最終更新日:2018/10/19

マイナビ2019

マイナビコード
68571
  • 正社員
  • 既卒可

(株)なか卯(ゼンショーグループ)

本社
東京都
資本金
1,000万円
売上高
335億(2018年3月期)
従業員
237名(2018年3月末)
募集人数
36〜40名

“お手頃価格で本格的な和食を提供したい”和食ファストフードNo.1を目指し全都道府県への出店、そして海外展開に向けて成長します。

みなさん!初めまして!!和食ファストフードの【なか卯】です! (2018/10/19更新)

こんにちは!
株式会社なか卯 人財開発室新卒採用チームです!

11月の説明会日程もUPしております!
是非、ご予約の上お越し下さい^^

★詳細は説明会予約画面よりご確認下さい!
★Web説明会も開催中です!

それではみなさん、がんばって行きましょう!!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
“NAKAU”を世界の標準語に!日本人に親しみのある「丼ぶりとうどん」の美味しさを、なか卯が世界に広げていきます!
PHOTO
“KOSS”=「K/きれい」「O/美味しい」「S/スマイル」「S/素早く」。まずは1つの店舗を大切に。その集合体が「なか卯」の成長に繋がります。

”日本の食文化を代表する商品”で国内そして海外展開に挑戦する企業<なか卯>

なか卯は、丼ぶりとうどんを中心とした”和食ファストフードチェーン”を全国展開しています。店舗数は現在461店舗(2018年7月末)ですが、「和」に特化したチェーン店として、まずは全都道府県への出店を実現していきます。
しかし、単に店舗数をふやすのでははく”地域一番店”として、お客様から必要とされる存在になる事が重要だと捉えています。お客様を増やし、1店舗当たりの売上を増やしながら店舗拡大する事で、売上と利益を創り上げます。
勿論、海外展開する必要もあるでしょう。今後、日本の人口は減少する見込みですが、世界で見れば人口は増加していきます。
そのような環境の中で、海外展開への挑戦は当然の選択肢だと考えています。

なか卯の強みは、やはり「商品力」にあります。私たちが提供している丼ぶりやうどんは日本の食文化を代表する食文化の1つです。一方、世界では和食への関心が高まっており、海外でも私たちの商品が受け入れられる環境は充分にあると感じています。
今後の課題は、質の高い接客サービスでお客様のリピート率を高める事です。
なか卯には、i=愛をこめて、K=きれい、O=おいしい、S=スマイル、S=素早く、H=ホスピタリティを重視する「i-KOSS+H」という考え方があります。まずは、店舗・本部がしっかりと連携しハード・ソフトの両方から改善する事が重要です。

社員のキャリア形成は、まず<店舗>からスタートします。店舗で仕事の基礎となるオペレーションを習得し、1店舗を管理するストアマネジャー、複数店舗を管理するエリアマネジャーに成長。その後は管理職として約300名の従業員を管理するブロックマネジャー、更にディストリクトマネジャーとして”マネジメント”を経験し、営業トップのゼネラルマネジャーとして経営戦略に関わっていきます。
なか卯が求める人財は、「明るく元気」「成長意欲がある事」が大前提となります。そして、ゼンショーグループの一員として、そのビジョンである”フード業世界一”を共にめざせる人。

その為には、多くの人と接し人間力を高めていく事が求められます。色々な事に好奇心を持ち、なか卯の成長と共に自らも成長したい!と考えてくれる方を求めています。

会社データ

プロフィール

なか卯は「丼ぶりと京風うどん」を中心とした「和食のファストチェーン店」です。
店舗数は北海道〜四国まで461店舗を展開しています。(2018年7月末)

私たちは創業以来「一杯の丼ぶりでお客様に満足して頂くために、安全で美味しい商品を手頃な価格で提供し、お客様に元気になって頂ける企業」を目指した店舗作りを行ってきました。

なか卯の魅力は、商品力にあります。創業当時からのメニューである「うどん」は関西風の味付けで、他のメニューとも相性ピッタリです。それに加え、こだわり卵で作り上げた「親子丼」もなか卯を代表する看板商品です。

一つのジャンルに縛られることなく、多彩な商品で幅広いお客様へのアプローチができるのは和食のファストフードチェーン店である「なか卯」の最大の“魅力”であり”強み”とも言えるでしょう。

私たちが自信をもってご提供する商品を、小さなお子様からご高齢の方、しいては海外の皆さまにも、幅広くお召し上がりいただきたいと考えています。

「和食」は今や日本人だけのものではなく、世界中から愛される食文化となりました。
私たちは、この“和食”を「ファストフード」という目線から、世界中に
広げて行きたい!と本気で思っています。


そこで今、取り組んでいるのが「地域一番店」の創造です。
まずは「なか卯」が お客様から必要とされる存在になる。

具体的には…
・家族や友人など、「大切な人」を連れて行きたい!
・自分もここで働いてみたい!

全国にある“なか卯”が、このような店舗に成長すれば日本一、いや世界一の
和食ファストフード店として、「和食」を世界に広めることも可能になります。


「和食」という日本の伝統文化を世界に発信できる企業として、
まずは1店舗を大切に!皆さまから必要とされる存在になれるよう
これからも挑戦の手は止めません!

事業内容

PHOTO

チェーン店の特徴を活かし<食のプロ>として地元貢献も積極的に行います。(写真:熊本震災での配給の様子)

「丼ぶりと京風うどん」を中心とした「和食のファストフードチェーン店」、及びそのチェーン本部の運営。
本社郵便番号 140-0013
本社所在地 東京都品川区南大井1-13-5 新南大井ビル9F
本社電話番号 03-6833-8820
設立 1966(昭和41)年2月4日
資本金 1,000万円
従業員 237名(2018年3月末)
売上高 335億(2018年3月期)
店舗数 461店舗/直営店447店舗・加盟店14店舗(2018年7月末)
直営店舗所在地 【北海道】札幌・小樽・帯広・旭川・北見・網走
【東北地域】青森、岩手、秋田、山形、宮城、福島
【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、山梨、群馬
【北陸】富山、福井、石川、新潟
【東海】愛知、岐阜、三重、静岡 
【関西】大阪、京都、奈良、兵庫、滋賀
【中国・四国】広島、岡山、鳥取、愛媛、香川、高知、山口
売上高推移 決算期        
―――――――――――  
2004年3月   174億円  
2005年3月   175億円
2006年3月   179億円
2007年3月   191億円
2008年3月   221億円
2009年3月   264億円
2010年3月   288億円
2011年3月   291億円
2012年3月   306億円
2013年3月   295億円
2014年3月   298億円
2015年3月   297億円
2016年3月   312億円
2017年3月   327億円
2018年3月   335億円
株主構成 (株)ゼンショー 100%(2017年3月現在)
グループ企業 (株)ゼンショーホールディングス
(株)すき家本部(『すき家』)
(株)なか卯(『なか卯』)
(株)ココスジャパン(『ココス』『エルトリート』)
(株)ビッグボーイジャパン(『ビッグボーイ』『ヴィクトリアステーション』)
(株)華屋与兵衛(『華屋与兵衛』『和食よへい』)
(株)ジョリーパスタ(『ジョリーパスタ』)
(株)エイ・ダイニング(『久兵衛屋』『瀬戸うどん』『伝丸』他)
(株)TAG-1(『牛庵』『いちばん』『宝島』)
(株)はま寿司(『はま寿司』)
(株)善祥カフェ(『モリバコーヒー』『カフェミラノ』)
(株)ユナイテッドベジーズ(青果の専門店、卸)
(株)マルヤ(スーパーマーケット)
(株)マルエイ(スーパーマーケット)
(株)尾張屋(スーパーマーケット)
(株)輝(介護サービス)
(株)テクノサポート(店舗のデザイン・設計・施工監理・建築資材の販売)
(株)ゼンショー商事(食材の仕入・販売・食品商社)
(株)グローバルテーブルサプライ(食器・店舗備品の仕入・販売)
(株)グローバルフレッシュサプライ(物流)
(株)グローバルITサービス(システム設計・ネットワーク構築)
(株)GFF(食材の製造・加工)
ヤマトモ水産食品(株)(水産物の加工・販売)
(株)サンビシ(調味料、食料品の製造・販売)
(株)トロナジャパン(ピザ生地の製造・販売)
(株)ゼンショービジネスサービス(事務処理サービス)
平均年齢 32歳(2018年3月末)
年収例 440万円(24歳〜)⇒ エリアマネジャー
550万円(26歳〜)⇒ ブロックマネジャー
650万円(29歳〜)⇒ ディストリクトマネジャー
沿革
  • 1966年 2月
    • 玉掘建物(株)(当社の前身)設立
  • 1969年 6月
    • 同社商号を「(株)なか卯」に変更するとともに営業の目的を飲食業に変更
  • 1969年10月
    • 第1号店「なか卯茨木店」(手作りうどん店)を大阪府茨木市に出店
  • 1974年 4月
    • 「なか卯梅田店」を大阪市梅田地下街に出店
  • 1980年10月
    • 「なか卯烏丸店」を京都市上京区に出店、初めて大阪府以外に進出
  • 1988年 8月
    • (株)モスフードサービスと資本提携
  • 1989年11月
    • 「なか卯亀戸店」を東京都江東区に出店
      初めて関東圏に進出
  • 1994年10月
    • 「親子丼」を新規導入
  • 1998年 3月
    • 「なか卯札幌北24条店」を札幌市内に出店
      初めて北海道に進出
  • 1998年12月
    • 稼動店舗数100店舗を突破
  • 1999年12月
    • 株式を日本証券業協会店頭登録銘柄として公開
  • 2001年4月
    • 稼働店舗数200店舗を突破
  • 2002年10月
    • ニチメン(株)による当社株式の公開買付により親会社および主要株主が同社に異動
  • 2004年11月
    • 「カツ丼」を新規導入
  • 2004年12月
    • 本社を大阪府吹田市に移転
  • 2005年7月
    • (株)ゼンショーによる株式交換により、同社の完全子会社となる
  • 2010年8月
    • 本社を東京都港区に移転
  • 2014年2月
    • 「牛すき丼」を新規導入
  • 2015年4月
    • 「牛丼」復活
月平均所定外労働時間(前年度実績) 月平均所定外労働時間/21時間(2016年実績)
前年度の育児休業取得者数 ・育児休業取得者数:19名(女性19名/男性0名)
・出産者数:19名
(2016年実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 ・13.2%(2016年実績)

採用データ

取材情報

問い合わせ先

問い合わせ先 〒140-0013
東京都品川区南大井1-13-5 新南大井ビル9F
営業本部 人財開発室(濱田・石井・谷輪・高橋・山本)
TEL:03-6833-9494
FAX:03-6833-1490
URL http://www.nakau.co.jp/
E-mail 採用担当専用アドレス jinji-saiyou@nakau.co.jp
交通機関 京急線 立会川駅より徒歩10分程度
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp68571/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)なか卯(ゼンショーグループ)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ