最終更新日:2018/4/10

マイナビ2019

マイナビコード
80530
  • 正社員
  • 既卒可

丸西産業(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
長野県
資本金
3,000万円
売上高
104億1,100万円(2016年6月期)
従業員
172名(正社員73名)
募集人数
1〜5名

私達の役割は農業コーディネーター。お客様と生産現場を直接結び、計画から生育状況の把握、販売環境に即した収穫指示まで行う、受注生産型儲かる農業を作り上げました。

19卒採用開始しました。【エントリー受付中】 (2018/03/01更新)

説明会も随時、行いますのでぜひご予約をお願い致します。

会社紹介記事

PHOTO
「仕事が楽しい!」と笑顔で話す若手社員のみなさん。平均年齢も若く、社内には活気があふれている。様々なことにチャレンジできるのも丸西産業の魅力だ。
PHOTO
農家さんの良きパートナーとして、作付計画、肥料設計、生育状況の把握などを行う「農業コーディネーター」。農家さんの笑顔が原動力となり、自身も大きく成長できる。

活気ある農業の未来に。「農業コーディネーター」として新たな時代を創造します

PHOTO

「私たちは農家さんの応援団。『農業が好き』『農家さんが好き』という想いを持っている方は、一度話を聞きに来て下さい。魅力的な毎日が待っていますよ」と山下社長。

「日本の農業を元気にしたい」。これが丸西産業の強い願いです。

近年、日本の食料自給率は40%前後を推移し、第一次産業である農業も衰退の一途を辿っています。そうした状況を打開する方法は「生産者が儲かる農業」の仕組みを作ること。後世へと継承できる「強い農業」の実現を目指し、当社は食と農をつなぐ架け橋として様々なビジネスを展開しています。

元来、丸西産業は肥料・農薬・飼料や農業用品の販売を主軸とする会社でした。転機となったのは平成元年。川上村でレタス栽培を行う4軒の農家さんとの出会いがきっかけです。「畑に有機質を戻し美味しいレタスを作りたい」と土作りから始めたグループの活動を応援し、栄養価の高い美味しいレタスが完成したのです。
心を込め作り上げた質の良い野菜。だからこそ「適正価格で販売したい」という農家さんの想いを受け、我々も立ち上がりました。既存の流通にはない販売ルートを模索し、コンビニエンスストア向けの「契約栽培」という新たなビジネスを誕生させたのです。

当社がお客様と生産現場を結び、作付計画に従い、種まき、収穫を行います。価格が事前に決定しているため、農家さんには市場に左右されない収入を確保し、同時に企業には継続的な供給が可能となりました。その後、全国へ産地を広げ、産地リレーによって、365日、安全で美味しい野菜が納入できるシステムを構築したのです。みなさんが日ごろ手にするコンビニのサラダやファミリーレストラン、ファーストフードのレタス・キャベツなどの野菜。その多くが当社のシステムにより流通されています。

また平成10年より力を注いでいるのが、地元の農家さんとタイアップした農産物の加工販売です。フルーツのカット工場を設立し、傷のついた果実をカットフルーツやドライフルーツへと加工・販売するビジネスも展開しています。

こうした取り組みが軌道に乗り、当社は20年間で売り上げを約3倍に伸ばしました。 また、このシステムにより売り上げが好調に推移している農家さんも数多くいます。戦略的に「ビジネスとしての農業」が可能となるのもこのシステムの利点です。

農業の改新、その一翼を担うために当社にはまだ取り組むべきことがたくさんあります。 豊かで活気あふれる農業の未来のために。飛躍を続ける当社で、あなたの力を発揮してみませんか。

<代表取締役 山下大輔>

会社データ

プロフィール

【 ビジネスとしての農業 】

私達の役割は「農業コーディネーター」。

当社は、お客様と生産現場を直接結び、ニーズにあった作付計画から生育状況の把握、

販売環境に即した収穫指示まで、徹底的な指導します。

情報の共有、生産効率の追求を生産者とともに行うことによって、

お客様も喜ぶ受注生産型儲かる農業を作り上げました。

事業内容

PHOTO

農業コーディネーターとして、レタスほ場の巡回中。生育状況や病気・虫の情報などを生産者と共有し、今後の販売戦略に緻密に反映させていくよう、毎日実施しています。

◇野菜など青果物の販売

コンビニ、ファミレスの発展により、業務用野菜の需要が急拡大した結果、
365日、1日も切らすことなく作物を安定供給するニーズが生まれました。

当社社員は「農業コーディネーター」として、そのニーズを綿密に分析し、
販売先に安定供給を約束します。

天候不良時でも、契約通り安定的に供給をして、責任を果たしてきました。
その実績をお客様に信頼いただいた結果、販売先・販売量ともに増加し、
売上日本一の外食産業や、大手スーパーの取扱量も増加しています。

外食産業やスーパーなど、すべての販売計画に基づき、
作付計画を作成し、計画通りの種撒き・苗植えを確認し、生産を指導し、
日々の注文に基づいた収穫指示までをしっかりとサポートします。


◇肥料、農薬、農業資材、飼料の販売

安全でおいしい野菜を作るために、一番必要なことは土づくり。
土壌検査室を社内に有し、畑の土を分析し、それぞれの畑にあった肥料を提案し、
生産者の求めるこだわりの野菜作りをサポートします。
本社郵便番号 395-0823
本社所在地 長野県飯田市松尾明7581-1
本社電話番号 0265-22-3085
資本金 3,000万円
従業員 172名(正社員73名)
売上高 104億1,100万円(2016年6月期)
事業所 【本社】         長野県飯田市
【農産センター】     長野県飯田市
【カットフルーツ工場】   長野県下伊那郡高森町
【川上支店】        長野県南佐久郡川上村
【茨城支店】        茨城県結城郡八千代町
【熊本支店】       熊本県八代市
【静岡出張所】       静岡県榛原郡吉田町
【鹿児島出張所】      鹿児島県鹿児島市
契約農家・契約栽培面積 長野県   50戸
茨城県   30戸
熊本県   20戸

  など

当社の品目別契約栽培面積
レタス      700ha
キャベツ     300ha
非結球レタス  150ha  など


ちなみに…全国の都道府県別レタスの栽培面積は、
1位 長野県 5860ha
5位 群馬県 1020ha  です
沿革
  • ・明治10年(1877)
    • 飯田市にて和紙問屋を開業
  • ・明治末期
    • 肥料(菜種粕、大豆粕、魚粕)販売を開始
  • ・昭和22年(1947)
    • 統制経済がはずれ、肥料販売を再開
  • ・平成元年(1989)
    • 川上支店開設
  • ・平成 2年(1990)
    • 農産事業部設立
  • ・平成 8年(1996)
    • 農産事業部、レタスの通年供給システムを完成
  • ・平成10年(1998)
    • フルーツカット工場TASPASSを開設
  • ・平成17年(2005)
    • 茨城出張所を開設(現 茨城支店)
  • ・平成20年(2008)
    • 熊本出張所を開設
  • ・平成27年(2015)
    • 本社移転新築
平均勤続勤務年数 6.6年(2016年12月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 24時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.4日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 【女性】取得対象者数:2人 
【男性】取得対象者数:0人 
(2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 【女性】取得者数:2人
【男性】取得者数:0人
(2016年度実績)

採用データ

取材情報

農と食を通して「笑顔」を創りたい
丸西産業で活躍する3人のキーパーソンが仕事の魅力を語る
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 長野県飯田市松尾明7581-1 〒395-0823
総務部 採用担当 原
電話:0265(22)-3085 Email:saiyo2018@taspass.com
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp80530/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
丸西産業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ