最終更新日:2018/9/24

マイナビ2019

マイナビコード
57926
  • 正社員
  • 既卒可

日本ガスケット(株)(大豊グループ)

本社
愛知県
資本金
7億5,780万円
売上高
116億円(平成30年3月期)
従業員
335名(2018年6月現在)
募集人数
6〜10名

自動車エンジンに命を吹き込むモノづくり。自動車の国産化以来、唯一材料開発から製品加工までの一貫生産を行ってきた実績と信頼。

  • 積極的に受付中

【文・理学部学科不問】ものづくりを仕事にしたい方、会社説明会を実施します!! (2018/09/24更新)

皆さんこんにちは。
日本ガスケットの採用担当です。
当社に興味のある方、エントリーお待ちしております!!

会社紹介記事

PHOTO
日本ガスケット本社。生産拠点は、日本だけでなく、アメリカや中国、インドネシア、タイなど世界各地に広がっています。
PHOTO
ガスケットの製造過程の一つ、金型のメンテナンス風景です。

当社は自動車エンジンの重要機能部品シリンダーヘッドガスケットを製造しています

PHOTO

エンジンに直結するだけに、自動車メーカーと協同で開発体制を敷いている。また同社の技術は世界各国へ技術供与という形で輸出されている。

当社は、自動車エンジンのシリンダーヘッドガスケットメーカーです。といっても、「ガスケットって何?」と思われる方は多いでしょう。ガスケットとはエンジンなどの接合部分の気密性を保つシール製品です。

エンジンというものは、いくつものパーツで構成されており、パーツとパーツのつなぎ目でシールの必要な箇所には必ずガスケットが使われています。特にヘッドガスケットは、エンジンの中で爆発している燃焼ガスや潤滑油、冷却水が過酷な条件下でも漏れないように、接合部分の気密性を耐久的に保つため、なくてはならない重要な部品なのです。

もし、ガスケットが壊れたら燃費が極端に悪くなり、有害物質を撒き散らしてしまいます。さらにエンジンが停止してしまうため、事故にもつながりかねません。このように、ガスケットは燃費・環境・人身に関わる重要部品なのです。

当社は材料開発から製品開発・生産・販売に至る一貫体制を構築しています。特に材料開発・製品開発面では、国内最大手自動車メーカーをはじめ各社から純正部品として認められております。エンジンの開発サイクルは時代とともに早くなっており、開発の短期化、及び次世代を見据えた開発体制を築いております。今後も、高機能化や環境への対応が求められる最新のエンジンに対応したガスケットの開発に注力していきます。

また、長年培ってきたガスケット技術を発展させ、ガスケット以外の分野でも、新製品開発にチャレンジしております。

会社データ

プロフィール

当社は、豊田市に本社があり自動車エンジンのシリンダーヘッドガスケットを主力製品とし、その高度な技術を駆使して、樹脂製品などの新製品開発へも積極的に取り組み、「社会の発展に貢献する」ことを目指しております。
ますます熾烈化するグローバル競合に打ち勝つため、経営体質を強化して、確かな経営基盤を築いていきます。また、技術開発力を強化して、他の追随を許さない世界一のガスケットメーカーを目指していきます。
「変らざれば生きざる」ことを肝に銘じ、一人ひとりが変革を遂げ、世界トップレベルの品質をつくり、更なる高機能のガスケットや新分野の開発など日夜たゆまぬ努力を続けている会社です。

事業内容
自動車エンジン他各種内燃機関用ガスケット及びガスケット用素材、樹脂歯車製品、各種耐熱インシュレ−タ−・摩擦摺動製品、環境改善・保護に関連する材料および製品の製造・販売
本社郵便番号 471-0838
本社所在地 愛知県豊田市緑ヶ丘5-14
本社電話番号 0565-71-5900(代)
創業 1947年9月
設立 1952年12月
資本金 7億5,780万円
従業員 335名(2018年6月現在)
売上高 116億円(平成30年3月期)
事業所 ■本社
〒471‐0838
愛知県豊田市緑ヶ丘5‐14

■工場
〒521-0244
滋賀県米原市大野木1952-1

■大阪
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4-3-12 新大阪明幸ビル 5階
売上高推移 115億円(平成29年3月期)
120億円(平成28年3月期)
主な取引先 トヨタ自動車(株)、ダイハツ工業(株)、マツダ(株)、(株)豊田自動織機、
(株)クボタ、ヤンマー(株)、他(順不同)
海外拠点 タイ、インドネシア、北米、中国
平均年齢 38.7歳
沿革
  • 1947年 9月
    • 創業
  • 1952年 12月
    • 日本発条(株)の経営参加を得て大阪ガスケット工業(株)を設立
  • 1960年 6月
    • 本社、本社工場を東大阪市に移転
  • 1963年 3月
    • 日本ピラー工業(株)のガスケット事業部と合併、日本ガスケット(株)と改称
  • 1971年 8月
    • 日本オイルシール工業(株)[現NOK(株)]の資本参加を得て業務提携
  • 1973年 6月
    • タイ国にNHK GASKET(THAILAND)CO..LTDを設立
  • 1979年 3月
    • シンガポールにNHK GASKET SINGAPORE CO.(PTE.)LTD.を設立(現 NIPPON GASKET SINGAPORE CO.PTE.LTD)
  • 1982年 9月
    • 滋賀工場操業開始
  • 1985年 12月
    • 大阪証券取引所に上場
  • 1996年 10月
    • インドネシアにPT.NHK GASKET INDONESIAを合併にて設立
  • 2003年 11月
    • 大豊工業(株)の資本参加を得て業務提携
  • 2005年 7月
    • 大豊工業(株)の子会社化により
      大阪証券取引所 上場廃止
  • 2005年 10月
    • 大豊工業(株)の完全子会社となる
  • 2005年 11月
    • 滋賀工場に第3工場を増築(メタルガスケットの専門工場)
  • 2006年 5月
    • 大豊工業(株)のガスケット事業全てを生産移管
  • 2007年 7月
    • 本社を大阪府から愛知県豊田市に移転
  • 2008年 1月
    • 米国タイホウマニュファクチャリングオブテネシー社(TTN)に40%資本参加
  • 2008年 3月
    • 中国煙台市に子会社を設立
  • 2009年 1月
    • NHK GASKET(THAILAND)CO..LTD.の社名を「NIPPON GASKET(THAILAND)Co..Ltd.」に変更
      PT.NHK GASKET INDONESIAの社名を「P.T.ASTRA NIPPON GASKET INDONESIA」に変更
      滋賀工場に事務所と厚生施設を併設した「新館」が完成
  • 2010年
    • 本社敷地内に「開発棟」を新設
      技術センターを大豊工業細谷工場から本社へ移転
  • 2012年
    • 滋賀工場に抄造工場を新設
      大阪支店を大阪市淀川区(新大阪駅付近)に移転
  • 2013年
    • NIPPON GASKET OF AMERICA. INCがTAIHO MANUFACTURING OF TENNESSEE LLCを完全子会社化
  • 2016年
    • 滋賀工場にトラックヤードと金型工場を新設
  • 2017年
    • 滋賀工場に隣接した研修センター「蛍翔館」を新設
平均勤続勤務年数 13.6年(2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 33.4時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10.5日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 15名(女性4名 男性11名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 4名(女性5名 男性0名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 日本ガスケット(株)
採用担当
メールアドレス:saiy@npgkt.co.jp
URL http://www.npgkt.co.jp/index.html
E-mail saiy@npgkt.co.jp
交通機関 名鉄三河線 土橋駅下車徒歩15分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp57926/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日本ガスケット(株)(大豊グループ)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ