最終更新日:2018/8/22

マイナビ2019

マイナビコード
67141
  • 正社員

大日コンクリート工業(株)

本社
愛知県
資本金
3億円
売上高
56億3,500万円(2017年3月 実績)
従業員
136名(2018年1月1日現在)
募集人数
1〜5名

時代に即したインフラ製品を追求。“暮らしの基盤”を支える企業として、挑み続けます。

◆理系限定セミナー開催!交通費補助アリ!◆法務のスペシャリスト募集も開始! (2018/08/22更新)

【理系の方対象 会社説明会兼一次選考会 予約受付中!】
【文系の方対象 ◇法務のスペシャリスト◇の募集開始!】

大日コンクリート工業(株) 採用担当です。
当社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。

会社説明会は、少人数制とし、参加者のお一人お一人と相互理解を深める場と考えています。
いずれの日程も、個別調整させていただきますので、説明会・選考を希望される方は、採用担当までお気軽にご連絡ください。

当社のことをお伝えすると共に、皆さんの将来のこともお話できたらと思います。
質疑応答の時間も十分に設ける予定です。
是非、この機会にご予約ください。

皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
全国の各拠点にはベテランから若手まで多彩な人材が揃い、経験豊富な先輩のもとで学びながら技術者として成長できる環境が整っています。
PHOTO
街に必ずあるコンクリートポール。電柱としてだけでなく、信号機や競技場の防球ネット、屋外照明、アンテナ、鉄道架線などのポールにも使用されています。

技術者として成長を続け、高品質な社会インフラ製品を送り出しています。

PHOTO

上司との定期的な面談や設計の勉強会など、仕事上の課題解決や知識・スキルの向上につながる環境が整っているのも同社の魅力のひとつ。(写真上/津村さん、下/廣瀬さん)

大日コンクリート工業は、コンクリートポールの製造から施工管理、保守点検までをトータルに行う企業。全国に工場や営業所を展開し、業界でも大きなシェアを誇ります。
私が所属するのは技術開発室。製品の設計・試作、品質試験を行うのが主な役割です。電力会社や電気通信事業者などの得意先から新たな製品の依頼を受けると、先方の仕様書をもとに内部の鉄筋の量や配置、コンクリートの強度、装着品の位置などを設定し、詳細な設計図を作成します。それをもとに試作品をつくり強度などのテストを行って、製品として完成させるのです。私は今、三重工場の技術開発チームを取りまとめる立場として、設計担当者や工場の生産担当者と連携し、各プロジェクトを進めています。難しいのは、設計通りにいかない場合。図面通りに試作品を制作しても、試験をすると想定した性能や強度に満たないこともあります。そんな時は、設計担当者と一緒に根気よく原因を探り、新たに設計し直します。それを繰り返して製品として完成し、実際に街に電柱が立っているのを見た時は、大きなやりがいを感じます。

技術開発室 津村 学(2010年入社/工学部環境都市システムデザイン工学科 卒)

三重工場の品質管理が私の仕事。生産現場に常駐し、品質向上のための作業工程の改善や検査体制の確立などに取り組んでいます。また、1日約100本生産されるコンクリートポールの品質をすべてチェック。製造ラインの最終工程で、コンクリートの厚みが規定値以上あるか、プラスチック部品が割れていないかなど、10個以上のチェック項目をもとに検査します。私は、検査班のマネジメントを担当し、手順通り検査がなされているか、検査項目に抜けがないかなどをチェックして日々改善につなげ、品質管理を徹底しています。
品質管理は、納品前の最後の砦。私たちの仕事に漏れがあることは許されません。私の場合、入社直後に各地の工場に出張し、生産管理や技術開発などに携わりながら当社の製品やものづくりの流れ、技術をひと通り覚えたことが、今の仕事に役立っていると思います。今後は技術面だけでなくコスト管理などトータルマネジメントができる力を身に付け、オールマイティな技術者をめざします。

品質管理室 廣瀬 貴紀(2010年入社/工学部建築工学科 卒)

会社データ

プロフィール

当社は、コンクリート二次製品の製造を行なっています。
当社の製品の特徴は、コンクリートの品質のばらつきが少ないため、高品質な製品を安定してご提供できます。それは材料の購入から出荷までの工程をしっかりと管理しているからです。

事業内容

PHOTO

受け入れ材料の品質チェックから生産管理、そして完成製品の品質チェックまでひとりの技術者が幅広く担当する点が当社の特徴です。

ライフラインである電線、通信線などを各家庭に届ける。
交通信号機や道路標識、街区表示、街路灯などを設置する……。

さまざまな役割を担うコンクリートポール、いわゆる電柱は、人々の豊かな暮らし、安全安心なまちづくりを支えています。
その製造から施工管理、保守点検までをトータルに行っている当社。

全国に工場や営業所を展開し、コンクリートポールの業界シェアでは、常に上位をキープしています。

創業して60年、技術力を磨き、「社会インフラ製品の専門メーカー」として
挑戦を続けてきました。近年は、新エネルギー事業にも着手。メガソーラー会
社を設立し、持続可能な社会への貢献を見据えています。
本社郵便番号 460-0003
本社所在地 愛知県名古屋市中区錦一丁目10番20号 アーバンネット伏見ビル2F
本社電話番号 052-201-3181
設立 1958年(昭和33年)5月15日
資本金 3億円
従業員 136名(2018年1月1日現在)
売上高 56億3,500万円(2017年3月 実績)
事業所 名古屋本社、東京事務所、三重工場、四国工場、山口工場、福岡工場
沿革
  • 1958(昭和33)年5月
    • 資本金1,000万円にて設立
  • 1961(昭和36)年5月
    • 四国工場竣工
  • 1962(昭和37)年3月
    • 大阪営業所開設
  • 1963(昭和38)年5月
    • 四国電力に納入開始
  • 1964(昭和39)年5月
    • 高松営業所開設
  • 1964(昭和39)年10月
    • NTTに納入開始
  • 1967(昭和42)年6月
    • 三重工場竣工
  • 1968(昭和43)年5月
    • 広島営業所開設
  • 1969(昭和44)年10月
    • 山口工場竣工・福岡営業所開設
  • 1970(昭和45)年8月
    • 資本金を1億8,000万円に増資
  • 1974(昭和49)年12月
    • 福岡工場竣工
  • 1978(昭和53)年10月
    • 資本金を2億2,000万円に増資
  • 1981(昭和56)年8月
    • 東京事務所開設
  • 1982(昭和57)年3月
    • 資本金を3億円に増資
  • 1986(昭和61)年1月
    • 高松営業所を高松事務所に改称
  • 1995(平成 7)年2月
    • 四国工場内にCPリサイクル事業開始
  • 1995(平成 7)年12月
    • 四国工場内に技術研究所を開設
  • 2001(平成13)年3月
    • 東京電力に納入開始
  • 2004(平成16)年3月
    • ISO14001取得(四国工場)
  • 2012(平成24)年2月
    • ISO14001取得(三重工場・福岡工場)
  • 2014(平成26)年5月
    • 中部電力に納入開始
  • 2017(平成29)年4月
    • 九州電力に納入開始
前年度の育児休業取得対象者数 男性0名、女性0名(2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 男性0名、女性0名(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦一丁目10番20号 アーバンネット伏見ビル2F
新卒採用/保名(ヤスナ)
フリーダイヤル:0120-791-363(平日10時-16時)
MAIL:yasuna.nanami@dainichi-x.co.jp
URL http://www.dainichi-x.co.jp/recruit/index.html
E-mail yasuna.nanami@dainichi-x.co.jp
交通機関 地下鉄東山線・鶴舞線 『伏見駅』10番出口下車徒歩1分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp67141/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
大日コンクリート工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ