最終更新日:2018/2/7

マイナビ2019

マイナビコード
82338
  • マイナビだけでエントリー

大橋珍味堂(株)

本社
滋賀県
資本金
2,000万円
売上高 
7億530万円(2016年3月)
従業員 
38名

覚悟はあるか。勇気はあるか。私たちは「時代を掴む新しい珍味メーカー」を共に目指せる方に期待しています!

会社紹介記事

PHOTO
世界から和食や日本製品が注目を浴びるなか、アジアを中心にアメリカ、ヨーロッパにも自社商品を展開。高品質のオンリーワン商品は評価され、年々市場を拡大しています。
PHOTO
年齢やキャリアを問わず、商品開発から営業、製造、事務まで全員があらゆる仕事に携わり、スキルアップできる環境。あなたの「やりたい!」をカタチにできる会社です。

仕事を通じて人間力を高め、全員が幸せな人生を歩める会社を目指して。

PHOTO

「私自身、第二の子育てという意識でみなさんと向き合っていきたい。お互いに本音で話ができ、助け合える仲間を求めています」と優しい笑顔で語りかける大橋専務。

―■企業ブランディングで、自分たちの想いや誇りをカタチに■―
大橋珍味堂は江戸時代に「茶善」という商店からはじまり、1960年から珍味メーカーとして自社ブランドを展開してきました。長年培ってきた高品質へのこだわりに、現代の生活スタイルやニーズを融合させたオンリーワン商品は、どの年齢層からも支持されています。
若い社員たちが育ち、第一線で活躍する今、全社員で企業ブランディングを進めていく方針です。「どんな会社にしたいか」「こんな商品や価値を世の中に提供したい」といった意見を出し合いながら企業理念や社会的役割を導き、商品やパッケージへとカタチにしていく。そのストーリーをお客様に伝えることで他社との差別化を図り、共感していただくことはもちろん、一人ひとりが誇りを持って仕事をしてほしいと思っています。
さらにオフィスは、効率や動線を考えた広々したレイアウトに一新。テーマ性を持たせたリフォームを実現しようとみんなで盛り上がっています。目の前の仕事だけにとらわれず、会社づくりにも参加したいという方を歓迎します。

―■失敗はナイスファイト!伸び伸びと働ける環境づくりを■―
「売れるかどうか」よりも「やってみたい」。当社がやる気を尊重するのは、失敗しなければ成功はないと考えるからです。思ったような結果が出なくても「ナイスファイト!」と声をかけ、自由に伸び伸びと働ける風土で、社内勉強会をはじめ、スキルアップやマネジメントに関する社外研修にも積極的に参加してもらい、社員の成長を支援しています。
入社1年目はわからないことが多く、壁を乗り越えなければいけない場面もたくさんあります。そのプロセスの中で考える力や問題解決力を身につけ、人の役に立つ喜びとやりがいを実感していく。仕事を通じて人間力を高め、みなさんには幸せな人生を歩んでほしいのです。そのための努力は惜しまず、家族の一員として接しながら、みなさんが当社で描く夢や目標の実現をサポートしていきたいと思っています。社員全員の幸せが会社の発展、地域への貢献につながると信じています。

専務取締役 大橋 和美

会社データ

事業内容
●珍味加工食品の企画、製造、販売
大橋珍味堂は、主力商品である乾燥珍味・要冷蔵珍味を通して、召し上がっていただいた方々に心から喜んでいただく事のできる商品とサービスの提供に努めています。

●“笑顔”は人の幸せの原点であり、皆が追い求めるもの。
当社に関わってくださる全ての方にその“笑顔”の関係が広がることを願ってやみません。食べた人に「美味しい」と喜んでもらうことや、お客さま・取引先さまに「御社と取引してよかった」と喜んでもらうことにより、社員さんや社員さんの家族、また社員さんに関わる人々が幸せになるような関係を築き、企業として成長していくことを目指しています。
本社郵便番号 521-1212
本社所在地 滋賀県東近江市種町1717
本社電話番号 0748-42-2051
創業 1953年
設立 1973年
資本金 2,000万円
従業員  38名
売上高  7億530万円(2016年3月)
主な取引先 平和堂、空港売店、駅売店、高島屋、東急ハンズ、イオン、ミニストップ、アマゾンジャパン など
平均年齢 33歳
沿革
  • 1830年(天保元年)
    • 茶葉の小売業として開業した「茶善」は地域の皆さまに親しまれていた。
  • 1953年
    • 第二次世界大戦終結後
      満州より帰国した先代大橋善一が醸造用品を販売する大橋商店を開業
      営業品目:醸造用品販売/店主:大橋善一
  • 1960年 5月
    • 大橋珍味堂創業
      営業品目:珍味製造販売/店主:大橋善一
  • 1973年 4月
    • 「大橋珍味堂(株)」設立
      営業品目:珍味製造販売、食料品卸売
      代表取締役:大橋善一/資本金:200万円
  • 1994年 4月
    • 3階建新社屋建設(事務所、工場/500坪)
  • 1997年 1月
    • 関連会社「ハコダテフーズ(株)」設立
      2階建新社屋建設(事務所、工場)
      所在地:北海道函館市
  • 2000年 5月
    • 代表取締役に大橋史和就任
  • 2003年
    • ハコダテフーズHP開設
      大橋珍味堂HP開設
  • 2006年 3月
    • 資本金2,000万円に増資
  • 2007年5月
    • 滋賀県食品衛生協会による食品衛生優良施設として表彰
  • 2007年11月
    • 農林水産省主催の『World of India 2007』に出展
  • 2010年5月
    • 優良安全施設として表彰
  • 2011年10月
    • KES取得活動開始
  • 2013年8月
    • KES・環境マネージメントシステム・スタンダードステップ1取得
  • 2016年1月
    • 滋賀県食品自主衛生管理認証取得S-HACCP
  • 2017年
    • 食品表示管理士検定 (2名合格)
      食品高度衛生管理認証取得
      FOODEX JAPAN(千葉幕張メッセ)にて
      OTUMAMIJAPANKANNPAIJAPANNベストマッチング金賞受賞
      よしもとシュフラン金賞受賞
  • 2017年12月
    • 販売管理システム入れ替え
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

大橋珍味堂(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
大橋珍味堂(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

今からはじめる就活準備!

就職活動本番まで残りわずかとなりました。
3月から良いスタートダッシュを行うためには、「今」何をするのか、どのように動くのかが重要。

やりたい仕事が決まっている方は検索

3月エントリーする企業を検討リストに入れよう

アプリで簡単に企業研究、企業やメッセージを管理しよう

ページTOPへ