最終更新日:2018/1/17

マイナビ2019

マイナビコード
66743

スガツネ工業(株)

本社
東京都
資本金
4億円
売上高
163億8,600万円(2016年12月期実績)
従業員
460名(2016年12月現在)

社会と暮らしのニーズをつなぐ、建築金物・家具金物・産業用部品の総合メーカーです。 業界のリーディングカンパニーとして人々の快適・便利・安全な生活を支えています。

会社紹介記事

PHOTO
「凄いのは『部品から完成品作りがイメージできる』それが“スガツネ・クオリティー”。こうした事を実現できるマインドの高い人が集まる会社です」(落合さん)
PHOTO
製品力や安定経営など会社の強みを支えるのはスガツネの人財に他なりません。社員同士が共に協力し合い、チームプレーを大切にしながら日々成長し続けています。

業界屈指の開発メーカーとして、世界的ブランドの地位を確立する「スガツネ」

PHOTO

“機能美”を追求し、業界で革新的な開発を行ってきた同社。時代のニーズに適合する高い技術力で、快適性とデザイン性を併せ持つオンリーワン製品を数多く展開している。

■世界に通用する「Designed by sugatsune」

創業88年を迎えた当社は、「金物のスガツネ」と称され、建築デザインや家具業界をはじめ、通信端末などの産業機器の分野においても認知度を高めてきました。「開発」を得意とするメーカーで、世界特許ラプコンなどの特許・実用新案など知的財産権は4,000件以上にのぼり、新しいアイデアや発想で「ユニーク」かつ「機能美」を追求してきました。その技術力は、「Designed by sugatsune」として世界的に広く知られているところです。

ビジネスの展開としては、BtoBの企業間取引を主体としており、産業機器、家具金物、建築金物の三分野に跨ぎ、均衡のとれた業績を伸ばし、安定した成長を続けています。当社の強みは、常に新しいものをキャッチするアンテナをはり、時代のニーズに即した付加価値の高い製品を開発していることです。例えば、折りたたみ式携帯電話の多くにスガツネのマイクロヒンジが採用されるなど、機能性をアップさせる要となる部品を提供しているのです。当社ショールームに一度足を運んでいただけると、スガツネの本質的なものを実感していただける場が必ずあると思います。
そこに共感してもらえたら嬉しいですね。共感は感動を呼び、感動からエネルギーが湧いてきます。ぜひ一緒にスガツネの歴史をつくっていきましょう。

【落合茂さん/専務取締役 事業本部長】

会社データ

事業内容

PHOTO

オリジナルブランド“Zwei L”。細部にまでこだわった仕上がりは、空間をより輝かせる。

建築金物・家具金物・産業機器部品の企画・開発・製造・販売・輸出入

【スガツネ工業が手がける主な製品】
■ 建築金物
ビルや商業施設、公共施設などで使用する、ドア用丁番、引戸金具、クローザー、ハンドル、手すり、鍵、ガラス固定金具、シャッター、店舗ディスプレイ金物、水洗金具、トイレブース金物、ベルトリールパーティション など

■ 家具金物
キッチン、家具などの住宅設備機器や店舗什器などに使用する丁番、スライドレール、ステー、キャスター、錠前、つまみ・ハンドル、キャッチ・ラッチ、フック、LED照明 など

■ 産業機器部品
電子・電気機器、通信機器、OA機器、医療機器、特装車両、鉄道車両、アミューズメント機器、工場設備などに使用する、丁番、スライドレール、キャスター、ステー、鍵、LED照明、モニターアーム など。

これらの製品は、住宅、建設業界の他、流通、フードサービス、医療、介護、福祉、教育、ホテルや電子・電気機器を始めとする産業機器業界など、様々な業界へ展開しそれぞれの分野で幅広い活躍をしています。

皆さんの身近なところにきっと当社の製品があるはず。
ぜひ探してみてくださいね。
本社郵便番号 101-8633
本社所在地 東京都千代田区東神田1-8-11
本社電話番号 03-3866-2268
創業 1930年2月11日
設立 1943年11月20日
資本金 4億円
従業員 460名(2016年12月現在)
売上高 163億8,600万円(2016年12月期実績)
事業所 営業拠点
 東京本社・大阪支店
 仙台営業所・神奈川営業所・名古屋営業所・福岡営業所・京都営業所

開発拠点
 東京 
 千葉県山武市
 京都

製造・物流拠点
 千葉県山武市
財務指標 財務指標 2016年12月期 実績
流動比率/375.4%
固定比率/50.6%
自己資本比率/73.1%
主要取引先 伊藤忠商事、ユアサ商事、TDK、東京フェライト製造、パナソニック電工、日本ビクター、イトーキ、ヤマハ、TOTO、東芝、タカラスタンダード
関連会社 スガツネアメリカ
スガツネ上海
スガツネUK
スガツネインド
代表者 代表取締役 菅佐原 純
平均年齢 36歳
沿革
  • 1930年
    • 創業者 菅佐原常三郎により「スガツネ商店」として、神田江戸川町(現在の千代田区東神田)で創業。
  • 1943年
    • 資本金18万円で法人設立し、社名を「スガツネ工業(株)」と改める。
  • 1949年
    • 椅子金物を米国へ輸出、現在に続く海外取引第1号となった。
  • 1969年
    • 千葉工場設立(現:千葉県山武市)、これにより量産体制が整う。
  • 1982年
    • 米国に販売拠点としての現地法人、スガツネアメリカを設立。
  • 1987年
    • オリジナルダンパー機構“ラプコン”を開発。ハードウェアの分野に「ひとに優しい」機能を世界に先駆けて実現。
  • 1992年
    • コンピュータ制御の新物流センターが、千葉県山武市に完成。業界屈指の広さと設備を誇る。
  • 1998年
    • ISO9001の認証取得。
  • 2002年
    • ISO14001の認証取得。
  • 2005年
    • 東京・大阪のショールームをオープン、東京ショールームは、業界屈指の展示面積を誇る。
      現地法人として中国にスガツネ上海、イギリスにスガツネUKを設立。更なる海外展開を図る。
  • 2007年
    • 名古屋市大曽根に自社ビルを建設し、名古屋営業所を移転。それに伴い、中部地区最大のショールームをリニューアルオープンする。
  • 2010年
    • 創業80周年を記念し「スガツネ 80th Anniversary 新作発表会」を東京、名古屋、大阪で開催。
  • 2011年
    • 神奈川営業所を開設。
      福岡営業所内にショールームを新装オープンし、7月には記念展示会を開催。
      スガツネアメリカのシカゴオフィス、ショールーム開設。
  • 2012年
    • 京都営業所および京都製品開発課を開設。
      「東海道縦断 スガツネ工業新作発表会」を、横浜、静岡、浜松で開催。
  • 2013年
    • 京都ショールームオープン。オープン記念展示会を開催。
      スガツネ上海 広州支社を開設。
  • 2015年
    • 創業85周年。東京・大阪・名古屋ショールームでショールームリニューアル記念 新製品発表会を行う。
      インドに現地法人スガツネ工業(インド)とムンバイショールームを設立。
      西日本物流拠点 S・B・W(スガツネ物流WEST)が完成。
  • 2016年
    • スガツネアメリカ シカゴ支社・ショールームを移転。
      ドイツに現地法人スガツネヨーロッパ、カナダに現地法人スガツネカナダを設立。
      モノフラット リンクスヒンジLIN-X1000型がグッドデザイン選定商品に選ばれる。
平均勤続勤務年数 15.5年(2016年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.5日(2015年実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

スガツネ工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
スガツネ工業(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ