最終更新日:2018/3/6

マイナビ2019

マイナビコード
73447
  • 正社員

(株)芳文社

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
44億9,254万円 (2017年 3月期)
従業員
60名
募集人数
若干名

67年の歴史を誇る「マンガ専門」出版社。新たなカルチャーやメディアを融合しながら、多くの読者に愛される雑誌作りを続けています。

2019年卒のみなさんへ (2018/03/01更新)

芳文社の高見澤です。

当社は、従来の紙の出版物に加えて、TVアニメ作品や昨年スタートしたスマホ向アプリ等メディアミックスを通じて、時代に即した有力なコンテンツの開発に注力しています。

漫画の専門出版社ですが、若い読者向けコンテンツが多く、若い編集者の感性を生かすことができる出版社です。

時代を先取りする漫画編集者を目指す皆さんの応募をお待ちしています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
1950年の設立以来、常に時代をリードする漫画雑誌を世に送り出してきた芳文社。最近は『まんがタイムきらら』とその姉妹誌が好評でデジタル化も積極的に推進している。
PHOTO
現場の第一線で活躍する若手社員たち。自分が編集を担当した漫画がテレビアニメ化されるチャンスも十分で、アイデア提案と活躍のチャンスは広がっている。

「萌え文化」創造の立役者。漫画を核に多メディア展開へ、若い発想力・対話力に期待

PHOTO

「漫画が好きという気持ちをベースに、社内外とも柔軟に協調できるコミュニケーション力を養うことが編集の仕事をする上では重要です」と語る高見澤取締役。

日本でいち早く漫画週刊誌『週刊漫画TIMES』を発行したのが、私たち芳文社です。1956年に創刊以来、60年以上の歴史を誇ります。漫画の週刊誌化は当時としては斬新で、その後の漫画週刊誌ブームの先駆けになりました。近年では、『信長のシェフ』などが雑誌連載からコミカライズ(単行本化)、テレビドラマ化に至っています。また1966年の青年劇画誌『コミックmagazine』、1981年にはファミリー4コマ漫画誌『まんがタイム』をはじめ、先駆的な漫画雑誌を続々と発刊し、長年にわたり日本の漫画文化の発展に貢献してきました。創業当初からの「漫画という万人に親しめるメディアを活用し、日本中を明るくしたい」という思いは、今も変わらず受け継がれています。

現在の当社の柱は、2003年に創刊した『まんがタイムきらら』です。今や日本が世界に誇る「萌え文化」のパイオニアであり、立役者になりました。『まんがタイムきららMAX』『まんがタイムきららキャラット』『まんがタイムきららフォワード』など萌え系4コマの姉妹雑誌を次々発刊し、確固たる地位を築いています。この中から『けいおん!』や『ひだまりスケッチ』など、のちにテレビアニメ化された数々のヒット作品が誕生しました。
ここ10年来は本格的にメディアミックスに取り組んでいます。とくに加速するデジタル化に柔軟に対応するため、クロスメディア事業部を2007年に創設し、出版に留まらずコンテンツ産業として新たなカルチャーやメディアを融合しながら、多くの読者に愛されるコンテンツ作りを行っています。最新トピックとしては2017年12月にスマホアプリ『きららファンタジア』をリリース。『きらら』シリーズで登場するキャラクターを使ったソーシャルゲームで、新たなメディア展開やビジネスモデルに可能性が広がっています。

今後も時代のニーズを敏感に察知し、新たな挑戦を続ける姿勢に変わりはありません。
当社は社員数約60名の少数精鋭。仕事は紙の漫画誌編集が基礎ですが、テレビ・映画・アプリなどメディアミックスも果敢に進めています。若い感性や柔軟な発想力、チームワーク、コミュニケーション、マーケット感覚を大切にできる人は大歓迎。紙媒体からデジタルも含めた多彩なメディア展開を視野に、新たな漫画文化を創造し、日本中を明るくしませんか?

<高見澤 昌彦/取締役>

会社データ

プロフィール

芳文社の歴史は、日本の漫画文化の歴史と軌跡を同じくする。「野球少年」や「痛快ブック」を皮切りに、日本でいち早く漫画週刊誌「週刊漫画TIMES」を刊行、4コママンガだけで誌面を構成する全く新しいファミリー4コマ漫画誌「まんがタイム」など読者のニーズに応える多くの雑誌を発行、漫画文化の発展に大きく寄与した。
とりわけ「まんがタイム」はグループ12誌を擁し4コママンガ市場では圧倒的発行点数を誇っている。今も萌え系4コマ誌「まんがタイムきらら」の創刊、実話系マンガ誌「本当にあった(生)(まるなま)ここだけの話」のほか、ファンタジック耽美コミック誌「花音」の発刊など、常に時代を先取りする企画を生み出す出版社として業界の注目を浴びている。また、近年は出版以外にも連載作品のアニメ化、実写映像化など多様なメディアミックス企画も数多く手がけており、「まんがタイムきらら」のキャラクターが一同に会するスマートオフォン向けアプリゲーム「きららファンタジア」のサービスを開始するなど、新規事業への参画も積極的に行っている。

事業内容
週刊誌、月刊誌、単行本すべての出版物が「マンガ」で構成されている個性的な出版社。特に4コマ雑誌は知名度抜群。
本社郵便番号 112-8580
本社所在地 東京都文京区後楽1-2-12
本社電話番号 03-3815-1521(人事部 採用担当)
設立 1950年7月
資本金 1億円
従業員 60名
売上高 44億9,254万円 (2017年 3月期)
事業所 東京
平均勤続勤務年数 18年10カ月(2017年3月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 24時間40分(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 15.82日(2016年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 なし
前年度の育児休業取得者数 なし
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 なし

採用データ

取材情報

問い合わせ先

問い合わせ先 東京都文京区後楽1-2-12
TEL:03-3815-1521(人事部 採用担当)
URL http://houbunsha.com/
交通機関 JR中央・総武線・都営三田線 水道橋駅下車、徒歩1分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp73447/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)芳文社と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ