最終更新日:2018/7/2

マイナビ2019

マイナビコード
80208
  • 正社員

小松電子(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
石川県
資本金
9,900万円
売上高
72億円(2018年3月実績)
従業員
281名(2018年4月時点)
募集人数
6〜10名

「Small But Excellent(小さくとも一流を目指す)」を信条に、労働力不足や医療の高度化といった社会課題に応えます!

エントリーお待ちしています (2018/03/01更新)

こんにちは!
当社は小松市にあるものづくりメーカーで、プリント基板の受託生産と、製造や医療・研究分野で使われる設備開発、製造、販売を行っています。

≪EMS事業の電子機器受託生産サービス≫だけではなく、≪FA事業の生産設備の開発〜販売≫、≪MD事業の医療・研究用機器の開発〜一部販売≫と、枠にとらわれない垂直展開で幅広く活躍できる環境があります。

説明会や求人などに関する内容については以下までお気軽にご連絡ください。
→メール:soumubu@komatsu-ec.co.jp
 電 話:0761-21-2000

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
小松市にある本社社屋。ここを生産拠点に2008年に東京営業所を開設。2012年にはタイに海外拠点を設立し、グローバルなネットワークで、スピーディーな活動を展開している。
PHOTO
同社の3つの柱。プリント基板を製造するEMS事業、生産工程での異物を検出する自社開発のFA装置「異物検証ユニット」、医療事業では超純水製造装置「うるぴゅあ」を開発。

現場力を強みに新たな事業領域を開拓、スタッフ一丸となったものづくりで成長を実感。

PHOTO

「動くものを作ってみたい」という思いから入社を決意した高さん。「自分が設計した機器がうまく動いたときは、もっともおもしろさを感じる瞬間です」と仕事の魅力を話す。

当社は、三つの事業を柱としています。一つは当社の主力であるEMS事業。大手メーカーからの受託によるプリント基板の開発・製造を手掛けています。二つ目は、他社向けの製造設備の開発を行うFA事業。これは、多品種小ロット生産の製造現場を構築する自社の技術力を礎に、開拓した事業領域です。作業効率を求めて開発した自動装置は、社内で実装、改善を繰り返し、お客様に提案。このような取り組みは、製造現場を持つ当社ならではの強みといえます。三つ目は医療事業。二つの事業を通じて培われた検査技術を医療・研究分野に活かし、さらに領域を拡大しました。

そのなかで私はFA事業に携わり、製造ラインで使用される自動装置の設計を担当しています。自動装置は、大手メーカーに納入されるカスタマイズ機器と、自社開発商品の二種類があります。これまでさまざまな案件に関わってきましたが、入社4年目に主担当として設計した「外観検査機器」は印象深い案件でした。これは大手メーカーの製造ラインの中で、部品やプリント基板など製品のキズを検出する検査機器。営業担当から顧客の仕様を聞き、それに基づいてどんな機械にするか構想を練り、設計していくのですが、この機器では光学系の検査が必要で、私にとって初めての挑戦でした。

私が所属する開発部署には、電気回路、ソフトウェア、光学など各分野に長けたスタッフがいて、専門スタッフと一緒に条件を出し合い、それをもとに設計したものの、試運転では思い通りに動きませんでした。原点に戻って、図面を書き直す。そんな作業を何度も繰り返し、オリジナル商品を生み出す難しさを感じました。けれども、当社には経験豊富なスタッフがたくさんいます。そして、先輩たちの意見やアドバイスを取り入れながら、スタッフ一丸となって開発していくスタイルなので、勉強をしながら仕事を進めていけます。そんな環境の中で、少しずつ成長している手応えを実感しています。一人で設計を任されているとはいえ、未知な分野はたくさんあります。今後もひたむきに仕事に打ち込み、少しでも早く自分一人の力で設計できるように成長していきたいです。

〈商品部 高主任/2007年入社〉

会社データ

プロフィール

■行動にあたり必要なもの
ロマン、若さ、向上心。

どこにも負けない大きさを目指すのではなく、明日、必要とされる存在でいたい。

ものづくりの明日を見つめながら、経験と実績を土台に、常に改善・改良を心がけながら社会に必要とされるものづくりのファクトリーを目指します。

事業内容
■総合電子システムメーカー

<電子回路の開発・設計・製造>
  経験と実績に基づくEMS (Electronics Manufacturing Service)

<省力化機器の開発・設計・製造>
  産業ロボット等の提案型FA (Factory Automation) ソリューション

<医療用機器・環境商品の開発、設計、製造>
  医療・研究分野にも及ぶ機器(Medical Device)の開発・販売
本社郵便番号 923-8642
本社所在地 石川県小松市安宅町甲135
本社電話番号 0761-21-2000
設立 1969(昭和44)年
資本金 9,900万円
従業員 281名(2018年4月時点)
売上高 72億円(2018年3月実績)
事業所 本社: 石川県小松市安宅町甲135
東京営業所: 東京都港区浜松町2-1-17 松永ビル7F
関連会社 田中電工(株)
KOMATSU ELECTRONICS(THAILAND)CO.,LTD.
平均年齢 41.7歳
平均勤続年数 19.4年
沿革
  • 1969年
    • 大阪 田中電工(株)の子会社として設立発足。
      資本金2,500万円。
      本社社屋(第1棟)完成。録音機のアンプ基板、
      同年12月にテレビプリント基板の組立製造開始。
  • 1970年
    • 資本金5,000万円に増資。
  • 1974年
    • 松下電器産業(株)テレビ事業部・海外テレビ事業部の
      共栄会社として直接取引を開始。
  • 1976年
    • NCマシン導入と3交替勤務制度導入。
  • 1978年
    • 製造技術部門として小松技研(株)を分離独立。
  • 1979年
    • 新工場(第2棟)増築完成。
  • 1980年
    • 松下電器産業(株)ビデオ事業部と取引開始。
      同9月にビデオ部門工場(第3棟)完成。
  • 1982年
    • 資本金7,500万円に増資。
  • 1983年
    • 資本金9,000万円に増資。
  • 1984年
    • 工場(第3棟)増築完成。
  • 1986年
    • 松下電器産業(株)ビデオシステム事業部と取引開始。
  • 1987年
    • 小集団サークル活動の導入。
  • 1988年
    • ダイキン電子部品(株)と取引開始。
  • 1989年
    • 長浜キヤノン(株)、松下電工(株)と取引開始。
  • 1992年
    • 第1棟の大改築により福利厚生施設を充実。
  • 1994年
    • 創立25周年。資本金9,900万円に増資。
  • 1999年
    • 創立30周年を機に社章変更。
      ISO9002認証(JSA審査登録)。
      松下電器産業(株)AVC社カーシステム部と取引開始。
  • 2000年
    • ISO14001認証(JSA審査登録)。
  • 2002年
    • ISO9001:2000更新(JSA審査登録)。
  • 2003年
    • 医療用具製造業許可証取得。
      小松技研(株)を吸収合併。
  • 2005年
    • 医療機器製造販売業許可証取得。
  • 2006年
    • ISO14001:2004更新(JSA審査登録)。
  • 2008年
    • 東京営業所を開設。
  • 2010年
    • ISO9001:2008更新(JSA審査登録)。
  • 2012年
    • KOMATSU ELECTRONICS(THAILAND)CO.,LTD. 設立。
      ISO13485認証(DNV審査登録)。
      EN/JIS Q/AS9100承認(DNV審査登録)。
平均勤続勤務年数 19.4年(2018年4月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 14時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 5名(うち女性2名、男性3名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 2名(うち女性2名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒923-8642
石川県小松市安宅町甲135
小松電子(株) 総務部 採用担当
TEL:0761-21-2000(代)
FAX:0761-21-9689
URL http://www.komatsu-ec.co.jp/
E-mail soumubu@komatsu-ec.co.jp
交通機関 車/JR北陸本線小松駅より車で10分
バス/JR北陸本線小松駅より小松バス安宅線(安宅・長崎行)に乗り、
木曽町バス停下車、徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp80208/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
小松電子(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ