最終更新日:2018/11/1

マイナビ2019

マイナビコード
58582
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)エスイー

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
12億2,805万円
売上高
単体77億3,383万円、連結201億9,715万円(2017年度実績)
従業員
単体161名、連結490名(2018年3月31日現在)
募集人数
6〜10名

防災・減災で活躍、安全で安心な社会インフラ基盤づくりに貢献。見上げたその先に、まだ見ぬ技術がある。

【アクセスしていただきまして、ありがとうございます。】 (2018/11/01更新)

弊社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。

現在、エントリー、募集受付を停止しております。
詳細は採用担当までお問い合わせ願います。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
佐賀県唐津市と長崎県松浦市を結ぶ鷹島肥前大橋は海上の道路橋という過酷な環境下ではあるが、ここにも当社のFUT-H斜材ケーブルが採用されている。
PHOTO
新しい分野や技術開発にも積極的な同社。年次や社歴、経験などに関わらず、自分の意見やアイデアを積極的に発言できる自由度の高い社風も魅力だ。

高い技術力と製品力で、国内外の公共事業を支える業界のパイオニア企業。

PHOTO

『上昇志向の高い方には、チャンスに溢れるフィールド。学会発表などの機会もいただけるので、その道のプロとして信頼いただけることも嬉しいですね』

私が入社を決めた理由は『ニッチだけど高い技術力で海外展開もしている会社』だったからです。実際、担当した環境防災事業、中でも「地すべり防止用グラウンドアンカー」や道路・橋梁の落下を防ぐ「落橋防止装置」などの製品を中心にした土砂災害対策や湾岸施設などの耐震補強、そして地震発生時の橋桁落下防止などを設計する際の対策においては、国内で数多くの採用実績と技術力を誇ります。
また、当社はSEEE工法を中核とした公共事業を支える建設用資機材のメーカーですが、単に製品を販売するだけでなく、現場の技術サポートまで一貫して行えることが一番の強み。それゆえ、当社製品の説明から製品づくり、設計サポート、引いては現場での技術支援まで、技術者の業務内容も多岐にわたります。
新しい分野や技術への挑戦にも積極的なので、チャレンジできる環境も魅力。現在はアジアを中心に、日本の技術を提供する動きも高まっており、海外出張もありますので、やりがいは大きく、また、海外志向の方にもチャンスはありますよ。/(株)アンジェロセック 斎藤春佳さん(地球環境学舎 環境マネジメント専攻/2011年入社、現在海外業務に携わるため関連会社(株)アンジェロセックに在籍中)

私は入社以来18年間、技術者として製品の開発と改良、お客様のニーズに合わせたカスタマイズ対応などを担当してきました。長い間続けてこれた理由は、『刺激が多く飽きのこない仕事』だからです。当社には数十種類もの製品があり、案件によってお客様や現場のニーズも異なるため、ご要望にピッタリと合う製品を開発・改良しご提供できた時の達成感は大きいです。「次も120%でお応えしたい」と気合が入ります。
また、ゼネコンや施工業者と共に製品開発に取り組むこともあり、例えば、当社製品を深くご理解頂いているお客様と性能向上を求めて開発に取り組み、それが社内で標準化され、将来的には当社の看板製品となって会社を成長させる、そんなダイナイズムが味わえる仕事でもあります。
一方、品質には一切の妥協が許されない中、法令を遵守し製造サイドの実現性やコスト面なども考慮に入れながら取り組む難しい側面もあります。工夫や発想の転換が求められるため技術者にも柔軟性が必要ですね。がんばりは正当に評価されるので、やりがいのある環境だと思います。/山口工場 課長 薗田紘一郎さん(理工学部 機械工学科/1999年入社)

会社データ

プロフィール

地震や大雨などの自然災害が多発する日本において、わたしたちの生活を守る社会インフラ基盤は大変重要です。しかし、便利になり過ぎた今の社会生活では当たり前のようにある社会インフラ基盤に目を向けることはあまりないでしょう。関心がない訳ではなく、おそらく安全・安心な社会インフラ基盤がわたしたちの目を向けさせないのでしょう。

安全で安心できる社会インフラ基盤の整備に貢献すべく、(株)エスイーは1967年に創業して以来、フランスから導入したSEEE工法の技術を中核とした土木・建設のエンジニアリングメーカーとして事業を展開しています。

たとえば、土砂災害を未然に防止するために地盤を安定させるグラウンドアンカー工法の「アンカー材」や、地震による橋梁や道路橋などの橋桁の落下を防止する「落橋防止装置」は業界からも高い評価をいただき、数多くの社会インフラ基盤で採用され、人命や財産を守っています。また、近年の橋梁や道路橋などの老朽化問題に対しては補修・補強用の「外ケーブル」や「斜材ケーブル」などが持続可能な社会の実現に貢献しています。

(株)エスイーは一般的には金属製品の製造・販売事業ですが、コア・テクノロジーを駆使した高い技術力と高品質な製品を提供しています。ニッチな分野で一般の人にはあまり知られていませんが、(株)エスイーが提供する技術やサービスがわたしたちの社会生活の安全や安心をつくり出しています。

事業内容
1. 建設用資機材の製造・販売事業
●環境防災分野
地すべり防止用の「アンカー」や緑化と景観に配慮した「KIT受圧板」、地震による橋桁の落下を防止する「落橋防止装置」などの製品群を供給して、環境の保全と災害の防止に貢献しています。
●橋梁構造分野
主に橋梁や道路橋などに用いられる、プレストレストコンクリート用引張材「SEEEケーブル」をはじめ、「外ケーブル」や「斜材ケーブル」などの製品群およびその関連製品や付帯エンジニアリングサービスの供給を通して社会資本整備に寄与しています。
●ESCON製造販売分野
当社が研究開発した超高強度合成繊維補強コンクリート「ESCON」とは、曲げ強度や圧縮強度に優れた素材であり、多様な可能性と秘めた素材として新たな製品開発、販売事業を展開しています。
●PPP/コンセッション分野
限られた予算の中で安心・安全な生活維持のために、PPP(官民連携で公共事業を行う制度)の推進を目指し、国内外でニーズに即した提案をしています。

2. 関連事業
 ・海外企業(韓国、台湾、ベトナムなど)への技術輸出
 ・関連資機材の開発とレンタル
 ・新事業分野への研究開発
本社郵便番号 163-1343
本社所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
本社電話番号 03-3340-5500
創業 1967年8月
設立 1981年12月
資本金 12億2,805万円
従業員 単体161名、連結490名(2018年3月31日現在)
売上高 単体77億3,383万円、連結201億9,715万円(2017年度実績)
事業所 ●本社
〒163-1343 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
TEL:03-3340-5500 FAX:03-3340-5539

●営業本部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-11-1 日東星野ビル
TEL:03-5338-3240 FAX:03-5338-3250

●支店・営業所
大阪支店
〒541-0058 大阪府大阪市中央区南久宝寺町4-1-2 御堂筋ダイビル
TEL:06-6245-0921 FAX:06-6245-4250
九州支店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉4-3-2 博多エイトビル
TEL:092-473-0191 FAX:092-473-1421
東北支店
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4-2-3 仙台MTビル
TEL:022-792-0450 FAX:022-792-0445
名古屋支店
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1-18-24 いちご伏見ビル
TEL:052-229-0311 FAX:052-229-0319
中国営業所
〒732-0052 広島県広島市東区光町1-12‐16 広島ビル
TEL:082-568-9891 FAX:082-568-9895
四国営業所
〒760-0017 香川県高松市番町1-6-6 甲南アセット番町ビル
TEL:087-826-0481 FAX:087-826-2057
北陸営業所
〒950-0965 新潟県新潟市中央区新光町11-7 新潟光ビル
TEL:025-285-7581 FAX:025-285-0381
北海道営業所
〒060-0807 北海道札幌市北区北7条西2-6 37山京ビル
TEL:011-717-5811 FAX:011-717-5815

●工場・試験研究所
山口工場・試験研究所
〒754-0894 山口県山口市佐山3-42 山口テクノパーク
TEL:083-989-6666 FAX:083-989-6667
関連会社 ●国内ネットワーク
(株)アンジェロセック
A&Kホンシュウ(株)
エスイーリペア(株)
エスイー鉄建(株)
(株)ランドプラン
(株)中川鉄工所

●海外ネットワーク
アンジェロップ(フランス)、(株)コリアエスイー(韓国)、九春工業(台湾)、V-JEC(ベトナム)
平均年齢 42.1歳(2018年3月31日現在)
平均勤続年数 12.9年(2018年3月31日現在)
沿革
  • 1967年
    • 創業
      新構造技術(株)がフランスS.E.E.E.社(現アンジェロップ社)よりSEEE工法を日本に導入し、SEEE事業部門として製造・営業開始
      厚木工場で製造開始
  • 1981年
    • (株)エスイー[旧社名:エスイー産業(株)]を設立
      新構造技術(株)SEEE事業部門所轄の営業部門を独立させ、SEEE工法を主力とした製品の販売会社として営業開始
  • 1983年
    • SEEE協会設立
  • 1988年
    • 「斜張橋用斜材F-PH型」の販売を開始(佐賀県の呼子大橋に採用)
  • 1990年
    • 新構造技術(株)から製品製造部門および工業所有権を譲受け、神奈川県厚木市に厚木工場を設置
  • 1994年
    • 「斜張橋用斜材F500PH型」の販売を開始(埼玉県の秩父公園橋に採用)
      「SEEE永久グラウンドアンカー工法・タイブルアンカーA型」が財団法人砂防・地すべり技術センターの技術審査証明を取得
      山口県山口市に山口工場を新設
  • 1995年
    • 関連会社:Korea SE Corporation[(株)コリアエスイー、日韓合弁]設立
      「新型落橋防止装置」の販売を開始
  • 1998年
    • 「SEEE永久グラウンドアンカー工法・タイブルアンカーU型」の販売を開始
      品質マネジメントシステムISO9001認証取得
      香川県高松市に四国営業所を設置
  • 1999年
    • 株式店頭公開(現ジャスダック証券取引所上場):資本金10億4,610万円
      国際標準化システム「SEEE/FUTシステム」の販売を開始
  • 2001年
    • 関連会社:(株)アンジェロセック(日仏合弁)を設立
  • 2002年
    • 橋梁用斜材ケーブル「FUT-H型斜材ケーブル」が財団法人土木研究センターの建設技術審査証明を取得
      切土補強度工法用鋼製反力体「SEEE/KITフレーム」の販売を開始
  • 2005年
    • 落橋防止装置下部工側接続具「ユニバーサルシステム」の販売を開始
      環境マネジメントシステムISO14001認証取得(本社・山口工場)
      斜張橋用斜材ケーブル緊張管理システム「AQ Stressing System」を開発
  • 2009年
    • 『岸壁・護岸補強アンカー工法』が財団法人沿岸技術研究センターより新規評価証を取得
      朝日興業(株)を子会社化[その後エスイー朝日(株)へ社名変更]
  • 2010年
    • (株)キョウエイを子会社化
  • 2012年
    • (株)キョウエイとエスイー朝日(株)を合併し、エスイーA&K(株)(現・連結子会社)に商号変更
      (株)仲田建設[新商号:エスイーリペア(株)]を子会社化(現・連結子会社)
  • 2014年
    • 鉄建工業(株)を子会社化し、エスイー鉄建(株)(現・連結子会社)に商号変更
  • 2015年
    • (有)森田工産の全株式を取得した後、エスイー鉄建と合併
      (株)中川鉄工所を連結子会社化
  • 2016年
    • ESCON協会設立
平均勤続勤務年数 12年(2018年3月31日現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 24時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 0名(うち女性0名、男性0名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(うち女性0名、男性0名 2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 1%(70名中女性1名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒163-1343
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
総務部 採用担当
TEL:03-3340-5500
URL http://www.se-corp.com/ja/Top.html
E-mail recruit@se-corp.co.jp
交通機関 各線「新宿駅」より徒歩8分
東京メトロ丸の内線「西新宿駅」直結
都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」より徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp58582/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ