最終更新日:2018/7/6

マイナビ2019

マイナビコード
57404
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

ダイニック(株)【東証一部上場】

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都、京都府
資本金
57億9,565万円
売上高
281億円(2017年3月期)
従業員
595名(2017年3月31日現在)
募集人数
6〜10名

化学の力で、”丈夫な教科書” をつくってきました

◇世界トップクラスの素材・繊維・フィルムの総合メーカーが語る!会社説明会開催◇ (2018/06/12更新)

◆お知らせ◆6月開催の東京会場での説明会のご予約を積極的に受付中です!

ダイニック(株)の採用ページにアクセスして頂き、ありがとうございます。
当社の会社説明会は、4月より東京会場と大阪会場にて開催しています。
エントリーいただいた方には、説明会や選考のご案内をさせて頂きます。
マイナビの「お返事箱」に当社の情報をお送りしますので
まずはエントリーをお願い致します。
是非一度会社説明会におこしください。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
長い歴史と実績を誇る教科書用クロス。近年では再利用が容易で環境にやさしい素材やUV加工を施したものが採用されている。
PHOTO
幅広い産業や生活シーンに多彩なクロスやフィルム製品を供給しているダイニック。東の生産拠点が埼玉工場で、研究開発機能を有する未来志向の工場として稼働している。

暮らしを彩る高機能なフィルムを開発。街角で製品を見た時のやりがいは大きい

PHOTO

「最初は失敗をしても咎めることなく先輩がカバーしてくれるなど、温かな社風に助けられました。今は任されることも増え、確かな成長を実感しています」と語る豊田さん

大学で有機合成化学を専攻し、新しい化合物をつくるような実験の経験を印刷業界でのモノづくりに活かせたらと就活していたところ、ダイニックを知りました。ブッククロスやフィルム製品のコーティング、カラーリング・ラミネート技術に定評があり、アットホームで若手にも裁量とチャンスを与えてくれる風土に惹かれました。

入社後は先輩とチームを組み、一貫してFFC(Fine Film Coating)の新製品の研究開発および品質管理・改良に当たっています。FFCとは、用途別に様々な機能を施したフィルム製品のこと。例えばホワイトボード用にはマジックで書きやすく消しやすい機能を、自動販売機用広告フィルムでは視認性や風雨に強い耐久性を追究。他にも受験生が学習用に使う赤いシートなど、多様な製品につながる中間材の開発に携わっています。
仕事は、営業からお客様が求める品質と納期・価格をヒアリングし、その要求に見合った製品を原料メーカーなどに協力を仰いで開発していきます。毎日、樹脂や添加剤を混ぜて実験、検証を繰り返し、報告書を作成して製品化までの道筋を検討しています。
入社3〜4年目には、航空機用内装材として壁や床に使うフィルムの開発を任され、薄膜化と軽量化、耐光性を満たすべく試行錯誤を繰り返しました。結局、要求品質に近づいたものの採用は見送りとなったのですが、その過程で得た実験結果で一定の成果を出し、薄いフィルムへの印刷という別分野の可能性を切り拓くことができました。たとえ失敗しても決して無駄ではなく、他の製品につながる実感が得られたことは収穫でした。
入社当初は失敗もありましたが、先輩に支えられ、今では実働部隊の責任者を任されるほどに成長でき、自分の製品を街角で見つけた時には、ことのほか嬉しく、大きなやりがいとなっています。

今後は家庭用印刷分野など、より身近なところで使われる付加価値の高い製品を開発したいですし、将来的には世の中にないモノづくりを実現し、当社のシェア拡大に貢献していけたらと思っています。当社では化学的な知識以上に、研究室での実験・検証のプロセスがとても役立っていると感じています。また、チームの先輩や営業、工場、協力会社との接点も多いので、周りを元気にするくらい快活で、粘り強く取り組める後輩が来てくれると嬉しいですね。
<第二事業部メディア技術グループ/豊田 慎一/2008年入社/理工学部物質応用化学科卒>

会社データ

プロフィール

1923年、関東大震災。焼け野原と化した被災地が復興に全精力を傾ける中、「子供たちの教科書がない」という問題が起こりました。そこで”耐久性・防腐性に優れた教科書づくり”に手を挙げたのが、1919(大正8)年に国産第一号のクロスを開発した当社でした。
(当社調べ)

ブッククロスと染色から出発した当社の基本技術は「コーティング」「カラーリング」「ラミネート」「エンボス」等ですが、長い歴史と挑戦を経て様々な応用・複合技術(ファイン化・高機能化・高次複合化・多層構造化・微細構造化・高効率化・外観美麗化・省資源化・先進メカシステム化)を生み出し、クロスメーカーのパイオニアに成長してきました。

今ではその用途もフィルム素材や自動車の内装材、床材、衣料素材、工業用素材など、私たちの生活を取り巻くあらゆる分野に拡大しています。

それは、研究・製品開発の場合、独自の研究テーマに取り組んで製品化を果たす技術者が多いということ。事前に企画書を作って稟議を通す必要はありますが、「成功を予感させれば迷わず予算を出す」という風土が技術者の実力を引き出しています。また他業界とのコラボが多いことも技術開発の可能性を広げています。

現在では、「環境に配慮することは、人に優しい真の快適さを追求することである」と考え、地球にやさしいピュアな製品づくりを推進しています。例えば、土壌の中で微生物の働きにより二酸化炭素(CO2)と水に分解されるプラスチックや、脱臭・脱ガスに優れた不織布フィルターを開発。

その他にも、ビニール・不織布・接着芯地など、時代を先取りした新素材・繊維を次々に開発しています。

今後もこうした技術にさらに磨きをかけつつ『暮らしを「豊かに」そして「快適に」彩る』というテーマのもと、これまで以上に地球環境にやさしい企業活動を目指していきます。

事業内容

PHOTO

カレンダーなどに使われる紙クロスや文具、アートなど生活に身近なところにも大きく貢献しているダイニック。コーティング技術やカラーリング技術は業界でも定評がある。

◎独自のコーティング技術を生かし、書籍用クロスをはじめ多彩な素材・商品を
 提供しています

■出版・文具・ファンシー製品/
書籍装幀用クロス、文具用クロス、鞄・小物類のファンシー製品
■情報関連/
コンピュータリボン、銀行通帳用クロス、有機EL用水分除去シート
■不織布関連/自動車内装材、各種フィルター、オフセット印刷用不織布
■衣料関連/衣料用接着芯地、衿芯、品質表示ラベル用素材
■住宅関連/壁紙、カーペット、人工芝
■工業用途/ターポリン、防災用品、介護用素材
■特殊材料加工/医療用フィルムシート、折り紙
■包材関連/食品容器密封用アルミ箔・フィルム
■環境関連/屋外ポスター、マウスパッド

…などの製造・加工および販売
本社郵便番号 615-0812
本社所在地 京都市右京区西京極大門町26
本社電話番号 075-313-2111
東京本社郵便番号 105-0004
東京本社所在地 東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル
東京本社電話番号 03-5402-1811
設立 1919年8月18日
資本金 57億9,565万円
従業員 595名(2017年3月31日現在)
売上高 281億円(2017年3月期)
株式公開 東証一部上場(証券コード:3551)
事業所 【本社】
東京、京都
【営業所】
札幌、名古屋、大阪、福岡
【工場】
滋賀、埼玉、王子、富士、真岡
売上高推移 400億8,800万円(2017年3月期連結実績) (単体281億円)
411億9,000万円(2016年3月期連結実績) (単体278億円)
410億5,100万円(2015年3月期連結実績) (単体273億円)
410億7,700万円(2014年3月期連結実績) (単体284億円)
399億3,500万円(2013年3月期連結実績) (単体280億円)
関連会社 【国内】
ダイニック・ジュノ(株)、大和紙工(株)、ニックフレート(株)、ダイニックファクトリーサービス(株)、オフィス・メディア(株)、大平産業(株) 計6社
【海外】
NC STAFLEX CO.,PTE.,LTD.、DYNIC(H.K)LTD.、DYNIC USA CORP.、THAI STAFLEX CO.,LTD.、DYNIC(U.K)LTD. 他計10社
経営の理念 ■技術の優位性
■人の和
経営の基本方針 "For The Customer"
企業の特徴 【国内シェアNo.1の商品】
■ニードルパンチカーペット
一般工事、展示装飾、スポーツ用途等、様々な場面でご利用頂いており、国内No.1のシェアを維持しております。
(当社調べ)

■教科書用クロス
1958年に新学習指導要領の告示で教科書の内容・装幀が一新され、それ以後、多くの小・中・高校教科書にダイニックのクロスが使われています。

■衣料用表示ラベル
織物、不織布にダイニックの特殊コーティング技術が施された優れた機能性と耐久性を持つ素材です。
沿革
  • 1919年
    • 日本クロス工業(株)を京都市西陣に設立(ブッククロス生産)
  • 1932年
    • タイプライターリボンの製造を開始
  • 1952年
    • 東京工場誕生
  • 1956年
    • 日本で初めて不織布”パネロン”の製造を開始(当社調べ)
  • 1964年
    • 深谷工場竣工
  • 1966年
    • 接着芯地”ステーフレックス”の製造を開始
  • 1967年
    • 台湾科楽史工業を設立
  • 1970年
    • 真岡工場竣工
  • 1973年
    • ”ニックセブン”を開発
      NC STAFLEX CO.,PTE.,LTD(シンガポール)を設立
  • 1974年
    • ダイニック(株)へ社名を変更
  • 1978年
    • 滋賀工場竣工
  • 1979年
    • DYNIC(H.K)LTD(香港)を設立
      ”ニックセブン”繊維学会技術賞受賞
  • 1987年
    • FFCフィルム”ALINDA”を発表
      アストロパーク天究館を開設
  • 1988年
    • DYNIC USA CORP.(米国)を設立
      THAI STAFLEX.CO.,LTD(タイ)を設立
  • 1990年
    • DYNIC(U.K)LTD(英国)を設立
  • 1991年
    • 大連大尼克(中国)を設立
      名刺プリントシステム”ミスター・メイシマン”を発売
  • 1993年
    • 昆山司達福紡織(中国)を設立
  • 1996年
    • 埼玉工場竣工(東京工場を深谷工場へ集約移転)
  • 1997年
    • 滋賀工場、「ISO9001」「ISO14001」の認証を取得
  • 1998年
    • 埼玉工場、「ISO9001」「ISO14001」の認証を取得
  • 2000年
    • 有機EL用水分除去シートを開発
  • 2002年
    • ダイニック国際貿易(上海)を設立
  • 2003年
    • 王子工場、「ISO9001」の認証を取得
      大平製紙(株)を吸収合併
  • 2011年
    • 東京本社、新橋新御成門ビルに移転
  • 2014年
    • インドネシアにPT.DYNIC TEXTILE PRESTIGEを設立
平均勤続勤務年数 18.4年(2016年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16.7時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.8日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 16名(うち女性4名、男性12名 2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 4名(うち女性4名、男性0名 2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員 0%(11人中女性0名)、管理職 3.8%(53人中女性2名)(2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒105-0004 東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル
ダイニック(株) 採用窓口/人事グループ・新卒採用担当
TEL:03-5402-3133
URL http://www.dynic.co.jp/
E-mail saiyou@dynic.co.jp
交通機関 都営地下鉄三田線「御成門駅」下車徒歩1分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp57404/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
ダイニック(株)【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ