最終更新日:2018/11/2

マイナビ2019

マイナビコード
61707
  • 正社員

(株)映像センター

本社
東京都
資本金
2億3,025万円
売上高
80億3019万円(2017年12月期実績)
従業員
260 名(2018年4月現在)
募集人数
16〜20名

映像で人の心を動かす「映像空間づくりの専門商社」イベントの映像演出、ビジュアル空間の企画・設計・施工・保守サービスを日本全国と中国の主要都市に展開。

【2019卒 秋採用】はじまりました!! (2018/11/02更新)

映像センターに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
2019年4月入社向け秋採用を開始しました。

【11月1日更新】
現在は以下職種について、応募を行っています。
・イベントテクニカルコーディネーター【東京※/大阪】
 ※留学生・就学生歓迎
・AVシステムコンサルタント【東京/大阪】

※選考へのご参加には、説明会(選考同日実施)への出席が必須となります。
エントリー頂いた方へ日程が決まり次第個別にご連絡をしております。

【既卒生のかたへ】
本サイトは2019年3月卒業予定もしくは
2018年秋に卒業予定の方のみ対象となります。
既にご卒業されている方に関しましては、
別途、弊社採用担当までご連絡のほど、
お願いいたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
伝えたい情報やメッセージを的確に伝える…という目的に対し、当社が映像空間をプロデュースするとこんなスペースが実現します。
PHOTO
観客の一人としてでは感じること味わうことができないステージの舞台"裏"。実は本番までにすでにAVCの95%の仕事が終わっているのです。

より良いコミュニケーションのカタチを、「映像音響空間づくり」で叶えるプロ集団

PHOTO

効果的なAV機器・システムを販売する「システム販売事業」、ライブや国際会議といったイベントへ機材をレンタルする「イベント映像事業」が当社の2大柱。

はじめまして、株式会社映像センターです。社名から、「アニメーションやCGなど、映像を作っている会社?」と間違われがちですが、私たちは、映像を作る会社ではなく、「映像音響を使った空間をプロデュースする」、映像音響機器(=AV機器)の専門商社です。

今や、世の中には様々な映像音響を使った空間がありますよね。

・大学の中の視聴覚室(アクティブ・ラーニング教室)
・街中のモニター映像広告(デジタルサイネージ広告)
・企業の盛大な式典や展示会
・オフィスの会議室
・屋外店舗のLED表示
・博物館や美術館
・アーティストのライブやコンサート…

映像音響演出は、今や人が集まる空間に欠かすことができません。また、お客様によって、映像音響空間に求めるものもバラバラ。

・数百人が同時に視聴可能な、モニターを使った会議室を作りたい…
・新商品発表の会議で、プロモーションCMを盛大に発表したい…
・大学の複数のキャンパスで、講義を同時中継できる教室を作りたい…

こういったお客様の「誰かに何かを伝えたい」という気持ちにこたえ、コミュニケーションをより良いものにしていくことが、私たちの使命。そして、100を超える国内外の主要メーカーから、最適な映像音響機器を選び出し、作動するシステムを組み上げ、提供することが、私たちの仕事です。

強みは、お客様へのヒアリングから打ち合わせ、機材準備や仕入れ、設置や本番のオペレート…最初から最後まで、お客様の「したい」に寄り添う、プロフェッショナルの仕事ができること。

そんな映像センターは、2018年6月に、設立50周年を迎えました。フィルムからビデオ、コンピュータ…すさまじいスピードで映像技術が進化する中、貪欲なチャレンジで新たな道を切り開いてきたこの50年。インターネットによってコミュニケーションが加速するこれからの時代を、共に切り開いていく力を求めています。

会社データ

プロフィール

1968年、輸入商社であった(株)大沢商会の教育機材部の直販部門として設立。2018年6月に50周年を迎えました。時代がフィルムからビデオ、 そしてデジタル・通信&IT社会へ...と変遷をたどるなか、 当社では一貫してそれらを活用した「ベターコミュニケーションの追求とサービス」を理念とし、 企業や官公庁、学校における映像空間創りの一役を担ってまいりました。

事業内容

PHOTO

当社の事業は大きく2つに分かれています。

■「イベント映像事業」

幕張メッセや東京ビッグサイトなど人が集まるイベントスペースにおいて、多くの人に的確かつインパクトのある映像を通じて、イベント主催者やクライアントの意図をしっかり伝えるのがイベント映像事業部の仕事です。そのイベント成功への陰の演出者として、必要な機材の選定、搬入、設置、調整、本番のオペレーションなどをトータルでサポートします。

■「システム販売事業」

「オーディオ・ビジュアル製品を使って、この場所にこのようなコミュニケーション空間をつくりたい!」 そのようなお客様からのご要望に沿って、最新の製品やソリューションを組み合わせ、世の中に2つとないシステムを作り上げてお客様へ納入する。この一連のプロセスを最初から最後までお客様に寄り添い築き上げる、いわばシステムコンサルティング営業が、システム販売事業部の仕事です。また、海外の優れた商品を発掘し、日本市場に広げてゆく輸入製品販売部門もシステム販売事業のひとつです。

■その他にも…「海外ビジネス」

映像空間づくりの市場は国内にとどまりません。映像センターは現在、中国3カ所(北京・広州・上海)に現地法人を含めた拠点があります。
本社郵便番号 135-0063
本社所在地 東京都江東区有明3-7-18 有明セントラルタワー8F
本社電話番号 03-3527-8571
設立 1968年6月10日
資本金 2億3,025万円
従業員 260 名(2018年4月現在)
売上高 80億3019万円(2017年12月期実績)
事業所 ■本社オフィス(東京)
〒135-0063
東京都江東区有明3-7-18 有明セントラルタワー8階
・ゆりかもめ 「有明」駅 徒歩約4分
・りんかい線 「国際展示場」駅 徒歩約5分

■東雲オフィス/物流センター(東京)
〒135-0062
東京都江東区東雲2-9-51  日本通運東雲流通センター
・りんかい線 「東雲」駅 徒歩約5分

■大阪オフィス
〒564-0062
大阪府吹田市垂水町3-8-25
・地下鉄御堂筋線 「江坂」駅 徒歩約5分

■名古屋オフィス
〒456-0068
愛知県名古屋市熱田区神野町2-70
・地下鉄名港線 「日比野」駅2番出口 徒歩約10分

■北京駐在員事務所(中国)
株主構成 AVCホールディングス(100%)
主な取引先 企業・公官庁・学校など(約7,000社)
関連会社(海外) 広州愛惟希会展服務有限公司(広州 / 北京 / 上海)
平均年齢 38歳
沿革
  • 1968年 6月
    • (株)大沢商会の出資、資本金500万円をもって設立
  • 1981年 1月
    • 大阪営業所(現大阪オフィス)開設
  • 1982年 4月
    • 名古屋営業所(現名古屋オフィス)開設
  • 1984年 5月
    • (株)大沢商会より株式譲渡受け独立
  • 1987年 7月
    • AV-com研究所開設
  • 1989年12月
    • 千葉流通センター建設
  • 1992年 1月
    • 資本金を現在の2億3,025万円に増資
  • 1998年 8月
    • 東京機材センター移転・増床
  • 2002年 3月
    • 中国・北京に日本(株)映像中心北京代表処開設
  • 2004年 6月
    • 中国現地法人広州愛惟希(広州AVC)設立
  • 2005年5月
    • 中国・上海に現地法人
      広州愛惟希(広州AVC)の上海分公司を開設
  • 2005年6月
    • 東京都中央区に「システム販売事業部」を移転
      首都圏地区の本社・各事業部の営業拠点を統合
  • 2007年10月
    • ISO14001を認証取得
  • 2008年 3月
    • 中国・北京に現地法人
      中国現地法人広州愛惟希(広州AVC)の上海分公司を開設
  • 2011年 2月
    • 大阪府吹田市(現住所)に「大阪オフィス」を移転
  • 2012年 5月
    • 東京都江東区(現住所)に
      「本社オフィス(管理本部・イベント映像事業部 首都圏
       システム販売事業部 首都圏」を移転
  • 2014年 10月
    • ISO27001を認証取得
  • 2015年 1月
    • 東京都江東区に「千葉流通センター」を移転
      同時に首都圏地区の物流機能を統合
      「東雲物流センター」に改称
  • 2015年 2月
    • 愛知県名古屋市熱田区(現住所)に「名古屋オフィス」を移転
  • 2018年 6月
    • 設立50周年を迎える
平均勤続勤務年数 14年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 32時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 女性2名/男性4名(2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 女性2名/男性0名(2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 11%(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)映像センター
管理企画室 人事課  牧野・小黒(オグロ)宛
URL http://www.avc.co.jp/ ※映像センターで働いている先輩情報あり!
E-mail recruit@avc.co.jp ※ご不明点などあればお気軽にご連絡下さい。
交通機関 ■本社オフィス(東京)
〒135-0063
東京都江東区有明3-7-18 有明セントラルタワー8階
・ゆりかもめ 「有明」駅 徒歩約4分
・りんかい線 「国際展示場」駅 徒歩約5分

■東雲オフィス/物流センター(東京)
〒135-0062
東京都江東区東雲2-9-51  日本通運東雲流通センター
・りんかい線 「東雲」駅 徒歩約5分

■大阪オフィス
〒564-0062
大阪府吹田市垂水町3-8-25
・地下鉄御堂筋線 「江坂」駅 徒歩約5分

■名古屋オフィス
〒456-0068
愛知県名古屋市熱田区神野町2-70
・地下鉄名港線 「日比野」駅2番出口 徒歩約10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp61707/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)映像センター を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ