最終更新日:2018/8/2

マイナビ2019

マイナビコード
73881
  • 正社員

和多田印刷(株)

本社
京都府
資本金
4,200万円
売上高
104億円(2017年8月)
従業員
230名
募集人数
1〜5名

皆が知ってて、誰も知らない。あのパッケージは和多田印刷です。

採用担当者からの伝言板 (2018/06/29更新)

★★★7月 急募★★★


この度 DTPオペレーターを募集いたします!Macでデザインソフトを使用したことのある方の応募をお待ちしております!!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
自分の担当商品がお店の陳列棚に並び、多くの方に手に取っていただけることが大きな喜びに。お客様はもちろん、デザイナーや製造部と協力して作り上げていきます。

ドイツや中国に出張も!あなたが挑戦したいことが実現できます。

先輩社員に、仕事の内容ややりがい、会社の雰囲気を伺いました。

●どんな仕事をしていますか
パンフレットやチラシの企画・提案、制作進行管理を担当しています。入社2年目には、基礎化粧品の新ブランドのパッケージやパンフレットの制作案件を担当させていただきました。

●大変だったのはどんなところですか
理想の色を出すことですね。画面上ではキレイでも、印刷すると濃く出てしまったんです。至急デザイナー、製造部、品質保証部など総勢10名を集めて相談し、何度も調整を重ねていきました。最終的に、お客様はとても喜んでくれましたし、「次のラインナップもお願いします」と新たな仕事につながりました。

●会社の魅力を教えてください
挑戦させてくれるところです。以前は印刷の勉強で東京に行かせていただきましたし、来月もパッケージの勉強でドイツへ。意欲があれば、前向きに考えてくれる会社です。

●プライベートはしっかり取れますか
忙しい時もありますが、しっかりと休みが取れます。休日はスキューバダイビングを楽しみに和歌山まで出かけています。

【瀬戸 武志さん 京都営業部/2012年入社】

会社データ

プロフィール

あらゆるご要望にお応えできる設備と技術力、提案力があります。

事業内容
お客様の商品パッケージやラベル、トレーディングカード、包装資材、ポップ、非接触カードなどの企画・デザイン・印刷および加工

【企画】
 グラフィックデザイン、パッケージデザイン、形状設計、商品企画・提案
【製版・印刷】
 製版・画像処理、オフセット印刷(油性・UV)、フレキソ印刷
【特殊印刷】
 擬似エンボス(エンボスタッチ)、高細線・高演色印刷(美彩印刷)
【加工】
 抜き、貼り、製函、箔押し、その他一般加工全般
【特殊加工】
 トランプ・トレーディングカードの加工一式(貼合、抜き、丁合い、ピロー包装等)
【IDメディア】
 非接触ICカード、磁気カード、リライタブルカード、ICタグ、各種製造及び加工
本社郵便番号 601-8034
本社所在地 京都市南区東九条南河辺町5
本社電話番号 075-693-1001
東京営業所 郵便番号 110-0016
東京営業所 所在地 東京都台東区台東4-8-7 友泉御徒町ビル5F
東京営業所 電話番号 03-5818-4271
創業 1899(明治32)年
設立 1950(昭和25)年
資本金 4,200万円
従業員 230名
売上高 104億円(2017年8月)
事業所 ■東京営業所
 〒110-0016
 東京都台東区台東4-8-7 友泉御徒町ビル5F
 TEL:03-5818-4271
■北工場
 〒601-8031
 京都市南区東九条河辺町4番地
■草津工場
 〒525-0071
 滋賀県草津市南笠東4-7-33
■宇治倉庫
 〒611-0041
 宇治市槙島町中川原185
主な取引先 任天堂(株)、月桂冠(株)、丸種絵袋(株)、(株)バンダイ、(株)セガ・インタラクティブ、(株)呉竹、(株)松栄堂、(株)スクウェア・エニックス、(株)バンダイナムコエンターテイメント、(株)タイトー、ブリヂストンスポーツ(株)、(株)コージー本舗、(株)イー・トラックス、(株)ヤマサキ、(株)セブンツーセブン、フランツ(株)、(株)ロマンライフ、山本光学(株)、(株)日立ハイテクマテリアルズ、ショウワノート(株)、湧永製薬(株)ほか(順不同)
関連会社 和多田印刷(香港)有限公司
沿革
  • ■明治32年
    • 初代・和多田与太郎が平版(石版)印刷にて京都市中京区蛸薬師に,<和多田印刷所>を創業
  • ■明治35年
    • 任天堂骨牌(現 任天堂(株))のトランプを製造開始
      このころ銅版印刷を導入
  • ■明治42年
    • 笠置屋( 現 月桂冠(株)) のビン詰め日本酒ラベルを日本で初めて石版印刷にて製造開始
  • ■大正5年
    • 社屋を京都市中京区室町に移転
  • ■昭和12年
    • 社屋を京都市南区東九条( 現 北工場) に移転
  • ■昭和25年
    • 二代目・和多田成雄により〈(株) 和多田印刷所〉を設立
  • ■昭和28年
    • プラスチック製トランプを銅版印刷にて製造開始
  • ■昭和37年
    • 自動給紙オフセット2色機(小森製) を日本初導入
      第十一回印刷文化典に出展し、印刷の実演などを行う
  • ■昭和39年
    • 設備拡充の為、京都市南区西九条に第二工場を開設
  • ■昭和51年
    • UV印刷導入の為、京都市南区西九条に第三工場を開設
      オフセットUV4色機(小森製) を導入
  • ■昭和61年
    • 企画提案から生産までの一貫生産を目指し、企画室を設立
      各工場へ新鋭機導入
  • ■昭和63年
    • 三代目 和多田久太朗 就任
      本社社屋( 現 北工場) を新築
  • ■平成元年
    • <和多田印刷(株)>に社名変更
  • ■平成4年
    • 滋賀県草津市に製函設備を備えた草津工場を開設
  • ■平成6年
    • 市場拡大の為、東京都台東区に東京営業所を開設
  • ■平成9年
    • トランプ製造ラインを設置
      シルクスクリーン印刷機を導入し、IC カードの一貫生産を開始
  • ■平成10年
    • カード製造ラインを新設
  • ■平成11年
    • スクリーンカバーの生産開始
      ISO9002 認証取得(LRQA)
  • ■平成13年
    • 本社工場を現所在地に新築移転
      紙器設計を拡充する為、CAD導入
      短納期・コスト削減・品質向上の為、CTPワークフローを構築
      オフセットUV6色四六全機(三菱製) を導入
  • ■平成14年
    • 中国生産を開始
  • ■平成18年
    • 和多田(香港)有限公司設立
  • ■平成19年
    • 水なし印刷認証取得
  • ■平成21年
    • 市場拡大の為、兵庫県尼崎市に大阪営業所を開設
      カード加工機を導入
      製本機(ホリゾン製) を導入
  • ■平成24年
    • 新規事業の開設のためIMD生産ライン立ち上げ
      IC実装機・ストラップ実装機を導入
  • ■平成28年
    • フレキソ8色印刷機(ニールピーター製)を導入
      現 代表取締役社長 和多田耕三就任
平均勤続勤務年数 13.5年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16.40時間(2017年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12.98日(2017年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 25名(男性18名 女性7名)
前年度の育児休業取得者数 7名(男性0名 女性7名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先  〒601-8034
 京都市南区東九条南河辺町5番地
 TEL:075-693-1001
 採用担当 竹村 賢作
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp73881/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
和多田印刷(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
和多田印刷(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ