最終更新日:2018/6/15

マイナビ2019

マイナビコード
78562
  • 正社員

大松精機(株)

本社
岡山県
資本金
3,000万円(国内グループ資本金:1億500万円)
売上高
27億円(2017年7月期)
従業員
42名(グループ合計:160名)
募集人数
6〜10名

創業30年余、超精密加工を得意とする鉄鋼・金属加工メーカー。「良品・安価・即納」「自社一貫生産」の信頼と実績で、関東から九州まで取引先300社超、さらに業績躍進中。

営業職、技術職に関わらず、与えられた仕事を期待以上で返したいという気持ちが持てる人材を求めています! (2018/03/01更新)

【採用方針】
(1)機械が好きで、分からない部分があれば分かるまで追求していける資質を持った人材
(2)ねばり強く丁寧にお客様に対してフォローを行える人材
(3)確実な仕事を行う事に「誇り」を持てる人材。効率性を追求していける人材

会社紹介記事

PHOTO
大松精機グループは、大松精機・大松工業・大松テック・ダイショウなど6社による技術立社。あらゆるニーズにグループ6社による一貫生産体制の技術力で対応。
PHOTO
電子、医療、自動車、電気機器、IT関連機器、精密機械関連、大型機械プラントなど金属加工製品の材料から部品・製品までの設計・製造・販売を一貫して手掛けます。

ものづくり一貫生産の魅力、大松精機グループ内で一貫して生産されるプロセスと品質。

大松精機の起源は、鋼材の切断です。大きい鋼材を顧客の希望する大きさや形に切断して販売していました。付加価値をつけるために試行錯誤を重ね、精度を上げるために当時はまだ全国的にも珍しかったレーザー機器を導入したのが30年前。これが大松精機の始まりです。
創業前から一貫して変わらないのは、一級品の材料しか使わないこと。メーカーが保証するものだけを直接仕入れています。鋼材は消費者には見えにくい材料ですが、だからこそ一切の妥協はしません。でき上がった形や価格を優先して素材の品質を落とすのは、ものづくりの精神ではない。自信をもって顧客にお渡しできるものを使ってこそ、本当のものづくりです。
さらに、受注から出荷まで一貫生産できる企業へシフトしてきました。立案・設計、素材の購入、切断、鈑金、加工、溶接、塗装、すべて当社で請け負います。途中の過程を外へ出すと、大松精機が自信をもって品質保証をすることが難しい。思いの違う人が入ってくると、大松の思いを100%貫くことが難しくなるからです。
そのための設備投資も続けてきました。大半の設備は完了し、2015年度の投資は約10億円。新工場(本社 第三工場)も2015年12月に完成、2016年2月より操業を開始しました。大松精機グループの誇りを貫くため、一貫生産に更なる磨きをかけます。
この姿勢が評価され、各種大手メーカーから信頼を得て、「大松なら大丈夫」と言っていただけるようになりました。「大松ならできる」という顧客の期待に、これからも応えていきます。

大松ブランドを支えていくのは、設備だけではありません。「人」が重要だと当社は考えています。人にはそれぞれ個性や適性があり、職場に入ってみないと自分自身も何ができるかわからないでしょう。当社で半年、いろいろな部署を経験してみてください。その後、一つの分野のマイスターになるもよし、全体を統括する立場になるもよし、経営にかかわる人材になるもよし。コツコツやれる人、正直で純粋な心のある人なら、必ず活躍の場があります。
大松精機はこれからも「良い仕事」をし続けます。これは、ものづくりに携わる社員一人ひとりの誇りでもあります。若い皆さんにも、ぜひ「良い仕事」をしてほしい。当社はそれを心から願っています。

会社データ

プロフィール

超精密加工を得意とする『鉄鋼・金属加工製品』メーカーです。『一貫生産システムによる品質の安定』、『コストの低減』、『早い納期』など、取引先から得られている信頼と技術力の理由を体感してください。

事業内容

PHOTO

電子、医療、自動車、電気機器、建設機械、重電機関連、IT関連機器、精密機械関連、大型機械プラントなど金属加工製品の材料から部品までの一貫生産。
本社郵便番号 701-0105
本社所在地 岡山県倉敷市矢部232-1
本社電話番号 086-464-0707
創業 1984年10月
設立 1985年2月
資本金 3,000万円(国内グループ資本金:1億500万円)
従業員 42名(グループ合計:160名)
売上高 27億円(2017年7月期)
事業所 本社・第一工場・第二工場/倉敷市矢部
第三工場/岡山市北区新庄下
赤浜工場/総社市下林(東総社金属工業)
栗坂工場/倉敷市栗坂(テクノバレー岡山)
浦田工場/倉敷市福田町
宇都宮工場/栃木県宇都宮市
主な取引先 (株)クボタ
フルハーフ岡山(株)
東芝三菱電機産業システム(株)
フジテック(株)
アルバック九州(株)
関連会社 大松工業(株)
大松テック(株)
ダイショウ(株)
PT. DAISHO PRECISION(インドネシア)
大松機工(株)
関東大松精機(株)
平均年齢 33歳
沿革
  • 昭和59年 10月
    • 和岡精機(株)設立
      代表取締役 松永龍雄
      資本金400万円
      農業用機械部品製造加工、建設用鋼材・特殊鋼の加工
  • 昭和62年 2月
    • 資本金800万円に増資
  • 昭和63年 7月
    • 岡山市西市263-3に事務所・工場購入
  • 昭和63年 11月
    • 資本金2,000万円に増資
  • 平成2年 1月
    • 和岡精機(株)商号変更、大松精機(株)へ
      代表取締役 松永龍雄は会長に
      代表取締役 松永幸二が就任
      本社移転
  • 平成2年 2月
    • 資本金3,000万円に増資
  • 平成3年 7月
    • 倉敷市矢部に工場新設、大松工業(株)設立(資本金3,000万円)
      ガス切断、プラズマ切断開始
  • 平成4年 9月
    • レーザー切断機を導入、
      レーザーでの切断加工を始める
  • 平成10年 7月
    • 岡山県倉敷市矢部232-1に本社・事務所・工場を新築、
      移転する
      レーザー切断機とタレットパンチャーの複合機を導入と同時に、全加工部門を24時間稼働時間とする
  • 平成14年 8月
    • レーザー加工機7台、
      レーザー切断タレットパンチャー複合機1台
      合計切断加工機8台にて操業
  • 平成15年 8月
    • 赤浜に新工場開設操業、溶接に本格参入
  • 平成16年 2月
    • 大松テック(株)を設立、溶接部門を担当(資本金2,000万円)
  • 平成16年 11月
    • 総社市赤浜工場に増築操業
  • 平成17年 3月
    • 倉敷市、テクノバレー岡山にて新工場操業
  • 平成18年 6月
    • ISO9001 取得
  • 平成18年 11月
    • 大松精機(株)で開発商品2種販売開始
  • 平成22年 7月
    • 大松精機栗坂工場(テクノバレー岡山)にて
      アミューズメント事業、遊具、遊技機の生産開始
  • 平成23年 7月
    • 五面加工機2台目導入
  • 平成24年 10月
    • 総社市下林の赤浜工場に、ダイショウ(株)(資本金5,000万円)が溶接の自動生産ライン化を目指して操業開始
      将来の大規模一貫生産工場のモデル作りを開始
  • 平成25年 1月
    • インドネシア PT.DAISHO PRECISIONの本格稼動開始
  • 平成26年 9月
    • 赤浜工場、ロボット溶接生産ラインを設置
      建設機械・部品のライン化生産開始
  • 平成26年 11月
    • CNCレーザー加工機増設
      5×10サイズ・6kw オプション付
  • 平成27年 1月
    • 岡山市新庄下に新工場建設の設計開始
      床面積3,500平方メートル、敷地12,700平方メートル
  • 平成27年 2月
    • インドネシア PT.DAISHO PRECISIONへ$125,000増資
      (出資金合計1億5,000万円)
  • 平成27年12月
    • 新工場完成
      平成28年2月より 操業開始
        材料から完成までの一貫生産システムが完成
前年度の育児休業取得対象者数 男性:0名、女性:0名(2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 女性:0名(2016年度実績)

2015年度取得実績有り。

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒701‐0105 岡山県倉敷市矢部232-1
採用担当/総務部 栗原、難波
TEL:086-464-0707
E-mail soumu.jinji@daishoseiki.com
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp78562/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
大松精機(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ