最終更新日:2018/3/1

マイナビ2019

マイナビコード
71837
  • 正社員

北海道厚生農業協同組合連合会(厚生病院)

本社
北海道
出資金
総額32億8,700万円
事業分量
約886億円(2017年4月)
従業員
5,298名 うち薬剤師113名(2017年4月1日現在)
募集人数
16〜20名

「病院薬剤師として働くやりがい」を感じてほしい。

【薬剤師募集】エントリー受付中です! (2018/03/01更新)

JA北海道厚生連の採用担当です。

ご興味をお持ち頂き、ありがとうございます。
現在、薬剤師の募集受付をしております。
まずは、マイナビよりエントリーをお願いします。

皆様からのご応募をお待ちしております!!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
JA北海道厚生連は、中核病院や地域センター病院としての役割を担うなど、地域ごとの特性に合わせた医療を提供。高齢者福祉サービスやJA配置薬事業にも取り組んでいます。
PHOTO
入院患者に使用される注射薬は、機械と人による厳重なチェック体制でセットアップしています。薬品管理室では院内で扱われる医薬品の購入・管理も任されています。

薬学知識の専門家として幅広く活躍。病院薬剤師だからこその“社会貢献”に臨む。

PHOTO

「患者様の治療を支える医療人として、健康面や精神面の自己管理も大切。たとえ壁にぶつかる時があっても、前向きさがあれば自分の糧にできるはずです」と渡辺薬剤部長。

 全道に15の病院・診療所等を運営するJA北海道厚生連は、地域に寄り添った公的医療機関として、医療・保健・福祉の包括的サービスに努めています。地方都市に限らず各施設に相当数の人材を配置し質の高い医療を提供しつづけ、営利目的とは別の「地域医療の永続」に尽力しています。
 病院薬剤師の仕事は、調剤や製剤、患者様への服薬指導、医薬品の安定供給など多岐にわたります。内服薬や外用薬の他、注射薬も日常的に扱いますので、病院ならではの幅広いスキルが身につくのも特長です。チーム医療の現場では薬剤師が専門的な薬学知識を活かし、医師や看護師をサポートする場面も多くあります。各分野の専門家がそれぞれの視点から治療にあたり、患者様により安全性の高い医療を提供しているのです。
 そして病棟で患者様と直接ふれあえる分、ダイレクトに治療効果を確認できるのも大きなやりがいのひとつ。一人ひとりの患者様との対話から信頼関係を築く中で「自分の専門知識が人の役に立つ」という実感は嬉しいものです。当然つらく重い病気を抱える患者様に対しても、親身で適切なコミュニケーションを図ることが大切な役割です。 
 また本会では教育研修にも非常に力を入れており、新入職員研修はもちろん、初級・中級・上級職員研修や接遇研修など、継続的な人材育成を実施。近年では北海道薬科大学との連携協定を進めており、講師の相互派遣や連携事業も実現しています。
 さらに病院としても薬剤部としても、全国学会での研究発表や論文投稿を積極的に行っています。やはり“薬剤師”という資格を持っている以上、日常の基本業務に加え「薬剤師なりの社会貢献」を探るべきだと考えています。症例の発表や論文化は自身のスキル向上だけでなく、医療業界に寄与する意義深さもあるのです。実際に多くの本会薬剤師は各分野を極めるべく資格を取得し、専門・認定薬剤師として活躍しています。
 地域医療に貢献したい方や薬剤師の可能性をみずから広げたい方、知識と技能を高めていきたいという方に、ぜひ興味を持っていただければと思います。
(札幌厚生病院 薬剤部長/渡辺 浩明)

会社データ

プロフィール

JA北海道厚生連は「農民の健康保持と生活文化の向上」を目的として設立され、以来、半世紀以上にもわたり、総合的な医療・保健・福祉の提供によって、安心して暮らせる地域社会と農村の環境づくりに取り組んできました。
公的医療機関として17の医療施設(厚生病院)を運営するほか、施設ドックや検診車による巡回ドックなどの検診を実施し、地域住民の皆様の多様化した価値観やニーズに応じたきめ細かな活動を展開しております。

事業内容
【病院薬剤師業務の概要】
■調剤業務:外来・入院(服薬指導)
■薬品管理業務:購入・保管・供給管理注射箋による個人別払出し
■情報管理業務:副作用情報の収集と報告、院外・院内情報作成と提供
■病棟業務:薬剤管理指導業務など
■製剤業務:TPN・抗がん剤・特殊・無菌製薬の調整・レジメンの登録、管理
■麻薬管理業務:院内外に交付する麻薬の管理、行政への届出
■治験業務:主に第2・第3相臨床試験に係る管理業務
■教育・研修:学会発表・専門薬剤師の養成・各種研修会への参加
本社郵便番号 060-0004
本社所在地 北海道札幌市中央区北4条西1丁目 北農ビル9F
本社電話番号 011-232-6545
設立 1948(昭和23)年8月9日 登記
出資金 総額32億8,700万円
従業員 5,298名 うち薬剤師113名(2017年4月1日現在)
事業分量 約886億円(2017年4月)
施設一覧 本部/札幌
病院・クリニック等/旭川、帯広、札幌、遠軽、網走、倶知安、摩周、鵡川、沼田、美深、まるせっぷ、常呂、ゆうゆう、苫前

救命救急センター/帯広
健診センター/全道6カ所
特別養護老人ホーム/摩周、常呂、愛寿苑
訪問看護ステーション/全道7カ所
看護学校/旭川
平均年齢 35.7歳(薬剤師)
認定・専門薬剤師 日本医療薬学会認定 がん専門薬剤師   2名
医療薬学会認定薬剤師          1名
感染制御専門薬剤師           1名
感染制御認定薬剤師           3名
がん薬物療法認定薬剤師         4名
HIV感染薬物療法認定薬剤師       1名
外来がん治療認定薬剤師         1名
緩和薬物療法認定薬剤師         3名
糖尿病療養指導士            6名
NST専門療法士             8名
沿革
  • 1939年
    • 北紋医聯久美愛病院創立
  • 1948年
    • 北海道厚生農業協同組合連合会設立
  • 1951年
    • 医療法に基づく公的医療機関の指定を受ける
  • 1953年
    • 家庭薬の販売事業を開始
  • 1965年
    • 検診活動事業を開始
  • 2006年2月
    • 網走厚生病院整備(全面新築)
  • 2009年3月
    • 特別養護老人ホーム摩周開設
  • 2009年4月
    • ゆうゆう厚生クリニック開設
  • 2012年6月
    • 札幌厚生病院整備(増改築)
  • 2013年7月
    • 特別養護老人ホームところ開設
  • 2015年4月
    • 小清水町特別養護老人ホーム愛寿苑開設
平均勤続勤務年数 2016年実績 11年
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 2016年実績 7日(ゆとり休暇含む)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 北海道厚生農業協同組合連合会
札幌市中央区北4条西1丁目1番地 北農ビル9F
TEL:011-232-6545
採用担当:人事課 佐々木・伯谷
URL http://www.dou-kouseiren.com/index.html
E-mail ryou.sasaki@ja-hokkaidoukouseiren.or.jp
交通機関 札幌市営地下鉄南北線or東豊線より「さっぽろ駅」下車 地下鉄駅直結
JR「札幌駅」より徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp71837/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
北海道厚生農業協同組合連合会(厚生病院)と業種や本社が同じ企業を探す。
北海道厚生農業協同組合連合会(厚生病院)と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ