最終更新日:2018/8/24

マイナビ2019

マイナビコード
80511
  • 正社員

(株)極楽湯

本社
東京都
資本金
4,000万円
売上高
137億5,821万円(2017年3月期実績・連結)
従業員
【日本国内】正社員:137名、アルバイト:2,039名 【グループ全体】正社員:749名
募集人数
11〜15名

【夏採用実施中!】”「ゆ」から世界を新しく。”業界トップを走リ続ける当社は、国内だけにとどまらず、世界へ温浴文化を発信していきます。

国内店舗数NO.1の「極楽湯」。新規出店や新業態への挑戦など更なる飛躍を目指します。 (2018/04/23更新)

★☆極楽湯☆★

みなさん、こんにちは!
この度は当社にご興味を持って頂き、ありがとうございます。
当社では、現在会社説明会を開催中です。

極楽湯ってどんな会社?
どんな社員が働いてるの?
今後の事業展開は?

そんなみなさんの疑問にお答えします。ぜひご参加ください。
みなさんにお会い出来るのを、楽しみにしています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
アドバイスをくれたり、悩んだ時に相談出来る先輩社員がたくさんいます!
PHOTO
自由に自分の考えた企画やアイディアが活かされる会社です。やりたいと思ったことは、しっかりやらせてくれる。そんな環境です。

極楽湯は「温浴施設運営のプロフェッショナル集団」です。

PHOTO

当社の社風はアットホームで話しかけやすい人が多いです。年に数回、社内レクリエーションを企画するなど、会社全体でのコミュニケーションも活発です。

『人と自然を大切に思い、人の心と体を「癒」すことにより地域社会に貢献することで、自己の確立と喜びを感じる企業でありたい』

当社の企業理念です。自然からの贈り物である温泉は、その地域によって成分や温度が違うため、全く同じものは存在しません。極楽湯は、そうした地域の特性を活かした事業で社会に貢献し、最終的には社員自身がお客様の喜びを通して「働く喜び」を感じられる企業でありたい。そういう理念のもと事業を拡大し続け、1号店のオープンから20年という節目を迎えました。

【極楽湯事業30年を見据えて】

極楽湯は、「温浴施設運営のプロフェッショナル集団」として、これまでのレガシーを継承しつつ、新たなサービス・アイディアを展開していきます。


当社代表取締役社長兼CQO高野の想いです。
『温浴業界では、これまでお風呂・食事・リラクゼーションが三本柱でしたが、数十年前と比べるとお客様のニーズは多様化しています。これだけでは古く、新たなニーズを取り込み、RAKU SPAだとコミックやリクライニングチェアを導入しました。今後は宿泊施設も必要になっていくかもしれません。そうして、モデルとして古くなっているものを更新し、新しいアイテムを付加していくことが重要だと考えています。その為にも、当社は様々なことにスピード感をもってチャレンジしています。既存店の改善などは、フットワークよく色々な実験をしていかないと時代に取り残されますから。失敗したらそれもまた勉強になりますし、そういう社風を目指しています。

極楽湯グループとしては、国内60店舗、海外100店舗体制の早期実現を目指しており、これからも店舗数を増やしていきます。新しい時代に突入した温浴業界でお客様のニーズに応え続けるためには、若いみなさんの優れた感覚が必要です。ぜひ、みなさんにこれからの極楽湯を創り上げてもらいたいと思います。』


当社は今後も、急成長を見込む「極楽湯グループ」の世界展開に向けたベースモデルとしてのプライドを持ち、日本国内の『極楽湯』『RAKU SPA』『RAKU SPA Cafe』の店舗運営、既存店の今の時代に合わせたキャッチアップ、時代のニーズを先取りした新たな施設作りを行っていきます。

会社データ

プロフィール

当社は、温浴専業会社としては唯一の上場企業である(株)極楽湯ホールディングス(2002年・JASDAQ上場)の100%子会社です。

1996年、宮城の古川に1号店を開店以来、温浴施設「極楽湯」を中心に展開し、地域の人々に心と体の”癒し”を提供してきました。現在、日本各地に38の店舗があり、店舗数は国内No.1です。

近年、「風呂屋」は、身体を清潔にする場にとどまらず、家族団欒や仲間との語らいの場・心を癒す場・楽しむ場・災害時の避難所など、様々な役割が求められています。グループ会社は中国にて温浴事業を展開しており、日本が誇る温浴文化を海外にも発信し、「ゆ」から始まる快適な癒しの空間を提供していきます。

事業内容

PHOTO

今、業界は温浴だけに留まらず、様々なサービスに進出しています。お風呂が好きな人だけでなく、サービス業に興味がある人はぜひ極楽湯にエントリーしてみてください。

【温浴事業】
■極楽湯
“日常生活の延長線上にある上質な場所”をコンセプトとしたブランドです。
国内では北海道から宮崎まで全国各地で「癒し」の空間を提供しています。
“湯上り気分に合った食事で、お腹を満たすと同時に気持ちを和ます”ことを
目指した多様な飲食メニューや、理容コーナー、
コミック・ゲームコーナー、リラクゼーションなど、
身体と心の疲れをほぐしていただけるサービスを展開しています。

■RAKU SPA、RAKU SPA Cafe
国内、海外で培ったノウハウを活かし、“快適さ”、“楽しさ”をより追求した新ブランド。
2014年8月に「RAKU SPA 鶴見」がオープンしました。
カフェ&バーや東急ハンズとコラボレーションした「BATH TUB STORE」、
プロジェクションマッピングの上映が可能なプラネタリウム岩盤浴「瞬」など新たな取り組みを行っています。

また、2016年には「極楽湯 浜松佐鳴台店」が大幅にリニューアルして
「RAKU SPA Cafe浜松」をオープンしました。
人気の炭酸泉の他、話題のロウリュウイベントも行なう岩盤浴、
休憩エリアに1万2,000冊を超えるコミックを用意するなど、
多数のコンテンツを取り揃えた、新しいスタイルの温浴施設を展開しています。

【飲食事業】
■そばと天ばらめしの店 麹町ばらく
2017年9月、極楽湯の新業態として1店舗目となる「そばと天ばらめしの店 麹町ばらく」を四ツ谷(東京)にオープンさせました。
これまでの店舗運営で培った飲食のノウハウを活かした新たな取り組みです。

温浴事業以外の新たな分野にも今後積極的に挑戦していく予定です。
本社郵便番号 102-0083
本社所在地 東京都千代田区麹町2-4 麹町鶴屋八幡ビル6F
本社電話番号 03‐5275‐0607
設立 2017年1月
資本金 4,000万円
従業員 【日本国内】正社員:137名、アルバイト:2,039名
【グループ全体】正社員:749名
売上高 137億5,821万円(2017年3月期実績・連結)
事業所 ■本社
〒102-0083 東京都千代田区麹町二丁目4番地麹町鶴屋八幡ビル6階 

■温浴事業:国内38店舗(直営23店舗/FC店15店舗)
青森(青森)、茨城(水戸)、栃木(宇都宮)、
埼玉(幸手・和光・上尾)、千葉(千葉稲毛・柏)、東京(多摩センター)、
神奈川(横浜芹が谷・RAKU SPA鶴見)、石川(金沢野々市)、
福井(福井)、静岡(三島・RAKU SPA Cafe 浜松)、愛知(豊橋)、
三重(津)、滋賀(彦根)、大阪(茨木・吹田・堺泉北)、奈良(奈良)、宮崎(宮崎)
関連会社 (株)極楽湯ホールディングス
極楽湯中国控股有限公司
極楽湯(上海)沐浴股フン有限公司
極楽湯(上海)沐浴管理有限公司
極楽湯(武漢)沐浴有限公司
極楽湯のビジョン 当社は、人と自然を大切に思い、温浴事業を人の心と体の「癒しの場(感動の場)」と位置づけ、全国に「極楽湯」「RAKU SPA」の名称で展開し、地域の方々に愛される店舗を目指してきました。

現在、日本の温浴業界のマーケットは縮小してきているといわれていますが、
人々の「癒し」や「健康」に対するニーズがなくなることはありません。
また、海外では日本流の“おもてなし”が高く評価されていますが、まだまだマーケットの開拓余地があり、成長できる余地は大いにあると考えています。

国内を基盤に、中国でも積極的に店舗展開する極楽湯グループは、
日本が誇る温浴文化を海外へ発信し、「ゆ」から始まる快適な癒し空間を提供していきます。

当社は国内60店舗、海外100店舗体制の早期実現を目指していますが、
これは決して店舗数だけが目標ではありません。

本当に目指しているのは、
「質の高い“癒し”をどこにいても体験できる世界」

その実現のために日々挑戦を続けていきます。
沿革
  • 1993年
    • (株)自然堂を設立
  • 1996年
    • FC1号店としてスーパー銭湯極楽湯古川店を開店
  • 1998年
    • 直営1号店としてスーパー銭湯極楽湯奈良店を開店
      ・FC3店舗(大成店、麻生田店、多賀城店)を開店
  • 1999年
    • ・直営店2店舗(福島店、宇都宮店)を開店
      ・FC店3店舗(佐賀店、入間店、取手店)を開店
  • 2000年
    • ・FC4店舗(香椎店、鎌ケ谷店、南草津店、南福岡店)を開店
  • 2002年
    • 親会社・(株)極楽湯ホールディングスが
      日本証券業協会に店頭売買有価証券として株式を登録
      (現 東京証券取引所ジャスダック市場スタンダード)
      ・直営1店舗(幸手店)を開店
      ・FC3店舗(長崎店、枚方店、八戸店)を開店
  • 2003年
    • ・直営店3店舗(柏店、茨木店、堺泉北店)を開店
      ・FC店4店舗(長岡店、浜松佐鳴台店、尼崎店、さっぽろ弥生店)を開店
  • 2004年
    • ・直営店1店舗(和光店)を開店
      ・FC店1店舗(仙台泉店)を開店
  • 2005年
    • ・直営店3店舗(大和橿原店、金沢野々市店、横浜芹が谷店)
      ・FC店3店舗(さっぽろ手稲店、仙台南店、吹田店)を開店
  • 2006年
    • (株)自然堂を株式会社極楽湯に商号変更(7月1日)
      ・直営店4店舗(豊橋店、青森店、多摩センター店、福井店、津店)を開店
      ・直営店1店舗(奈良店)をFC店へ移行
  • 2007年
    • ・直営店2店舗(宮崎店、三島店)を開店
  • 2008年
    • ・FC店2店舗(福島いわき店、札幌美しが丘店)を開店
  • 2009年
    • 大連極楽温泉開発技術諮詢有限公司(中国遼寧省大連市:子会社)を設立
      ・直営店2店舗(千葉稲毛店、上尾店)を開店
      ・FC店1店舗(福島郡山店)を開店
      ・FC店1店舗(吹田店)を直営化
  • 2010年
    • Gokurakuyu China Limited(香港:合弁会社)を設立
      ・FC店1店舗(奈良店)を直営化
  • 2011年
    • 極楽湯(上海)沐浴有限公司(中国上海市:子会社)を設立
  • 2013年
    • 中国上海市に直営1店舗(極楽湯碧雲温泉館)を開店
      ・直営店1店舗(福島店)をFC店化
  • 2014年
    • ・直営店1店舗(水戸店)を開店
      RAKU SPA 鶴見(直営)を開店
      Gokurakuyu China Holdings Limited(香港:連結子会社)を設立
      極楽湯(上海)沐浴管理有限公司(中国上海市普陀区:連結子会社)を設立
      ・FC1店舗(浜松佐鳴台店)を直営化
  • 2015年
    • 中国上海市に直営1店舗(極楽湯金沙江温泉館)を開店
      ・FC店1店舗(京王高尾山温泉 / 極楽湯)を開店
      極楽湯(武漢)沐浴有限公司(中国武漢市:連結子会社)を設立
  • 2016年
    • ・FC店1店舗(鷹山の湯)を開店
      中国湖北省武漢市に直営1店舗(極楽湯金銀潭温泉館)を開店(11月9日)
  • 2017年
    • 親会社・(株)極楽湯ホールディングスがグループの持株会社として、
      社名を変更。運営体制を変更し、子会社として当社を新設。
      新業態・麹町ばらく(東京都)を開店
  • 計画【国内】
    • 愛知県名古屋市に直営店をオープン予定(2018年)

  • 計画【海外】
    • 中国山東省青島市・江蘇省無錫市にFC店をオープン予定(2017年)
      中国上海市浦東新区にFC店をオープン予定(2017年)
      中国上海市青浦区にFC店をオープン予定(2018年)
      中国上海市嘉定区に直営4号店をオープン予定(2018年)
      中国福建省福州市にFC店をオープン予定(2018年〜2019年)
平均勤続勤務年数 6.8年(2016年3月末)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 14.3時間(2016年度実績)
16時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 5.5日(2016年度実績)
4.4日(2015年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 【女性】取得対象者数:1人
(2016年度実績)
【女性】取得対象者数:4人
(2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数 【女性】取得者数:1人
(2016年度実績)
【女性】取得者数:4人
(2015年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 【管理職】6.9%(43人中女性3人 2017年3月末現在)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒102-0083
東京都千代田区麹町2-4 麹町鶴屋八幡ビル6F
採用センター
Tel:03-5860-0112
Mail:gokurakuyu@saiyo-jinjibu.jp
URL www.gokurakuyu.ne.jp/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp80511/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)極楽湯と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ