最終更新日:2018/7/21

マイナビ2019

マイナビコード
79180
  • 正社員

河村産業(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
三重県
資本金
8,000万円
売上高
72億円(2018年3月期)
従業員
270名
募集人数
1〜5名

「高機能精密・電気材」(絶縁材と電子材料)の実力派メーカー!

エントリー受付は終了しました。 (2018/07/19更新)

本年のエントリー受付は終了しました。

会社紹介記事

PHOTO
電力・鉄道・ハイブリッド自動車・電気自動車の中の「電気絶縁材」から、テレビ・パソコン・スマホの「電子材料」まで、河村産業の精密技術は幅広い産業を支えています。
PHOTO
技術情報誌コンバーテック(2018年7月号)に、かずさ研究所にて研究開発された高機能ポリイミド材料に関する記事が紹介されました。

技術というのは、ダメだったその先にあるもの。仕事を楽しみ、粘り強い人が欲しい。

PHOTO

技術研究者でありながら、執行役員として技術経営の指揮を執る岡さん。大手企業から転職してきたからこそ、中堅企業の技術研究職の良い部分を実感しているそうです。

当社は1967年(昭和42年)、電気絶縁基材の製造会社として創業しました。現在はプラズマ表面処理やスリット加工などの加工技術と、その加工技術を活用した製品づくり、そして新しい機能や性能を持った素材の研究開発を行っています。幅広い分野を手掛けていますが、企業の根幹は堅調な「絶縁分野」で基盤をつくり、日進月歩の「電子分野」で挑戦を続ける……。この「守り」と「攻め」を両輪として、お客様に価値ある加工や製品を提供しています。
当社の強みは、中堅企業ならではのフットワークの軽さにあると思っています。研究所での仕事を例に挙げれば、私たちは月に数百万円の売上規模で柔軟に対応します。その代わり、小さな仕事、様々な分野の仕事をたくさんこなしています。経験のない分野にも果敢に挑戦しますよ。そのチャレンジ精神が新たな分野を開拓し、新たなお客様との出会いにもなります。ひとつに偏らないということは、技術の引き出しが増え、リスクの分散にもつながります。
働きやすい職場環境が整っているのも、私たちのアピールポイント。これは仕事のやり方を根本から見直し、効率よく行う方法を試行錯誤しているからです。お客様と同レベルの技術を磨いていけば、難しい仕事も短時間で済ますことができます。また、実験する前にレポートを書き、実験後にそのレポートを修正していくという方法を採っているのも私たちの特色。いかに効率よく、短時間で仕事ができるか。“出口”をしっかりと見据えた仕事のやり方を徹底しているのです。(研究所員平均残業は約5時間/月)
人材の育成は基本的にOJTです。新人で入社すると、まず製造現場で3カ月から半年ほど経験を積み、その後、適切な部署に配属され、先輩に付いて学んでいきます。営業と一緒にお客様のところへ出向き、コミュニケーションを取ることもあります。お客様と直接話すことで、専門職の立場からニーズを聞き出せるだけでなく、お客様の喜びも目の当たりにでき、モチベーションもアップしますからね。
私たちが一緒に仕事をしたいと思う人材は、まず「誠実であること」。データを誠実に読み取ることができるか。お客様と誠実に接することができるか。基本はそこにあると思います。また仕事を楽しめること。そして粘り強いこと。技術というのは、何度もチャレンジでダメだったその先にあるものですから。それを楽しみながら、粘り強く取り組める人材が欲しいですね。

会社データ

プロフィール


 研究開発が蓄積してきた素材技術と創業以来
 培ってきたバラエティ豊かな加工技術を融合
 し、当社ONLYの製品を送り出しています!

 当社は創業来50年間にわたり、安定した
 利益が期待できる電気絶縁材料、付加価値
 の高い電子材料、この2つを事業の柱として
 成長を遂げてきました。

 電力会社・鉄道会社向けの大きなものから
 電気自動車等に組み込まれる電気絶縁材、
 そしてテレビやパソコン・スマホの中の
 電子部品のような小さなものまで幅広く
 産業を支えているという自負があります。

 殊に近年においては、50年来蓄積してきた
 絶縁材加工のノウハウを、自動化設備の企画
 設計により形式化・データベース化すること
 で高付加価値化・高収益化を実現し、さらに
 高機能材料・洗浄の技術開発など、事業の
 機軸を堅実に増やしているところです。
 
 顧客に提供する素材は、他産業の基礎となる
 材料ばかりであり、それらのライフサイクル
 は長く、中堅規模の材料加工供給企業として、
 小回りが利き、かつ流行にも左右されにくい
 寿命の長いビジネスモデルを構築しています。

事業内容

PHOTO

精密な電子材料の加工技術の開発にはクリーンルームが不可欠ですが、当社ではクラス1,000のクリーンルームを備えています。

【精密加工材料の供給事業】
  電気絶縁材・電子材料の加工・製造
 (電力、鉄道、車、半導体等 幅広い業界へ)  

【プラズマ表面処理事業】
  プラズマ表面処理加工

【高機能素材の研究事業】
  高機能樹脂素材の研究開発
  <千葉のかずさ研究所が拠点です。>
本社郵便番号 512-8052
本社所在地 三重県四日市市西大鐘町330番地
本社電話番号 059-337-1122
設立 1967年
資本金 8,000万円
従業員 270名
売上高 72億円(2018年3月期)
売上高推移 67億円(2016年3月期)
72億円(2017年3月期)
72億円(2018年3月期)
事業所 ・本社 四日市工場(三重/四日市)       
・上石津工場(岐阜/大垣)
・かずさ工場(千葉/君津)
・東京支店(東京)
・大阪営業所(大阪)    
平均勤続勤務年数 12.7年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10.5時間

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒512-8052 
三重県四日市市西大鐘町330番地
河村産業(株)本社 総務部
URL http://www.kawamura-s.co.jp/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp79180/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
河村産業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ