最終更新日:2018/6/20

マイナビ2019

マイナビコード
59058
  • 正社員

トタニ技研工業(株)

本社
京都府
資本金
1億円
売上高
113億8,000万円(2018年1月期)
従業員
215名
募集人数
1〜5名

「世の中の役に立つ」最高性能の機械が世界中で活躍中!

【大阪市内で説明会開催】エントリー受け付け中です! (2018/04/07更新)

みなさんはじめまして。トタニ技研工業です。
ただいま2019年入社向けのエントリー受け付け中です
大阪市内での会社説明会も予定していますので
興味を持たれた方はぜひエントリーしてください!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
ボックスパウチ(角底袋)向けの製袋機は、同容量のスタンドパックで使用するフィルムの消費を12%カット。省資源化に大いに貢献することが可能です
PHOTO
省資源・省エネルギー・環境への負荷低減に有効なプラスチック素材を使用する機械が、当社のスタンダードです

本物の証明。日本が、世界が認めたTOTANI

PHOTO

上:Totani America, Inc.   下:大連戸谷技研工業有限公司

近年、世界的に高まりを見せている環境保護や二酸化炭素排出量削減の動きを受け、省資源・省エネルギー・環境への負荷低減に有効なプラスチック製の袋への注目がますます高まるなか、当社の製袋機は世界標準としてグローバルマーケットで活躍しています。輸出国は60カ国以上、世界的知名度の高い企業にも多数納入しており、製袋機の代名詞として世界中から高い評価を受けています。
また海外展示会にも積極的に出展。アメリカ、ヨーロッパ、中国、東南アジア、中南米、中東など世界各国の展示会に毎回新鋭機を出展し、トタニの新技術によってサプライズを提供しています。

会社データ

プロフィール

当社は設立以来、半世紀以上にわたってプラスチックフィルムの袋を作る製袋機専門メーカーとして、業界をリードする製品を提供してきました。当社の製袋機は国内はもとより世界60カ国以上の国々で活躍し、高い評価を得ています。そして現在は世界最先端のパッケージ開発の推進と、まだ袋が普及していない地域への開拓に取り組んでいます。
当社は「世界に誇れる企業でありたい」という想いのもと、「モノづくり」に対して誠実で実直にそして真摯に取り組んできました。海外には日本と異なる独自の規格やニーズがあります。当社ではそれらに適合し、なおかつ高い性能が発揮できる機械を作っています。また「売ってしまえば終わり」ではなく、より長期間にわたって機械を使っていただくため、お客様に納得していただけるまで、とことんメンテナンスを行います。このような姿勢が当社が国内外のお客様から高い評価を得ている要因なのです。

事業内容
自動製袋機設計製造および販売
自動製袋包装機設計製造および販売
本社郵便番号 601-8213
本社所在地 京都市南区久世中久世町5-81
本社電話番号 075-933-7610
創業 1952年
設立 1961年
資本金 1億円
従業員 215名
売上高 113億8,000万円(2018年1月期)
事業所 本社/京都
工場/4カ所
海外/アメリカ、ドイツ、シンガポール
主な取引先 東洋製罐(株)、大日本印刷(株)、凸版印刷(株)、藤森工業(株)、(株)大塚製薬工場、朋和産業(株)、(株)サンエー化研、大倉工業(株)、福助工業(株)など
海外輸出先 ドイツ、フランス、スイス、オーストリア、ロシア、トルコ、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、中国、台湾、韓国、タイ、インドネシア、インド、オーストラリアなど60カ国
沿革
  • 1952年
    • 京都市に「戸谷鉄工所」創業
  • 1956年
    • 国産初の製袋機の製造を開始する
  • 1961年
    • 法人化、社名を「戸谷技研工業(株)」とする
      代表取締役社長に戸谷 湶が就任
  • 1966年
    • HK-1型溶断シール(サイドウェルド)自動製袋機開発
  • 1967年
    • H-510型三方プレスヒートシール自動製袋機開発
      世界初 レトルト食品パウチ(カレー)製袋機
  • 1976年
    • 社名を「トタニ技研工業(株)」とする
      LC-650型全自動ゴミ袋製袋包装機開発
      (業界初マイコン搭載機⇒無人運転可能)
      週休2日制導入
  • 1977年
    • BH-600型高速三方プレスシール自動製袋機開発
  • 1978年
    • 全自動ゴミ袋製袋包装機が、機械振興協会の「第9回自動化機械開発賞」を受賞
  • 1985年
    • CAD導入
  • 1986年
    • LAN導入
  • 1987年
    • FMS(Flexible Manufacturing System)稼働
      MRP(Manufacturing Resource Planning)稼働
      ※自社開発の生産管理システム
  • 1990年
    • ボイスメール導入
  • 1994年
    • 京都産業技術振興財団「京都中小企業優秀技術賞」受賞
      京都産業技術振興財団「京都中小企業優秀技術者賞」受賞
  • 1995年
    • フレックスタイム制度導入
  • 1997年
    • 社内にインターネットサーバを設置し、ホームページを開設
  • 1999年
    • 基幹光ファイバーによる高速LANの導入
  • 2002年
    • 代表取締役社長に戸谷幹夫が就任
      生分解性フィルム製袋仕様サイドウェルド自動製袋機開発
  • 2004年
    • Totani America Inc.設立(米国/ウィスコンシン州)
      3次元CADへ全面移管
  • 2005年
    • 新本社工場に移転(JR東海道本線向日町駅東側)
      大連戸谷技研工業有限公司設立(中国/大連)
  • 2009年
    • Totani Europe Gmbh設立(ドイツ/デュッセルドルフ)
  • 2011年
    • Totani Asia Pacific Pce.Ltd設立(シンガポール)
  • 2014年
    • 公益社団法人京都産業21「京都中小企業優秀技術賞」受賞
      公益社団法人京都産業21「京都中小企業優秀技術者賞」受賞
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間(2017年実績)

採用データ

先輩情報

世界一の技術を理解し「今」を発展させていく
K.K
神戸大学
海事マネジメント技術学科
技術サービス
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒601-8213 
京都市南区久世中久世町5-81
総務部:間宮、竺沙(チクサ)
TEL:075-933-7610
フリーダイヤル:0120-007-610
URL http://www.totani.co.jp
E-mail totani_saiyou@totani.co.jp(採用専用)
交通機関 JR京都線向日町駅下車 徒歩7分
阪急電車京都線東向日駅下車 徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp59058/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
トタニ技研工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ