最終更新日:2018/7/30

マイナビ2019

マイナビコード
85023
  • 正社員
  • 既卒可

広島県信用保証協会

現在、応募受付を停止しています。

本社
広島県
基本財産
339億2,900万円(2017年11月末時点)※一般企業の資本金に相当します。
保証債務残高
4,634億5,662万円(2017年11月末時点) ※信用保証協会が債務保証している残高です。
職員数
124名(2017年11月末時点)
募集人数
若干名

がんばる企業の味方じゃけん!中小企業等をバックアップする公的保証機関です。

応募受付を終了しました。 (2018/07/30更新)

学生のみなさん、こんにちは。

この度は、私たち広島県信用保証協会のページにアクセスしていただき、
ありがとうございます。

4月23日をもちまして、採用試験応募書類の受付を終了いたしました。

多数のご応募、ありがとうございました。

広島県信用保証協会 採用担当

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
女性職員が多数活躍中。当協会の役職員は約130名。全員の顔が分かり、直接コミュニケーションが取れるアットホームな職場環境です。
PHOTO
中小企業等の支援に必要な専門知識は、入協後に研修でイチから習得できます。分からないところは、上司や先輩が親身にサポートします。

「信用保証」で企業をサポートし、広島の経済・地域発展に貢献!

PHOTO

「信用保証は、誠実なコミュニケーションで相手に本音を語っていただくことが大事。人間力が磨かれる仕事です。」

■広島県の中小企業者数は約8万7千社。そのうち約4割の企業にご利用いただいております。

「信用保証協会」は全国に51協会あり、中小企業・小規模事業者(以下、「中小企業等」という)のみなさまが金融機関から事業資金の融資を受ける際の公的な保証人となり、円滑に資金調達する為の公的機関です。「広島県信用保証協会」は他県に比べ利用率が高く、中小企業等のみなさまがしっかり運営できるようバックアップし、広島経済活性化の一端を担っています。中小企業等のみなさまにとって、当協会と金融機関が連携することで、融資手続きがスムーズになり、また経営全般の相談窓口として当協会を活用できます。金融機関にとっては、融資先の信用を担保することができます。また行政においては、当協会の業務実績を市場動向の情報として活用できます。このように私たちの仕事は公的な役割が大きく、その分とてもやりがいがあります。

■仕事を通じて、豊かな金融知識とコミュニケーション能力が磨かれる。

私たちの仕事は、提出書類に記載された企業の財務状況だけで判断するという簡単なものではありません。数字だけで判断するのではなく、その企業の事業内容や発展の見込み、経営者の管理能力や人柄など、すぐには数字に反映されにくい部分を見極め、実際に信用保証を提供する必要があります。中小企業等のみなさまにとって資金の円滑な流れは経営の生命線であるため、私たちも曖昧な判断をしない為に全力で各企業に向き合います。その為、責任も重く、何年経っても学ぶことは山ほどあります。
若手職員でも企業の経営者と面談する機会が多くあり、仕事を通じて豊かな金融や経営の知識を身につけ、コミュニケーション能力を磨けることが、当協会で働く魅力といえるかもしれません。

■指示待ちではない「自己エンジン」のある方をお待ちしています!

当協会では、若手職員たちも「企業の事業発展に貢献したい」と熱い志を持って活躍しています。私たちが求めるのは、誠実で、コミュニケーションをとることが好きで、タフな人材。指示待ちではなく、自ら考えて動ける方。自分の中に自分を動かす「自己エンジン」のある方をお待ちしています。
(総務企画部次長)

会社データ

プロフィール

信用保証協会は、中小企業・小規模事業者(以下、「中小企業等」という。)のみなさまが金融機関から事業に必要な資金を借り入れる際に「公的な保証人」となることにより、中小企業者の事業資金の借入を円滑にすることを目的として設立された「信用保証協会法」(昭和28年法律第196号)に基づく認可法人です。

各都道府県に1つ以上存在し、現在、全国に51協会あります。

広島県信用保証協会は、1948(昭和23)年に全国で12番目の協会として設立され、2017年度(平成29年度)には設立69周年を迎えました。

現在は、広島県内の中小企業者数約8万7千社のうち、約4割の皆様に当協会の保証制度をご利用いただいています。

「私たちは『信用保証』により中小企業等をサポートし、その振興と地域経済の活力ある発展に貢献します」という基本理念のもと、「がんばる企業の味方じゃけん!〜あなたの『元気』強力サポート〜」をスローガンに掲げ、広島県経済の発展に貢献していきます。

事業内容

PHOTO

信用保証協会は中小企業等のみなさまと金融機関の架け橋です。

信用保証協会の行う信用保証業務は、中小企業等、金融機関、信用保証協会の3者の関係で成り立っております。

信用保証協会が金融機関に対して中小企業等の債務を保証する制度を「信用保証制度」といいます。

「信用保証制度」のしくみは、次のとおりです。

1. 保証申込
中小企業等が金融機関から事業資金融資を受ける際に、保証付融資の申込をします。この場合、金融機関を経由する方法と信用保証協会に申し込む方法があります。

2. 保証承諾
申込企業の経営内容を審査した結果、信用保証を適当と認めた場合、金融機関に対し、保証承諾をします。

3. 融資
保証の承諾を受けた後、金融機関が融資を実行します。この際中小企業等に所定の信用保証料をご負担いただきます。

4. 償還
中小企業等は、融資条件にしたがって借入金を金融機関に返済します。

5. 代位弁済
中小企業等が何らかの事情によって借入金の全部又は一部の返済ができなくなったとき、信用保証協会は、金融機関からの請求により、中小企業等に代わって借入金を金融機関に弁済(代位弁済)します。

6. 返済
代位弁済後、中小企業等は、信用保証協会へ求償債務の返済をしていただきます。
本社郵便番号 730-8691
本社所在地 広島県広島市中区上幟町3番27号
本社電話番号 082-228-5500
設立 1948(昭和23)年11月
基本財産 339億2,900万円(2017年11月末時点)※一般企業の資本金に相当します。
職員数 124名(2017年11月末時点)
保証債務残高 4,634億5,662万円(2017年11月末時点)
※信用保証協会が債務保証している残高です。
事業所 本所   広島県広島市中区上幟町3番27号
福山支所 広島県福山市東桜町1番21号(エストパルク内)
三原支所 広島県三原市城町3丁目1番1号(三原港湾ビル内)
呉支所  広島県呉市本通4丁目7番1号(呉商工会議所ビル内)
備北支所 広島県三次市三次町1843番地の1(三次商工会議所ビル内)
沿革
  • 1948年11月
    • 社団法人広島県信用保証協会設立
  • 1948年12月
    • 広島市にて業務開始
  • 1950年 5月
    • 財団法人広島県信用保証協会設立認可
  • 1954年 3月
    • 「信用保証協会法」に基づく法人に組織変更
  • 1959年12月
    • 三原支所開設
  • 1961年 6月
    • 呉支所開設
  • 1962年10月
    • 福山支所開設
  • 1967年 1月
    • 備北支所開設
  • 2009年 5月
    • 信用保証協会電算共同システム「COMMONシステム」へ参加
  • 2017年12月
    • 創立69周年を迎える
平均勤続勤務年数 19年(2017年11月末時点)
前年度の育児休業取得対象者数 15名(うち女性5名、男性10名 2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 1名(うち女性1名、男性0名 2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 6%(31名中2人 2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 問い合わせ先・応募書類提出先

〒730-8691
広島県広島市中区上幟町3番27号
総務企画部 総務課 採用担当
TEL:082-228-5500
URL http://www.hiroshima-shinpo.or.jp/
交通機関 JR:広島駅南口より徒歩約15分
市電:縮景園前電停より下車すぐ
バス:女学院前停留所より徒歩約2分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp85023/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
広島県信用保証協会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ