最終更新日:2018/3/8

マイナビ2019

マイナビコード
8240
  • 正社員
  • 既卒可

(株)栗原弁天堂

本社
埼玉県
資本金
1,110万円
売上高
75億7,200万円(2017年12月現在)
従業員
66名(男子55名、女子11名 2017年12月現在)
募集人数
1〜5名

農業に欠かせない農業用薬品を主体とする商社として、提案型の営業で業界をリード。自然との「共生」をキーワードに、農業の活性化に貢献していきます。

エントリー随時受付中です! (2018/03/01更新)

当社へアクセス頂きありがとうございます。(株)栗原弁天堂 採用担当です。

4、5月に会社説明会を実施予定です。ご興味のある方はまずはエントリーを
お願い致します。

皆さまのご応募心よりお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
埼玉県熊谷市に本社を構える栗原弁天堂は2014年に創立90周年を迎えた老舗企業。関東を中心に、農薬用薬品や肥料等の卸販売で日本の農業を支えています。
PHOTO
ベテラン社員の知識と経験、新入社員の新しい発想。どちらも会社にとって必要不可欠であると考え、役職や年次を問わず盛んな意見交換が行われています。

十人十色の営業スタイル。自分らしさを表現できるフィールドがここにある

PHOTO

「各々の裁量で仕事を進められるので、総合力が身に付く環境です」と小林さん(左)「私も初めは知識ゼロでした。先入観を持たず挑戦してほしいです」と濱尾さん(右)

父親が農家を営んでいたこともあり、農薬や肥料面から今後の日本の農業を活性化していく力になれればと考え、2012年に入社しました。
入社後は埼玉支店に配属され、2016年からは群馬支店の営業として小売店や肥料店を対象とした営業活動を行っています。午前中は電話対応や訪問経路の確認などオフィスワークを中心に行いますが、準備が整い次第、配送を兼ねて、お客様を訪問していきます。
数ある卸販売会社の中から当社を選んでいただくために、重要となるのは営業力。価格を下げて販売することは営業でなくてもできる仕事です。「小林さんから買いたい」、そう言っていただくために、季節によって変化する害虫や病気の対策方法などの情報提供をしたり、また分からないことは逆に教えていただいたり、日々のやり取りの中で信頼関係を構築してきました。
その関係性の築き方は、先輩社員たちを見習って身に付けてきたものです。私もこれからは教わる立場から教える立場に変わっていきます。先輩から学んだことを後輩に伝えていき、会社としても「農業と言えば栗原弁天堂」と言っていただける様な存在になっていきたいですね。
<群馬支店 営業 小林孝平>

2016年に入社し、2カ月の研修期間を経て埼玉支店の営業として配属されました。配属後は先輩に同行しながら仕事を覚え、昨年10月からは一人でお客様の元へ伺っています。当社では仕事の進め方など各々の裁量に任せてもらえるので、独り立ちをして自分のスタイルで仕事が出来ることをとても嬉しく感じました。
業務やビジネスマナーなど、社会人として大切なことは全て先輩たちから学んできました。自分自身でも学生時代と比べ、話の聞き方や臨機応変な対応力が身についてきたと感じています。
商品などの知識や営業能力ではまだまだ先輩方には及びませんが、自分の強みとなるのは「元気」だと思っています。どんな時でも全力で元気でいたい。その思いがお客様にも伝わり、「濱尾が来てくれた日は1日楽しく仕事が出来るよ」と、言っていただけたら嬉しいですね。自分の強みを生かしながら、今後は知識面でも更なる武器を作っていきたいです。
また、当社は個人の意見を柔軟に受け入れてくれる、非常に風通しの良い環境です。自分の思いを伝えることで、会社の未来へ向けても貢献していきたいと思っています。
<埼玉支店 営業 濱尾 凌>

会社データ

プロフィール

栗原弁天堂は、『みのり豊かな、そして緑豊かな日本』 を合言葉に、「農業分野」、「緑化分野」における農薬の有用性と、安全性を常に傍らに置き、使命感を持って仕事に取り組んでいます。

当社の売上高は、農業用薬品を主とする卸販売の業界内において、ここ数年来高い水準にて推移しています。卸売業は「仕入先」および「販売先」、両者とのコミュニケーションにより多くの情報が集まります。当社の営業職は、基本的技術を踏まえて情報を消化し、農薬の専門家であるコンサルタントとして取引先の営業活動を支援しています。当社のモットーは「新しい価値観を生み出すこと」であり、取引先のニーズにも最大限応えられるよう努力をしています。

社員は、努力を怠らず明るく元気に前向きな姿勢で仕事をしています。
上司との距離も近く、「のびのび」と働き、居心地の良さも自慢です。
離職率が低いだけでなく、平均勤続年数は19.2年と、長く働ける環境が
整っています。

事業内容
1)農業用薬品の販売
2)園芸用資材の販売
3)肥料の販売
4)工業用薬品の販売
5)病害虫及び除草防除の請負  他
本社郵便番号 360-0023
本社所在地 埼玉県熊谷市佐谷田2967-1
本社電話番号 048-522-5335
創業 1924年3月 (大正13年3月)
設立 1952年4月
資本金 1,110万円
従業員 66名(男子55名、女子11名 2017年12月現在)
売上高 75億7,200万円(2017年12月現在)
事業所 埼玉県熊谷市、群馬県前橋市、栃木県宇都宮市、茨城県古河市、千葉県富里市
売上高推移 73億8,200万円(2016年12月)
70億9,300万円(2015年12月)
70億5,100万円(2014年12月)
72億6,200万円(2013年12月)
70億8,200万円(2012年12月)
株主構成 (株)アグネスホールディングス
主な取引先 【仕入先】
アグロ・カネショウ(株)、石原バイオサイエンス(株)、OATアグリオ(株)、
小西安農業資材(株)、サンケイ化学(株)、シンジェンタジャパン(株)、住友化学(株)、ダウ・ケミカル日本(株)、
日産化学工業(株)、日本曹達(株)、日本農薬(株)、バイエルクロップサイエンス(株)、BASFジャパン(株)、
丸和バイオケミカル(株)、三井化学アグロ(株) 他

【販売先】
全農、JA、種苗店、園芸店、肥料店、ホームセンター、ゴルフ場、官公庁 その他小売店
平均年齢 38.1歳
平均勤続年数 19.2年
沿革
  • 1924年 3月
    • 医薬品・農薬品販売を主体とする弁天堂薬局を創業
  • 1952年 4月
    • (株)弁天堂薬局に改組設立
  • 1964年12月
    • 商号を(株)栗原弁天堂に変更
  • 1966年 5月
    • 埼玉県熊谷市に農薬事業部・熊谷営業所開設
  • 1969年11月
    • 茨城県下妻市に農薬事業部・下妻営業所開設
  • 1977年 8月
    • 群馬県前橋市に農薬事業部・前橋営業所開設
  • 1979年 4月
    • 栃木県宇都宮市に農薬事業部・宇都宮営業所開設
  • 1984年 8月
    • 農薬事業部本部・熊谷営業所を熊谷市佐谷田に移転
  • 1989年 4月
    • 千葉県成田市に農薬事業部・成田営業所開設
  • 1993年12月
    • 下妻営業所廃止、境営業所新設(茨城県猿島郡境町)
  • 2004年 9月
    • 医薬事業を東邦薬品(株)に営業権譲渡
  • 2004年10月
    • 本社所在地を埼玉県熊谷市佐谷田2967番地1に移転し、
      農薬事業専業の卸となる。
      各営業所の名称を、埼玉支店、群馬支店、栃木支店、
      茨城支店、千葉支店に変更
  • 2005年10月
    • 茨城支店を(茨城県古河市)に移転
  • 2005年11月
    • 千葉支店を(千葉県富里市)に移転
  • 2009年 9月
    • 岩渕農薬(株)と業務提携
  • 2010年 1月
    • 2010年 1月 岩渕農薬(株)と共同持株会社
      『(株)アグネスホールディングス』を設立
  • 2014年 3月
    • 創業90周年となる
  • 2017年11月
    • 群馬支店を同じ前橋市内に移転。
平均勤続勤務年数 19.5年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 18時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 4日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 7名(男性6名 女性1名)
前年度の育児休業取得者数 3名(男性2名 女性1名 2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 埼玉県熊谷市佐谷田2967番地1
総務部 横田
TEL:048-522-5335
URL http://www.kuriben.co.jp/
E-mail t-yokota@kuriben.co.jp
交通機関 JR高崎線熊谷駅または行田駅より、車で約5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp8240/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)栗原弁天堂と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ