最終更新日:2018/4/4

マイナビ2019

マイナビコード
62391
  • 正社員
  • 既卒可

(株)ジャパンファーム【三菱商事グループ】

本社
鹿児島県
資本金
30億円
売上高
338億円(2017年3月期)
従業員
1,256名(2018年2月) ※単独
募集人数
6〜10名

三菱商事、日本農産工業、日清丸紅飼料、日本ハムの4社で設立。国内ケンタッキーフライドチキンの原料を約1/3供給、1農場の飼育規模が日本一の養豚農場をもつ会社です。

★書類選考開始のお知らせ★ (2018/04/04更新)

こんにちは!!
採用担当の松永です。
書類選考を開始致しました。
受験希望者は4月13日(金)消印有効 まで
履歴書1点を郵送頂きます様お願い致します。(ESは御座いません)

宛先:株式会社ジャパンファーム
〒899-7303
鹿児島県曽於郡大崎町益丸651
総務人事部 人事課 採用担当 松永 宛

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
ジャパンファームは豊かな自然に恵まれた南九州の地にて、「健康」をキーワードに「食」「農」「知」の様々な分野で事業展開をしています。
PHOTO
”自ら考え自ら動く”。若手の頃よりセルフスターターとしての教育指導を行うことでより競争力のある魅力的な会社を作る。

畜産のスペシャリストとして日本の「食」を守ります。

PHOTO

「思いやりのある人に優しい会社を作りたい。言葉では言えますが、容易なことではありません。常に自身に、どうあるべきか問い続けています」と語る堀之内 総務人事部長。

当社はチキンの生産・処理・加工、並びに豚の生産を自社で一貫して行っています。
設立当時、畜産業においてこのようなシステムをとる会社は他になく、三菱商事、日本農産工業、日清丸紅飼料、日本ハムの4社で設立された当社だからこそ、この独自の取り組みを実施することができました。
そうした強みを活かし、現在では自然豊かな南九州の地に総面積450万平方メートルに及ぶ広大な敷地を有し、チキン事業における年間生産処理羽数は4,100万羽。養豚事業でも国内でも有数規模の生産設備を持ち、年間出荷頭数19万頭を超える規模にまで成長を遂げました。

「ジャパンファーム」という社名にも、質量共に安定した製品を供給し続けることで、日本の食を守っていこうという想いを込めており、近年では海外の企業からも畜産のスペシャリストとして社員が高い評価を得るなど、世界にまたがる事業展開を行っています。

また創業以来、大切にしてきたことが『「地球」と「人」の健康に貢献する』という理念。「人の健康」と「食」は直結しています。だからこそ、安全で安心できる商品の提供は、私達に課せられた義務です。そして「地球の健康」を守るためには、環境を守ることが必要不可欠。当社では環境保護の為、鶏糞を燃焼し電気エネルギー及び熱エネルギーを生み出すバイオマス発電を稼動しています。また、その焼却灰も肥料原料として販売するなど、確立した循環型農業に貢献しています。

私達が求める人材として、キーワードの1つになっているのが『セルフスターター』。自分で考えて行動を起こせる人を求めています。「強い思いのある者には何でも挑戦させたい」そんな社風のもと各々が意欲的に仕事に取り組み、期待に応えてくれています。

2019年、私達は創業50年を迎えます。まずは50年、そして更には100年を共に目指しましょう。企業は「人」です。「人」につきます。

消費者や地域の方々はもちろん、共に働く仲間からも「この会社いいね」と言われる職場を作ることが私自身の目標です。

学生の皆さんが我が社を選んでくれることを期待しています。

会社データ

プロフィール

当社は1969年、三菱商事を中心に日本農業工業・日清丸紅飼料・日本ハムの4社によって設立されました。
そのコンセプトは「畜産インテグレーション」=関連会社の機能を垂直に統合し、当社が生産・処理・加工部門を担うことで、徹底した衛生管理、より安定した商品供給の実現を目指すものです。
当時の食品業界では先駆的なモデルケースであり、のちの1988年当社チキン事業は「日本ケンタッキーフライドチキン社の認定工場第一号」として評価いただきました。
現在は、国内ケンタッキーフライドチキンの原料を約1/3供給、また日本一の飼育規模を誇る養豚農場を運営するなど、その生産力は国内有数の規模を誇ります。

事業内容
■チキンの生産から処理加工までの一貫生産
■チキンエキスの製造・販売
■原種豚導入からの一貫生産
■肥料の製造・販売
■鶏糞を燃焼し電力を発電するバイオマス事業
本社郵便番号 899-7303
本社所在地 鹿児島県曽於郡大崎町益丸651
本社電話番号 099-476-0235
設立 1969(昭和44)年7月22日
資本金 30億円
従業員 1,256名(2018年2月) ※単独
売上高 338億円(2017年3月期)
事業所 ■本社…鹿児島県曽於郡大崎町
■事業所…曽於郡大崎町、垂水市、伊佐市
■営業所…沖縄
代表者 代表取締役社長 山中 達也
主要取引先 三菱商事、日本農産工業、日清丸紅飼料、日本ハム、日本ケンタッキーフライドチキン、伊藤ハム ほか
株主構成 ジャパンファームホールディングス100%
関連会社 (株)ジェーエフフーズ※100%出資(加工食品の製造)
(有)ジェーエフアグリ(農産物の生産・販売)
(株)ジェーエフチキン※100%出資(養鶏業)
沿革
  • 1969年
    • 設立
  • 1970年
    • 大崎・大口事業所稼働
  • 1971年 
    • ラボラトリー設立(現:品質保証部)
  • 1975年
    • 発酵肥料工場完成
      特別優良指定養豚場認定
  • 1978年
    • 資本金30億円に増資
  • 1982年
    • 加工品工場完成
  • 1987年
    • 本社を大崎町へ移転
  • 1988年
    • (株)ジェーエフフーズ設立
      垂水工場 KFC生産認定工場第1号
  • 1995年
    • 企業理念・経営理念を制定
  • 2000年
    • チキン事業部門ISO9001認証取得
      養豚事業本部ISO14001認証取得
  • 2001年 
    • 本社ISO14001認証取得
      新シンボルマーク・スローガンの制定
      農業法人(有)ジェーエフアグリ設立
  • 2008年
    • チキン年間3,500万羽処理
  • 2009年
    • (株)ジェーエフチキン設立
  • 2011年
    • エキス工場ISO22000認証取得
  • 2013年
    • 豚年間19万頭出荷
      クラウン研究所(ミニ豚)をNPO法人へ移管
  • 2014年
    • チキン年間4,000万羽処理
  • 2016年10月
    • ジャパンファームホールディングス(株)の100%子会社となる
平均勤続勤務年数 12.0年(平成28年10月31日時点)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 5.26%(57名中女性3名 2016年度実績)

採用データ

取材情報

人事が語る!ジャパンファームで働く魅力
優れた技術者を育てる整った労働環境
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒899-7303
鹿児島県曽於郡大崎町益丸651
(株)ジャパンファーム
採用担当:松永
URL http://www.japanfarm.co.jp/
E-mail y-matsunaga@japanfarm.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp62391/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ジャパンファーム【三菱商事グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ジャパンファーム【三菱商事グループ】 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ