最終更新日:2017/9/7

マイナビ2019

マイナビコード
79670
  • マイナビだけでエントリー

松尾建設(株)

本社
福岡県、佐賀県
資本金
3億円
売上高
653億円(2016年3月実績)
従業員
697名(2017年6月現在)

検討リスト

  • 気になる企業を一覧管理!
  • エントリーの受付がはじまったらお知らせメールが届く!
  • 就活メモが残せる!

建築・土木を主体とした総合建設業を全国15支店28営業所に展開!お客様からいただく「信用」が日本最大の企業をめざしています!

会社紹介記事

PHOTO
地域でも注目を集める14階建てのマンション建設に携わる川江さん。その他にも携わる建築の種類は多岐に渡り、スペシャリストではなくゼネラリストをめざしている。
PHOTO
「営業するには知識や情報収集力が必要。コミュニケーションを大切にすることで『大峰に頼めば大丈夫』と社内外の人から頼られる存在になりたいです」と大峰さん。

松尾建設だからできることがある――。その誇りを胸に、それぞれの分野で力を発揮!

PHOTO

写真上から、大峰さん、上野さん、川江さん。九州に根ざし、全国展開する松尾建設の規模に惹かれて入社したという3人の先輩もそれぞれのフィールドで活躍している。

■大峰 龍盛 佐賀支店営業部営業課
 青山学院大学国際政治経済学部卒 2014年入社
最初は興味がなかった建設業界ですが、地域密着の企業であり、携わった仕事がカタチとして残るところに魅力を感じ入社しました。現場経験を積んだ後、営業部に異動。上司に同行しながら必要なスキルを学んでいます。営業の仕事は、数字的な打ち合わせが中心で、専門的な部分は技術者が同行します。何より重要なのは、お客様のニーズを読み取る力。コミュニケーションを図りながら、いかに要望を引き出せるかが鍵となります。仕事を通じて多くの方と出逢い、関わる事で、普段から意識する部分も随分と変わりました。今後は知識や情報を備え、周囲から頼りにされる営業をめざしたいと思います。

■上野 裕紀 福岡支店土木工事部工事課
 九州産業大学工学部都市基盤デザイン工学科卒 2013年入社
土木の仕事は、人々の生活になくてはならない仕事です。その土木に携わり、地元九州に貢献したいと当社を志望しました。現場では、測量や記録、材料の段取りなどの業務と並行して、安全管理などを行っています。これまでにも、橋梁工事や解体工事、浚渫工事など様々な土木工事に携わり、現在はポンプ場の建設現場を任されているところです。当社が扱うのは規模の大きな案件が多く、だからこそ出来上がった時の達成感や喜びはひとしおです。また、上司や先輩は優しい人ばかりで、若手の意見を聞いてくれる風通しの良さがあります。1級土木施工管理技士の資格を取得したので、資格を活かして活躍したい。

■川江 祐也 福岡支店建築工事部工事課
 福岡大学工学部建築学科卒 2011年入社
自分の家を自分で建てたいと建築学科へ。大学で勉強する中で、病院や工場など住宅以外の建築に携わりたいと思うようになり、九州最大の建設会社である当社を志望しました。現在は、建築現場で施工管理を担当しています。安全管理や工程管理、品質管理などが主な業務。現場監督の立場として、時には、数百人の作業員を動かすこともあります。自分の描いた通りに現場がまわった時には、この上ない喜びを感じますね。竣工時にお客様からいただく「ありがとう」の言葉も嬉しいもの。それまでの苦労がすべて報われ、次へのモチベーションにつながります。「信用が日本最大」をめざす当社で、いちばん信用される人間になることが目標です。

会社データ

事業内容

PHOTO

写真は高速道路(下関IC〜小倉南IC間)の補修風景。当社の舗道工事部では、西日本エリアを中心に、道路の舗装、補修に特化した専門性の高い施工を行なっている。

■総合建設業(土木一式、建築一式請負)
■土木・建築工事の企画設計および監督
■土木・建築工事に要する材料の販売および販売受託
■不動産取得・売買および仲介
■産業廃棄物の処理
■温水器・厨房機器等の販売
■科学館・博物館・体育館・公営住宅等公共施設の管理および運営
■前各号に掲げたものの附帯事業
本社郵便番号 810-8506
本社所在地 福岡市中央区薬院3-4-9
本社電話番号 092-525-0111
本店郵便番号 840-8666
本店所在地 佐賀市八幡小路1-10
本店電話番号 0952-24-1181
創業 1885(明治18)年
資本金 3億円
従業員 697名(2017年6月現在)
売上高 653億円(2016年3月実績)
事業所 ■本  社
〒810-8506 福岡県福岡市中央区薬院3-4-9
TEL092-525-0111 / FAX0952-522-5925

■東京本社
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-16-13
TEL03-5378-2271 / FAX03-5378-2277

■本  店
〒840-8666 佐賀県佐賀市八幡小路1-10
TEL0952-24-1181 / FAX0952-23-4211

■支  店
仙台、東京、名古屋、大阪、広島、山口、北九州、
福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

■営 業 所
宮古、神奈川、福山、周南、下関、宗像、八幡、久留米、大牟田、
西福岡、南福岡、東福岡、唐津、鳥栖、武雄、伊万里、鹿島、
神埼、小城、佐世保、長崎県央、熊本南、熊本北、大分県北、
延岡、都城、鹿児島東、沖縄中部
マツオグループ 松尾工業(株)
(株)マベック
翠興産(株)
松尾商事(株)
松尾リアルエステート(株)
(株)マツオヒューマンネットワーク
(株)インフォメディア
(株)オフィスブレイン
(株)ワーク
エムシー産業(株)
(株)スワーグ
(株)七ツ島プレコン
学校法人松尾学園 弘学館中学校・高等学校
職業訓練法人総合能力開発協会 総合能力開発センター
登録許可 国土交通大臣許可(特−26)第2992号
国土交通大臣許可(般−26)第2992号
沿革
  • 1885年
    • 松尾組創業、創業者 松尾安兵衛(現グループ会長 松尾幹夫の曾祖父)「良く・早く・安く」を営業方針とする
  • 1936年
    • 合資会社松尾組となる。福岡出張所開設(現福岡支店)
  • 1948年
    • (株)松尾組となる。資本金500万円。営業所を8カ所に整理
      (長崎、佐世保、福岡、小倉、熊本、大分、宮崎、鹿児島)
  • 1959年
    • 東京支店開設
  • 1964年
    • 「松尾組」の商号を「松尾建設」に改める
  • 1995年
    • 創業110周年。完成工事高1,100億円を超える
  • 2005年
    • 松尾舗道(株)と合併
  • 2006年
    • 松尾 幹夫、会長に就任
      松尾 哲吾、七代社長に就任
  • 2008年
    • 本社を福岡、東京に置き、佐賀を本店とする
  • 2015年
    • 創業130年を迎える
前年度の育児休業取得対象者数 16名(うち女性2名、男性14名 2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数 2名(うち女性2名、男性0名 2015年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

松尾建設(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ