最終更新日:2018/6/8

マイナビ2019

マイナビコード
80678
  • 正社員

(株)秦商事

現在、応募受付を停止しています。

本社
徳島県
資本金
5,000万円
売上高
単体:36億5,118万円(2017年12月期) グループ全体:44億3,101万円(2017年)
従業員
単体:63名 グループ全体:81名(2017年3月現在)
募集人数
1〜5名

「四国で豊かに働き、暮らす」無限に広がるビジネスチャンスを形にし、ともに成長しましょう!

募集終了のお知らせ (2018/06/08更新)

この度は、弊社のページをご覧頂き、ありがとうございました。
2019年度新卒募集を終了致しましたので、こちらにて通知させて頂きます。
募集を再開する際には、こちらにてご連絡させて頂きます。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「自らが携わった完成した建物を見るとなんとも言えない満足感が生まれます」(営業担当)
PHOTO
働きやすい環境づくりのために、社員自らがミーティングを行い、5Sなど様々な改善提案を行います。

四国で大きな仕事ややりがい、そして夢を持って働ける環境とは――。

PHOTO

四国で働き、暮らしたいとIターンで入社しました。初めて生活する土地ですが、優しい先輩に囲まれ、楽しく働いています!

四国で働くことについて、どのようなイメージを持っていますか?
多くの方は、大きな仕事ややりがいのある仕事は首都圏にあり、四国では夢を持てる、挑戦ができる仕事があまりない…と思っているかもしれません。
しかし、現在でも四国には多くの人が住み生活している社会があり、その社会は様々な企業を必要とします。学生の皆さんには知られていないけれど、地域社会を支えている元気な企業が四国には数多くあります。

また、四国で育った方は首都圏にはない人間関係のつながりや温かさ、豊かな自然環境に囲まれた暮らしやすさを実感したことがあると思います。
私たちは、そのような四国で大きな挑戦や夢のある仕事を実現すること、豊かに暮らすことの両立を目指しています。

当社は創業から現在までの約70年、四国の地でお客様やお取引先に育てて頂きました。近年はビジネスも急速にグローバル化していますが、グローバル企業であっても成功している企業はそれぞれの国や地域に密着したビジネスを展開しています。
育ててもらった四国という地域にこだわり、四国に密着することでニーズを掴み、今後も四国の地で成長していくことを目指しています。

会社データ

プロフィール

無限の可能性を秘める商社の力

◆商社の役割とは
「モノが必要なお客様」と「モノを売りたいお取引先」の双方のニーズを商品(モノ)を通じてつなぐことが大きな役割です。ニーズがある限り商社の可能性は無限大に広がっていきます。

――商社だからこその強み
多種多様な商品を取扱えることが強みの一つです。お客様からのご要望は多種多様です。それぞれの商品について、用途・価格・納期等の特徴を把握することで、多くの商品の中からお客様のニーズにあわせた最適な組み合わせをご提案しています。

◆商社として目指す姿

――自分のファンになっていただく
お客様のご要望に最適な提案で応えることができる商社が、世の中で必要される商社だと考えています。そのためには何よりもお客様のニーズを把握することが必要ですが、お客様から「あなただから相談したい」と言っていただける信頼関係を構築できなければニーズを把握することはできません。営業職・業務職に関わらず、日々の仕事の中で「自分のファン」になって頂ける様、お客様との信頼関係づくりを大切にしています。

――お客様の問題解決のために
お客様から「この商品が欲しい」と言われることも多いですが、「こういうことをしたいので必要な商品を教えて欲しい」と言われることも多くあります。例えば、工事に使用される商品の見積りなら、図面を頂いて必要な商品を拾い出した上、お客様の予算や納期、要求される品質にあわせて商品の組み合わせを考え、ご提案させて頂きます。お客様のニーズを把握すると同時に、お取引(仕入)先の商品の特徴を理解し、新しい機能を持つ新商品や今まで取り扱ったことのない商品に対しての知識を深めることで、お客様の問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

――新しい市場へ
当社では毎年のように新しい商品の取り扱いを増やしています。お客様のニーズに合わせて、どんな商品が必要なのかを考え、お取引先とも連携しながら、新たな商品を提案することで、新たな市場や需要を開拓することも商社の大切な役割の一つです。

お客様の問題解決を通してお客様やお取引先との信頼関係を深めていく。それが新しいニーズの発掘につながり、そのニーズが形となり成果へとつながる。とてもワクワクする仕事だと思いませんか?

事業内容

PHOTO

お客様と信頼関係を築くことで、お客様のニーズを的確にとらえ、お客様にとって最適な提案を行っています。

――ニーズとともに成長を続ける
当社は1946年にゴム製ベルトやホースを取り扱う小さな商店として徳島で創業しました。その後、お客様のニーズにあわせて商品ラインナップを増やすことで、「管工機材」「住宅・設備機器」「工業用ゴム製品」「建築・土木資材」を取り扱う“資材の専門商社”として現在の姿に成長してきました。
専門分野に特化し、数万点にも及ぶ商品を取り扱うことで、一般住宅建築から病院や工場などの大型施設工事、土木工事、メーカー、電力会社まで幅広いお客様の多様なニーズにお応えすることが出来るようになりました。これからも新たなニーズを発掘し、商品ラインナップの更なる拡充を目指していきます。

――徳島から四国全域へ
1971年に香川に高松営業所を開設、2013年には愛媛・高知の地元のパートナー企業としてタッグを組むことで、四国全域をネットワークする営業物流体制を構築しました。更に2014年には高松に本社と同規模・同機能を持つ新社屋を完成させ、高松支店として移転。2016年からはタケダ株式会社(松山市)がグループ会社となり、四国エリアでのより強い事業基盤づくりに注力しています。今後は、四国四県のネットワークをより強固なものにすることで、四国でより存在感のある商社を目指していきます。

――「人材」が最も大切
お客様のニーズを掴み、お応えしていく、自分のファンになってもらうことは人にしかできないことです。そのため当社では、CS(顧客満足度)と同じ様に、ES(従業員満足度)を大切に考えています。働く人が満足感や充実感を感じることが、より良い顧客サービスにつながると考え、ワークライフバランスの実現や一人ひとりの成長をサポートする環境づくりに取り組んでいます。
本社郵便番号 770-8001
本社所在地 徳島県徳島市津田海岸町7−7
本社電話番号 088-663-2010
創業 1946(昭和21)年9月11日
設立 1950(昭和25)年1月11日
資本金 5,000万円
従業員 単体:63名
グループ全体:81名(2017年3月現在)
売上高 単体:36億5,118万円(2017年12月期)
グループ全体:44億3,101万円(2017年)
売上高推移(単体) 32億2,945万円(2016年12月期)
33億9,619万円(2015年12月期)
34億4,938万円(2014年12月期)
32億4,173万円(2013年12月期)
32億1,149万円(2012年12月期)
27億2,980万円(2011年12月期)
事業所 徳島(本社)/徳島市津田海岸町7-7
高松/高松市国分寺町新名45-1
松山/松山市今在家町78-4
主要取扱メーカー ◆管工機材
〜ビルや工場などの空調設備や水まわりに必要なパイプ・バルブなど〜
新日本製鐵住金、積水化学工業、アロン化成、リケン、東洋バルヴ、キッツ、ダイドレ、多久製作所 ほか

◆住宅・設備機器 
〜トイレ、ユニットバス、給湯器、ポンプ、タンク、空調機器など〜
LIXIL、リンナイ、積水アクアシステム、荏原製作所、ダイキン工業 ほか

◆工業用ゴム製品
〜機械用の高圧ホースや工場で使用されるコンベヤベルトなど〜
ブリヂストン、バンドー化学、カナフレックスコーポレーション ほか

◆建築・土木資材
〜地震から人や建物を守る免震ゴム、オフィスの床や下水道用資材など〜
ブリヂストン、積水化学工業、カナフレックスコーポレーション、アロン化成、三洋工業 ほか
主要納入先 (株)大林組、西松建設(株)、(株)タダノ、高砂熱学工業(株)、ダイダン(株)、電源開発(株)、他大手ゼネコン・設備会社、地場土木・建築・設備会社、メーカー、販売店など多数
※建設会社/設備会社からメーカー/電力会社など、幅広い業種/規模のお客様とお取引させて頂いている点が弊社の特徴の一つです。
主要納入物件 ◆徳島
文化の森、アスティとくしま、そごう、徳島県庁、阿波市庁舎、徳島空港、徳島グランヴィリオホテル、XIV(エクシブ)鳴門、阿波銀行、徳島銀行、徳島赤十字病院、徳島市民病院、県立中央病院、県立三好病院、県立海部病院、徳島大学病院、吉野川医療センター、四国大学、徳島文理大学、県立鳴門体育館、城東高校体育館、日亜化学工業、王子製紙、橘湾火力発電所

◆香川
高松シンボルタワー、阪大微生物研究会(観音寺研究所)、香川合同庁舎、香川県民ホール、県立中央病院、高松赤十字病院、香川大学病院、三豊総合病院、善通寺病院、坂出市民病院、回生病院、小豆島中央病院

◆愛媛
高島屋、東雲女子大学、松山大学、クラレ、愛媛新聞社、三浦工業、国立四国がんセンター、県立中央病院、愛媛大学病院、西予市民病院、八幡浜市民病院、住友別子病院

◆高知
黒潮アリーナ、四国銀行、高知地方裁判所、高知電気ビル、高知医療センター、高知大学病院、近森病院、土佐市民病院
沿革
  • 昭和21年
    • 徳島市八百屋町において創業
  • 昭和25年
    • (株)秦商店を設立
      各種ベルト・ゴム製品・伝導部品の販売を開始
  • 昭和37年
    • 秦商事(株)に社名変更し、徳島市通町に本社を新築移転
      ポリエチレンパイプ水道部品の販売、及びコンベアベルトの販売加工を開始
  • 昭和41年
    • 徳島市昭和町に本社を新築移転
      油圧ホース・防舷材・コンベアベルトの販売を拡充
  • 昭和46年
    • 高松市香西南町に高松営業所開設
      香川での販売体制を拡充
  • 昭和55年
    • 本社を徳島市沖浜に新築移転
  • 昭和59年
    • (株)秦商事に社名変更
  • 平成 8年
    • 創業50周年
  • 平成10年
    • 徳島市津田海岸町に管材事業部として社屋・倉庫を新築
      管工機材・住宅設備機器の販売を拡充
  • 平成14年
    • 本社を徳島市沖浜から津田海岸町に移転・統合
  • 平成18年
    • 創業60周年
  • 平成24年
    • 愛媛物産(株)と業務提携
  • 平成25年
    • (株)アサオカと業務提携
      四国全域をネットワークする営業物流体制を構築
  • 平成26年
    • 高松市国分寺町に社屋・倉庫を新設・移転
      高松営業所を高松支店へ昇格
  • 平成28年
    • タケダ(株)をグループ化
      創業70周年
平均勤続勤務年数 ◆平均勤続年数
11年
◆従業員の平均年齢
36.6歳(男性:38.3歳、女性:29.4歳)
※2017年4月時点
月平均所定外労働時間(前年度実績) 41.8時間(2017年度実績)
※時季や部門によってバラつきがあります。ワークライフバランスを実現するため、最適な人員配置や業務効率化等の施策により所定外労働時間の短縮に取り組んでいます。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 全社員平均:7.9日(2017年度実績)
※ワークライフバランスを実現するため有給休暇の取得率向上に取り組んでいます。グループリーダーへの取得決済権の委譲や半日有休制度、計画有給制度等を導入することで有給休暇が取得しやすい環境づくりを進めています。
前年度の育児休業取得対象者数 2名(うち女性0名、男性2名 2017年度実績)
4名(うち女性1名、男性3名 2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(うち女性0名、男性0名 2017年度実績)
1名(うち女性1名、男性0名 2016年度実績)
※育児休業取得の1名は女性で2015年6月出産後、2016年5月から復帰しています。
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 21%(19名中4名)
女性役員:1名 女性管理職:3名
※2018年3月時点

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)秦商事
〒770-8001 徳島市津田海岸町7-7
経営管理部 秦
TEL:088-663-2010
URL http://www.hatashoji.co.jp/
E-mail recruit@hatashoji.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp80678/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)秦商事と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ