴書の受付を開始いたしました!
当社への選考を希望される方は、履歴書を以下宛先までお送りください。

〒107-0052
東京都港区赤坂4-2-19 赤坂SHASTA EAST 7F
アグロカネショウ株式会社
人事総務課 丸山 博美 宛(4月27日(金)必着となります。)

履歴書応募締め切り後、マイナビ上にて一次面接のご案内をさせていただきます。
なお当社の会社説明会に参加しておらず、マイナビエントリー後にご提出いただく、
WEBエントリーシートを提出していない方は、必ずWEBエントリーシートをご提出いただいた後、履歴書をお送り頂きますようお願いいたします。

以上、皆様の応募をお待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「農家さんのためになる仕事をしよう」。同社の理念はとてもシンプルかつ純粋。そんな同社の仕事を通じて得られる経験ややりがい、達成感はかけがえのないものだ。
PHOTO
日本の農業を支え、発展させていきたい。そんな想いを持って集まった先輩社員たちは、農学部や薬学部、理学部出身だけではない。文系学生も多数活躍している。

農家さんにとっての『財産』と呼ばれるような、そんなやりがいに満ちた仕事です。

PHOTO

「新人育成に関しては、万全のサポート体制があると思います。積極的な姿勢、人の話を聞く素直さがあれば、スピード感のある成長が望める環境です」(岡谷さん)


■先輩たちが築き上げた信頼を引き継ぎ、広げていける営業になることを目指して。

入社後は1年以上に渡る新人研修があり、その内容はとても手厚いものでした。新社会人向けの基礎研修の後、約1カ月間の「農家研修」があります。私は青森県弘前市のりんご農家さんにお世話になりました。農家の従業員の一人として、住み込みで農業を実体験させていただき、農家さんの仕事への理解が深まり、とても勉強になりました。その後、1年間は結城事業所(茨城県)にある生物課で、研究職の実務を通じての研修があります。実際に研究室や畑で農薬の試験等を行い、農薬や農業に関する基礎知識を学びました。事業所には、専門図書の蔵書が充実していて、空いた時間に読んで勉強しました。その後、関東支店配属後に土壌医検定2級を取得し、農家さんとお話する際に必要な貴重な知識も得ることができました。

研修後、営業職として本格的に活動し始めて、弊社が本当に『農家に寄り添う会社』だと再認識しました。弊社の直接的な販売先は、販売契約を結んでいる卸問屋さんや小売店さんなどの会員店さんです。ですが、営業として最も多くの時間を共有するのは、農家さんなんです。TCA活動や展示圃活動といった営業技術普及業務を通じて、農家さんと一緒に働き、悩み、考え、そして農家さんのためになる商品を提案し、提供させていただく。入社前、イメージしていた以上に、農家さんのためになる仕事ができると感じています。

直属の上司である支店長からも、仕事を始める際に「農家さんが抱える問題を解決できなければ、売る意味がない。農家さんの力になれなければ意味がない」と言われました。そして、そのことを強烈に実感したのが、ある農家さんの「君の先輩は、私の財産なんだ」という言葉でした。今、私が農家さんと話せるのも、新人が住み込みで研修させていただけるのも、すべてそうした先輩方が築き上げてきた信頼があってのことなんですよね。ずっと「農家さんのために」という仕事をしてきたからこそ、その信頼がある。私は、そんな先輩達が育ててきた、農家さんとの信頼をより深いものとし、広げていきたい。「農家さんの財産」になれる営業を目指しています。

(岡谷大輔さん/営業部・関東支店/2013年入社)

会社データ

プロフィール

日本にいるとあまり実感がないと思いますが世界の人口は増加し続け、食糧生産がおいついていないといわれています。そのため世界的に農業および農薬関連産業は成長産業と考えられており、海外の関連企業は好業績を上げています。
国内の農業、農薬産業はまだ停滞していますが、今後は世界の農業の好影響を受け、また、国内農業構造の変革により大きく成長すると予測されています。
当社は、2011年の東京電力福島第一原子力発電所事故により福島工場の操業を停止いたしました。しかし、全社一丸となって各種課題に取り組みながら、より一層の発展を目指し前進した結果一部上場することができました。お客様には製品を販売するのではなく安全と信頼の「技術を販売する」をモットーに、長年培った農家の皆様との密接な結びつきにより真に求められる農薬の研究、開発、普及活動を続けています。
また、海外拠点(ベルギー、韓国)を充実させ、国内で培った農薬の普及力を展開、浸透しているところです。

事業内容

PHOTO

営業職、技術普及職は自社剤の販売だけではなくその地域や時期、天候、周辺作物への影響などその農家さんにあった薬剤の使用方法を一緒に考え、提案しています。実際に無処理区、処理区など比較圃場を設置しわかりやすい使用結果を農家さんに説明する勉強会を行っています。また周辺で発生している病気があれば注意喚起したり情報提供を行っています。
研究職は新規化合物のデザインを行い、特許を確認し、どのような場面に使用ができるか薬剤としての可能性を検討します。その後残留性、催奇形性、薬効、薬害さまざまな200項目に亘る試験を実施し、農薬の登録業務を行っています。1剤の新規製品が生まれるまで約10年30億円かかるといわれています。
本社郵便番号 107-0052
本社所在地 東京都港区赤坂四丁目2番19号
本社電話番号 03-5570-4711
設立 1951年
資本金 18億900万円
従業員 234名
売上高 145億8,700万円(2017年12月期連結)121億1,700万円(2017年12月期単体 過去最高売上高を更新しました!!)
事業所 本社
 東京都港区赤坂四丁目2番19号 赤坂シャスタ・イースト7階

所沢事業所(化学研究部、関東支店)
 埼玉県所沢市下安松852
結城事業所(生物研究部、茨城工場)
 茨城県結城市結城9511-4

直江津工場
 新潟県上越市福田1 上越テクノセンター
茨城工場
 結城事業所内 茨城県結城市結城9511-4

東北支店(北東北営業所)
 青森県弘前市神田2-3-5
北海道支店
 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5-3-31 新札幌第一生命ビル3F
北東北営業所
 東北支店内 青森県弘前市神田2-3-5
南東北営業所
 山形県山形市穂積116-2
関東支店
 所沢事業所内 埼玉県所沢市下安松852
前橋営業所
 群馬県前橋市本町2-2-12 前橋本町スクエアビル5階D室
中部営業所
 長野県長野市緑町1605-14 長野ダイヤモンドビル4F
新潟営業所
 新潟県長岡市宮原3-2-8 宮原ビル2F
東海支店
 愛知県名古屋市中区丸の内1-4-12 AREXビル7F
静岡営業所
 静岡県掛川市南2-22 エムエイビル2F
西日本支店
 大阪府江坂市江坂町1-13-41 SRビル江坂4F
広島営業所
 広島県広島市中区十日市町2-8-29 鯉城ビル2F
高松営業所
 香川県高松市寿町1-3-2 高松第一生命ビル6F
九州支店
 福岡県久留米市通東町2-36 NBNビル2F
南九州営業所
 鹿児島県鹿児島市中央町15-2 パレロワイヤルマツモト1F
業績 2017年12月期 連結
売上高 145億8,700万円
営業利益 20億9,600万円
経常利益 20億9,400万円
当期利益 19億2,200万円
株主構成 国内外の個人・法人
主な取引先 販売先
カネコ種苗(株)
仕入先
三井物産(株)
関連会社 KANESHO SOIL TREATMENT SPRL/BVBA

アグロ カネショウコリア(株)

ヨーロッパ支店(Germany)
平均年齢 40.2歳
平均勤続年数 13.5年
平均給与 568万800円(2016年度年収 40歳平均)
自己資本比率 2016年12月期
67.1%(連結) 76.2%(単体)
2015年12月期
64.5%(連結) 75.9%(単体)
売上構成比 2016年12月期 連結 (2017年実績は3月末公表)
害虫防除剤 1,898,708千円
病害防除剤  885,236千円
土壌消毒剤 7,692,752千円
除草剤   1,910,936千円
輸出、他  1,927,236千円
沿革
  • 1951年(昭和26年)
    • 創業者櫛引大吉は、世界各国より農薬の輸入紹介を図る目的で光洋貿易(株)を創立(8月)。硫酸ニコチンを輸入販売。
      社名を兼商(株)に改称(11月)。
  • 56 (昭和 31年)
    • 埼玉県所沢市に工場、倉庫、研究室を新設。
  • 59 (昭和 34年)
    • 兼商化学工業(株)を設立(4月)。販売特約店組織全国兼商会発足。
  • 1960 (昭和 35年)
    • 青森兼商販売(株)を設立(9月)。以降、順次全国各地に11販売会社設立。全国的な販売網を整備。
  • 75 (昭和 50年)
    • 兼商(株)所沢市に新事務所落成。
  • 1980 (昭和 55年)
    • 土壌消毒剤バスアミド微粒剤を上市。
  • 83 (昭和 58年)
    • 兼商化学工業(株)新潟県上越市に直江津工場新設(10月)。
  • 84 (昭和 59年)
    • 兼商(株)所沢市に研究棟落成。
  • 85 (昭和 60年)
    • 兼商(株)と兼商化学工業(株)との合併により、新社名アグロ カネショウ(株)に改称(1月)。
  • 89 (平成 元年)
    • 経営基本理念「我が信条」発表(1月)。全国11販売会社を吸収合併し、支店とする(4月)。
  • 91 (平成 3年)
    • 福島県大熊町に福島工場新設、第一期工事完了(7月) 。
  • 95 (平成 7年)
    • 所沢に生物研究棟落成(12月)。
  • 99 (平成 11年)
    • カネマイト フロアブル上市。ドイツ連邦共和国シュターデにヨーロッパ支店を開設(12月)。
  • 2000 (平成 12年)
    • ISO9002取得(3月)。創業者相談役櫛引大吉死去(3月)。
      東京証券取引所市場第二部上場(9月)。
  • 03 (平成 15年)
    • KST(カネショウソイルトリートメント)をベルギー王国に設立(10月)し、ドイツBASF社の農業用土壌処理剤事業を譲受(12月)。
  • 08 (平成 20年)
    • 所沢工場の生産設備を福島工場に移管し、福島工場増設工事完了(12月)。
  • 10(平成 22年)
    • 新規線虫防除剤ネマキック粒剤上市(2月)。
  • 11(平成 23年)
    • 東日本大震災発生(3月)。
      東京電力福島第一原子力発電所事故に起因し、福島工場が操業停止。
  • 12(平成 24年)
    • バイエルクロップサイエンス(株)から研究所(茨城県結城市)を譲り受け、当社結城事業所とする(1月)。
      研究部 生物課が結城事業所へ移転(2月)。
      アグロ カネショウコリア(株)を韓国ソウル市に設立(9月)。
  • 13(平成 25年)
    • 結城事業所内に茨城工場新設(4月)。
      結城事業所に土壌分析室を設置(12月)。
  • 14(平成 26年)
    • 東京証券取引所市場第一部上場 (9月)。
  • 15(平成27年)
    • ネマキック液剤上市(3月)。
  • 17(平成29年)
    • 福島工場を閉鎖。国の放射能汚染物質中間貯蔵施設となる(6月)。
平均勤続勤務年数 13.7年(2017年12月末現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 1.5時間(2017年1月〜12月 一人当たり月平均残業時間)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6.1日(2017年1月〜12月 平均有給取得日数)
前年度の育児休業取得対象者数 4名(うち男性0名、女性4名)
前年度の育児休業取得者数 0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員  0%(12名中0名)
管理職 9.1%(77名中7名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒107-0052
東京都港区赤坂四丁目2番19号
アグロ カネショウ(株)
人事総務部 人事総務課 丸山 博美
E-MAIL soumu@agrokanesho.co.jp
TEL 03-5570-4711
FAX 03-5570-4708
URL http://www.agrokanesho.co.jp/
E-mail soumu@agrokanesho.co.jp
交通機関 本社:東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附」または東京メトロ千代田線「赤坂」
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp57327/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
アグロ カネショウ(株)【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
アグロ カネショウ(株)【東証一部上場】 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ