最終更新日:2018/4/18

マイナビ2019

マイナビコード
67044
  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人 全国社会福祉協議会

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
社会福祉法人につき項目なし
事業収入
67億1,961万5,000円 平成29年3月31日現在
職員数
136名 2018(平成30)年4月1日現在
募集人数
若干名

【一人ひとりの笑顔と幸せのために】地域住民や社会福祉関係者の参加のもと、福祉のまちづくりをすすめる「社会福祉協議会」の中央組織

≪募集を終了しました≫全国社会福祉協議会(全社協)のページへようこそ! (2018/04/18更新)

全国社会福祉協議会(全社協)です。
私たちのページをご覧いただきありがとうございます!

2019(平成31)年4月1日 採用職員のエントリーは、4月17日の提出をもちまして締め切りました。
たくさんのご応募をいただきありがとうございました。

引き続きマイナビ2019の全社協ページでは、全社協がどういう事業を行っているか、先輩職員へのインタビュー記事などを紹介しています。

毎日の生活が充実することを願っています。
心身ともに健康にお過ごしください。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「国際福祉機器展」会場(東京ビッグサイト)の様子。世界中から数万点の福祉機器が展示され、10万人を超える方がたが来場するアジア最大規模の展示会を共催しています。
PHOTO
全社協が運営する「福祉のお仕事スタート」のホームページでは、福祉の仕事に関する様々な情報を発信しています。

わが国の社会福祉を陰で支える「縁の下の力もち」

PHOTO

全社協では、社会福祉に関する月刊誌や専門書、実務書などを数多く出版しています。これらの制作・普及も、私たちの大切な仕事です。

○全社協とは
 全国社会福祉協議会(全社協)は、都道府県、市区町村に設置されている社会福祉協議会(社協)の中央組織として、福祉サービス利用者、福祉サービス事業者、全国の社協、行政など、幅広い社会福祉関係者の間の橋渡しを担う非営利・民間組織です。
 全国の社会福祉の現場で、直接利用者と関わる仕事に携わっている福祉職の方々を、縁の下の力もちとして、支える役割を担っています。

○時代のニーズに応える
 全社協の歴史は古く、渋沢栄一を初代会長として明治41(1908)年に設立された「中央慈善協会」を源に、平成20(2008)年10月に創立100周年を迎えました。
 社会がめまぐるしく激変するなか、社会福祉を取り巻く状況も刻々と変化しています。私たち全社協は、社会福祉がまだ「慈善」と呼ばれていた時代から今日に至るまで、一貫して時代のニーズに応じた役割を担ってきました。
 利用者本位の福祉サービスを実現するには、さまざまな社会福祉関係者との緊密な連絡・調整や、各々の活動の支援、諸制度の改善に向けた政策提言等の取り組みが欠かせません。それぞれの地域における独自性を活かしつつ、日本全国どこでも誰でも、質の高い福祉サービスを利用することができる社会を目指して、私たちは常にさまざまな課題に取り組んでいます。

○幅広い視野と専門性をみがく場
 これらを実現するために、私たちが携わる業務は、社会福祉に関する研修会による人材養成やイベント等の企画・運営、図書・雑誌等広報メディアの制作、各種調査研究プロジェクトの実施や報告書の取りまとめなど、きめ細かく、また多岐にわたります。そのため、職員には社会福祉に関することは勿論のこと、ジェネラルに精通する幅広い視野と専門性の両面をもつことが求められます。
 こうしたさまざまな業務を通じ、職員一人ひとりが、自分の企画や成果物を目に見える形で実感することができると思います。なにより、全国の福祉を必要とする多くの方々に役立つ仕事に携わることができるということが、全社協で働く私たち職員にとって一番の意義であり、やりがいです。

会社データ

プロフィール

 「社会福祉協議会(社協)」は、全国すべての都道府県・市区町村に設置され、地域住民や社会福祉関係者などが参加し、各地域で社会福祉を推進する中核的な存在として、福祉のまちづくりをめざした活動を行っている非営利の民間組織です。
 全国社会福祉協議会(全社協)は、これら社協の中央組織として、全国各地の社協とのネットワークにより、福祉サービス利用者や社会福祉関係者への支援、課題解決や制度改善に向けた取り組みなどの活動を行っています。

事業内容
 1.全国的な社協活動の推進とよりよい福祉制度づくりへの取組み
 2.福祉サービスの質の向上への取組み
 3.福祉サービス利用者の権利擁護のための取組み
 4.新たな福祉課題に対する取組みの推進
 5.民生委員・児童委員活動への協力
 6.ボランティア・市民活動の振興
 7.福祉人材の養成研修・確保
 8.社会福祉関係図書の出版
 9.アジアの社会福祉への支援
 10.国際福祉機器展の開催
本部郵便番号 100-8980
本部所在地 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
本部電話番号 03-3581-7851(代表)
設立 昭和26(1951)年 ※前身の「中央慈善協会」は明治41(1908)年
資本金 社会福祉法人につき項目なし
職員数 136名 2018(平成30)年4月1日現在
事業収入 67億1,961万5,000円 平成29年3月31日現在
事業所 [新霞が関ビル]       東京都千代田区霞が関3-3-2
[ロフォス湘南:中央福祉学院]神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-44
組織構成 ◇都道府県社会福祉協議会
◇全国民生委員児童委員連合会
◇社会福祉施設・在宅事業などの全国組織
◇ホームヘルパー、施設職員など専門職員の全国組織
◇全国社会福祉法人経営者協議会
◇全国的組織をもつ福祉団体からなる団体連絡協議会
沿革
  • 明治41(1908)年10月
    • 「中央慈善協会」設立(初代会長 渋沢栄一)
  • 大正10(1921)年3月
    • 「社会事業協会」に改称
  • 大正13(1924)年3月
    • 「財団法人中央社会事業協会」に組織変更
  • 昭和22(1947)年4月
    • 全日本私設社会事業連盟と合併、「日本社会事業協会」を結成
  • 昭和26(1951)年1月
    • 全日本民生委員連盟、同胞援護会と合併、「財団法人中央社会福祉協議会」を設立
  • 昭和27(1952)年5月
    • 「社会福祉法人全国社会福祉協議会連合会」に改称
  • 昭和30(1955)年4月
    • 「社会福祉法人全国社会福祉協議会」に改称
  • 昭和45(1970)年2月
    • 社会福祉法人社会事業会館と合併
  • 昭和62(1987)年2月
    • 新霞が関ビル竣工
  • 平成7(1995)年3月
    • 中央福祉学院(ロフォス湘南)竣工
  • 平成20(2008)年10月
    • 創設100周年(感謝の集いを開催)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 年次有給休暇日数(平均)8.7日(平成28年実績)
夏季休暇取得日数(平均)5.0日(平成29年実績)

問い合わせ先

問い合わせ先 〒100-8980
東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
総務部「職員採用係」
TEL:03-3581-7851 (月〜金〔平日〕9:30〜17:30)
URL http://www.shakyo.or.jp/
E-mail saiyo@shakyo.or.jp
交通機関 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」より徒歩5分
東京メトロ千代田線・丸ノ内線・日比谷線「霞ヶ関駅」より徒歩8分
東京メトロ千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前駅」より徒歩5分
東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王駅」より徒歩7分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp67044/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人 全国社会福祉協議会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ