最終更新日:2018/5/16

マイナビ2019

マイナビコード
82693
  • 正社員

(株)登米村田製作所

本社
宮城県
資本金
1億1,000万円
売上高
1兆1,355億円(2017年3月期 村田製作所 連結) ※単体売上高については非公開
従業員
507名(2018年1月時点)
募集人数
6〜10名

宮城から世界へ!電子機器に欠かせない巻線インダクタを生産、世界トップクラスのシェア!

2019年卒 エントリー受付スタート!! (2018/04/06更新)

◆ 新卒採用のお知らせ ◆

こんにちは。登米村田製作所の採用担当です。
この度は多くの企業様の中から、弊社企業ページを
ご覧いただきまして、誠にありがとうございます!

当社の選考へ進むには会社見学会への参加が必要です。

見学会では、先輩社員も出席して仕事内容や特徴をご説明させていただきますので
是非当社へお越し下さい。
お会いできるのを楽しみにしております!

(株)登米村田製作所ホームページ
 http://www.murata.co.jp/tomemurata/

皆さんからのエントリー、お待ちしています!!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
当社は、国内外100社以上の連結子会社、及び、関係会社を擁する総合電子部品メーカー「(株)村田製作所」のグループ企業として、2000年の1月より操業を開始しました。
PHOTO
毎年恒例の新春パーティーを開催しました。

総合電子部品メーカー「(株)村田製作所」のグループ企業です。

PHOTO

取締役工場長 瀬田 邦仁

当社はスマートフォンに代表される移動体通信機器、デジタルAV機器、そして、電子化が進んできた自動車用部品などにおいて、欠くことができないノイズ対策部品「巻線チップインダクタ」を全世界のお客様にお届けしています。

当社が生産している最小サイズの製品は外寸「0.7×0.3mm」であり、ここに直径15マイクロメートル(髪の毛の太さは約50〜80マイクロメートル)の銅線がコイル状に巻かれています。コイル製品において必要な特性を得るためには、巻き数、巻きピッチの制御、および電極との接合を確実に行う加工技術が必要となります。これらを制御できる設備(巻線機)と最適な状態を維持する設備保全力に加え、材料においても材質・形状、銅線の絶縁皮膜材質・厚みなどを最適化する応用力、そして、極細線の扱いと製品の良否を判断する作業者の卓越した技能など、当社はこうした巻線技術によって成り立っております。

現在、私たちを取巻く環境は通信技術の急激な進展により、身の回りにある様々なモノがネットワークで繋がる時代となり、本格的な高度情報化社会の到来を迎えつつあります。当社が生産する「巻線チップインダクタ」は、このような社会の動勢にあってその実現のための一翼を担っているといえるものであり、益々欠かせない部品となっております。

私たちはこのような状況の下、「企業を通して、社会に貢献する喜びと誇りをもとう」といった、ムラタグループ創業の精神のもと、お客様に魅力的な品質の製品を提供するために、組織風土のより良き変化への図りとして、様々な活動を行っています。

この活動は社内での最適QCDの実現に向けたものに止まることなく、地域に目を向けた活動も活発に行っており、その一つである「森林保全活動」は、当社が協定を結んでいる森林の敷地面積としては、東京ドームの7.6倍もの広さを有しています。この全国的にもあまり例のない広さの面積に、私たちがこれまでの4年間で植栽した山桜の苗木の総数は「3,000本」を超える数となっており、この数だけを捉えても、当社の活動に対する熱意を感じて頂けると思います。

登米村田で働くことで、人が成長し、そして、様々なことから「社会に貢献する喜びと誇り」を知る。「ヒューマン・ファクトリー」登米村田製作所は、そのような会社でありたいと考えております。

会社データ

プロフィール

●スマートフォン等の電子機器に欠かせない巻線インダクタを生産、
 世界トップクラスのシェア
●世界最小クラスの巻線インダクタを生む世界最先端のモノづくり
●万全の教育体制で更なるスキルアップが可能
●充実した福利厚生で働きやすい職場環境を提供
●電子部品メーカー 村田製作所のグループ会社

事業内容

PHOTO

電子部品(巻線を利用したコイル)の設計開発/製造

【概要】
当社は世界で圧倒的なシェアを持つ電子部品メーカー「村田製作所」のグループ会社(生産会社)として、1998年2月に宮城県登米市に設立しました。

【当社の製品】
当社では巻線コイルを利用したチップインダクタ・ノイズ対策部品を生産しており、世界最先端の技術を有し、世界トップクラスのシェアを誇っています。
当社が生産する巻線コイルを利用した「チップインダクタ/ノイズ対策フィルタ」は、スマートフォン・タブレットPC・カーナビなど、数多くのエレクトロニクス製品に内蔵されており、電子機器の世界的な需要の拡大や自動車のエレクトロニクス化などの追い風を受け、毎年売り上げが拡大し、高水準の利益を確保しています。
特にノイズ対策部品は、電子機器の高機能化/小型化/無線化に伴い、世界中でニーズが高まっており、今後更なる成長が期待されます。
きっと、皆さんがお持ちの電子機器にも当社の製品が使用されています!!

【当社の技術】
当社で製造している製品で最も巻線コイルは、「0.7mm×0.3mm」という世界最小クラスのサイズです。
このサイズで用いる巻線の細さは「直径15マイクロメートル(0.015mm)」であり、これらを使いこなす生産技術、高精度なモノづくり力に加えて、巻線コイル生産量世界トップクラスの生産拠点として量産技術も兼ね揃えており、全世界のお客様より高い信頼を得ています。
郵便番号 987-0511
本社所在地 宮城県登米市迫町佐沼字中江4-11-1
本社電話番号 0220-22-3621
設立 1998年2月1日
資本金 1億1,000万円
従業員 507名(2018年1月時点)
売上高 1兆1,355億円(2017年3月期 村田製作所 連結)
※単体売上高については非公開
事業所 本社/宮城県登米市迫町佐沼字中江4-11-1 

★宮城県へのUターン・Iターン就職の方、歓迎します。

★登米市はこんな所/
宮城県県北、仙台・盛岡のちょうど中間で車で約70分の場所に位置しています。
当社は登米市の中心街の佐沼地区にあり、海・山ともに近く、休日もプライベートでも楽しめる立地です。

★新社屋/
2017年3月に「新社屋」竣工しました。より快適な職場環境で就業いただけます。
グループ売上高推移 2017年3月期:1兆1,355億円
2016年3月期:1兆2,108億円
2015年3月期:1兆435億円
2014年3月期:8,467億円
2013年3月期:6,810億円

※いずれも村田製作所 連結売上高
関連会社 国内/(株)村田製作所、(株)福井村田製作所、(株)出雲村田製作所、(株)小松村田製作所、(株)金沢村田製作所、(株)富山村田製作所、(株)岡山村田製作所など31社
海外/アメリカ、ブラジル、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス、オランダ、スイス、シンガポール、タイ、マレーシア、韓国、台湾、中国、香港など74社
平均年齢 39歳
沿革
  • 1998年2月
    • (株)登米村田製作所設立
  • 5月
    • ISO90002認証取得
  • 1999年7月
    • 全国安全衛生週間労働大臣進歩賞受賞
  • 11月
    • ISO14001認証取得
  • 2000年1月
    • コモンモードチョークコイルの生産開始
  • 2月
    • チップインダクタ (チップコイル) の生産開始
  • 2002年6月
    • QS9000認証取得
  • 2003年10月
    • ISO9001 (2000年度版) 認証取得
  • 2007年2月
    • 東北7県電力活用推進委員会委員長賞受賞
  • 10月
    • 一般財団法人日本緑化センター会長奨励賞受賞
  • 2008年2月
    • エネルギー管理優良工場等東北経済産業局長賞受賞
  • 10月
    • TS16949認証取得
  • 2013年2月
    • OHSAS18001認証取得
平均勤続勤務年数 11年(2016年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 9名(うち女性 9名、男性 0名 2016年実績)
前年度の育児休業取得者数 9名(うち女性9名、男性0名 2016年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒987-0511
宮城県登米市迫町佐沼字中江4-11-1
事務課総務人事係 採用担当 岸野、岩崎
TEL:0220-22-3621 (代表)
URL http://www.murata.co.jp/tomemurata/index.html
E-mail E-mail:tomejinji@murata.com
交通機関 【お車の場合】
東北自動車道 若柳金成インターより30分
東北自動車道 築館インターよりみやぎ県北高速幹線道路経由で25分
東北自動車道 古川インターより40分
三陸自動車道 登米インターより15分

【最寄り駅からのアクセス】
東北新幹線くりこま高原駅よりみやぎ県北高速幹線道路経由で車で20分
JR東北本線新田 (にった) 駅より車で15分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp82693/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
【有力企業グループ特集】村田製作所グループ

ページTOPへ