最終更新日:2018/11/15

マイナビ2019

マイナビコード
78067
  • 正社員

(株)ギャラリー・ド・ポップ【pas de calais/パドカレ】

本社
東京都
資本金
1,000万円
売上高
20億円(2017年8月)
従業員
86名(2017年8月現在)
募集人数
6〜10名

我々の世界観を受け入れ共有してくれる方々を、とことん幸せにすることこそが我々の幸せ。

  • 積極的に受付中

ギャラリー・ド・ポップは “pas de calais(パドカレ)” 販売職を募集しています。 (2018/11/15更新)

こんにちは。ギャラリー・ド・ポップの採用担当です。
当社のページをご覧いただきありがとうございます。

ご興味を持っていただいたかたは、エントリーの上是非説明会へご参加ください!

当社は「pas de calais」「SAGE DE CRET」などのブランドを展開しております。
百貨店などでご存知の方も、そうでない方も、「服に込められた思いを伝えたい」
「お客様に喜んでもらいたい」…そんな想いに共感していただける方に仲間に加わってほしいと思っています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
1998年に第一号店(渋谷)をオープンして以来、日本国内のみならず、ニューヨークやパリなど、世界の流行の発信地にもブランドを展開。
PHOTO
pas de calais新丸ビル店の外観。オープンから間もない店舗であるため、より一人ひとりのスタッフの意見や感性を必要としています。

かつての「衝撃」や「憧れ」が、今も身近ある仕事。

PHOTO

入社を志望した理由は、独特な世界観から生み出されるデザインに惹かれたこと。その気持ちは現在も一切変わりなく、働く上でのモチベーションとなっているのだそう。

私がファッション業界を志したのは、元々ファッションに興味があったこともあるのですが、高校時代に、いわゆる「カリスマ店員」が世の中で注目され始め、若い女性たちの間で憧れの存在となっていたことが大きなきっかけです。私も当時の多くの女性たちと同じように、華やかなファッション業界で働く女性販売員の方々に強い憧れを抱き、早いうちからファッション関係の仕事に就きたいと考えていました。
また、多数のアパレル企業やブランドがある中から「pas de calais(パドカレ)」を志望したのも全く同じ理由で、学生時代に充ても無くショッピングをしていた際に出会い、その独創性に対して衝撃や憧れを抱いたことが大きな理由でした。その憧れから来る衝動のままにアルバイトに応募をして、卒業後に改めて社員として入社しました。

入社後には千葉の店舗から始まり、複数の店舗を経て、現在は新丸ビル店の店長として勤務しています。業務内容としては、基本となる接客や販売の他、店長として店舗のマネジメント、スタッフの指導なども担当しながら、如何にしてpas de calais(パドカレ)のブランドの魅力を皆様に伝えるかということを毎日考えています。

ギャラリー・ド・ポップの社風をひとつ挙げるとすれば、チームワークの良さでしょうか。アパレル業界というと、いわゆる体育会系的な感覚が良くも悪くも蔓延しており、「上の命令は絶対」といったイメージを抱いている方が多くいらっしゃるかもしれませんが、弊社はそういった文化が比較的ソフトであり、新人でも発言しやすい空気、行動しやすい空気があり、一人一人の個性を活かした運営をしようという文化が深く根付いていると感じています。個人的にも、そういった体育会系的な文化が、現代の若者の理想とする働き方と合致しているかというと、そうではない部分が多いと考えているので、そこは店長として意識的に適切なバランスを取るよう心掛けています。

今後の個人的な目標については、現在担当している店舗がオープンしたばかりであるということで、先々のことよりも、まずは新店舗のカラーや売り上げをしっかりと確立すること、そのためのスタッフを育成することを優先したいと考えています。

pas de calais(パドカレ)新丸ビル店 桐谷早耶佳
文化学園大学/短期大学部・服装学部/ファッション社会学科卒
2001年11月入社

会社データ

プロフィール

私たちは1989年の創業以来、「ナチュラルなかっこよさ」を合言葉に、洋服や雑貨、アクセサリーなどの企画・製造・卸・販売を行ってきました。
現在では「pas de calais/パドカレ」と「SAGE DE CRET/サージュデクレ」という2つのブランドを国内外に展開し、ファッションを通じてお客様が、得意先が、仕入先が、社員が、係わる全ての人が楽しく元気で、 幸せになれる。そんな魔法を作り出せる会社になりたいとの目標を抱き運営しています。

私たちは大好きな洋服、こだわりを極めた洋服で、
お客様を幸せにし、幸せになる。
ギャラリー・ド・ポップには、5つのこだわりがあります。

1. 洋服屋であること。
2. 洋服が誰よりも好きであること。
3. ナチュラルなかっこよさを共有すること。
4. それにこだわり、極めること。
5. 私たち=すなわちチーム力を生かすことです。

私たちはこの5つのこだわりを通して、
独自の世界観を好きになってくれるお客様を
とことん幸せにし、自分たちも幸せになることをめざします。
お客様を幸せにすることなくして、私たちが幸せになれることはありません。
「こんな洋服を作りたい」「こんな洋服を着てみたい」
── 双方の幸せがあってこそ、私たちは幸せになれるのです。

事業内容

PHOTO

「pas de calais」とは、北フランスの地名。この地方の名産である美しいレースと、そこに暮らす人々の自然に開かれたライフスタイルがブランドのコンセプトの根源です。

レディース・メンズアパレル及び雑貨、アクセサリーなどの企画・製造・卸・販売。
海外事業、およびEコマース事業。


【主な展開ブランド】

■ 『pas de calais/パドカレ』 

”pas de calais” 北フランスの地名。
晴れた日には、海峡の向こうにドーヴァーの白いクリフが見える土地。
世界でもっとも美しいレース”ダンデル・ド・カレ”を生む地方です。
繊細でデリケートなレースと、この地にくらす人々の自然に開かれたライフスタイルをイメージし、ブランドをパドカレと命名。
ナイーブでどこか懐かしいエッセンスをモダーンでカジュアルなデザインに加え、
pas de calaisは、自然素材の優しくコンテンポラリーな世界を創りだします。
カラーも、エクリュ・ベージュ・カーキ・ホワイト・グレイ・ブラックなど、ソフトでナチュラルな色合いがベース。
伝統的な染めから最先端のテクノロジーまで様々なテクニックにより、コットン、リネン、シルクなどの天然素材はオリジナルなテキスタイルへと変化、
コンファタブルなコレクションを構成するハーモニーを奏でます。
pas de calaisは、至福のリラックス・タイムと、自由にスタイリングする楽しさを、 国境を越え、時代を越えて届け続けます。


■ 『SAGE DE CRET/サージュデクレ』

PULL DOWN : トラディショナル、ワーク、ミリタリー…あたりまえのデザインを違ったテイストでつくる。
あたらしいデザインをクラシックなテイストでつくる。
きれいなものにラフなものを合わせる。
コンパクトなものにボリュームのあるものを合わせる。

BALANCE : 洗練されたシルエットライン。
深みのある色に染色されたファブリック。
対比する色、素材感のライニング、アクセサリー、ステッチ。

PROCESS : 本来持っている素材の風合いを最大限に出す裏地、別地などクオリティーの違いでおこる表面変化。
釦、ファスナー、テープなどアクセサリーにも深みを出す。
ステッチの入れ方によって違う縫い代のパッカリング。
本社郵便番号 150-0021
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿西2-11-16 グランディ代官山1F
本社電話番号 03-6452-5180(代表)
設立 1989年3月1日
資本金 1,000万円
従業員 86名(2017年8月現在)
売上高 20億円(2017年8月)
事業所 (株)ギャラリー・ド・ポップ
本社:東京都渋谷区恵比寿西2-11-16

店舗:北海道、宮城、東京、神奈川、富山、愛知、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、鹿児島
直営店17店舗 FC店2店舗
New York直営店1店舗
関連会社 ●GALERIE DE POP INC.
482 Broome Street, New York, NY 10013 USA
主要ブランド 『pas de calais』 『SAGE DE CRET』
前年度の育児休業取得対象者数 1名(女性1名)
2017年実績
前年度の育児休業取得者数 1名(女性1名)
2017年実績

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)ギャラリー・ド・ポップ 新卒採用担当
〒150-0021 
東京都渋谷区恵比寿西2-11-16
URL http://www.galeriedepop.com/
E-mail mail:saiyou@g-pop.com
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp78067/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ギャラリー・ド・ポップ【pas de calais/パドカレ】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ