最終更新日:2018/11/13

マイナビ2019

マイナビコード
63275
  • 正社員
  • 既卒可

(株)工営舎

本社
北海道
資本金
5,000万円
売上高
5億円(2018年3月実績)
従業員
13名(2018年4月現在)
募集人数
1〜5名

【札幌勤務】【全学部応募可】建築設備・環境エンジニアリングの精鋭になろう!

  • 積極的に受付中

11月の説明会日程です!エントリー受付中! (2018/11/13更新)

(株)工営舎採用担当の大関です。

※※11月の説明会の日程です!※※
11月19日、26日に当社にて単独説明会を実施します。皆様の応募をお待ちしております。

当社へのエントリー及び単独説明会の参加申込受付中です!
建築設備・環境エンジニアリングに興味のある方、「難しいけど面白い」仕事をやってみたい方はご応募ください。

皆様のエントリーをお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
月に何度か勉強会を実施。新人のうちはもちろん、ベテランの先輩たちも一緒に多くを学ぶ姿勢が窺えます。
PHOTO
現場での作業イメージが多いかもしれませんが、ニーズを伺う商談時間も大事な仕事です。

<村上 智則/2015年入社/室蘭工業大学大学院出身/保全部に所属>

PHOTO

今年4年目社員にアンケートに答えてもらいました。

質問1 現在の仕事を教えてください。
建築設備の修繕等をしています。現場は住宅や工場など案件により異なり、ボイラー等の機械や配管など建物に関連する設備をさまざま扱います。最近では、住宅で老朽化した配管(飲水用の管、お風呂等の排水管)を新しい管に取り替える更新作業を行いました。

質問2 工営舎に入社を決めた理由・きっかけは何ですか。
私は学生時代スピードスケートをやっていて、関係した仕事に就きたいと思い就職活動をしていました。
ただ、なかなかスケートに興味を持ってくれる会社と出会えず、視野を広げた活動を始めて工営舎の説明会で社長と話をしました。業務内容と関係のないスケートの話を、工営舎の仕事と関連付けて話す社長の幅広い見識に惹かれて、入社を決めました。

質問3 実際に工営舎で働いてみて感じたことは何ですか。
トータルサポートとして、設計から現場管理・施工と幅広い業務に携われるので、さまざまな経験が出来ます。いろいろな事に挑戦できる環境で働きたかったので、求めていた環境で働けていると感じます。

質問4 この仕事の難しいところはどこですか。
現場ごとに機械や配管の種類、建物の状態が違うので、毎回設計から管理までの仕事内容が異なり、仕事を覚えるのが難しいと感じました。ただ、多くの経験を蓄積できるので、成長を感じる機会は多いです。

質問5 今後のビジョンを教えてください。
設備の知識だけでなく、建築にまつわる知識等も必要な仕事であるため、建築全体を理解することが出来る技術者を目指して勉強していきたいと思っています。

(採用担当者より)
村上君は、面接の時にスピードスケートの道具をもってきて競技に向けての努力、試行錯誤などを熱く語ってくれました。何事にもチャレンジしトライアンドエラーを繰り返しながら学んだこと、自分の思いを他者に伝えられること、彼であれば当社に入ってからも向上心を持って活躍してくれると思い採用しました。
その後は入社1年目からプロジェクトを任されるなど、その成長には目を見張るものがあります。
社員の成長なくして会社の成長なし。ともに学び成長できる方是非応募してください。

会社データ

プロフィール

■いってみれば環境エンジニアリング

資源・エネルギーの自給率が5%にも満たない日本は、エネルギー・資源獲得のために大きな試練を乗り越えてきました。そんな資源小国が原子力エネルギーに頼るのは当然の成り行きでした。しかし、福島原発事故で日本はエネルギーの転換を迫られております。
省資源、省エネルギー、環境負荷の低減、有害物・産業廃棄物の減容化。
私たちは限りある資源を大切に使い、エネルギーの有効利用と削減をはかり、自然の驚異・偉大さを謙虚に受け止め、企業として技術者として課題に取り組み、自然と共生できる技術を目指してまいります。

■私たちの会社は建築設備の会社です

建築設備というのは、人の体にたとえると神経や血管、頭脳、内臓にあたります。設備が機能して初めて建物の価値が生まれます。
人の生活や経済活動の拠点となるスペースの空調・衛生・消火や工場の産業空調・生産設備・環境対策設備などがそれに当たります。また最近はよりいっそうの省エネルギー、省資源が求められています。そんな多様な要求に応えるために、設立以来、様々な分野で積極的に技術向上をはかってきました。そしてこれからも、皆様の生活や、産業、経済活動の場に合った環境創造を目指してまいります。

事業内容
■みんながみんなプロジェクトリーダー
工営舎では、建設から廃棄までのあらゆる建築設備事業を手がけています。このため依頼の内容も様々で、仕事の手順もそれぞれのケースで違ってきます。しかし、当社には見積課、設計課といった部門分けはありませんから、様々な過程で仲間のアドバイスを受けるとしても、打ち合わせの段階から工事完成まで1人で完結。

まずお客様の要望を聞き、現状を調査・測定し、企画書、見積書と設計図を作成。建築会社からの依頼であらかじめ建物の設計図が出来ている場合にも、設備の性能を考え、専門的な立場から、必要とされる機器の能力、容量、大きさなど詳細を決めます。そして、工事が始まると、現場監督として品質管理・工程管理・安全管理を担い、完成させるというのが、仕事の大まかな流れです。

その工事の担当社員は、最高責任者としてこれらすべての工程に携わることになります。

■前例のないものを生み出す個性あふれる技術者集団
ノウハウや前例のないものを、一から作り上げる。一見無理難題とも思える要望を、技術と創意でカタチにする。そんないわば”オーダーメイドの仕事”が工営舎の最も得意なものであり、力を注いでいる分野です。

既存の建築物には耐震、省エネや公害防止をはじめ様々な機能が求められており、技術力に加えて既成概念にとらわれない創造性が必要となっています。その点からも、常に新領域に挑む工営舎にかけられる期待は大きく、活躍の場も年々拡大。個性あふれる技術者集団として、今後も”難しいけれど面白い仕事”に積極的に取り組む方針です。
また、冷暖房設備などに関しては、人々のくらしに不可欠であることから需要は途絶えることなく、定番業務とし知識技術を提供していく構えです。

■お客様の建物をより価値の高いものへ
工営舎の扱う仕事は、既設建物の設備などがほとんど。そういった既設の設備の運転データを測定・分析し、その建物が本当に必要としている能力の設備を提供しより付加価値の高いものへとしていくことが工営舎の目指していることです。

札幌市内の既設の建物は約10万件(対して新築数(非住宅)は年約1,000件)。そうした大多数の設備をより環境負荷の低いものにしていく技術こそ工営舎の考える環境エンジニアリングです。自然と共生する美しい都市造りに貢献していきます。
本社郵便番号 003-0827
本社所在地 札幌市白石区菊水元町7条2丁目9番16号
本社電話番号 011-873-7141
創業 1985(昭和60)年2月
資本金 5,000万円
従業員 13名(2018年4月現在)
売上高 5億円(2018年3月実績)
社長からのメッセージ 当社は30年以上安定した無借金経営を続け、自己資金で技術開発に力を注いできました。そのため、何か新しいことをやりたいとき、失敗してもそれをカバーすることができます。技術を持てば、新入社員でもプロジェクトリーダー。「面白そうだやってみよう」、「新しい技術に挑戦してみよう」。そのような社風です。

当社は今後に備え、大きな飛躍の準備をしています。新たな土地も取得し、新社屋への移転も計画しています。これからは「第二創業」、会社のスタート時のように失敗を恐れずにチャレンジしましょう。

私たちの大切にしている技術や知識は社員に宿ると考えています、社員を育てる、成長させることこそ私たちの会社が成長することです。私たちと大きく成長してみませんか、大きな夢をかなえてみませんか。
そんなあなたのためにドアはいつも開けて待っています。

また、もっと広い視野を持ってもらいたく、定期的な海外研修旅行も計画しています。
1年目からでも第一人者! 当社では、新しい分野やお客様の仕事を1年目の社員に担当してもらうことがあります。

技術的なサポートはもちろん先輩社員がしていきますが、社内で初めて、地域・業界で初めてであれば、先入観にとらわれない頭の柔らかい可能性のある新入社員が驚くような発想をして仕事を進めていくことがあります。そのため、若手社員にもどんどんと得意分野を作ってもらい、新しい仕事の開拓を任せています。
営業のいない会社です お客様の多くは既存のお客様で、お客様から新規のお客様をご紹介いただいています。30年以上の長いお取引の企業も多く、かかりつけの設備会社として信頼をいただいてきました。
お客様のお話を丁寧にうかがい、設備を改善しながら保守・点検できるのはお客様の設備を知り尽くしているからこそ。
きめ細かい対応と新しい提案があるからこそ、お客様の満足度が高いと考えています。
これが営業のいない会社です。
奨学金返済どうしますか? 当社では若者が早く経済的に自立し、社会に貢献できるよう奨学金返済の補助制度を設けております!

今や日本の学生の5割以上が利用していると言われる奨学金。しかし、奨学金を受けるということは学生が社会に出るときに、借金を背負って出ることを意味します。奨学金を受ける理由は様々でしょうが、デフレに象徴される日本経済の停滞や日本の将来を担う若者の学びの場である大学の学費高騰が一因と考えられ、それらは学生にはどうすることもできない要因です。そこで、当社では奨学金を貸与されていた学生向けに、入社後返済を補助する制度を設けております。

当制度を利用すれば社員はほとんど自己負担なく奨学金を返済できます。

詳細は説明会にてご説明しますので、興味のある方は是非ご質問ください。
北海道新聞掲載記事 当社が北海道新聞2017年6月16日朝刊の「学園応援ページ 道新夢さぽ」に掲載されました!
また、動画での紹介もありますので下記ページをご覧ください。
https://www.hokkaido-np.co.jp/movies/detail/5470653416001
営業品目 建築設備
 建物・設備の設計・施工・保守・管理・測定・修理・診断

環境設備
 空気清浄機
 自然エネルギー設備
 循環型エネルギー設備
 環境機器
 食品機器

産業設備
 潤滑油装置
沿革
  • 1985(昭和60)年2月
    • (株)工営舎を設立(札幌市北区北12条西3丁目)
      [池田煖房工業(株)メンテナンス部門を分離独立]
  • 1991(平成3)年3月
    • 本社を札幌市白石区に移転
  • 2010(平成22)年6月
    • ISO9001認証取得
  • 2012(平成24)年5月
    • ISO14001認証取得
平均勤続勤務年数 15年(2018年3月実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 14%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)工営舎 採用担当 大関 一

TEL:011-873-7141
URL www.koeisha.biz
交通機関 札幌市営地下鉄 東西線 菊水駅よりバス10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp63275/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)工営舎と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)工営舎 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ