最終更新日:2018/5/14

マイナビ2019

マイナビコード
84700
  • 正社員

高島産業(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
長野県
資本金
2,400万円
売上高
38億2,700万円(2017年8月決算時)
従業員
240名(男性170名、女性70名)
募集人数
1〜5名

『小さい』『薄い』『細い』を極めてみませんか?

★★ 説明会随時開催中!エントリーをお願いします!★★ (2018/05/14更新)

こんにちは、高島産業株式会社です!

今後のスケジュールについてはメールでも配信しますので、
少しでも興味がある方はエントリーお願いします!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「言われたものを作る仕事と、自分たちが作った製品を世の中に出す仕事は全く違う。新製品を作っている環境は社員の士気も自然に上がる。」と常務取締役の遠藤千昭さん。
PHOTO
基盤技術である精密な微細高精度加工を武器に、ステントや形状記憶合金の手術製品、など、医療機器の開発・製造に取り組んでいる。

自社製品を生み出す会社へ。高島産業は創造的なものづくりに挑戦し続けています!

PHOTO

チャレンジ精神が旺盛で、自ら学ぼうとする社員が多い。「目標管理制度」や「萌芽的研究支援制度」があり、社員の意欲をしっかりとバックアップする体制が整っている。

当社は、腕時計部品で培った微細・極小部品加工技術を発展させ、金属加工やデバイス加工、精密研磨、ICウェハ研磨、電子機器組立、機械設計製作などを行う会社です。
2005年には、初の自社製品である「マルチプロ」を発売しました。この装置は、卓上で使用できる小型サイズで大型機械にも勝る高精度を実現。ヘッド交換をすれば放電加工やレーザー加工、研磨加工ができる画期的なものです。その機能は、高く評価され「第3回ものづくり日本大賞」では、製品・技術開発部門で優秀賞を受賞しました。

以来、当社では自社製品の開発を積極的に行っています。理化学研究所とともに「3次元内部構造顕微鏡」を開発し、現在は金属の内部構造解析を受託。さらに、形状記憶合金を使用した医療器具や医師が動脈にステントを入れるときの練習用器具などの医療機器を多数開発しました。

当社は今まさに、パーツサプライメーカーから自社製品をもつメーカーへと変わろうとしているところです。自社製品を作り出すのは、長年の目標でした。それが実現し高く評価されたことで社員のモチベーションは上がり、どんどん新しいものづくりに挑戦していこうという空気が自然と出来上がっています。

今回の募集職種は、精密部品の加工機械や、工場内の自動化装置などの構想・企画をし、CADを使用した設計を行う「機械設計」と、精密部品の加工方法や材料の検討、工程の設計、生産効率向上・品質向上のための施策検討、治工具類の設計などを行う「生産技術」です。どちらの仕事も様々な技術、経験が必要ですが、先輩たちがサポートします。技術・経験を身に着けて、「この設計やプロセスは、自分が手がけた」と胸を張って言うことができるやりがいのある仕事です。

これからの日本のものづくりは形づくりから価値づくりに変わります。新しい価値づくりを創造的に進めて行きます。当社は地方にありますが、新しいものを作り出すという環境は整っています。ぜひ、当社にしかできないようなものづくりをしてほしいと思います。

<常務取締役 遠藤千昭>

会社データ

プロフィール

当社のベースである『微細精密加工技術』は、腕時計部品の製造に由来しています。
腕時計の中にびっしり詰まっている極小部品を「高精度・高品質」で「短期間」に「効率良く」製造する技術を蓄積し、その技術を現在の「ものづくり」に活かしています。

米粒よりも小さな部品、シャープペンシルの芯よりも細い部品、髪の毛よりも薄い部品、
そしてそれらの精密部品を加工するため、小学生の机に載せられるほど小さな加工機械までも作っています。

当社で作っている部品の多くは、肉眼ではハッキリ見えず、顕微鏡で見ています。
そんな奥深いミクロの世界を追求していきたい、という方からのご応募をお待ちしております。

事業内容

PHOTO

機械設計は商品のコンセプトを具体化し、自分のアイデアを盛り込んで価値を作り上げる創造的な仕事。

○金属・セラミックスなどの精密部品加工
○デスクトップ(卓上)型加工機械、各種自動化装置の設計〜製作
○IC(半導体)の超薄型化、チップ化加工
○医療機器の開発、製造
本社郵便番号 391-0012
本社所在地 長野県茅野市金沢5695-6
本社電話番号 0266-52-3311
創業 1945年(昭和20)年3月
資本金 2,400万円
従業員 240名(男性170名、女性70名)
売上高 38億2,700万円(2017年8月決算時)
事業所 本社工場:長野県茅野市金沢5695-6
諏訪工場:長野県諏訪市清水2-1-21
業績 38億2,700万円(2017年8月決算時)
株主構成 小口武男ほか57名
主な取引先 小西安(株)、第一電子工業(株)、武蔵エンジニアリング(株)、セイコーNPC(株)、テルモ(株)、日本電気硝子(株)、セイコーエプソン(株)、林精器製造(株)、山一電機(株)、TOTOファインセラミックスなど(順不同)
関連会社 新和工機(株)、高島産業有限公司(香港)、拓希瑪光電(深せん)有限公司、
Takashima Vietnam Ltd
平均年齢 40.9歳
平均勤続年数 15年
平均給与 243,519円(基本給のみ、当社労働組合の組合員平均、2018年2月時点)
※諸手当は各自の内容によって変わります。
沿革
  • 1945年3月
    • 創業(長野県諏訪市)
  • 1983年8月
    • 御狩野工場開設(長野県茅野市金沢・現本社)
  • 1993年5月
    • 高島産業有限公司(香港)開設
  • 1995年11月
    • 深せん宝安高島精密制品廠(中国工場)開設
  • 1997年4月
    • 公益信託高島環境ボランテイア基金 設立
  • 2000年11月
    • ISO9001 取得
  • 2002年9月
    • ISO14001 取得
  • 2004年9月
    • 拓希瑪光電(深せん)有限公司 設立
  • 2006年4月
    • 「元気なモノ作り中小企業300社」(中小企業庁)に選ばれる
  • 2007年3月
    • 第19回中小企業優秀新技術・新製品賞(りそな中小企業振興財団)にて、「精密微細冷間鍛造技術」で優秀賞を受賞
  • 2008年9月
    • 高島ベトナム(株)(Takashima Vietnam Ltd) 開設
  • 2009年7月
    • 第3回ものづくり日本大賞(経済産業省)にて、「多機能・高剛性・高精度デスクトップ型プラットフォームの開発」で優秀賞を受賞
  • 2009年11月
    • 本社を諏訪市清水(現・諏訪工場)から、現在地(茅野市金沢)へ移転
  • 2011年5月
    • 高度な加工技術を保有する「新和工機(株)」をグループ化
  • 2013年10月
    • ものづくり大賞NAGANO2013(ものづくりNAGANO応援懇話会)にてグランプリを受賞
  • 2013年10月
    • 多機能デスクトップ加工機「マルチプロ」が、長野県から「NAGANO ものづくりエクセレンス2013」の認定を受ける
  • 2013年11月
    • 医療機器製造許可 取得(諏訪工場)
平均勤続勤務年数 15年(2018年2月実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 7時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10.0日
前年度の育児休業取得対象者数 2名
前年度の育児休業取得者数 2名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%(0名)

採用データ

取材情報

プライベートと仕事を両立できる働きやすい環境で伸びやかに力を発揮
先輩社員3名それぞれが感じる高島産業の魅力とは
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒391-0012
長野県茅野市金沢5695-6
高島産業(株) 総務部 総務課
採用担当 内田(うちだ)・尾垣(おがき)
TEL:0266-72-8833
FAX:0266-52-3316
URL http://www.takashima.co.jp/
https://www.facebook.com/takashimasangyo/
E-mail saiyo@takashima.co.jp
交通機関 JR中央本線・青柳駅から徒歩20分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp84700/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
高島産業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ