最終更新日:2018/11/30

マイナビ2019

マイナビコード
84321
  • 正社員

(株)中国新聞システム開発

現在、応募受付を停止しています。

本社
広島県
資本金
5,000万円
売上高
11億9,761万円 ※2017(平成29)年3月期
従業員
63人(男性47人、女性16人)
募集人数
6〜10名

先進の技術と信頼でグローバル社会に貢献する!

採用担当からのお知らせ (2018/11/30更新)

第1回の募集に関する選考の日程はすべて終了致しました。
ご応募頂きました皆様、まことにありがとうございました。

第2回の募集実施についてはまだ未定ですが、エントリー頂いた皆様には実施が決定次第ご連絡致しますので、ご興味をお持ち頂きました方は是非エントリーをお願い致します。

何か質問等がございましたら随時受け付けておりますので、以下までご連絡ください。
================================
 TEL:082-295-6238
 e-mail:csd-info@c-system.co.jp
 採用窓口:滝本
================================

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
個人プレーではなくチーム全体で取り組むシステム開発が強み。真面目で堅実な社風を受け継ぎ、先輩社員は面倒見の良さにも定評があります。
PHOTO
一人で集中する作業はもちろん、周りとコミュニケーションを取りながら形にしていく作業など、毎日の仕事は多種多彩。様々な意見や発想から理想のシステムが生まれます。

文系・理系を問わず成長できる環境。システム開発のモノづくりで地域社会に貢献。

PHOTO

「私自身も開発職からシステムの保守業務などに携わってきました。一人ひとりの適性に応じた活躍ができるのも当社の魅力です。」

当社は中国新聞グループ会社のシステム部門として誕生。システム開発の専門会社として信頼を重ねながら、地元企業を中心に幅広い実績を築いています。グループの母体となる中国新聞社の基幹システム関連だけでなく、金融機関や製造会社などのシステム開発も行い、特に情報システムでは企画提案から設計・開発・導入・運用保守まで一貫対応。その評価は着実に高まっています。

システム開発といえば「プログラミングが難しそう」「知識や経験が問われる」などのイメージをお持ちの方もいるかもしれません。たしかに入社時にある程度の知識や経験があれば、最初のうちは有利に働く部分もあります。しかしながら、将来的に役立つ、本当の知識や技術が培われるのは入社後だと私たちは考えています。長期的な視点で見ると、入社時の知識や経験が影響する部分はほんのわずかなのです。開発職でも文系出身・理系出身を問わないのはこのためです。

なぜここまで言い切れるのか。これを可能にしているのが当社の教育体制です。まずは安心して仕事に取り組めるよう、内定後に約半年の入社前研修を実施。簡単な業務のルールや決まりなど、基礎知識を修得しながら、現場の先輩たちと実習形式で学んでいきます。入社後も社内研修の機会を充実させ、会社の基本姿勢や必要な技術を体得することにより、不安なくステップアップできる環境を整えています。

実務も最初から一人に任せることはありません。先輩が構築したプログラムを更新する作業などから始めていただき、作成したプログラミングのテストや、具体的な設計作業、お客様と対話しながら進める企画提案などへ仕事の幅を広げてもらいます。システム開発の醍醐味はモノづくりを体験できること。自分が成長し、少しずつ出来ることが増えていく中で、関わったシステムが稼働したときの悦びや達成感もどんどん大きくなっていきます。

当社のお客様は中国地方を代表する大手企業や実力企業。転勤もなく、地元に根ざして長く働ける会社です。積極的にモノづくりと関わりたい。多くの人と対話する仕事で自分を高め、地域に貢献したい。そうした前向きな若い皆さんとの出会いをお待ちしています。まずは積極的にチャレンジしてみませんか。
(1996年入社 総務グループ プロジェクトマネージャー 滝本 秀樹)

会社データ

プロフィール

 情報は20世紀末の世界観を変え、文字通り21世紀の新しい時代をつくり出しました。例えば、東西冷戦構造の解消やグローバルスタンダードの普及などが典型として挙げられましょう。

 そして今、ITはさらに新しい地球規模のネットワーク社会を築きつつあります。変わる世界、多様な発展、新しい喜び。それらを支える情報技術への期待や要請が、ますます大きくなっていくのは間違いありません。

 絶え間なく変わり、進歩する電脳社会ですが、人の世にはまた不変の真理があります。「幸せになりたいという人の心」です。パソコン、デジタル、インターネット、ブロード バンドといった電子ツールも、そんな願いをかなえるものでなければ意味を持たないでしょう。

 当社は、地域への貢献を合言葉に中国地方の情報メディアをリードしてきた中国新聞グループを母体に誕生。実績を積み、挑戦し続けています。確かな信頼を基に幅広く人々の幸福のために役立って参りたいと思います。

事業内容

PHOTO

・コンピュータのソフトウェア開発
・システムコンサルテーション
・マルチメディア関連事業
・システム運用保守(新聞制作に関する技術的サポート)
本社郵便番号 730-0854
本社所在地 広島市中区土橋町7-1 中国新聞ビル
本社電話番号 082-295-6238
創業 1983(昭和58)年11月
設立 1997(平成9)年10月1日
資本金 5,000万円
従業員 63人(男性47人、女性16人)
売上高 11億9,761万円 ※2017(平成29)年3月期
沿革
  • 1983(昭和58)年11月
    • (株) 中国新聞情報文化センターのシステム開発部として業務を開始
  • 1997(平成9)年10月
    • システム開発部が分離独立し、(株) 中国新聞システム開発を設立
  • 1998(平成10)年6月
    • 東京支社を設立
  • 2010(平成22)年6月
    • 東京支社を廃止
平均勤続勤務年数 2016年度実績 17年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 2016年度実績 18.8時間
2017年度(4月〜12月)実績 14.7時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 2016年度実績 36日
前年度の育児休業取得対象者数 2016年度実績 2名(うち女性0名、男性2名)
前年度の育児休業取得者数 2016年度実績 0名(うち女性0名、男性0名)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 2017年度実績 18%(11名中女性2名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒730-0854
広島市中区土橋町7番1号
(株)中国新聞システム開発
総務グループ 滝本
TEL:082-295-6238
FAX:082-295-5175
e-mail:csd-info@c-system.co.jp
URL http://www.c-system.co.jp/
交通機関 広島駅からお越しの場合
電車…己斐行 宮島行 江波行 土橋電停下車5分
バス…吉島方面行 平和公園前下車3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp84321/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)中国新聞システム開発と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ