最終更新日:2018/12/12

マイナビ2019

マイナビコード
76345
  • 正社員
  • 既卒可

(株)ドンク

本社
兵庫県
資本金
2億1,053万円
売上高
約312億円(2017年2月期)
従業員
994名
募集人数
46〜50名

日本における本格フランスパンの歴史はドンクから。日本で、世界で、お客様に選ばれるベーカリーを目指して。

  • エントリー者へ限定案内中

◇◆おいしいものが好き!という人からのご応募お待ちしています◆◇ (2018/12/12更新)

〜エントリーを追加受付しております〜 12月12日更新

選考をご希望の方は一度ご連絡ください!ご応募お待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
商品の製造から売場作りまでを幅広く経験。店舗全体をマネジメントできるような幅広い能力を習得することができ、自分のやりたいことにトライできる環境です。
PHOTO
「選ばれるベーカリー」を目指して、品揃えの3割を各店舗の自由裁量で行うなど、地域のお客さまに合った店作りを行っています。

パンを通して、食生活を豊かにする!

PHOTO

「自分が何年後にどうなっていたいのかという目標を持って、学生さんには自分の将来の仕事を考えていただきたいですね」

――御社の経営理念・社風についてお聞かせください。
中土社長:“パンを通して、お客さまの食生活を豊かにしていきたい”。それが、ドンクの事業に対する基本的な考え方です。
社風としては、「質の良いものや美味しいものを追求し、ドンクの世界観を確固としたものにしていく」という信念を持って社員が仕事に取り組んでいるところが、当社の特徴的なところです。

――御社の業界内での立ち位置、現在、注力されていることを教えてください。
中土社長:ドンクは本格的なフランスパンを日本全国に広めた企業として店舗数、売上規模ともに業界トップクラスを誇っています。
近年はパンが食生活のなかにしっかりと根づいてきている一方で、お客さまの生活も多様化しており、そうした変化に合わせた店舗展開や業態開発に、現在力を入れています。店舗展開ということでは、生活動線の変化を踏まえ、商業施設や駅施設への出店を増やしていますし、業態開発ということではベーカリー・カフェや、店ごとにコンセプトを持った編集型店舗『ドンク エディテ』の新規出店を加速させるなど、新業態を通じて新たなマーケットの開拓にも積極的に挑戦しています。

――今後の事業展開については、いかがお考えでしょうか?
中土社長:ベーカリー業界のリーダーとして「どんな食材と、パンを一緒に使用したらいいのか?」「どういう料理と組み合わせると楽しく食事ができるのか?」など、“新しいパンの使い方や食べ方”を提案できるような店舗作りをしていかなければならないと考えています。そして、そうした事業展開を通じて、食生活や食文化の発展に貢献していきたいと思っています。

――今後の事業展開の中で、若手社員にはどのようなことを期待されていますか?
中土社長:人々のライフスタイルというのは、時代とともに変化していきます。ですから、若手社員には、新しい時代の価値観をしっかりと理解した上で、ドンクの良さや特性に、そうした時代のライフスタイルを取り入れ、新しいものを生み出していくことを期待しています。
当社では、「人が成長することが、会社の成長につながる」という考えのもと、人材育成に力を入れていますが、今後は、今ある既存の教育研修だけではなく、若手社員がいろいろなことを体験できる機会を用意し、そのなかで視野を広げていってもらいたいと思っています。

(代表取締役社長 中土 忠)

会社データ

プロフィール

<日本で、世界で、お客さまに選ばれるベーカリーを目指して>

1905年に神戸で生まれたドンクは、日本人にパンを食べる習慣がほとんどなかった創業当時からずっと、新しいパンや食文化の紹介、技術力、販売手法、専用機器の導入など様々に、日本のパン業界をリードし続けてきました。

私たちが目指しているのは、“少し足を延ばして買いたくなるパン”です。あのお店のパンが食べたいと、いつもわざわざ来ていただけるような「お客さまに選ばれるベーカリー」でありたい。その基盤となるのは、スクラッチ製法による手間と時間を惜しまない商品作り、そしてきめ細かくお客さまのニーズにお応えするホスピタリティです。

海外店舗においてもこれらの考え方は何ら変わることはありません。香港、台湾、中国、シンガポール、タイなど、日本のドンクのパン文化と技術力を世界の国々へ広げています。
 

事業内容

PHOTO

変わらぬこだわりを貫きながら、さらなるおいしさを求め、つねに進化を続けます。

フランスパンをはじめとする各種パン・菓子の製造販売、及び、カフェ・レストランの営業
本社郵便番号 658-0081
本社所在地 兵庫県神戸市東灘区田中町3-19-14
本社電話番号 078-441-2041
創業 1905(明治38)年8月8日
設立 1951(昭和26)年2月28日
資本金 2億1,053万円
従業員 994名
売上高 約312億円(2017年2月期)
事業所 店 舗:国内 約180店舗 (北海道から沖縄まで全国的に展開)
    海外 約25店舗 (香港、台湾、上海、シンガポール、タイ)

エリア支援室:札幌、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、博多

本部事務所 :神戸、東京
ブランド ドンク
ジョアン
マリー・カトリーヌ
ミニワン
ドミニック・ジュラン
モワザン
ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ
ドンク・エディテ
松蔵ポテト 等
経営信条 ドンクという職場を通して、自らを磨き力一杯働こう。
そして大いに社会、顧客のためにお役に立ち、
自分自身も豊かな生活をめざそう。
経営理念 1.オリジナリティ(個性の表現)
  自らの個性を磨くことによって、ドンクのファンをふやそう。

2.ホスピタリティ(心くばりのサービス)
  心からのおもてなしによって、お客様に感動していただこう。

3.プロフェッショナル(天職としての仕事)
  仕事への情熱と努力によって、自らの成長と自信を得よう。

4.チームワーク(協力の精神)
  全体への協力によって、相互の発展をめざそう。

5.チャレンジ(開拓の意欲)
  未来への挑戦によって、新しい価値を創ろう。
書籍 ・「ドンクが語る 美味しいパン100の誕生物語」松成洋子著(旭屋出版)
・「フランスパン・世界のパン本格製パン技術
  〜ドンクが教える本格派フランスパンと世界のパン作り〜」
  ブランジェリー フランセーズ ドンク著(旭屋出版)
平均年齢 36.6歳
沿革
  • 1905年8月8日
    • 初代藤井元治郎、神戸市兵庫区柳原に「藤井パン」開業
  • 1923年
    • 兵庫区湊川トンネル西口角に2号店開店
  • 1947年
    • 三代目藤井幸男、三宮町柳筋に店舗移転
  • 1951年
    • 「(株)ドンク」に改組。現三宮本店開店
  • 1954年
    • フランス国立製粉学校 レイモン・カルヴェル教授初来日
  • 1965年
    • 東京国際見本市にてフランスパン製造担当。技術指導員としてフィリップ・ビゴ氏入社
  • 1966年
    • ドンク青山店開店。フランスパンブーム
  • 1970年
    • 大阪万博に協賛出店
  • 1983年
    • 銀座ジョアン店開店(ジョアン第1号店)
  • 1985年
    • 香港そごう店開店(海外初出店)
  • 1991年
    • 台湾新光三越南京西路店開店
  • 1994年
    • ミニクロワッサン大ヒット
  • 2002年
    • クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー2002にドンク菊谷尚宏出場、日本チーム優勝
  • 2005年
    • 創業100周年
  • 2006年
    • キッザニア東京にパン工場のパビリオン出店
  • 2010年
    • 六甲アイランド工場、国際標準ISO9001:2008認証取得
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 10% (161名中 16名 2015年度実績)

採用データ

取材情報

「お客様を笑顔にすること」への挑戦!
「また食べたい」「また来たい」と思うベーカリーになる!
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)ドンク 採用担当

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町3-19-14
採用専用フリーダイヤル:0120-565-612 
(平日9:00〜17:00)
URL http://www.donq.co.jp/
E-mail saiyo@donq.co.jp
交通機関 JR神戸線 摂津本山駅から徒歩8分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp76345/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ドンクと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ