最終更新日:2017/12/11

マイナビ2019

マイナビコード
60412

(株)シャノアール【カフェ・ベローチェ】

本社
東京都
資本金
3,000万円
売上高
137億600万円(2015年度実績)
従業員数
5,177名(うち社員数 345名) (2017年1月現在)

カフェという空間芸術のプロを目指して

会社紹介記事

PHOTO
創業から50年以上の歴史を持ち、「カフェ・ベローチェ」をはじめとする4つのカフェブランドを展開しています。どのブランドもお客さまに心地よい日常を提供しています。
PHOTO
充実した研修制度があり、社員一人ひとりの成長をサポートしています。若いうちから積極的にマネジメント職を任せることでスキルがつき、キャリアが広がっていきます。

50年先、100年先も。お客様に愛される店づくりを。

PHOTO

「お客さまのために自分に何ができるだろう」。働く一人ひとりの想いが、シャノアールというブランドを高めていきます。日々多くの出会いを通して成長できる仕事です。

『心地よい日常を文化にする。』

お客様一人ひとりの心地よい日常を支えること。
一人でも多くの人に当たり前のように親しんでいただける文化をつくること。
それがシャノアールの企業目的であり、根幹にある想いです。

現在、「カフェ・ベローチェ」「コーヒーハウス・シャノアール」「カフェ・ラ・コルテ」「カフェ・セジュール」の4つのカフェブランドを全国に約200店舗展開しています。創業から半世紀以上にわたって、築き上げてきた伝統と想いを大切にしつつも、次の50年に向け新しさの創造に挑戦していきます。


●すべての人の日常に、安らぎのひとときを

シャノアールの特徴は、フランチャイズなどを一切行わない直営店展開であると言えます。それは、理念を全従業員が共有し、質の高いサービスを追求したいと考えているからです。さらに、ビジネスマンやOL、ファミリー層、お年寄りの方など、幅広い年齢の方に気軽に利用してもらえる店舗として、メニューや空間づくりなど一つひとつに直営店ならではのこだわりを持っています。“日常の中にある安心感”を提供するために、お客様一人ひとりに寄り添った接客を目指しています。


●一人ひとりが、店舗づくりの主役

シャノアールの従業員は皆、安らぎのひとときを常に提供できるカフェ空間のプロを目指しています。皆さんにも、ゆくゆくは店舗運営全般をお任せしたいと考えています。直営店という利点を活かし、スタッフのアイデアを積極的に取り入れながら、自分のカラーを活かした店舗づくりを行うことができます。それは、個性を重んじるシャノアールだから味わえる醍醐味です。


●「人が好き」という想いが一番の原動力

シャノアールには、安らぎの時間を求めて、日々多くのお客さまが訪れます。カフェで時間を過ごすことが生活の一部となっている方も多く、私たちに求められるサービスも多様化しています。お客さまが何を求めて来店されるのかを自ら考え、行動に移せる人。さらに「人が好き」「人を喜ばせたい」という方であれば大歓迎です。

店舗は店長一人では決して成り立ちません。お客さまに対してだけでなく、共に働くスタッフを思いやる気持ちも同様に大切です。日々お客さまやスタッフの声に真摯に向き合い、仲間と共にあなたの理想の店舗をつくり上げてください。

会社データ

事業内容

PHOTO

シャノアールでは、地域の幅広い年齢層の方のニーズにお応えできるよう、セルフサービス型とフルサービス型の店舗ブランドを展開しています。今後もお客さまにとっての心地よさを追求する中で、新しいブランドにも挑戦しています。

『カフェ・ベローチェ』
セルフサービス型のカフェとして、「手軽に豊かなひとときを」をコンセプトに、様々なライフスタイルや立地で時代のニーズに対応した店舗空間を演出しています。


『コーヒーハウス・シャノアール』
フルサービス型のカフェとして、心のこもったおもてなしで“地域のリビング”をテーマに首都圏郊外に出店しています。


『カフェ・ラ・コルテ』
時間帯に応じたメニューとサービスを提供する、気軽に立ち寄れるカフェ&バーです。


『カフェ・セジュール』
素材や品質にこだわり、洋のテイストに和のエッセンスをほんのり加えた商品で、ちょっと贅沢なひとときを提供しているカフェです。
郵便番号 170-6045
本社所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60ビル 45F
本社電話番号 03-5928-1303(人材開発課直通 平日9:00〜18:00)
設立 1965年5月
資本金 3,000万円
従業員数 5,177名(うち社員数 345名)
(2017年1月現在)
売上高 137億600万円(2015年度実績)
事業所 本社/東京
店舗/関東圏及び宮城、愛知、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、長崎などに195店舗(2017年1月現在)
沿革
  • 1965年
    • 「珈琲館シャノアール福生店」 
       ※のちにコーヒーハウス・シャノアールに屋号変更
  • 1969年
    • 3号店「新宿珈琲館&洋酒館」開店(2毛作)
  • 1978年
    • キッチンシステムの標準化
      新卒採用スタート
  • 1985年
    • 業界初の全店舗POSシステム導入
  • 1986年
    • 新業態「カフェ・ベローチェ」開発
  • 1990年
    • アメリカ研修スタート
  • 1992年
    • ヨーロッパ研修スタート
  • 1993年
    • 東北(仙台地区)に進出
  • 1994年
    • 100号店「コーヒーハウス・シャノアール飯田橋店」開店
  • 1997年
    • カフェ・ベローチェ九州に進出
  • 2002年
    • ブラジル研修スタート
      社内にクラシフィカドール(コーヒー鑑定士)誕生
  • 2003年
    • カフェ・ベローチェ関西に進出
      200号店「カフェ・ベローチェ春日駅前店」開店
  • 2005年
    • サービスマナー研修スタート
  • 2007年
    • 新業態「カフェ・ラ・コルテ」 開発
  • 2008年
    • シャノアール研修センター完成
  • 2013年
    • コーヒーハウス・シャノアールグランドメニュー刷新
  • 2014年
    • 下北沢に「カフェ・セジュール」開発
平均勤続勤務年数 10年間
前年度の育児休業取得対象者数 男性9名
女性6名
前年度の育児休業取得者数 男性1名
女性5名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)シャノアール【カフェ・ベローチェ】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)シャノアール【カフェ・ベローチェ】 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ