最終更新日:2018/6/6

マイナビ2019

マイナビコード
80226
  • 正社員

(株)サムソン

本社
香川県
資本金
2億5,000万円
売上高
81億9,000万円(2018年3月期)
従業員
370名(男性313名 女性57名)※2018年 4月1日現在
募集人数
6〜10名

受賞歴多数!技術力が自慢の会社です。産業用ボイラを中心に食品加工機器や水処理機器等を製造し全国に展開しています。

◇◆2019年度 新卒者二次募集を開始しました◆◇(株)サムソン (2018/06/06更新)

皆さんこんにちは!
(株)サムソン 人事担当です。

2019年新卒者の二次募集を開始しました!
興味のある方は、まずはエントリーをお願いします。

●サムソンHP●
 http://www.samson.co.jp/recruit/

エントリー頂いた方には、採用担当者より今後の説明会及び選考に関する
ご連絡をさせて頂きます。あなたのエントリーをお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
最新鋭のボイラ・食品機器などを開発・製造し、全国の支店・営業所に出荷している本社。本社の社員は笑顔とともに自信に満ち溢れています。
PHOTO
サムソン東京ビルでは、日々お客様の(熱に関する課題)解決のお手伝いを行っています。ここでも笑顔が溢れています。

当社の誇る『高い技術力』!!

PHOTO

2017年4月竣工の本社新社屋外観。

当社は1945年の創業以来、業務用および産業用ボイラ、食品加工機器及び水処理機器の開発・製造・販売並びにメンテナンスを行っている企業です。主力であるボイラ製品は、当社の技術力が高く評価され、二度にわたる省エネルギー優秀製品賞や芦原科学功労賞など多数の栄誉に輝いています。

2014年2月には、サムソンの技術を結集し、省エネを追求した小型貫流ボイラSE-3000EPGで『芦原科学大賞』を受賞しました。他社に先駆けて業界で最初に製品化した意義は大きく、環境保全寄与製品として将来性も高い製品技術です。

培われた技術は、ボイラのみならず熱水噴流式調理殺菌装置をはじめとした食品機器にも応用し、刻々と変化する時代に対応すべく、研究開発に力を注ぎ、さまざまなニーズに応えています。

また、2012年4月には、東日本地区での営業及びメンテナンス業務のサービス向上を図るため「サムソン東京ビル」を新築し、東京支店もサムソン東京ビルに移転しました。また、サムソン東京ビルには食材調理を体感できる「テイストルーム」を新設し、当社の食品加工機械とノウハウでお客様の課題解決をお手伝いしています。

そして、2017年4月には本社新社屋も竣工し、それまでは別棟であった各本部を新社屋に統合し、「テイストルーム」も一新して、お客様のニーズに更にお応えできる体制を整えております。

会社データ

プロフィール

当社は、業務用および産業用ボイラを中心に、食品加工機器や水処理機器、電子機器の製造・販売・メンテナンスなどを行っている企業です。
メンテナンスネットワークは全国に150カ所を数え、24時間体制でお客様をサポートしています。
また、超低NOxボイラや高効率ボイラなど人と環境にやさしい製品造りに努め、半世紀以上にわたって培ったノウハウと高い技術力でお客様の幅広いニーズにお応えしてきました。

しかし、政治・経済・環境が著しく変化する現代。当社もパラダイムチェンジの重要性を認識しています。そうして、これまで培った技術力に驕ることなく、信頼をさらに強固なものとするため、「サムソンならでは」のオリジナリティを追求していこうとしています。

大切なのは、IT機器の積極的な導入に始まる設備面の充実はもちろん、そこで働く人が充実感を得られる職場環境と認識。経営状況などを社員に対して公開し、組織の透明性を向上。加えて、実力主義を重視し経験・年次に関係なくキャリアアップが可能な環境を整えました。そうして、一人ひとりが明確な目標を持ち、誇りを胸に抱きながら働ける組織となるための階段を一歩ずつ上っている最中です。

創り上げたいのは揺ぎ無い「サムソンブランド」。これからの50年先の未来を見据え更なる躍進を目指しています。

【気になる社名の由来】
当社の社名は、旧約聖書士師記に登場する古代イスラエルの士師「サムソン」からとられています。その名は太陽の子を意味し、超人的怪力とユーモアを備え、民衆から愛される英雄でした。その強さとパワー、そして人間性にあやかり、社名を「サムソン」としました。

事業内容
【事業内容】
ボイラ、食品加工機器、水処理機器、コージェネ関連機器、電子応用機器、工業用薬品などの開発・製造・販売・設置工事および、保守管理

【技術本部の主な取り組み】
■ボイラ開発 環境対応型各種ボイラの開発
       コージェネ用排ガスボイラの開発
■食品加工機器開発 各種食品機器の開発
■水処理機器開発 各種水処理機器の開発
■制御システム開発 各種制御システムの開発
■電子機器開発 各種制御基板の開発
□特許部門 特許調査、取得申請他
本社郵便番号 768-8602
本社所在地 香川県観音寺市八幡町三丁目4番15号
本社電話番号 0875-25-5513
創業 1945年11月6日
設立 1956年3月2日
資本金 2億5,000万円
従業員 370名(男性313名 女性57名)※2018年 4月1日現在
売上高 81億9,000万円(2018年3月期)
売上高推移 81億9,000万円(2018年3月期)
80億1,000万円(2017年3月期)
78億8,000万円(2016年3月期)
74億 800万円(2015年3月期)
72億8,800万円(2014年3月期)
68億8,900万円(2013年3月期)
事業所 ●本社
香川県観音寺市

●支店
仙台、埼玉、東京、名古屋、北陸、京都、大阪、四国、福岡

●営業所
札幌、関越、栃木、茨城、静岡、東海、滋賀、神戸、岡山、広島、徳島、
北九州、鹿児島
沿革
  • 1945年
    • 11月:岡崎鉄工所として創業。
  • 1956年
    • 3月:「(株)岡崎鉄工所」設立。
  • 1965年
    • 5月:現所在地に本社並びに工場を新築、旧工場より移転。
  • 1980年
    • 10月:「(株)岡崎鉄工所」を「(株)サムソン」に社名変更。
  • 1982年
    • 9月:大韓民国(株)熱研ボイラ[現:(株)ブースターボイラ]と技術提携契約。
      12月:高効率多管式貫流ボイラ「ブースターPS型」で(財)省エネルギーセンター'82省エネルギー優秀製品賞受賞。
  • 1987年
    • 2月:低NOx型ガス焚多管式貫流ボイラ「NFBS-1500PPX」で(財)省エネルギーセンター'87省エネルギー優秀製品賞受賞。
  • 1997年
    • 2月:省資源ならびに地球温暖化に対応した「スクラムボイラ」の開発により、(財)香川県産業技術振興団から「芦原科学功労賞」を受賞。
  • 1998年
    • 6月:「ボイラ、ボイラ付帯設備及びボイラシステム」でISO9001認証取得。
  • 2000年
    • 6月:「食品機器及び水処理機器」でISO9001認証取得。全製品での認証取得を完了。
  • 2001年
    • 6月:ISO9001の品質システムを統合。登録範囲を「ボイラ、ボイラ付帯設備、ボイラシステム、食品機器及び水処理機器」に変更。
  • 2003年
    • 6月:超低NOx貫流ボイラ「Lesシリーズ」の開発により、(社)日本ガス協会から「技術賞」を受賞。
  • 2004年
    • 8月:「倫理行動規範」策定。
  • 2005年
    • 6月:低Nox油焚き貫流ボイラ「SSB-PLXシリーズ」(社)日本産業機械工業会より「第31回優秀環境装置表彰」会長賞を受賞。
      6月:環境マネジメントシステムISO14001認証を取得。登録範囲はボイラ、ボイラ付帯設備、ボイラシステム、食品機器及び水処理の設計、開発、製造に係わる事業活動。
  • 2005年
    • 11月:「高効率ボイラ」の開発にて(社)発明協会から「特許庁長官奨励賞」及び「実施功績賞」を受賞。
  • 2006年
    • 6月:「2.5t/h 小型貫流ボイラ」の開発により、(社)日本ガス協会から「技術賞」を受賞。
      11月:「排ガスからの熱吸収を行うボイラー」の開発にて(社)発明協会から「日本弁理士会会長奨励賞」及び「実施功績賞」を受賞。
  • 2009年
    • 11月:「水管壁を持ったボイラ」の開発により、(社)発明協会から「発明協会会長奨励賞」及び「実施功績賞」を受賞。
  • 2011年
    • 6月:「省エネ大容量小型貫流ボイラ〔換算蒸発量3,000kg/h〕」の開発により(一社)日本ガス協会から「技術賞」を受賞
  • 2012年
    • 3月:「サムソン東京ビル」新築完成
      4月:東京支店を「サムソン東京ビル」に移転し、営業開始。
  • 2014年
    • 2月: 小型貫流ボイラ「SE-3000EPG」開発により(公財)かがわ産業支援財団から『芦原科学大賞』を受賞。
  • 2015年
    • 「390KW高効率ガスコージェネレーションパッケージの共同開発」で大手ガス会社とともに「コージェネ大賞技術開発部門 特別賞」を受賞。
  • 2016年
    • 9月: 真空冷却機「エコクール」の開発により、(株)日本食糧新聞社から「日食優秀食品 機械・資材・素材賞」を受賞
      10月: 「加熱殺菌装置」の開発により、(公社)発明協会から「中小企業庁長官賞」を受賞
  • 2017年
    • 4月: 「本社新社屋」竣工
前年度の育児休業取得対象者数  3名(男性 0名 女性 3名)(2017年度)
前年度の育児休業取得者数  3名(男性 0名 女性 3名)(2017年度)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 ■本社・工場
〒768-8602
香川県観音寺市八幡町三丁目4番15号

■営業本部
〒143-0011
東京都大田区大森本町1丁目4-1 サムソン東京ビル

(株)サムソン 管理本部 管理統括部 人事チーム
TEL:0120-1504-36(就活専用フリーダイヤル)
イコオヨ  サムソン            
URL http://www.samson.co.jp/
交通機関 ■本社・工場
●JR予讃線 観音寺駅よりタクシーで約5分
●高松自動車道 さぬき豊中インターより約15分
●高松自動車道 大野原インターより約15分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp80226/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)サムソンと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ