最終更新日:2018/7/18

マイナビ2019

マイナビコード
71890
  • 正社員

伊藤忠メタルズ(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
7億円
売上高
1,250億円(2017年3月期)
従業員
218名
募集人数
6〜10名

伊藤忠メタルズは非鉄金属原料・製品とリサイクル事業を商う「メタルの総合商社」 伊藤忠商事の中核事業会社として国内・海外取引、事業投資を中心にグローバルに事業展開

【2019卒採用について】 (2018/07/18更新)

★2019年卒新卒採用のお知らせ★
採用選考に沢山のご応募を頂き有難うございました。
本年の選考は全て終了致しました。

〜メタルで世界をつくりだせ 伊藤忠メタルズ〜


PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
原料事業部の平野さん。非鉄金属の原料を扱う部署にて海外営業に従事。若手のうちから責任の大きな仕事を任され、世界を舞台に飛び回る日々を過ごしています。
PHOTO
港区青山の伊藤忠ビルに本社オフィスを設置。伊藤忠グループ全体の情報網や海外拠点を活用しながら、グローバルなビジネスを展開しています。

メタルで、世界をつくりだせ!

PHOTO

総合商社・伊藤忠商事のグループ企業として、非鉄金属を扱う伊藤忠メタルズ。大半の部署で売上の貿易比率が75%以上と、海外での活躍のチャンスに出会えます。

■メタルの総合商社です。

私たち伊藤忠メタルズは、伊藤忠商事の中核事業会社として非鉄金属原料・製品と鉄スクラップの国際的な流通を担っている企業です。取り扱っている商材は、非鉄金属の原料となる鉱石、様々な製品の素材となる地金、そしてモノ作りのベースとなる製品・加工品まで様々。また、非鉄金属の国内外販売というトレードだけをビジネスの柱とせず、2008年の伊藤忠グループの再編により、鉄スクラップのリサイクル事業を吸収し、リサイクルから派生する付加価値の高いビジネスモデル創出にもチャレンジ。現在では、私たちの収益源のひとつとして欠かせない事業にまで成長しました。さらには、国内外への積極的な事業投資を行うことにより、世の中のニーズの高い製品やサービスの提供を目指すなど果敢な挑戦を続けています。また当社の特徴として、大半の部署で売上の貿易比率が75%を超えているという非常にグローバルなビジネスを展開していることがあげられます。非鉄金属は鉄と比べて単価の高いものが多く、各国が国内生産するだけでなく、輸出入の重要な品目にもなっているのです。


■メタルで、世界をつくりだせ。

アルミや銅といった非鉄金属は、世界中の様々な場所で使われています。例えば飛行機やスマートフォンのボディ材、ビルの建材やICカードのセンサーの原料など。現代の人々の暮らしに欠かせないものづくりを、トレードという観点から支えているのです。そして、その活躍の場は国内に留まりません。日頃から世界中のお客様とメールや電話でのやり取りはもちろん、海外出張も頻繁。中には年間100日以上を海外で過ごしたり、国外の拠点に赴任している社員もいます。また、社員一人ひとりが大きな裁量を持ち、仕事を通して成長し自己実現を目指すのも、伊藤忠メタルズらしさのひとつ。これまでも、伊藤忠グループのネットワークを活かし、メタルという商材をきっかけに新たな貿易のルートをつくり出したり、取引のなかった業界に入り込んだ社員もいます。外資系パソコンメーカーを担当している部署では、自社がネットワークとして持つ商材や加工技術をコーディネートし、ノートパソコンのデザインにまで関与することも。配属先によっては最終製品にまで触れながら、やりがいのある仕事が経験できます。あなたも、世界中のものづくりを支えるメタルを通じて、あなたにしか描けない夢を実現してみませんか。

会社データ

プロフィール

2008年4月に伊藤忠商事の鉄スクラップを中核としたリサイクル事業を統合し、社名を伊藤忠メタルズに改称し新スタートを切って以来、従来の非鉄事業(非鉄及び非鉄から派生する分野の川上から川下、原料から製品まで)に
リサイクル事業を融合し、伊藤忠グループにおける「メタルの総合商社」として、トレードと事業投資を両輪とするバランスある会社を目指しています。
また2016年1月には住商鉄鋼販売(株)の鉄スクラップを主とするトレード業務を承継し、国内販売、輸入・輸出・三国からなるトレードをさらに拡大するだけでなく、海外事業も含む事業投資にも積極的に取り組んで行きます。

当社は「真に信頼され魅力ある企業を目指す」を基本理念とし、トレードのプロフェッショナル集団としてより成長することに日夜努力しておりますが、既存商権に安住することなく国際感覚を備え、総合力と情報力を発揮して時代の変化とニーズに機敏に対応することが要求され、国内はもちろんのこと、海外においてもバイタリティーを持って業務を遂行できる人にとって、まさにやり甲斐のある会社と言えます。

事業内容
メタルの総合商社
【業務概要】
地金・原料、加工品、電力・通信等の各種電材、電子部品・各種産業素材と加工品、建材・住宅設備機器、コンテナ冷凍機等の輸出入及び販売、建設請負工事、及び鉄スクラップを中核としたリサイクル事業
本社郵便番号 107-8573
本社所在地 東京都港区北青山2-5-1 伊藤忠ビル13F
本社電話番号 03-3497-7137
設立 1996年7月1日
資本金 7億円
従業員 218名
売上高 1,250億円(2017年3月期)
主な事業所 ■本社:東京
■支社:大阪
■支店:新潟、九州
■事務所:名古屋
株主構成 伊藤忠商事(株) 100%
主な取引先 UACJ(株)、三協・立山ホールディングス(株)、ダイキン工業(株)、北越メタル(株)、東洋アルミニウム(株)、
東北スチール(株)、(株)神戸製鋼所、JFEホールディングス(株)他
平均年齢 39.8歳(2017年4月1日現在)
沿革
  • 1967年9月
    • 東京金属販売(株)を発足、営業開始。
  • 1976年4月
    • 伊藤忠非鉄金属販売(株)に商号変更。
  • 1990年4月
    • 伊藤忠非鉄(株)に商号変更。
  • 1996年10月
    • 伊藤忠非鉄(株)より営業譲渡を受けると共に、伊藤忠商事(株)非鉄金属部門から建材関係商権を移管し、伊藤忠非鉄マテリアル(株)を設立、営業開始。
  • 2003年 2月
    • 事務所を伊藤忠ビルに移転
  • 2003年10月
    • 伊藤忠商事(株)から会社分割により、大型資源開発を除く非鉄金属事業の全面移管を受ける。移管資産に対し1億円の新株発行し資本金が7億円となる。
  • 2008年 4月
    • 伊藤忠商事(株)から会社分割により、金属原料セグメントの営業組織、商権及び関連資産・負債の移管を受け、(株)アイ・リサイクルを吸収合併し、社名を伊藤忠メタルズ(株)とする。
  • 2011年 4月
    • 米国現地法人I.MATEXを支店化しニューヨーク支店とする。
  • 2016年1月
    • 住商鉄鋼販売(株)から吸収分割により製鋼原料事業の承継を受ける。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 28時間 (2016年度)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10.6日 (2016年度)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 7.9% (2017年4月現在)

問い合わせ先

問い合わせ先 〒107-8573
東京都港区北青山2-5-1 伊藤忠ビル13F
経営企画部 人事・総務グループ 新卒採用担当
TEL:03-3497-7137
URL http://www.itochu-metals.co.jp/
交通機関 ■東京本社最寄駅
 東京メトロ銀座線『外苑前』駅下車、
 いちょう並木口(4番出口)より1分

■大阪支社最寄駅
 JR大阪駅直結・3階連絡橋口改札より1分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp71890/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
伊藤忠メタルズ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ