最終更新日:2018/11/6

マイナビ2019

マイナビコード
83572
  • 正社員
  • 既卒可

(株)菰下鎔断

本社
大阪府
資本金
2億160万円
売上高
91億円(2018年3月期)
従業員
164名
募集人数
1〜5名

業界の先駆者であり、トップシェアを誇る「鎔断(ようだん)」安定感バツグンの会社です!!

業界の先駆者であり、トップシェアを誇る「鎔断(ようだん)」安定感バツグンの会社です!! (2018/05/08更新)

こんにちは!
(株)菰下鎔断の採用担当です!

※「こもしたようだん」と読みます。

この度は、弊社採用ページをご覧いただきありがとうございます!

当社ではシステム開発・営業・設計・人事・秘書の募集を行っております。

本社勤務の重要なポジションです。



★☆理系・文系問わずエントリーを受付中!☆★
説明会・会社見学会も随時開催中です!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
創業83年目を迎えた当社。鎔断技術を戦前からいち早く取り入れ、時代のニーズに合わせて進化を続けてきました。
PHOTO
製品の品目は一万点以上。特殊な金属加工もこなせる高い技術力を持っており、多種多様な業界のクライアントから重宝される存在です。

経営の根幹部分を担う人財として育てます。自信ある方に飛び込んで来て欲しい。

PHOTO

昭和11年の創業以来、日本における自動精密鎔断業のパイオニアとして、一歩先を見つめた研究と技術開発で、大手企業様をはじめとした基幹産業の発展に貢献してきました。

当社は仕入れた金属を鎔断(ようだん)して販売するという
ちょっと珍しい事業を行っている会社です。

鎔断とは簡単に言うと、熱で切断すること。
創業83年目の当社ですが、
日本でいち早く鎔断技術を商売に取り入れた、
鎔断業界のパイオニア的な存在です。

鉄鋼の業界は、
独特な文化を持っていて、
学生の皆さんからすれば新鮮な世界だと思います。

永く続く業界の慣習はとても面白いものです。
そして、みなさんの新しい感覚が融合し、更なる発展できると
思うと、ワクワクしますね。

会社というものはどの会社も自分を良く見せようとするものです。
そして、たくさんの人に興味を持ってもらい選考していく。

当社は質実剛健と思って頂ければと思います。

実力がある会社なんです。

なじみのない鎔断という分野ですが、そもそもこの鎔断という言葉は
当社から生まれたものです。業界自体が当社から生まれたんです。
そして唯一無二の技術で永年の信頼を勝ち得てきました。

ですから磐石の安定力を誇っています。
その事により長い目で人を育てる事ができる。

自信を持ってウチに来て下さいと言えるんです。
まずはぜひ、一度会社にお越しになってください。

会社データ

プロフィール

★取引顧客数800社以上!
小ロットからでも販売可能な対応力と、特殊な加工もこなせる技術力を活かして、あらゆる業界に鎔断品を販売しています。どこか特定の業種に偏っていないので不況に強く、安定的な業績を維持してきました。

★創業83年!パイオニア的存在です!
戦前、日本でいち早く鎔断業をスタートした当社。業界内でも知らない人はいないくらい、高い信頼と実績を築いてきました。技術に対する研究も欠かさず、当社独自の技術力もあります。

★働きやすさ&社員教育を充実しています!
現社長は4代目。女性社長ならではの観点から、働きやすい職場環境づくりを徹底しています。教育面では、マナー研修から、技術研修、実務研修まで、幅広い研修が可能な研修棟の開設を、2018年4月に開設しました。

事業内容

PHOTO

鎔断から派生した様々な技術で、多種多様な業界のクライアントから評価を頂いています。

鎔断品、高圧継手品、ガラス鋼管の製造販売

【鎔断とは】
鉄に可燃ガスと酸素を高圧で吹き付け、1300度以上の熱で溶かしながら切断することを意味します。複雑で細やかな加工も可能です。多種多様な機械に使う部品のコストダウンや省力化に貢献する技術です。

【主な製品用途】
■産業機械(コンベヤ、プレス機械、破砕機など)
■造船(船舶ディーゼルエンジン、蒸気タービンなど)
■建機・土木機械(トンネル掘削機、クレーンなど)
■その他(車両、リニア、遊園地機械、原子力設備など)
本社郵便番号 597-0095
本社所在地 大阪府貝塚市港14番地の2
本社電話番号 072-432-0301
創業 1936年
設立 1951年
資本金 2億160万円
従業員 164名
売上高 91億円(2018年3月期)
事業所 ■本社/大阪府貝塚市港14番地の2
■北陸事業所/石川県能美市粟生町西132番地2
■玉野事業所/岡山県玉野市田井6丁目9番2号
■九州営業所/佐賀県三養基郡基山町大字小倉1030番2
■東京営業所/東京都墨田区千歳三丁目12-6
主な取引先 (順不動)
■JFEスチール(株)
■新日鐵住金(株)
■中部鋼鈑(株)
■東京製鐵(株)
■(株)中山製鋼所
■POSCO
■CSC
■三井造船(株)
■(株)椿本チエイン
■住友重機械工業(株)
■三菱重工業(株)
■川崎重工業(株)
■(株)栗本鉄工所他
関連会社 ■(有)鋼管ガラス
■高圧フランジ(株)
■井上金属工業(株)
■葵産業(株)
■(株)菰下精密鎔断
平均年齢 35歳
平均勤続年数 10年
沿革
  • 昭和11年 6月
    • 大阪市天王寺区生玉前町に精密鎔断工場を設立
  • 昭和15年 5月
    • 海軍軍需局の指定工場となる
  • 昭和16年 8月
    • 大阪市浪速区稲荷町に移転
  • 昭和18年 4月
    • 陸海軍監督工場に認可される
  • 昭和20年 3月
    • 戦災により大阪市東成区東今里町に工場移転
  • 昭和27年 4月
    • 本社を大阪市東成区深江中に移転、法人化(資本金80万円)
  • 昭和29年11月
    • スプロケット精密切断機を考案、歯型鎔断を始める
  • 昭和34年 1月
    • 大阪市東成区深江中に鎔断工場落成
  • 昭和37年 8月
    • タイヤー専用自動瓦斯切断機・特許第8371845号
  • 昭和37年 9月
    • プラズマ切断機を改良し、非鉄金属の精密鎔断を研究
  • 昭和39年11月
    • 東大阪市高井田西に鎔断工場を増設(第二工場)
  • 昭和40年 6月
    • (社)全国日本学士会よりアカデミア賞を受賞
  • 昭和42年 8月
    • プラズマ切断用ノズル用オリフィス・特許第42-52531号
  • 昭和43年 4月
    • 東大阪市高井田中にSC材の鎔断工場と機械工場を増設(第三工場)
  • 昭和45年 5月
    • 厚物専門工場として神奈川県高座郡綾瀬町深谷に神奈川工場を増設
  • 昭和47年12月
    • 定寸多量自動ガス切断装置・特許第924337号
  • 昭和50年11月
    • (社)大阪府知事より技能顕功章授与
  • 昭和51年11月
    • 労働大臣より卓越技能章授与
  • 昭和55年10月
    • 岡山営業所開設
  • 昭和58年 1月
    • 大阪市東成区深江北に大阪営業所を新設、現在地(大阪府貝塚市港)に本社・工場を新設移転
  • 平成 9年 3月
    • 九州営業所開設
  • 平成20年 3月
    • 大阪中小企業投資育成(株)出資により、資本金2億160万円に増資
  • 平成26年 6月
    • 井上金属工業(株)(兵庫県尼崎市)を株式取得によりグループ会社とする
  • 平成28年 8月
    • 東京営業所開設
  • 平成29年 3月
    • 葵産業株式会社をグループ会社とする
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間(前年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒597-0095
大阪府貝塚市港14番地の2
072-432-0369(総務部)
総務部 人事課採用担当
URL http://www.komoshita.co.jp/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp83572/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)菰下鎔断と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ