最終更新日:2018/9/19

マイナビ2019

マイナビコード
83586
  • 正社員

社会福祉法人中心会【中心荘第一老人ホーム/中心荘第二老人ホーム/えびな南高齢者施設/えびな北高齢者施設/コミュニティケアおおや/中心子どもの家/相模原南児童ホーム】

本社
神奈川県
資本金
社会福祉法人のため無し
経常活動収入
21億5,200万円(2017年度3月実績)
従業員
429名(正規職員197名、非正規職員232名)
募集人数
6〜10名

「あなたがいてくれて良かった」と思える街づくり。「ユニバーサル就労支援事業」「ライフサポート事業」など、地域における公益的な活動にも積極的に取り組んでいます。

  • 追加募集開始

【10月開催!】見学説明会のお知らせ 「先輩職員との座談会」好評開催中! (2018/09/19更新)

就職活動中の皆さん、
当法人のページをご覧いただきありがとうございます。
現在、2019年度のエントリーを受付中です。

平成30年10月の『見学説明会』を開催します!

説明会では、理事長による当法人の「歴史」や「強み」
などについてお話をしています。

また、先輩職員との座談会を設け、
ざっくばらんにお話して頂ける時間となっています。

ぜひ、お気軽にご参加ください!

▽当法人HPもぜひご覧ください▽
http://www.chusinkai.net/recruit/

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
ご利用者様からかけていただく”ありがとう”の言葉は、何よりの喜び。一人ひとりの心に寄り添うことを大切にしているからこそ、中心会の日常には笑顔が溢れている。
PHOTO
ご利用者様の視点に立つことを心がけ、福祉のプロとして高い理想を追求する中心会。職員同士が切磋琢磨しながら互いに成長することが、より良いサービスへとつながる。

中心会だからこそできる、意義ある仕事。

PHOTO

「学ぶための支援は惜しみません」という理事長の浦野さん。中心会では資格取得を全面的にサポートし、職員のスキルアップを図っている。

◆人の喜びと自分の喜びを重ね合わせる

教育機関は人を育て、社会に送り出します。
医療機関は人の病気をなおし、快適な生活ができるようにします。

では、介護施設の役割は何でしょう?

人生の時間には限りがあります。
誰もが最期のときを迎えます。

私たちの役割は、人生の貴重な時間を心豊かに過ごしてもらうこと。
無理をせず、心身の健康を維持向上できるようサポートすること。
それは、とても意義がある仕事です。

中心会で求めているのは、人の喜びと、自分の喜びを重ね合わせられる人。
そして、しっかりとした知識や技術を持ち、ご利用者様のために働ける人。

学ぶための支援は惜しみません。
介護福祉士、ケアマネージャー、社会福祉士などの資格取得にかかる費用は全額を私どもで負担するなど、全面的にあなたの成長をバックアップします。


◆公私ともに充実させるため、7日間の連続休暇が1年間に3回

私たちの仕事は、人の生活をサポートすること。
24時間365日、施設は休むことがありません。

だからこそ、職員はしっかりと休む必要があります。
中心会では、年度の初めにスケジューリングを行い、
職員全員に、7日間の連続休暇を、1年間で3回必ず取得できるように調整しています。

また、せっかく身につけたスキルや知識、キャリアを途中で諦めるということのないよう、
中心会では、出産・育児休暇を充実させ、数多くの職員が
この制度を利用して働いています。

また、中心会は特養(特別養護老人ホーム)、デイサービス、訪問介護など幅広いサービスを提供しています。独身のときは特養で働き、子育て中は昼間のデイサービスを担当するというふうに、一人ひとりのライフステージに合わせた働き方も可能です。

「ほかではできない意義ある仕事に取り組みながら、プライベートも充実させたい」。
その想い、中心会で実現してください。

《理事長 浦野 正男》

会社データ

プロフィール

戦後、海外から戻ってきた方や戦災孤児などの支援を行い、1953年に社会福祉法人としての認可を受けた中心会。
現在は、高齢者向け施設や児童養護施設の運営などを通じ、生活や家庭的な困難を抱える人たちをサポートしています。

地域社会において、さまざまな心身の障がいや生活環境上の問題を抱えている方たちに、適切で専門性のある養護・介護、およびこれに関連する諸サービスを提供しています。これらの活動を通じて、少しでも自身やご家族、隣人に、生きる喜びや誇りを持っていただけるような社会づくりに貢献することが、当法人の使命と考えます。

事業内容

PHOTO

【高齢者向け施設の運営】
■中心荘第一老人ホーム
特別養護老人ホームとして、長期入所サービスを提供しています。

■中心荘第二老人ホーム
重度認知症の方々の特別養護老人ホームとして、長期・短期でのサービス提供を行っています。また、認知症専門のデイサービスを提供しています。

■えびな南高齢者施設
「外部サービス利用型の特定施設」の養護老人ホームとして、自宅での生活が困難な65歳以上の方がご利用いただけます。また、特別養護老人ホームとして、長期・短期での利用およびデイサービスなども提供しています。  

■えびな北高齢者施設
全室個室で、プライバシーを重視した施設となっています。また、デイサービス・訪問介護サービスなども提供しています。

■コミュニティケアおおや
小規模多機能型居宅介護として、サービス付き高齢者向け住宅を併設しています。

【児童養護施設の運営】
■中心子どもの家
児童福祉法に基づく児童養護施設として、養護を必要とする児童に対し、心と体の両面のケアによる養護と自立支援を行っています。

■相模原南児童ホーム
児童養護施設と乳児院を一体で運営することにより、切れ目のない養育支援を行います。
事業推進本部総務部〒 243-0431
事業推進本部総務部住所 神奈川県海老名市上今泉4-7-1
本社電話番号 046-206-4427
設立 1953年
資本金 社会福祉法人のため無し
従業員 429名(正規職員197名、非正規職員232名)
経常活動収入 21億5,200万円(2017年度3月実績)
事業所 ・中心会事業推進本部
  神奈川県海老名市上今泉4-7-1
・中心子どもの家
  神奈川県相模原市中央区田名10125
・相模原南児童ホーム
  神奈川県相模原市南区新戸905-1
・中心荘第一老人ホーム
  神奈川県海老名市上今泉4-7-1
・中心荘第二老人ホーム
  神奈川県海老名市上今泉4-7-1
・えびな南高齢者施設
  神奈川県海老名市杉久保南3-31-6
・海老名南地域包括支援センター(えびな南高齢者施設内)
  神奈川県海老名市杉久保南3-31-6
・えびな北高齢者施設
  神奈川県海老名市上今泉4-8-28
・海老名北地域包括支援センター(えびな北高齢者施設内)
  神奈川県海老名市上今泉4-8-28
・コミュニティケアおおや
  神奈川県海老名市大谷南3-5-32
沿革
  • 1942年 4月
    • 陸軍士官学校留日学生支援の「留学生憩いの家 中心道場」として発足。終戦と同時に解散。
  • 1945年 11月
    • 恩賜財団同胞援護会本部直営「中心健康荘」として、1948年まで海外からの引き揚げ虚弱母子を収容。
  • 1948年11月
    • 戦災孤児等の保護を行うため、「児童養護施設中心学園」発足(定員30名)。
  • 1953年 8月
    • 社会福祉法人の認可を受け、「社会福祉法人中心会」として、中心学園を経営。
  • 1968年 6月
    • 「養護老人ホーム中心荘」を新設。
  • 1980年 6月
    • 「特別養護老人ホーム中心荘」を新設(短期入所事業の開始)。
  • 1985年 6月
    • 重度痴呆老人専用の「特別養護老人ホーム第二中心荘」を新設
      (短期入所事業、デイサービス事業の開始)。
  • 1991年 4月
    • 「わかばケアセンター」にて老人および身体障害者デイサービス事業の開始。
      中心学園にて神奈川県委託事業地域育児センター事業の開始。
  • 1992年 11月
    • 第二中心荘にてホームヘルパー派遣事業の開始。
  • 1998年 11月
    • 「児童養護施設中心学園」の相模原市移転改築。 「中心子どもの家」に名称変更。
  • 1999年 3月
    • 海老名市杉久保に「えびな南高齢者施設」を開設。
      「養護老人ホーム中心荘」を移転し、「えびな南養護老人ホーム」に名称変更。
      「えびな南特別養護老人ホーム」を新設。
  • 1999年 4月
    • 「えびな南高齢者施設」にてデイサービス事業、短期入所事業の開始。
      「えびな南高齢者施設」に老人介護支援センターを新設。
  • 1999年 5月
    • 「特別養護老人ホーム中心荘」を「中心荘第一特別養護老人ホーム」に名称変更。
      「特別養護老人ホーム第二中心荘」を「中心荘第二特別養護老人ホーム」に名称変更。
  • 1999年 10月
    • 「えびな南高齢者施設」にて居宅介護支援事業の開始。
  • 1999年12月
    • 「中心荘第一老人ホーム」にて居宅介護支援事業の開始。
  • 2000年 4月
    • 「中心荘第一老人ホーム」に老人介護支援センターを新設。「中心荘第二老人ホーム」のホームヘルパー派遣事業を「中心荘第一老人ホーム」へ移管。
      「えびな南高齢者施設」にて訪問介護事業の開始。
  • 2008年
    • 児童養護施設「中心学園」発足より60周年を向かえ法人の理念を見直し。
      ”あなたがいてくれて良かったと思える街づくり”を掲げる。
  • 2009年
    • 海老名市上今泉に「えびな北高齢者施設」開設。
      「えびな北特別養護老人ホーム」を新設(短期入所事業、居宅介護支援事業、訪問介護事業、訪問入浴介護事業の開始)。
  • 2011年
    • 2月 「 中心荘第二老人ホーム」にて認知症対応型通所介護事業の開始。
      3月 「わかばケアセンター」にてデイサービス事業の廃止。
  • 2012年 4月
    • 海老名市大谷南に「コミュニティケアおおや」を開設。
  • 2014年 4月
    • 相模原市に「乳児院 相模原南児童ホーム」「児童養護施設 相模原南児童ホーム」を開設。
平均勤続勤務年数 7年(2017年2月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 18時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 17日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 4名(うち女性3名、男性1名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 4名(うち女性3名、男性1名 2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 31%(13名中女性4名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 社会福祉法人中心会
〒243-0431
神奈川県海老名市上今泉4-7-1
 
TEL:046-206-4427
URL http://www.chusinkai.net/
E-mail honb@chusinkai.jp
交通機関 ■事業推進本部
■えびな北高齢者施設(見学説明会、選考試験会場)

共に、相鉄線「かしわ台駅」下車、徒歩約15分
小田急線「座間駅」下車、徒歩約15分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp83586/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人中心会【中心荘第一老人ホーム/中心荘第二老人ホーム/えびな南高齢者施設/えびな北高齢者施設/コミュニティケアおおや/中心子どもの家/相模原南児童ホーム】と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人中心会【中心荘第一老人ホーム/中心荘第二老人ホーム/えびな南高齢者施設/えびな北高齢者施設/コミュニティケアおおや/中心子どもの家/相模原南児童ホーム】 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
社会福祉法人中心会【中心荘第一老人ホーム/中心荘第二老人ホーム/えびな南高齢者施設/えびな北高齢者施設/コミュニティケアおおや/中心子どもの家/相模原南児童ホーム】と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ